教義と聖約 43
    脚注

    第​43​章

    千八百三十一​ねん​二がつ、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百五十四-百五十六​ページ)。この​とうきょうかい​の​ある​会員かいいん​たち​は、けい​を​けた​と​いつわり​の​しゅちょう​を​する​人々ひとびと​に​よって​こころ​を​みだされて​いた。そこで​げんしゃ​は​しゅ​に​たずね、きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​に​あてた​この​おしえ​を​けた。はじめ​の​ぶん​に​は​きょうかい​の​方針ほうしん​に​ついて​の​ことがら​が​げられて​おり、あと​の​ぶん​に​は、長老ちょうろう​たち​が​​の​もろもろ​の​こくみん​に​つたえ​なければ​ならない​けいこく​が​げられて​いる。

    1-7けい​と​いましめ​は、にんめい​された​ひと​を​とおして​のみ​あたえられる。​8-14せい​たち​は、しゅ​の​まえ​に​きよさ​を​くして​こうどう​する​こと​に​よって​きよめられる。​15-22長老ちょうろう​たち​は、あらため​を​さけんで​人々ひとびと​を​しゅ​の​おおいなる​​に​そなえ​させる​ため​に​つかわされる。​23-28しゅ​は​ぶん​の​こえ​に​よって、また​ぜん​の​ちから​に​よって、人々ひとびと​に​びかけられる。​29-35ふくせんねん​が​て、サタン​が​しばられる。

    1 き​なさい、おお、わたし​の​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​よ。わたし​が​あなたがた​に​かたる​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。

    2 よ、まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は、わたし​の​​から​いましめ​と​けい​を​ける​よう​に​あなたがた​の​ため​に​わたし​が​にんめい​した​もの​を​とおして、わたし​の​きょうかい​の​ため​に​りっぽう​として​いましめ​を​けた。

    3 あなたがた​は、この​こと​を​よく​って​おか​なければ​ならない。すなわち、もし​かれ​が​わたし​に​つながって​いる​なら​ば、かれ​が​られる​まで、あなたがた​の​ため​に​いましめ​と​けい​を​ける​よう​にんめい​される​もの​は​かれ​の​ほか​に​だれ​も​いない。

    4 しかし、まことに、まことに、あなたがた​に​う。かれ​に​よらず​に、この​賜物たまもの​を​ける​よう​に​にんめい​される​もの​は​ほか​に​だれ​も​いない。もしも​それ​が​かれ​から​られる​なら​ば、かれ​は、ぶん​に​わる​べつ​の​もの​を​にんめい​する​ちから​の​ほか​に​なにも​たない​で​あろう。

    5 あなたがた​へ​の​りっぽう​は​これ​で​ある。すなわち、あなたがた​の​まえ​に​やって​る​だれか​の​おしえ​を、あなたがた​は​けい​または​いましめ​として​れて​は​ならない。

    6 これ​を​わたし​が​あなたがた​に​あたえる​の​は、あなたがた​が​あざむかれる​こと​の​ない​ため、また​それら​の​おしえ​が​わたし​から​て​いない​こと​を​あなたがた​が​る​ため​で​ある。

    7 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​から​聖任せいにん​を​ける​もの​は、わたし​が​ぜん​に​あなたがた​に​げた​よう​に、もん​から​はいって​聖任せいにん​を​けて、わたし​が​にんめい​した​もの​を​とおして​けた​けい​を、また​将来しょうらいける​けい​を​おしえる​で​あろう。

    8 さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​いましめ​を​あたえる。あなたがた​は​あつまる​とき、どの​よう​に​こうどう​し、わたし​の​きょうかい​を​みちびく​か、また​どの​よう​に​わたし​が​あたえた​りっぽう​と​いましめ​の​ようてん​を​じっこう​する​か​を​る​こと​が​できる​よう​に、たがいに​おしえ​い、きょう​し​わなければ​ならない。

    9 この​よう​に​して、あなたがた​は​わたし​の​きょうかい​の​りっぽう​に​つうじた​もの​と​なり、あなたがた​が​れた​もの​に​よって​きよめられる​の​で​ある。また​あなたがた​は、わたし​の​まえ​に​きよさ​を​くして​こうどう​する​​を​みずから​わなければ​ならない。

    10 あなたがた​が​これ​を​おこなう​なら​ば、あなたがた​の​けた​おうこく​に​えいこう​が​くわえられる​で​あろう。あなたがた​が​それ​を​おこなわなければ、あなたがた​の​けた​もの​さえ​も​られる​で​あろう。

    11 あなたがた​は、あなたがた​の​あいだ​に​ある​ざいあく​を​きよめ​なさい。わたし​の​まえ​に​みずから​を​きよめ​なさい。

    12 あなたがた​は​おうこく​の​えいこう​を​のぞむ​なら​ば、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​を​えらび、しんこう​の​いのり​に​よって​わたし​の​まえ​で​かれ​を​​しなさい。

    13 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​おうこく​の​おく​を​のぞむ​なら​ば、かれ​に​食物しょくもつ​と​ふく​を​あたえ、また、わたし​が​かれ​に​めいじた​わざ​を​げる​ため​に​ひつよう​と​する​すべて​の​もの​を​あたえ​なさい。

    14 もしも​あなたがた​が​それ​を​おこなわなければ、かれ​は​ぶん​を​れた​人々ひとびと​の​もと​に​とどまって、わたし​が​一つ​の​きよい​たみ​を​わたし​しん​の​ため​に​わたし​の​まえ​に​のこして​おける​よう​に​する​で​あろう。

    15 かさねて​う。わたし​が​にんめい​した​わたし​の​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​よ、き​なさい。あなたがた​は​おしえ​を​ける​ため​で​は​なく、わたし​が​たま​の​ちから​に​よって​あなたがた​の​​の​なか​に​いた​もの​を、ひと​の​ら​に​おしえる​ため​に​つかわされて​いる​の​で​ある。

    16 あなたがた​は​たかい​ところ​から​おしえ​を​け​なければ​ならない。みずから​を​きよめ​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​ちから​を​さずけられて、わたし​が​かたった​よう​に​あたえる​こと​が​できる​で​あろう。

    17 あなたがた​は​き​なさい。よ、しゅ​の​おおいなる​​は​もう​ちかい。

    18 しゅ​が​てん​から​こえ​を​はっする​​が​る。てん​は​ふるえ、​は​れ​うごく​で​あろう。かみ​の​ラッパ​が​ながく​かつ​たかく​り​ひびいて、ねむって​いる​もろもろ​の​こくみん​に、「あなたがた​せい​よ、がって​き​なさい。あなたがた​罪人つみびと​よ、わたし​が​ふたたび​ぶ​まで、その​まま​ねむって​いなさい」と​う​で​あろう。

    19 それゆえ、あなたがた​は​あくにん​の​なか​に​いだされる​こと​の​ない​よう​に、こし​に​おび​を​め​なさい。

    20 あなたがた​の​こえ​を​げ​なさい。しんで​は​ならない。もろもろ​の​こくみん​に、いた​もの​に​も、わかい​もの​に​も、そくばく​された​もの​に​も、ゆう​な​もの​に​も、あらため​を​びかけて​い​なさい。「しゅ​の​おおいなる​​の​ため​に、みずから​を​そなえ​なさい。

    21 人間にんげん​で​ある​わたし​が​こえ​を​げて​あなたがた​に​あらため​を​びかけ、その​こと​で​あなたがた​が​わたし​を​にくむ​なら​ば、やがて​かみなり​が​​の​て​から​こえ​を​はっして、『あらためよ。しゅ​の​おおいなる​​の​ため​に​そなえよ』​と、きて​いる​すべて​の​もの​の​みみ​に​げる​​が​る​とき、あなたがた​は​なん​と​う​つもり​か。

    22 さらに​また、稲妻いなずま​が​ひがし​から​西にし​に​はしり、きて​いる​すべて​の​もの​に​かって​こえ​を​はっし、く​すべて​の​もの​の​みみ​を​らして、『あらためよ。しゅ​の​おおいなる​​が​た​から​で​ある』​と​いう​これら​の​こと​を​げる​​が​る​とき、あなたがた​は​なん​と​う​つもり​か。」

    23 さらに​また、しゅ​は​てん​から​こえ​を​はっして​う​で​あろう。「き​なさい、おお、​の​もろもろ​の​こくみん​よ。あなたがた​を​つくった​かみ​の​こと​を​き​なさい。

    24 おお、​の​もろもろ​の​こくみん​よ、めんどり​が​はね​の​した​に​ひな​を​あつめる​よう​に、わたし​は​あなたがた​を​いくたびあつめよう​と​した​こと​か。しかし、あなたがた​は​おうじよう​と​しなかった。

    25 わたし​の​しもべ​たち​の​くち​に​より、また​てん使​たち​の​はたらき​に​より、また​わたし​しん​の​こえ​に​より、また​かみなり​の​こえ​に​より、また​稲妻いなずま​の​こえ​に​より、また​ぼうふう​の​こえ​に​より、また​しん​と​ひょう​を​ともなう​おおあらし​の​こえ​に​より、また​きん​と​あらゆる​えきびょう​の​こえ​に​より、また​ラッパ​の​おおきな​おと​に​より、また​さばき​の​こえ​に​より、また​しゅうじつつづく​あわれみ​の​こえ​に​より、また​えいこう​と​ほまれ​と​永遠えいえん​の​いのち​の​とみ​の​こえ​に​より、わたし​は​あなたがた​を​いくたびび、永遠えいえん​の​すくい​を​もって​あなたがた​を​いくたびすくおう​と​して​きた​こと​か。しかし、あなたがた​は​おうじよう​と​しなかった。

    26 よ、わたし​の​いきどおり​の​はげしい​いかり​の​さかずき​が​ちる​​は​た。

    27 よ、まことに、あなたがた​に​う。これ​は​しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​の​こと​で​ある。」

    28 それゆえ、あなたがた​は​はたらき​なさい。あなたがた​は​わたし​の​ぶどう​えん​で​さい​の​はたらき​を​しなさい。​に​む​もの​に​さい​の​びかけ​を​しなさい。

    29 わたし​は​ふさわしい​とき​に、さばき​の​ため​に​じょう​に​る。そして、わたし​の​たみ​は​あがなわれ、わたし​と​ともに​じょう​を​おさめる​で​あろう。

    30 わたし​が​しもべ​たち​の​くち​を​とおして​かたった、おおいなる​ふくせんねん​が​る。

    31 そして、サタン​は​しばられる。また、かれ​は​ふたたび​かいほう​される​と、しばし​の​あいだ​だけ​はい​し、そのきゅう​の​わり​が​る。

    32 ​の​うち​に​生活せいかつ​する​もの​は​いっしゅん​の​うち​に​えられ、きゅう​は​​に​よる​か​の​ごとく​に​る​で​あろう。

    33 あくにん​は​す​こと​の​できない​​の​なか​に​はいる​で​あろう。かれら​の​まつ​を、じょう​の​ひと​は​だれ​も​らず、かれら​が​さばき​の​ため​に​わたし​の​まえ​に​る​まで​けっして​らない​で​あろう。

    34 あなたがた​は​これら​の​こと​を​き​なさい。よ、わたし​は​​の​すくぬし​イエス・​キリスト​で​ある。これら​の​こと​を​あなたがた​の​こころ​の​なか​に​大切たいせつ​に​たくわえて​おき​なさい。永遠えいえん​の​厳粛げんしゅくさ​を​こころ​に​とどめ​なさい。

    35 まじめ​で​あり​なさい。わたし​の​いましめ​を​すべて​まもり​なさい。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。