聖典
詩篇100
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第100篇

感謝かんしゃそなもののためのうた

1 ぜんよ、しゅにむかってよろこばしきこえをあげよ。

2 よろこびをもってしゅつかえよ。うたいつつ、そのみまえにきたれ。

3 しゅこそかみであることをれ。われらをつくられたものはしゅであって、われらはしゅのものである。われらはそのたみ、そのまきひつじである。

4 感謝かんしゃしつつ、そのもんり、ほめたたえつつ、その大庭おおにわれ。しゅ感謝かんしゃし、そのみをほめまつれ。

5 しゅめぐみふかく、そのいつくしみはかぎりなく、そのまことはよろずおよぶからである。