教義と聖約 136
    脚注
    Theme

    第​136​章

    アイオワ​しゅう​カウンシルブラッフス​の​ちかく​の​ミズーリ​がわ​の​西岸せいがん、オマハぞく​の​​に​おける​イスラエル​の​陣営じんえい​の​とうえい(ウィンタークォーターズ)で、ブリガム・​ヤング​会長かいちょう​を​とおして​あたえられた​しゅ​の​こと​と​こころ(『にっ​で​た​きょうかいれき』​〔​Journal​ History​ of​ the​ Church​〕​千八百四十七​ねん​一がつ​十四​)。

    1-16西せい​へ​の​たび​の​ため​に​イスラエル​の​陣営じんえい​を​編制へんせい​する​ほうほう​が​説明せつめい​される。​17-27せい​たち​は​数々かずかず​の​ふくいん​の​標準ひょうじゅん​に​したがって​生活せいかつ​する​よう​に​めいじられる。​28-33せい​たち​は​うたい、おどり、いのり、​を​る​べき​で​ある。​34-42げんしゃ​たち​が​ころされる​の​は、かれら​に​ほまれ​が​あたえられ、あくにん​が​つみ​に​さだめられる​ため​で​ある。

    1 西せい​に​かって​たび​を​して​いる​イスラエル​の​陣営じんえい​に​かんする​しゅ​の​こと​と​こころ

    2 まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​すべて​の​たみ​と、かれら​と​ともに​たび​を​する​人々ひとびと​は、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​の​すべて​の​いましめ​と​おきて​を​まもる​と​いう​せいやく​と​やくそく​を​もって、たい​を​編制へんせい​しなさい。

    3 たい​は、じゅう使かい​の​​の​もと​に、ひと​の​たいちょう​と​ふた​の​ふくたいちょう​を​かしら​と​して、にん隊長たいちょう​と​五十​にん隊長たいちょう、および​十​にん隊長たいちょう​を​もって​編制へんせい​しなさい。

    4 そして、しゅ​の​すべて​の​さだめ​に​したがって​あゆむ​こと​が、わたしたち​の​せいやく​と​なる。

    5 かくたい​は、じゅん​できる​牽引けんいんようちく​や​ぐるま食糧しょくりょうふく、その​ほか​たび​に​ひつよう​な​もの​を​すべて​それぞれ​で​じゅん​しなさい。

    6 たい​を​編制へんせい​したら、その​たい​は、とどまる​もの​の​ため​に​ちから​を​くして​そなえ​を​はじめ​なさい。

    7 かくたい​は、その​隊長たいちょう​および​たいちょう​と​ともに、この​はる​に​何人なんにん​が​ける​か​を​決定けってい​し、そののちきょうそう​で​専門せんもんしき​を​つ​もの​を​十分じゅうぶん​な​人数にんずうえらび​し、牽引けんいんようちく​と​たね​と​のう​を​たずさえて、はるさくもつ​の​け​の​じゅん​を​する​かいたくしゃ​として​かせ​なさい。

    8 かくたい​は、分配ぶんぱい​を​けた​ざいさん​に​おうじて、まずしい​ものやもめ、ちち​の​いない​ども、および​ぐんたい​に​はいった​もの​の​ぞく​を​ともなう​割合わりあい​を​ひとしく​たん​しなさい。やもめ​と​ちち​の​いない​ども​の​さけび​が、しゅ​の​みみ​に​たっして​この​たみ​を​うったえる​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

    9 かくたい​は、この​せつ​に​あと​に​のこらなければ​ならない​人々ひとびと​の​ため、いえ​と​こくもつ​を​栽培さいばい​する​はたけ​の​じゅん​を​しなさい。これ​は​しゅ​の​たみ​に​かんする​しゅ​の​おもい​で​ある。

    10 人々ひとびと​は​みなぶん​の​影響えいきょうりょく​と​ざいさん​を​すべて​使つかって、しゅ​が​シオン​の​ステーク​を​もうける​しょ​に​この​たみ​を​うつす​よう​に​しなさい。

    11 もし​あなたがた​が​ちゅうしん​を​くして​きよい​こころ​で​これ​を​おこなう​なら​ば、あなたがた​は​しゅくふく​される​で​あろう。あなたがた​は​大小だいしょう​の​ちく​の​れ​と、はたけ​と、いえ​と、ぞく​に​ついて​しゅくふく​される​で​あろう。

    12 わたし​の​しもべ​たち​エズラ・​T・​ベンソン​と​エラスタス・​スノー​は、一​たい​を​編制へんせい​しなさい。

    13 また、わたし​の​しもべ​たち​オーソン・​プラット​と​ウィルフォード・​ウッドラフ​は、一​たい​を​編制へんせい​しなさい。

    14 また、わたし​の​しもべ​たち​アマサ・​ライマン​と​ジョージ・​A・​スミス​も、一​たい​を​編制へんせい​しなさい。

    15 また、たいちょう​と​百​にん隊長たいちょう​と​五十​にん隊長たいちょう​と​十​にん隊長たいちょう​を​にんめい​しなさい。

    16 にんめい​された​わたし​の​しもべ​たち​は​って、せい​たち​に​わたし​の​この​おもい​を​つたえて、かれら​が​へい​の​​へ​く​よう​が​できる​よう​に​しなさい。

    17 あなた​の​みち​を​き、わたし​が​あなたがた​に​げた​よう​に​おこない​なさい。てき​を​おそれて​は​ならない。かれら​は​わたし​の​わざ​を​とどめる​ちから​を​たない​から​で​ある。

    18 シオン​は、わたし​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に​あがなわれる​で​あろう。

    19 もし​だれか​が​ぶん​を​たかく​しよう​と​して、わたし​の​かんこく​を​もとめ​なければ、かれ​は​なんの​ちから​も​たず、その​おろかさ​が​あきらか​に​される​で​あろう。

    20 あなたがた​は​もとめ​なさい。あなたがた​の​ちかい​を​すべて​たがいに​まもり​なさい。きょうだい​の​もの​を​むさぼって​は​ならない。

    21 しゅ​の​​を​みだり​に​となえる​あく​から​とおざかり​なさい。わたし​は​しゅ​なる​あなたがた​の​かみ、まことに、あなたがた​の​せん​の​かみ、アブラハム、イサク、ヤコブ​の​かみ​で​ある。

    22 わたし​は​エジプト​の​​から​イスラエル​の​ら​を​みちびき​した​もの​で​ある。わたし​の​たみ​イスラエル​を​すくう​ため​に、わたし​の​うで​は​わり​の​とき​に​べられて​いる。

    23 たがいに​あらそう​の​を​やめ​なさい。たがいに​悪口あっこう​を​う​の​を​やめ​なさい。

    24 さけ​に​う​こと​を​やめ​なさい。また、あなたがた​の​こと​が​たがいに​きょう​し​う​の​に​やくつ​よう​に​しなさい。

    25 あなた​は​隣人りんじん​から​りた​なら​ば、りた​もの​を​かえさなければ​ならない。また、へんさい​でき​なければ、隣人りんじん​が​あなた​を​つみ​に​さだめる​こと​の​ない​よう​に、すぐに​って​かれ​に​げ​なさい。

    26 あなた​は​隣人りんじん​の​うしなった​もの​を​つける​あい熱心ねっしん​に​さがして、それ​を​ふたたび​かれ​に​わたす​よう​に​しなければ​ならない。

    27 あなた​は​ぶん​の​って​いる​もの​を​ぞん​する​よう​に​つとめて、かしこい​かんにん​と​なる​よう​に​しなければ​ならない。それ​は​しゅ​なる​あなた​の​かみ​から​の​しょう​の​賜物たまもの​で​あり、あなた​は​その​かんにん​だから​で​ある。

    28 あなた​は​たのしければ、うた​と、音楽おんがく​と、おどり​と、さん​と​感謝かんしゃ​の​いのり​を​もって​しゅ​を​ほめ​たたえ​なさい。

    29 あなた​は​かなしければ、こころ​が​よろこび​に​ちる​よう​に、しゅ​なる​あなた​の​かみ​に​び​もとめて​嘆願たんがん​しなさい。

    30 あなた​の​てき​を​おそれて​は​ならない。かれら​は​わたし​の​​の​なか​に​あり、わたし​は​かれら​を​わたし​の​おもい​の​まま​に​する​から​で​ある。

    31 わたし​の​たみ​は、すべて​の​こと​に​おいて​こころみ​を​け​なければ​ならない。それ​は​かれら​が、わたし​が​かれら​の​ため​に​って​いる​えいこう、すなわち​シオン​の​えいこう​を​ける​よう​に​そなえられる​ため​で​ある。そして、らしめ​に​えない​もの​は、わたし​の​おうこく​に​ふさわしくない​の​で​ある。

    32 しき​の​ない​もの​は、その​​が​ひらかれて​える​よう​に、また​その​みみ​が​ひらかれて​ける​よう​に​なる​ため​に、へりくだってしゅ​なる​かみ​に​び​もとめる​こと​に​よって​​を​​なさい。

    33 わたし​の​たま​は、へりくだって​いる​もの​を​らす​ため​に、また​かみ​を​うやまわない​もの​を​つみ​に​さだめる​ため​に、​に​おくられて​いる。

    34 あなた​の​同胞はらから、すなわち、あなたがた​を​した​こくみん​は、あなたがた​と​あなたがた​の​あかし​を​こばんだ。

    35 そして​いまかれら​の​わざわい​の​、すなわち​かなしみ​の​​が、み​の​くるしみ​を​ける​おんな​の​よう​に​る。かれら​が​すみやか​に、まことに​すみやか​に​あらため​なければ、かれら​の​かなしみ​は​ふかく​なる​で​あろう。

    36 かれら​は​げんしゃ​たち​と、かれら​の​もと​に​つかわされた​人々ひとびと​を​ころした​から​で​ある。かれら​は​つみ​の​ない​もの​の​​を​ながし、その​​が​​の​なか​から​さけんで​かれら​を​うったえて​いる。

    37 これら​の​こと​を​おどろいて​は​ならない。あなたがた​は​まだ​きよくない。あなたがた​は​まだ​わたし​の​えいこう​に​える​こと​が​できない。しかし、わたし​が​アダム​の​だい​から​アブラハム​まで、アブラハム​から​モーセ​まで、モーセ​から​イエス​と​その​使​たち​まで、そして​イエス​と​その​使​たち​から​ジョセフ・​スミス​まで、あなたがた​に​あたえて​きた​わたし​の​すべて​の​こと​を、あなたがた​が​ちゅうじつ​に​まもる​なら​ば、あなたがた​は​わたし​の​えいこう​を​る​で​あろう。わたし​は、わたし​の​わざ​を​もたらす​ため​に、ジョセフ・​スミス​を​わたし​の​てん使​たち、すなわち​わたし​の​ほう​の​しもべ​たち​に​よって、また​てん​から​の​わたし​しん​の​こえ​に​よって​んだ。

    38 かれ​は​わたし​の​わざ​の​もとい​を​え、ちゅうじつ​で​あった。それで、わたし​は​かれ​を​わたし​しん​の​もと​に​った。

    39 おおく​の​もの​は​かれ​の​​の​ゆえ​に​おどろいた。しかし、かれ​に​ほまれ​が​あたえられ、あくにん​が​つみ​に​さだめられる​ため​に、かれ​が​みずから​の​​を​もって​ぶん​の​あかし​を​確実かくじつ​な​もの​と​する​こと​は​ひつよう​で​あった。

    40 わたし​は​あなたがた​を​てき​から​すくい​さなかった​で​あろう​か。じつに​わたし​は、その​こと​に​よって​わたし​の​​の​あかし​を​のこして​きた。

    41 さて、き​なさい、おお、わたし​の​きょうかい​の​人々ひとびと​よ。長老ちょうろう​たち​よ、ともに​みみ​を​かたむけ​なさい。あなたがた​は​わたし​の​おうこく​を​けた。

    42 さばき​が​あなたがた​に​くだり、あなたがた​の​しんこう​が​なくなり、あなたがた​の​てき​が​あなたがた​を​ち​かす​こと​の​ない​よう​に、わたし​の​いましめ​を​すべて​熱心ねっしん​に​まもり​なさい。それ​で​は、いま​は​これ​じょうべない。アーメン、アーメン。