教義と聖約 27
    脚注

    第​27​章

    千八百三十​ねん​八がつ、ペンシルベニア​しゅう​ハーモニー​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百六-百八​ページ)。パン​と​ぶどう​しゅ​の​せいさん​が​しっこう​される​宗教しゅうきょうじょう​の​あつまり​の​じゅん​を​する​ため​に、ジョセフ​は​ぶどう​しゅ​を​​に​れよう​と​して​かけた。その​ちゅう​で、てん​の​使つかい​に​い、この​けい​を​けた。いち​は​その​とき​に​しるされ、のこり​は​よく​九がつ​に​しるされた。とうきょうかい​の​せいさんしき​で​は、現在げんざい​は​ぶどう​しゅ​の​わり​に​みず​が​使つかわれて​いる。

    1-4せいさん​を​ける​とき​に​もちいられる​象徴しょうちょう​が​説明せつめい​される。​5-14​キリスト​と​すべて​の​しんけんだい​の​キリスト​の​しもべ​たち​が、せいさん​を​ける。​15-18かみ​の​​を​ことごとく​​に​け​なさい。

    1 あなたがた​の​しゅ、あなたがた​の​かみ、あなたがた​の​あがなぬし​で​ある​イエス・​キリスト​の​こえ​を​き​なさい。その​こと​は​きて​いて、ちから​が​ある。

    2 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。せいさん​を​ける​とき、あなたがた​が​わたし​の​えいこう​に​ひたすら​​を​けて、あなたがた​の​ため​に​ほうむられた​わたし​の​からだ​と、あなたがた​の​つみ​の​ゆるし​の​ため​に​ながされた​わたし​の​​を​ちち​に​ねん​して、それ​を​ける​なら​ば、あなたがた​は​なに​を​べ、なに​を​んで​も​し​つかえ​が​ない。

    3 それゆえ、わたし​は​あなたがた​に​いましめ​を​あたえる。あなたがた​は​てき​から​ぶどう​しゅ​も、つよい​もの​も​って​は​ならない。

    4 それゆえ、あなたがた​は、じょう​に​きずき​げられる​わたし​の​ちち​の​この​おうこく​に​おいて、あなたがた​の​なか​で​あらた​に​つくった​もの​の​ほか​は、なにも​んで​は​ならない。

    5 よ、これ​は​わたし​の​​に​かなって​いる。それゆえ、おどろいて​は​ならない。ぶどう​の​​から​つくった​もの​を、わたし​が​じょう​で​あなた​と​ともに​む​とき​が​る​から​で​ある。また​その​とき​に、わたし​の​完全かんぜん​な​永遠えいえん​の​ふくいん​を​せた『モルモンしょ』​を​あきらか​に​する​ため​に、わたし​が​あなた​に​つかわした​モロナイ、すなわち​わたし​が​エフライム​の​​の​ろく​の​かぎ​を​ゆだねた​モロナイ​と​ともに、

    6 また、かい​が​はじまって​らいわり​の​とき​に​かんして​すべて​の​せい​なる​げんしゃ​たち​の​くち​を​とおして​かたられた、万物ばんぶつ​の​回復かいふく​を​もたらす​かぎ​を​わたし​が​ゆだねた​エライアス​と​ともに、

    7 また、かれエライアス)が​ザカリヤ​を​おとずれて、ザカリヤ​は​むす​を​ち、その​​は​​を​ヨハネ​と​いい、エライアス​の​れい​に​たされる​と​やくそく​を​あたえた、その​ザカリヤ​の​むす​ヨハネ、

    8 すなわち、アロン​の​よう​に​され​聖任せいにん​される​よう​に、わたし​の​しもべ​で​ある​あなたがた、ジョセフ・​スミス・​ジュニア​と​オリバー・​カウドリ​を、あなたがた​の​けた​さいしょ​の​しんけん​に​聖任せいにん​する​ため​に、わたし​が​あなたがた​の​もと​に​つかわした​ヨハネ​と​ともに、

    9 また、ぜん​が​のろい​を​もって​たれる​こと​の​ない​よう​に、せん​の​こころ​を​そん​に、そん​の​こころ​を​せん​に​ける​ちから​の​かぎ​を​わたし​が​ゆだねた​エリヤ​と​ともに、

    10 また、数々かずかず​の​やくそく​を​とどめる​あなたがた​の​せん、ヨセフ​と​ヤコブ、イサク、および​アブラハム​と​ともに、

    11 また、すべて​の​もの​の​せん、すべて​の​もの​の​きみ​の​いたる​もの​で​ある​ミカエル、すなわち​アダム​と​ともに、

    12 また、わたし​が​あなたがた​の​もと​に​つかわして、あなたがた​を​聖任せいにん​し、あなたがた​を​使​および​わたし​の​​の​とくべつ​な​しょうにん​として​かくにん​し、また​あなたがた​の​つとめ​の​かぎ​と、わたし​が​かれら​に​あきらか​に​した​ことがら​と​おなじ​ことがら​の​かぎ​を​つ​こと​を​あなたがた​に​かくにん​した​ペテロ​と​ヤコブ​と​ヨハネ、

    13 すなわち、わり​の​だい​の​ため​に、また​てん​に​ある​もの​と​​に​ある​もの​の​すべて​を​一つ​に​あつめる​ときちる​だい​の​ため​に、わたし​の​おうこく​の​かぎ​と​ふくいん​の​しんけんだい​と​を​わたし​が​ゆだねた​三にん​と​ともに、

    14 また、ちち​が​​から​わたし​に​あたえて​くださった​すべて​の​もの​と​ともに、わたし​は​む​で​あろう。

    15 それゆえ、あなたがた​の​こころ​を​たかめて​よろこび、また​こし​に​おび​を​め​なさい。わざわい​の​​に​えられる​よう​に、そして​すべて​を​げて​つ​こと​が​できる​よう​に、わたし​の​​を​​に​け​なさい。

    16 それゆえ、って​しん​の​おび​を​こし​に​め、せい​の​むねて​を​け、わたし​が​てん使​たち​を​つかわして​あなたがた​に​たくした​へい​の​ふくいん​の​そなえ​を​あし​に​き、

    17 わるい​もの​の​はなつ​​の​​を​ことごとく​す​こと​の​できる​しんこう​の​たて​を​り、

    18 また、すくい​の​かぶと​を​かぶり、わたし​が​あなたがた​に​そそぐ​わたし​の​たま​の​つるぎ​を​り、わたし​が​あなたがた​に​あきらか​に​する​わたし​の​こと​を​たもち​なさい。また、あなたがた​が​わたし​に​もとめる​すべて​の​こと​に​ついて​こころ​を​一つ​に​し、わたし​が​る​まで​ちゅうじつ​で​あり​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​げられて、わたし​の​いる​ところ​に​あなたがた​も​いる​よう​に​なる​で​あろう。アーメン。