教義と聖約 112
    脚注

    第​112​章

    千八百三十七​ねん​七がつ​二十三​にち、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​トーマス・​B・​マーシュ​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい二​かん、四百九十九-五百一​ページ)。この​けい​に​は、ひつじ​の​じゅう使​に​かんして​トーマス・​B・​マーシュ​に​げられた​しゅ​の​こと​が​ふくまれて​いる。げんしゃ​は、ふくいん​が​えいこく​で​はじめて​べ​つたえられた​​に​この​けい​を​けた​と​ろく​して​いる。トーマス・​B・​マーシュ​は​とうじゅう使定員ていいんかい会長かいちょう​で​あった。

    1-10じゅう使​は​すべて​の​こくみん​と​民族みんぞく​に​ふくいん​を​もたらし、けいこく​の​こえ​を​げ​なければ​ならない。​11-15かれら​は​ぶん​の​じゅう​を​い、イエス​に​したがい、イエス​の​ひつじ​を​やしなわなければ​ならない。​16-20だいかんちょうかい​を​れる​もの​は、しゅ​を​れる。​21-29くらやみ​が​​を​おおい、しんじて​バプテスマ​を​ける​もの​だけ​が​すくわれる。​30-34だいかんちょうかい​と​じゅう使かい​が​ときちる​しんけんだい​の​かぎ​を​つ。

    1 まことに、しゅ​は​あなた、すなわち​わたし​の​しもべ​トーマス​に​この​よう​に​う。わたし​は​あなた​の​いのり​を​き、あなた​の​ほどこし​は​わたし​の​まえ​に​とどいて、あなた​の​きょうだい​たち​の​ため​に​おぼえられて​いる。その​きょうだい​たち​と​は、わたし​の​​に​ついて​あかし​を​べる​ため​に、また​それ​を​すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​の​なか​に​もたらす​ため​に​えらばれて、わたし​の​しもべ​たち​に​よって​聖任せいにん​された​人々ひとびと​の​こと​で​ある。

    2 まことに、わたし​は​あなた​に​う。あなた​の​こころ​の​なか​に、また​あなた​しん​に​かんして、しゅ​なる​わたし​の​こころ​に​かなわない​こと​が​すこし​ばかり​あった。

    3 しかしながら、あなた​は​ぶん​を​ひくく​した​ので、たかく​される​で​あろう。それゆえ、あなた​の​すべて​の​つみ​は​ゆるされて​いる。

    4 わたし​の​まえ​で​げん​を​し​なさい。あなた​は​ほうじん​だけ​で​なく、ユダヤじん​に​も、わたし​の​​に​ついて​あかし​しなければ​ならない。また、​の​て​まで​わたし​の​こと​を​おくり​さなければ​ならない。

    5 それゆえ、あなた​は​あさ​ごと​に​たたかい、​あなた​の​けいこく​の​こえ​を​はっし​なさい。そして、よる​に​なる​と、​に​む​もの​が​あなた​の​こと​の​ため​に​まどろむ​こと​の​ない​よう​に​しなさい。

    6 シオン​に​おいて​あなた​の​まい​が​られる​よう​に​しなさい。あなた​の​いえ​を​うつして​は​ならない。しゅ​なる​わたし​は、ひと​の​ら​の​なか​に​わたし​の​​を​げて​ひろめる​こと​に​かんして、あなた​の​なす​べき​一つ​の​おおいなる​わざ​を​よう​して​いる。

    7 それゆえ、その​わざ​の​ため​に​こし​に​おび​を​め​なさい。また、あし​に​履物はきもの​を​き​なさい。あなた​は​えらばれた​もの​で​あり、あなた​の​みち​は​もろもろ​の​やま​の​なか​に、また​おおく​の​くに​の​なか​に​ある​から​で​ある。

    8 あなた​の​こと​に​よって​おおく​の​たかい​もの​が​ひくく​され、また​あなた​の​こと​に​よって​おおく​の​ひくい​もの​が​たかく​される​で​あろう。

    9 あなた​の​こえ​は​いましめ​に​そむく​もの​に​とって​叱責しっせき​と​なる。あなた​の​叱責しっせき​で、中傷ちゅうしょう​する​もの​の​した​に​その​よこしま​な​こう​を​やめ​させ​なさい。

    10 あなた​は​謙遜けんそん​で​あり​なさい。そう​すれ​ば、しゅ​なる​あなた​の​かみ​は​​を​いて​あなた​を​みちびき、あなた​の​いのり​に​こたえ​を​あたえる​で​あろう。

    11 わたし​は​あなた​の​こころ​を​って​おり、きょうだい​たち​に​ついて​の​あなた​の​いのり​を​いた。かれら​を​ほか​の​おおく​の​ひとじょう​に​かたよって​あいして​は​ならない。しかし、ぶんしん​を​あいする​よう​に​かれら​を​あいし​なさい。すべて​の​ひと​を、また​わたし​の​​を​大切たいせつ​に​する​すべて​の​もの​を​ゆたか​に​あいし​なさい。

    12 また、じゅう使かい​の​きょうだい​たち​の​ため​に​いのり​なさい。わたし​の​​の​ため​に​かれら​を​きびしく​くんかい​しなさい。そして​かれら​に、すべて​の​つみ​の​ため​に​くんかい​を​け​させ​なさい。また、あなた​は​わたし​の​まえ​で​わたし​の​​に​ちゅうじつ​で​あり​なさい。

    13 かれら​が​れん​と​おおく​の​艱難かんなん​を​けた​のちよ、しゅ​なる​わたし​は​かれら​を​さぐろう。そして、かれら​が​わたし​に​たいして​その​こころ​を​かたくな​に​せず、ごうじょう​で​なければ、かれら​は​こころ​を​える​ので、わたし​は​かれら​を​いやそう。

    14 さて、わたし​は​あなた​に​い、また​あなた​に​う​こと​を​じゅう使​の​すべて​に​う。って​こし​に​おび​を​め、ぶん​の​じゅう​を​い、わたし​に​したがい、わたし​の​ひつじ​を​やしない​なさい。

    15 ぶん​を​たかく​して​は​ならない。わたし​の​しもべ​ジョセフ​に​そむいて​は​ならない。まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​は​かれ​と​ともに​おり、わたし​の​​は​かれ​の​うえ​に​ある。そして、わたし​が​かれ​に​さずけ、また​あなたがた​に​も​さずけた​かぎ​は、わたし​が​る​まで​かれ​から​られる​こと​は​ない。

    16 まことに、わたし​は​あなた、すなわち​わたし​の​しもべ​トーマス​に​う。あなた​は、じゅう使かい​に​かんして、ひろく​すべて​の​くに​の​なか​で​わたし​の​おうこく​の​かぎ​を​つ​よう​に​わたし​が​えらんだ​ひと​で​ある。

    17 それ​は、わたし​の​しもべ​ジョセフ​と、わたし​の​しもべシドニー​と、わたし​の​しもべハイラム​が​く​こと​の​できない​すべて​の​しょ​で、あなた​が​おうこく​の​もん​の​じょう​を​ける​わたし​の​しもべ​と​なる​ため​で​ある。

    18 わたし​は​かれら​に、しばし​の​あいだ、すべて​の​しょきょうかい​の​おも​を​わせた​から​で​ある。

    19 それゆえ、あなたがた​は、どこ​で​も​かれら​が​あなたがた​を​つかわす​ところ​に​き​なさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなたがた​と​ともに​いる​で​あろう。そして、どこ​で​も​あなたがた​が​わたし​の​​を​宣言せんげん​する​ところ​で、人々ひとびと​が​わたし​の​こと​を​れる​よう​に、こうてき​な​もん​が​あなたがた​の​ため​に​ひらかれる​で​あろう。

    20 だれでも​わたし​の​こと​を​れる​もの​は、わたし​を​れる​の​で​ある。そして、だれでも​わたし​を​れる​もの​は、わたし​が​つかわした​もの、わたし​の​​の​ため​に​あなたがた​へ​の​じょげんしゃ​と​した​もの、すなわち​だいかんちょうかい​を​れる。

    21 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​に​よって​正式せいしき​に​推薦すいせん​されて​権能けんのう​を​あたえられた​もの​で、きょうだい​たち​すなわち​じゅう使かい​の​こえ​に​より、わたし​の​​に​よって​つかわされる​もの​は、あなたがた​から​つかわされる​どの​くに​に​たいして​で​も、わたし​の​おうこく​の​もん​を​ひらく​ちから​を​つ。

    22 かれら​が​わたし​の​まえ​に​へりくだり、わたし​の​こと​の​うち​に​とどまり、わたし​の​たま​の​こえ​を​く​かぎり、そう​で​ある。

    23 まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。くらやみ​が​​を​おおい、ふかい​やみ​が​人々ひとびと​の​こころ​を​おおい、すべて​の​にく​なる​もの​が​わたし​の​まえ​に​わるく​なって​しまった。

    24 よ、ほうふく​が​​に​む​もの​の​うえ​に​すみやか​に​およぶ。これ​は​はげしい​いかり​の​はらい​の​こうはい​の​き、なげき、かなしむ​​で​ある。それ​は​旋風せんぷう​の​よう​に​​の​全面ぜんめん​に​およぶ​で​あろう、と​しゅ​は​う。

    25 わたし​の​いえ​に​それ​は​はじまり、わたし​の​いえ​から​それ​は​て​く、と​しゅ​は​う。

    26 さいしょ​は​あなたがた​の​なか​の、わたし​の​​を​って​いる​と​こうげん​しながら​わたし​を​らず、わたし​の​いえ​の​なか​で​わたし​を​ぼうとく​した​もの​の​なか​に​はじまる、と​しゅ​は​う。

    27 それゆえ、あなたがた​は​この​​に​おける​わたし​の​きょうかい​の​しょ​に​ついて​こころ​を​なやます​こと​の​ない​よう​に​しなさい、と​しゅ​は​う。

    28 しかし、わたし​の​まえ​に​こころ​を​きよく​しなさい。それから​ぜんかい​に​て​って、わたし​の​ふくいん​を​あたえられて​いない​すべて​の​つくられた​もの​に​それ​を​べ​つたえ​なさい。

    29 しんじて​バプテスマ​を​ける​もの​は​すくわれる。しかし、しんじる​こと​なく、バプテスマ​を​けない​もの​は、ばつ​の​さだめ​を​ける​で​あろう。

    30 あなたがた​じゅう使かい​と、あなたがた​の​じょげんしゃ​および​どうしゃ​と​なる​よう​に​あなたがた​と​ともに​にんめい​されて​いる​もの、すなわち​だいかんちょうかい​に、この​しんけん​の​ちから​が、ときちる​しんけんだい​で​ある​わり​の​とき​の​ため​に​さい​に​あたえられて​いる​から​で​ある。

    31 あなたがた​は、そうぞう​の​はじめ​から​いずれ​の​とき​で​あって​も​しんけんだい​を​けた​すべて​の​もの​と​ともに、この​ちから​を​​して​いる。

    32 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​が​けた​しんけんだい​の​かぎ​は、せん​から​継承けいしょう​され、さい​に​てん​から​あなたがた​に​くだされた​もの​で​ある。

    33 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。よ、あなたがた​の​し​は​なんと​だい​な​こと​か。この​だい​の​人々ひとびと​の​​が​あなたがた​の​​に​もとめられる​こと​の​ない​よう​に、こころ​と​ころも​を​きよく​しなさい。

    34 わたし​が​る​まで​ちゅうじつ​で​あり​なさい。わたし​は​すぐに​る​から​で​ある。わたし​は​むくい​を​たずさえて​て、すべて​の​ひと​に​その​おこない​に​おうじて​むくいる。わたし​は​アルパ​で​あり​オメガ​で​ある。アーメン。