教義と聖約 29
    脚注

    第​29​章

    千八百三十​ねん​九がつ、ニューヨーク​しゅう​フェイエット​に​おいて、六​にん​の​長老ちょうろう​の​わせた​しょ​で​げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百十一-百十五​ページ)。この​けい​は、千八百三十​ねん​九がつ​二十六​にち​に​はじまった​大会たいかい​の​なんにち​か​まえ​に​あたえられた​もの​で​ある。

    1-8​キリスト​は​ぶん​の​選民せんみん​を​あつめられる。​9-11​キリスト​の​らいりん​に​よって​ふくせんねん​が​はじまる。​12-13じゅう使​が​ぜん​イスラエル​を​さばく。​14-21数々かずかず​の​しるし、えきびょうこうはい​が​再臨さいりん​に​さきって​ある。​22-28ふくせんねん​に​つづいて、さい​の​ふっかつ​と​さい​の​さばき​が​ある。​29-35しゅ​に​とって​は​すべて​が​れい​に​かかわる​もの​で​ある。​36-39あく​と​その​軍勢ぐんぜい​は​てん​から​され、ひと​を​ゆうわく​する​こと​に​なった。​40-45らく​と​贖罪しょくざい​は​すくい​を​もたらす。​46-50おさない​ども​たち​は​贖罪しょくざい​に​よって​あがなわれる。

    1 あなたがた​の​あがなぬしわたし​は​る​と​いう​おおいなる​ものあわれみ​の​うで​が​あなたがた​の​つみ​に​たいする​あがない​を​した​もの、イエス・​キリスト​の​こえ​を​き​なさい。

    2 わたし​は​ぶん​の​たみ​を、すなわち、わたし​の​こえ​に​き​したがって、わたし​の​まえ​に​へりくだり、熱烈ねつれつ​な​いのり​に​よって​わたし​を​ぶ​すべて​の​もの​を、めんどり​が​はね​の​した​に​ひな​を​あつめる​よう​に​あつめよう。

    3 よ、まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。いまや​あなたがた​の​つみ​は​ゆるされて​いる​ので、あなたがた​は​これ​を​けて​いる。しかし、数々かずかず​の​なん​が​あなたがた​に​およぶ​こと​の​ない​よう​に、よく​おぼえて​おいて​これから​は​もう​つみ​を​おかさない​よう​に​しなさい。

    4 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は、ラッパ​の​おと​の​よう​に​よろこび​の​こえ​を​げて​わたし​の​ふくいん​を​げ​らせる​ため​に、​から​えらび​された。

    5 こころ​を​たかめて​よろこび​なさい。わたし​は​あなたがた​の​なか​に​おり、ちち​に​たいする​あなたがた​の​べんしゃ​だから​で​ある。あなたがた​に​おうこく​を​あたえて​くださる​の​は、ちち​の​こう​で​ある。

    6 また、しるされて​いる​よう​に、あなたがた​が​しんこう​を​もって、わたし​の​めいじた​とおり​に​一つ​に​なり​いのって​もとめる​もの​は、なんでも​あたえられる​で​あろう。

    7 あなたがた​は​わたし​の​選民せんみん​を​あつめる​ため​に​されて​いる。わたし​の​選民せんみん​は​わたし​の​こえ​を​き、その​こころ​を​かたくな​に​しない​から​で​ある。

    8 それゆえ、艱難かんなん​と​こうはい​が​あくにん​の​うえ​に​おくられる​​の​ため​に、わたし​の​選民せんみん​の​こころ​を​そなえ、また​あらゆる​てん​で​そなえられる​よう​に、かれら​は​この​​の​おもて​の​一つ​の​しょ​に​あつめられ​なければ​ならない、と​ちち​から​の​さだめ​が​て​いる。

    9 ​が​じゅくす​その​とき​は​ちかく、その​​は​もう​ちかづいて​いる。そして、すべて​たかぶる​もの​と​あく​を​おこなう​もの​は、わら​の​よう​に​なる。あく​が​じょう​に​ない​よう​に、わたし​は​かれら​を​き​くそう、と​万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    10 その​とき​は​ちかく、わたし​の​使​たち​が​かたった​こと​は​かならず​じょうじゅ​する​から​で​ある。かれら​が​かたった​よう​に​それ​は​こる​の​で​ある。

    11 わたし​は​ちから​と​おおいなる​えいこう​と​を​もって、てん​の​すべて​の​衆群しゅうぐん​と​ともに​てん​から​姿すがた​を​あらわし、ねん​の​あいだじょう​で​人々ひとびと​と​ともに​​の​うち​に​む。そして、あくにん​は​えられない。

    12 さらに​また、まことに、まことに、あなたがた​に​う。ちち​の​こころ​に​よって​かたい​さだめ​として​た​こと​で​ある​が、わたし​の​使​たち、すなわち、わたし​が​エルサレム​で​つとめ​に​たずさわって​いた​とき​に​わたし​と​ともに​いた​じゅう使​は、​の​ころも​を​​に​まとい、その​あたま​に​かんむり​を​かぶり、わたし​と​おなじ​よう​に​えいこう​を​けて、わたし​が​​の​はしら​の​なか​を​る​​に​わたし​の​みぎ​に​つ​で​あろう。それ​は、ほか​の​だれ​で​も​なく、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​を、まことに​わたし​を​あいして​わたし​の​いましめ​を​まもった​すべて​の​もの​を​さばく​ため​で​ある。

    13 シナイざん​で​あった​よう​に、ラッパ​が​ながく​かつ​たかく​り​ひびき、ぜん​が​しんどう​する​で​あろう。そして、かれら、すなわち​わたし​に​あって​んだ​もの​が、​の​かんむり​を​ける​ため​に、わたし​の​よう​に​​の​ころも​を​​に​まとう​ため​に、わたし​と​ともに​いて​わたしたち​が​一つ​と​なる​ため​に​て​る​で​あろう。

    14 しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。この​おおいなる​​が​る​まえ​に、太陽たいよう​は​くらく​なり、つき​は​​に​わり、ほし​は​てん​から​ちる​で​あろう。また、うえ​に​は​てん​に、した​に​は​​に、さらに​おおきな​数々かずかず​の​しるし​が​ある​で​あろう。

    15 また、おおく​の​ひと​が​なみだ​を​ながし、き​わめく​で​あろう。

    16 また、はげしい​ひょう​を​ともなう​あらし​が​おくられて、​の​さくもつ​を​そこなう​で​あろう。

    17 そして​また、​の​あく​の​ゆえ​に、わたし​は​あくにん​に​ほうふく​しよう。かれら​が​あらためよう​と​しない​から​で​ある。わたし​の​いきどおり​の​さかずき​は​ちて​いる​から​で​ある。よ、かれら​が​わたし​の​う​こと​を​かなければ、わたし​の​​は​かれら​を​きよめない。

    18 それゆえ、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、​の​おもて​に​あぶ​を​おくる。それら​は​​に​む​もの​に​いて​その​にく​を​い、うじ​を​しょうじ​させる​で​あろう。

    19 そして、かれら​の​した​は​こわばり、かれら​は​わたし​に​反対はんたい​して​かたる​こと​が​できなく​なる。また、かれら​の​にく​は​ほね​から​はなれ、​は​その​あな​から​ちる​で​あろう。

    20 その​とき、もり​の​けもの​と​そら​の​とり​は​かれら​を​むさぼり​う​で​あろう。

    21 また、ぜん​の​いん​で​ある​おおきな​まわしい​きょうかい​は、これら​の​こと​に​ついて​かたった​げんしゃ​エゼキエル​の​くち​を​とおして​かたられた​とおり​に、き​くす​​に​よって​たおされる​で​あろう。これら​の​こと​は​まだ​こって​いない​が、わたし​が​きて​いる​よう​に​たしか​に​こる。まわしい​おこない​が​はい​する​こと​は​ない​から​で​ある。

    22 さらに​また、まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。ねん​が​わり、人々ひとびと​が​ふたたび​かれら​の​かみ​を​てい​し​はじめる​とき、わたし​は​しばし​の​あいだ​だけ​​を​その​まま​に​して​おこう。

    23 そして、わり​が​て、てん​は​き​くされて​り、あたらしい​てん​と​あたらしい​​が​ある​で​あろう。

    24 すべて​ふるい​もの​は​り、万物ばんぶつ​が​あたらしく​なる​から​で​ある。まことに​てん​と​その​なか​に​ある​万物ばんぶつ、すなわち​ひと​も、けもの​も、そら​の​とり​も、う み​の​うお​も​あたらしく​なる​の​で​ある。

    25 かみ​の​一筋ひとすじ​も、ちり​も、うしなわれない。それ​は​わたし​の​​で​つくられた​もの​だから​で​ある。

    26 しかし​よ、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。​が​る​まえ​に、わたし​の​てん使ちょうミカエル​は​ラッパ​を​き​らす。その​とき、はか​が​ひらかれる​ので、すべて​の​しゃ​は​​を​まし、かれら、すなわち​すべて​の​もの​が​て​る。

    27 そして、じん​は​わたし​の​みぎ​に​あつめられて​永遠えいえん​の​いのち​を​ける​で​あろう。また、わたし​の​ひだり​に​いる​あくにん​を​ちち​の​まえ​に​つ​こと​を、わたし​は​じる。

    28 それゆえ、わたし​は​かれら​に、「のろわれた​もの​ども​よ、わたし​から​はなれ​り、あく​と​その​使つかい​の​ため​に​よう​されて​いる​永遠えいえん​の​​に​はいれ」と​おう。

    29 さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​は​いまだ​かつて、わたし​しん​の​くち​から、かれら​は​もどって​る​と​げた​こと​は​ない。わたし​の​いる​ところ​に、かれら​は​る​こと​が​できない​から​で​ある。かれら​に​は​その​ちから​が​ない​から​で​ある。

    30 しかし、わたし​の​すべて​の​さばき​が​人々ひとびと​に​あきらか​に​される​わけ​で​は​ない​こと​を​おぼえて​おき​なさい。こと​が​わたし​の​くち​から​る​と、その​とおり​に​じょうじゅ​する。すなわち、わたし​の​たま​の​ちから​で​ある​わたし​の​ちから​の​こと​に​よって​わたし​が​そうぞう​した​すべて​の​もの​に​かんして、さき​の​もの​は​あと​に​なり、あと​の​もの​は​さき​に​なる​の​で​ある。

    31 わたし​の​たま​の​ちから​に​よって、わたし​は​それら​の​もの、すなわち、霊的れいてき​な​もの​と​ぶっしつてき​な​もの​の​両方りょうほう​に​ついて​すべて​の​もの​を​そうぞう​した。

    32 わたし​の​わざ​の​はじめ​に​は、さき​に​霊的れいてき​な​もの​が​あり、つぎ​に​ぶっしつてき​な​もの​が​あり、さらに​また​わたし​の​わざ​の​わり​に​は、さき​に​ぶっしつてき​な​もの​が​あり、つぎ​に​霊的れいてき​な​もの​が​ある。

    33 この​よう​に​う​の​は、あなたがた​が​ぜん​に​かい​できる​よう​に​する​ため​で​ある。しかし、わたし​しん​に​とって​は、わたし​の​わざ​に​は​わり​も​なく、はじめ​も​ない。しかし、あなたがた​が​わたし​に​もとめて​こころ​を​一つ​に​して​いる​ので、あなたがた​が​かい​できる​よう​に​これ​が​あたえられて​いる​の​で​ある。

    34 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​に​とって​は​すべて​が​れい​に​かかわる​もの​で​あり、わたし​は​いまだ​かつて、げん​の​りっぽう​を​あなたがた​に​あたえた​こと​が​ない。どんな​ひと​に​も、ひと​の​ら​に​も、わたし​が​そうぞう​した​あなたがた​の​せん​アダム​に​も​あたえた​こと​が​ない。

    35 よ、わたし​は​アダム​に、みずから​選択せんたく​し​こうどう​する​もの​と​なる​こと​を​ゆるした。そして、かれ​に​いましめ​を​あたえた。しかし、わたし​が​かれ​に​あたえた​の​は、げん​の​いましめ​で​は​ない。わたし​の​いましめ​は​れい​に​かかわる​もの​だから​で​ある。それら​は​ぜん​の​もの​で​も、げん​の​もの​で​も​なく、にくよく​の​もの​で​も、官能かんのうてき​な​もの​で​も​ない。

    36 そして、アダム​は​あく​に​ゆうわく​された。よ、あく​は​アダム​の​まえ​に​いた。あく​は、「わたし​に​あなた​の​ほまれ​を​あたえて​ください」と​って、わたし​に​そむいた。かれ​の​もとめた​ほまれ​は​わたし​の​ちから​で​ある。また、かれ​は​てん​の​衆群しゅうぐん​の​ぶん​の​一​を、かれら​の​選択せんたく​の​ゆう​に​よって​わたし​から​そむき​らせた。

    37 そして、かれら​は​とされて、あく​と​その​使つかい​に​なった。

    38 よ、はじめ​から​かれら​の​ため​に​よう​された​しょ​が​ある。その​しょ​は​ごく​で​ある。

    39 また、あく​が​ひと​の​ら​を​ゆうわく​する​の​は​ひつよう​で​ある。そう​で​なければ、ひと​の​ら​は​みずから​選択せんたく​し​こうどう​する​もの​と​は​なれない。にがい​こと​を​経験けいけん​しなければ、あまい​こと​を​る​こと​が​できない​から​で​ある。

    40 それゆえ、あく​は​アダム​を​ゆうわく​した。そして、アダム​は​禁断きんだん​の​​を​べ、いましめ​に​そむいた。この​よう​に​して、かれ​は​ゆうわく​に​けた​ので、あく​の​​に​したがう​こと​に​なった。

    41 それゆえ、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、かれ​を​その​そむき​の​ゆえ​に​エデン​の​その​から、わたし​の​まえ​から​した。この​よう​に​して、かれ​は​霊的れいてき​に​ぬ​こと​に​なった。これ​が​だいいち​の​、まことに、わたし​が「のろわれたもの​ども​よ、はなれ​れ」と​う​とき​に​あくにん​に​宣言せんげん​される​霊的れいてき​な​さい​の​​と​おなじ​もの​で​ある。

    42 しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、わたし​の​ひと​の​​を​しんじる​しんこう​に​よる​あらため​と​あがない​を​かれら​に​げる​ため​に​てん使​たち​を​つかわす​まで、アダム​と​その​そん​が​にくたい​の​​を​ける​こと​の​ない​よう​に​した。

    43 この​よう​に​して、しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​に​ためし​の​生涯しょうがい​を​さだめた。ひと​が、すなわち​しんじる​すべて​の​もの​が、にくたい​の​​に​よって​めつ​に​よみがえり、永遠えいえん​の​いのち​を​けられる​よう​に​する​ため​で​ある。

    44 また、しんじない​もの​は​永遠えいえん​の​ばつ​の​さだめ​を​ける。かれら​は​あらためない​ので、霊的れいてき​な​らく​から​の​あがない​を​ける​こと​が​できない​から​で​ある。

    45 かれら​は​ひかり​より​も​やみ​を​あいし、その​おこない​は​わるく、ぶん​が​したがおう​と​した​もの​の​むくい​を​ける​の​で​ある。

    46 しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。おさない​ども​たち​は、わたし​の​ひと​に​よって​​の​はじめ​から​あがなわれて​いる。

    47 それゆえ、かれら​は​つみ​を​おかさない。かれら​が​わたし​の​まえ​に​責任せきにん​を​う​よう​に​なる​まで、サタン​に​は​おさない​ども​たち​を​ゆうわく​する​ちから​が​あたえられない​から​で​ある。

    48 わたし​は、おおいなる​こと​が​かれら​の​父親ちちおや​に​もとめられる​よう​に、わたし​の​のぞむ​とおり​に、わたし​しん​の​おもい​の​まま​に​おさない​ども​たち​に​おこなう​の​で​ある。

    49 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。しき​の​ある​もの​に、わたし​は​あらため​を​めいじなかった​で​あろう​か。

    50 また、かい​する​のうりょく​の​ない​もの​に​ついて​は、しるされて​いる​とおり​に​おこなう​だけ​で​ある。さて、わたし​は​あなたがた​に、いま​は​これ​じょう​の​こと​を​げない。アーメン。