詩篇107
    脚注
    Theme

    第107篇

    1 しゅ感謝かんしゃせよ、しゅめぐみふかく、そのいつくしみはとこしえにえることがない」と、

    2 しゅにあがなわれたものえ。しゅかれらをなやみからあがない、

    3 もろもろのくにから、ひがし西にしきたみなみからかれらをあつめられた。

    4 かれらはひとなき荒野あらのにさまよい、むべきまちにいたるみちいださなかった。

    5 かれらはえ、またかわき、そのたましいかれらのうちにおとろえた。

    6 かれらはそのなやみのうちにしゅばわったので、しゅかれらをそのなやみからたすし、

    7 むべきまちくまで、まっすぐなみちみちびかれた。

    8 どうか、かれらがしゅのいつくしみと、ひとらになされたくすしきみわざとのために、しゅ感謝かんしゃするように。

    9 しゅはかわいたたましいらせ、えたたましいものたされるからである。

    10 暗黒あんこくふかいやみのなかにいるものくるしみと、くろがねにしばられたもの

    11 かれらはかみ言葉ことばにそむき、いとたかものすすめをかろんじたので、

    12 しゅおも労働ろうどうをもってかれらのこころひくくされた。かれらはつまずきたおれても、たすけるものがなかった。

    13 かれらはそのなやみのうちにしゅばわったので、しゅかれらをそのなやみからすくい、

    14 暗黒あんこくふかいやみからかれらをみちびして、そのかせをこわされた。

    15 どうか、かれらがしゅのいつくしみと、ひとらになされたくすしきみわざとのために、しゅ感謝かんしゃするように。

    16 しゅ青銅せいどうのとびらをこわし、てつかんられたからである。

    17 あるものはそのつみけがれたおこないによってみ、その不義ふぎのゆえになやんだ。

    18 かれらはすべての食物しょくもつをきらって、もんちかづいた。

    19 かれらはそのなやみのうちにしゅばわったので、しゅかれらをそのなやみからすくい、

    20 そのみ言葉ことばをつかわして、かれらをいやし、かれらをほろびからたすされた。

    21 どうか、かれらがしゅのいつくしみと、ひとらになされたくすしきみわざとのために、しゅ感謝かんしゃするように。

    22 かれらが感謝かんしゃのいけにえをささげ、よろこびのうたをもって、そのみわざをいあらわすように。

    23 ふねうみにくだり、大海たいかい商売しょうばいをするものは、

    24 しゅのみわざを、またふかところでそのくすしきみわざをた。

    25 しゅめいじられると暴風ぼうふうって、うみなみをあげた。

    26 かれらはてんにのぼり、ふちにくだり、なやみによってその勇気ゆうきり、

    27 ったひとのようによろめき、よろめいて途方とほうにくれる。

    28 かれらはそのなやみのうちにしゅばわったので、しゅかれらをそのなやみからすくされた。

    29 しゅがあらしをしずめられると、うみなみおだやかになった。

    30 こうしてかれらはなみしずまったのをよろこび、しゅかれらをそののぞみなとみちびかれた。

    31 どうか、かれらがしゅのいつくしみと、ひとらになされたくすしきみわざとのために、しゅ感謝かんしゃするように。

    32 かれらがたみ集会しゅうかいしゅをあがめ、長老ちょうろう会合かいごうしゅをほめたたえるように。

    33 しゅかわかわらせ、いずみをかわいたかわらせ、

    34 えたをそれにものあくのゆえにしおかわらせられる。

    35 しゅいけかわらせ、かわいたいずみかわらせ、

    36 えたものをそこにまわせられる。こうしてかれらはそのむべきまちて、

    37 はたけたねをまき、ぶどうはたけもうけておおくの収穫しゅうかくた。

    38 しゅかれらを祝福しゅくふくされたのでかれらはおおいにふえ、その家畜かちくるのをゆるされなかった。

    39 かれらがしえたげと、なやみと、かなしみとによってり、かついやしめられたとき、

    40 しゅはもろもろのきみあなどりをそそぎ、みちなきにさまよわせられた。

    41 しかししゅまずしいものなやみのうちからあげて、その家族かぞくひつじれのようにされた。

    42 ただしいものはこれをよろこび、もろもろの不義ふぎはそのくちじた。

    43 すべてかしこものはこれらのことこころをよせ、しゅのいつくしみをさとるようにせよ。