聖典
詩篇92
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第92篇

安息日あんそくにちうた、さんび

1 いとたかものよ、しゅ感謝かんしゃし、みをほめたたえるのは、よいことです。

2 あしたに、あなたのいつくしみをあらわし、な、あなたのまことをあらわすために、

3 十弦じゅうげん楽器がっき立琴たてごともちい、ことのたえなる調しらべをもちいるのは、よいことです。

4 しゅよ、あなたはみわざをもってわたしをたのしませられました。わたしはあなたのみのわざをよろこうたいます。

5 しゅよ、あなたのみわざはいかにおおいなることでしょう。あなたのもろもろのおもいは、いともふかく、

6 にぶものることができず、おろかなものはこれをさとることができません。

7 たとい、しきものくさのようにもえいで、不義ふぎおこなものはことごとくさかえても、かれらはとこしえにほろびにさだめられているのです。

8 しかし、しゅよ、あなたはとこしえにたかところにいらせられます。

9 しゅよ、あなたのてき、あなたのてきほろび、不義ふぎおこなものはことごとくらされるでしょう。

10 しかし、あなたはわたしのつの野牛のうしつののようにたかくあげ、あたらしいあぶらをわたしにそそがれました。

11 わたしのはわがてき没落ぼつらく、わたしのみみはわたしをめる悪者わるものどもの破滅はめつきました。

12 ただしいものはなつめやしののようにさかえ、レバノンの香柏こうはくのようにそだちます。

13 かれらはしゅいええられ、われらのかみ大庭おおにわさかえます。

14 かれらは年老としおいてなおむすび、いつも生気せいきち、青々あおあおとして、

15 しゅただしいことをしめすでしょう。しゅはわがいわです。しゅにはすこしの不義ふぎもありません。