教義と聖約 64
    脚注

    第​64​章

    千八百三十一​ねん​九がつ​十一​にち、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百十一-二百十四​ページ)。げんしゃ​は​ミズーリ​に​って​いた​あいだちゅうだん​して​いた『せいしょ』​の​ほんやく​の​ごと​を​再開さいかい​する​ため​に、オハイオ​しゅう​ハイラム​に​てんきょ​する​じゅん​を​して​いた。(ミズーリ​しゅう)シオン​へ​たび​を​する​よう​に​めいじられた​きょうだい​たち​の​いっこう​は、十がつ​に​しゅっぱつ​する​ため​の​じゅん​に​ほんかくてき​に​たずさわって​いた。この​ぼう​な​とき​に、この​けい​が​あたえられた。

    1-11せい​たち​は​たがいに​ゆるし​う​よう​に​めいじられる。そう​しなければ、もっと​おおきな​つみ​が​かれら​の​なか​に​のこる。​12-22あらためない​もの​は、きょうかいいん​の​まえ​に​れてなければ​ならない。​23-25じゅうぶん​の​いち​を​おさめる​もの​は、しゅ​の​らいりん​の​とき​に​かれない。​26-32せい​たち​は​さい​を​かかえる​こと​の​ない​よう​に​けいこく​される。​33-36そむく​もの​は​シオン​から​たれる。​37-40きょうかい​は​もろもろ​の​こくみん​を​さばく。​41-43​シオン​は​さかえる。

    1 よ、しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は、あなたがた​に​この​よう​に​う。おお、わたし​の​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​よ、あなたがた​は​みみ​を​かたむけて​き、あなたがた​に​かんする​わたし​の​おもい​を​れ​なさい。

    2 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​は​あなたがた​が​​に​つ​よう​に​のぞんで​いる​ので、あなたがた​を​あわれもう。

    3 あなたがた​の​なか​に​つみ​を​おかした​もの​たち​が​いる。しかし、まことに、わたし​は​う。このたび​に​かぎって、わたし​しん​の​えいこう​と​人々ひとびと​の​すくい​の​ため​に、わたし​は​あなたがた​の​つみ​を​ゆるした。

    4 わたし​は​あなたがた​に​おうこく​を​あたえた​ので、あなたがた​に​あわれみ​ぶかく​あろう。

    5 おうこく​の​おく​の​かぎ​は、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​が​わたし​の​さだめ​に​したがう​かぎり、かれ​が​きて​いる​あいだ、わたし​が​さだめた​ほうほう​に​よって​かれ​から​られる​こと​は​ない。

    6 ゆう​も​なく​かれ​に​反対はんたい​する​​を​うかがって​きた​もの​たち​が​いる。

    7 それでも、かれ​は​つみ​を​おかして​きた。しかし、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​なる​わたし​は、わたし​の​まえ​に​ぶん​の​つみ​を​こくはく​して​ゆるし​を​もとめる​もの​たち​で、​に​いたる​つみ​を​おかして​いない​もの​たち​に​ついて​は​つみ​を​ゆるす。

    8 むかし​の​わたし​の​​たち​は、たがいに​​を​うかがい​い、また​その​こころ​の​なか​で​たがい​を​ゆるさなかった。そして、この​あく​の​ゆえ​に​かれら​は​くるしめられ、ひどく​らしめられた。

    9 それゆえ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​たがいに​ゆるし​う​べき​で​ある。ぶん​の​きょうだい​の​あやまち​を​ゆるさない​もの​は、しゅ​の​まえ​に​つみ​が​ある​と​され、かれ​の​なか​に​もっと​おおきな​つみ​が​のこる​から​で​ある。

    10 しゅ​なる​わたし​は、わたし​が​ゆるそう​と​おもう​もの​を​ゆるす。しかし、あなたがた​に​は、すべて​の​ひと​を​ゆるす​こと​が​もとめられる。

    11 あなたがた​は​こころ​の​なか​で​う​べき​で​ある。すなわち、「かみ​が​わたし​と​あなた​の​あいだ​を​さばき、あなた​の​おこない​に​おうじて​あなた​に​むくいて​くださる​よう​に」と。

    12 また、ぶん​の​つみ​を​あらためず、それ​を​こくはく​しない​もの​を、あなたがた​は​きょうかいいん​の​まえ​に​れてて、いましめ​に​よろう​と​けい​に​よろう​と、聖文せいぶん​が​あなたがた​に​って​いる​とおり​に​かれ​に​対処たいしょ​しなければ​ならない。

    13 かみ​が​たたえられる​よう​に、あなたがた​は​これ​を​おこなわなければ​ならない。それ​は、あなたがた​が​おもいやり​を​って​いない​ので​ゆるさない​ため​で​は​なく、あなたがた​の​りっぽうしゃ​に​たいして​つみ​を​おかす​こと​の​ない​よう​に​りっぽう​の​​で​​と​される​ため​で​ある。

    14 まことに、わたし​は​う。この​ゆう​で、あなたがた​は​これら​の​こと​を​おこなわなければ​ならない。

    15 よ、しゅ​なる​わたし​は、わたし​の​しもべ​で​あった​エズラ・​ブース​と、また​わたし​の​しもべ​アイザック・​モーリー​の​こと​を​いかった。それ​は、かれら​が​りっぽう​も​いましめ​も​まもらなかった​から​で​ある。

    16 かれら​は​こころ​の​なか​で​あく​を​もとめた。そこで、しゅ​なる​わたし​は、わたし​の​たま​を​あたえず​に​おいた。かれら​は​まったく​あく​の​ない​もの​を​あく​と​して​なん​した。それでも、わたし​は​わたし​の​しもべ​アイザック・​モーリー​を​ゆるした。

    17 また、わたし​の​しもべエドワード・​パートリッジ​も、よ、かれ​も​つみ​を​おかし、サタン​は​かれ​の​れい​を​ほろぼそう​と​して​いる。しかし、これら​の​こと​が​かれら​に​らされて、かれら​が​あく​を​あらためる​とき、かれら​は​ゆるされる。

    18 さて、まことに、わたし​は​う。わたし​の​しもべ​シドニー・​ギルバート​が、すう週間しゅうかん​に​ぶん​の​ごと​に​もどり、シオン​の​​に​おける​だいにん​の​ぎょう​に​たずさわる​こと、

    19 また、かれ​の​き​した​こと​を​わたし​の​​たち​に​らせて、かれら​が​ほろびない​よう​に​する​こと​は、わたし​に​とって​ひつよう​で​ある。この​ため​に、わたし​は​これら​の​こと​を​かたって​きた​の​で​ある。

    20 さらに​また、あなたがた​に​う。わたし​の​しもべ​アイザック・​モーリー​が、えられない​よう​な​ゆうわく​を​けて、あなたがた​の​がい​と​なる​あやまった​じょげん​を​する​こと​の​ない​ため​に、わたし​は​かれ​の​のうじょう​を​る​よう​に​めいじた。

    21 わたし​は、わたし​の​しもべ​フレデリック・​G・​ウィリアムズ​が​かれ​の​のうじょう​を​る​こと​は​のぞまない。しゅ​なる​わたし​は、五​ねん​の​あいだ、カートランド​の​​に​一つ​の​とりで​を​​したい​から​で​ある。その​あいだ​は、その​こと​に​よって​何人なんにん​か​の​もの​たち​を​すくえる​よう​に、わたし​は​あくにん​を​ち​ほろぼさない。

    22 その​とき​が​ぎる​と、しゅ​なる​わたし​は、なお​な​こころ​で​シオン​の​​に​のぼって​く​もの​を​だれ​も​つみ​が​ある​と​は​しない。しゅ​なる​わたし​は、ひと​の​ら​の​こころ​を​もとめる​から​で​ある。

    23 よ、いまひと​の​​の​らいりん​まで​は​今日き ょ う​と​ばれる。まことに、今日き ょ う​は​せい​の​​で​あり、わたし​の​たみ​が​じゅうぶん​の​いち​を​おさめる​​で​ある。じゅうぶん​の​いち​を​おさめる​もの​は、しゅ​の​らいりん​の​とき​に​かれない​で​あろう。

    24 今日き ょ う​が​ぎる​と、はらい​が​ある。これ​は​しゅ​の​かた​で​ある。まことに、わたし​は​う。、すべて​たかぶる​もの​と​あく​を​おこなう​もの​は、わら​の​よう​に​なる。わたし​は​かれら​を​き​くそう。わたし​は​万軍ばんぐん​の​しゅ​で​ある。わたし​は​バビロン​に​とどまる​もの​を​だれ​も​ようしゃ​しない。

    25 それゆえ、あなたがた​は​わたし​を​しんじる​なら​ば、今日き ょ う​と​ばれる​うち​に​はたらく​で​あろう。

    26 また、わたし​の​しもべ​で​ある​ニューエル・​K・​ホイットニー​と​シドニー・​ギルバート​が、ここ​に​ある​かれら​の​みせ​と​しょゆうぶつ​を​る​こと​は、適切てきせつ​で​は​ない。この​​に​とどまって​いる​きょうかいいん​の​のこり​が​シオン​の​​に​のぼって​く​まで、それら​の​もの​を​る​の​は​賢明けんめい​で​は​ない​から​で​ある。

    27 よ、あなたがた​の​てき​に​たいして​さい​を​かかえる​こと​は、わたし​の​りっぽう​の​なか​で​われて​いる、つまり​きんじられて​いる。

    28 しかし​よ、しゅ​が​しゅ​の​ほっする​とき​に​り、しゅ​の​よい​と​おもう​まま​に​はらう​こと​も​して​は​ならない​と​は、どんな​とき​に​も​われて​いない。

    29 さて、あなたがた​は​だいにん​で​ある​ので、しゅ​の​ようき​を​けて​いる。そして、あなたがた​が​しゅ​の​おもい​に​したがって​おこなう​こと​は​なん​で​あろう​と、しゅ​の​ぎょう​で​ある。

    30 しゅ​は​この​わり​の​とき​に、しゅ​の​せい​たち​が​シオン​の​​で​ぎ​を​られる​よう​に、かれら​に​ひつよう​な​もの​を​あたえる​ため​に​あなたがた​を​にんめい​した。

    31 よ、しゅ​なる​わたし​は​あなたがた​に​宣言せんげん​する。そして、わたし​の​こと​は​たしか​で​あり、たされない​こと​は​ない。すなわち、かれら​は​ぎ​を​る​で​あろう。

    32 しかし、すべて​の​こと​は​せつ​に​かなって​こる。

    33 それゆえ、ぜん​を​おこなう​こと​に​つかれ​てて​は​ならない。あなたがた​は​一つ​の​おおいなる​わざ​の​もとい​を​え​つつ​ある​から​で​ある。そして、ちいさな​こと​から​おおいなる​こと​が​しょうじる​の​で​ある。

    34 よ、しゅ​は​こころ​と​すすんで​おこなう​精神せいしん​と​を​もとめる。そして、すすんで​おこなう​従順じゅうじゅん​な​もの​は、この​わり​の​とき​に​シオン​の​​の​い​もの​を​べる​で​あろう。

    35 しかし、そむく​もの​は​シオン​の​​から​たれ、され、その​​を​がない。

    36 まことに、わたし​は​う。そむく​もの​は​エフライム​の​けっとう​に​ぞくさない​ので、かれら​は​られる。

    37 よ、しゅ​なる​わたし​は​この​わり​の​とき​に、わたし​の​きょうかい​を、もろもろ​の​こくみん​を​さばく​ため​に​おか​の​うえ、あるいは​たか​い​しょ​に​​を​める​さいばんかん​の​よう​に​した。

    38 シオン​に​む​もの​は、シオン​に​かんする​すべて​の​こと​を​さばく​で​あろう。

    39 そして、いつわり​を​う​もの​や​ぜんしゃ​は​シオン​に​む​もの​たち​に​よって​りっしょう​され、また​使​で​も​げんしゃ​で​も​ない​もの​たち​は​られる​よう​に​なる。

    40 また、はん​で​ある​ビショップ​や、その​もん​たち​で​さえ、もしも​かれら​が​ぶん​の​かんにん​の​しょく​に​ちゅうじつ​で​なければ​つみ​が​ある​と​され、ほか​の​人々ひとびと​が​わり​に​てられる。

    41 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。シオン​は​さかえて、しゅ​の​えいこう​が​その​うえ​に​ある​で​あろう。

    42 そして、シオン​は​たみ​の​ため​に​はた​と​なり、てん​の​あらゆる​くに​から​人々ひとびと​が​シオン​に​る​で​あろう。

    43 ​の​もろもろ​の​こくみん​が​シオン​の​ゆえ​に​おののき、シオン​の​おそろしい​もの​たち​の​ゆえ​に​おそれる​​が​る​で​あろう。しゅ​が​これ​を​かたった。アーメン。