詩篇41
    脚注
    Theme

    第41篇

    聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

    1 まずしいものをかえりみるひとはさいわいである。しゅはそのようなひとなやみのすくされる。

    2 しゅかれまもって、きながらえさせられる。かれはこのにあって、さいわいなものばれる。あなたはかれをそのてき欲望よくぼうにわたされない。

    3 しゅかれをそのやまいとこでささえられる。あなたはかれとき、そのやまいをことごとくいやされる。

    4 わたしはった、「しゅよ、わたしをあわれみ、わたしをいやしてください。わたしはあなたにむかってつみおかしました」と。

    5 わたしのてきはわたしをそしってう、「いつかれに、そのがほろびるであろうか」と。

    6 そのひとりがわたしをようとしてるとき、かれいつわりをかたり、そのこころによこしまをあつめ、そとてはそれをいふらす。

    7 すべてわたしをにくものはわたしについてともにささやき、わたしのためにわざわいおもいめぐらす。

    8 かれらはう、「かれに一つのたたりがつきまとったから、たおしてふたたきあがらないであろう」と。

    9 わたしの信頼しんらいしたしたしいとも、わたしのパンをべたしたしいともさえもわたしにそむいてくびすをあげた。

    10 しかししゅよ、わたしをあわれみ、わたしをたすおこしてください。そうすればわたしはかれらにむくかえすことができます。

    11 わたしのてきがわたしにてないことによって、あなたがわたしをよろこばれることをわたしはります。

    12 あなたはわたしのまったきによって、わたしをささえ、とこしえにみまえかれます。

    13 イスラエルのかみしゅはとこしえからとこしえまでほむべきかな。アァメン、アァメン。