詩篇67
    脚注

    第67篇

    聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってことにあわせてうたわせたうた、さんび

    1 どうか、かみがわれらをあわれみ、われらを祝福しゅくふくし、そのみかおをわれらのうえてらされるように。〔セラ

    2 これはあなたのみちがあまねくられ、あなたのすくいちからがもろもろの国民くにたみのうちにられるためです。

    3 かみよ、たみらにあなたをほめたたえさせ、もろもろのたみにあなたをほめたたえさせてください。

    4 もろもろの国民くにたみたのしませ、またよろこうたわせてください。あなたは公平こうへいをもってもろもろのたみをさばき、うえなるもろもろの国民くにたみみちびかれるからです。〔セラ

    5 かみよ、たみらにあなたをほめたたえさせ、もろもろのたみにあなたをほめたたえさせてください。

    6 はその産物さんぶつしました。かみ、われらのかみはわれらを祝福しゅくふくされました。

    7 かみはわれらを祝福しゅくふくされました。のもろもろのはてにことごとくかみおそれさせてください。