教義と聖約 35
    脚注

    第​35​章

    千八百三十​ねん​十二がつ、ニューヨーク​しゅう​フェイエット​または​その​きん​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​と​シドニー・​リグドン​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百二十八-百三十一​ページ)。とうげんしゃ​は​ほとんど​毎日まいにち、『せいしょ』​の​ほんやく​に​じゅう​して​いた。その​ほんやく​は​はやくも​千八百三十​ねん​六がつ​に​は​かい​され、オリバー・​カウドリ​と​ジョン・​ホイットマー​の​ふた​が​ひっしゃ​として​はたらいて​きた。いまや​かれら​は​ほか​の​つとめ​に​された​ので、シドニー・​リグドン​が、この​わざ​に​おいて​げんしゃ​の​ひっしゃ​として​はたらく​よう​に​かみ​の​めい​に​よって​された(だい二十​せつ​を​参照さんしょう)。げんしゃ​は​この​けい​の​ろく​の​まえき​として、つぎ​の​よう​に​しるして​いる。「十二がつ​に、シドニー・​リグドン​が​しゅ​に​たずねる​ため​に[オハイオ​から]やって​た。また、かれ​と​ともに​エドワード・​パートリッジ​も​た。……​これら​ふた​の​きょうだい​たち​の​とうちゃくもなく、しゅ​は​この​よう​に​かたられた。」(『きょうかいれき』​だい一​かん、百二十八​ページ)

    1-2人々ひとびと​が​かみ​の​​と​なる​ほうほう。​3-7​シドニー・​リグドン​は、バプテスマ​を​ほどこし、聖霊せいれい​を​さずける​ため​に​される。​8-12​しるし​と​せき​は​しんこう​に​よって​こる。​13-16しゅ​の​しもべ​たち​は​たま​の​ちから​に​よって​もろもろ​の​こくみん​を​って​えりける。​17-19​ジョセフ・​スミス​は​おく​の​かぎ​を​つ。​20-21選民せんみん​は​しゅ​の​られる​​に​える。​22-27​イスラエル​は​すくわれる。

    1 しゅ​なる​あなたがた​の​かみ、すなわち​アルパ​で​あり​オメガ​で​あり、はじめ​で​あり​わり​で​あり、その​みち​が​一つ​の​永遠えいえん​の​​で​ある​もの昨日き の う​も、今日き ょ う​も、また​とこしえ​に​わる​こと​の​ない​もの​の​こえ​を​き​なさい。

    2 わたし​は​かみ​の​​イエス・​キリスト​で​あり、​の​つみ​の​ため​に、すなわち​わたし​の​​を​しんじる​すべて​の​もの​の​つみ​の​ため​に​じゅう​に​つけられた​もの​で​ある。それ​は、かれら​が​かみ​の​​と​なり、わたし​が​ちち​に​あって​一つ​で​あり、ちち​が​わたし​に​あって​一つ​で​あられる​の​と​どうよう​に、まことに​かれら​が​わたし​に​あって​一つ​と​なり、わたしたち​が​一つ​と​なる​ため​で​ある。

    3 よ、まことに、まことに、わたし​の​しもべ​シドニー​に​う。わたし​は​あなた​と​あなた​の​おこない​を​て​きた。わたし​は​あなた​の​いのり​を​き、一つ​の​さらに​おおいなる​わざ​の​ため​に​あなた​を​そなえて​きた。

    4 あなた​は​おおいなる​こと​を​おこなう​ので、しゅくふく​されて​いる。よ、あなた​は​ヨハネ​の​よう​に​わたし​の​まえ​に​みち​を​そなえる​ため​に、また​やがて​る​エリヤ​の​まえ​に​みち​を​そなえる​ため​に​つかわされた。そして、あなた​は​それ​を​らなかった。

    5 あなた​は​あらため​の​ため​に​みず​に​よって​バプテスマ​を​ほどこした​が、人々ひとびと​は​聖霊せいれい​を​けなかった。

    6 しかし​いま、わたし​は​あなた​に​一つ​の​いましめ​を​あたえる。あなた​は​みず​に​よって​バプテスマ​を​ほどこさなければ​ならない。そう​すれ​ば、むかし​の​使​たち​が​おこなった​よう​に、按手あんしゅ​に​よって​人々ひとびと​は​聖霊せいれい​を​ける​で​あろう。

    7 また、この​​に、すなわち​ほうじん​の​なか​に、一つ​の​おおいなる​わざ​が​こる​で​あろう。かれら​の​おろかさ​と​まわしい​おこない​が、すべて​の​ひと​の​​に​あきらか​に​される​で​あろう。

    8 わたし​は​かみ​で​あり、わたし​の​うで​は​みじかくない。わたし​の​​を​しんじる​すべて​の​もの​に、わたし​は​数々かずかず​の​せき​と​しるし​と​​を​しめそう。

    9 また、だれでも​しんこう​を​もって​わたし​の​​に​よって​もとめる​もの​は、あくれい​を​す​で​あろう。びょうにん​を​いやす​で​あろう。​の​えない​もの​を​える​よう​に​し、みみ​の​こえない​もの​を​こえる​よう​に​し、くち​の​けない​もの​を​はなせる​よう​に​し、あし​の​ゆう​な​もの​を​あるける​よう​に​する​で​あろう。

    10 また、数々かずかず​の​おおいなる​こと​が​ひと​の​ら​に​しめされる​とき​が、すみやか​に​る。

    11 しかし、しんこう​が​なければ、てい​に​たいする​はげしい​いかり​の​ぶどう​しゅ​を​すべて​の​こくみん​に​ませて​きた​バビロン​の​こうはい​の​ほか​に、何事なにごと​も​しめされない​で​あろう。

    12 また、わたし​が​この​だい​の​人々ひとびと​に​おくした、わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​れる​そなえ​の​できた​人々ひとびとがい​に、ぜん​を​おこなう​もの​は​だれ​も​いない。

    13 それゆえ、わたし​は、わたし​の​たま​の​ちから​に​よって​もろもろ​の​こくみん​を​って​えりける​ため​に、​の​よわい​もの​たち、がく​で​くだされて​いる​もの​たち​を​ぶ。

    14 そして、かれら​の​うで​は​わたし​の​うで​と​なる。わたし​は​かれら​の​たて​と​なり、かれら​の​だて​と​なろう。わたし​は​かれら​の​こし​に​おび​を​めよう。そして、かれら​は​わたし​の​ため​に​ゆうかん​に​たたかう​で​あろう。かれら​の​てき​は​かれら​の​あし​に​まれる​で​あろう。また、わたし​は​かれら​の​ため​に​つるぎ​を​くだし、わたし​の​いきどおり​の​​に​よって​かれら​を​まもろう。

    15 また、まずしい​もの​と​にゅう​な​もの​に​ふくいん​が​べ​つたえられ、かれら​は​わたし​の​らいりん​の​とき​を​のぞむ​で​あろう。それ​は​もう​ちかい​から​で​ある。

    16 かれら​は​いちじく​の​​の​たとえ​を​まなぶ​で​あろう。なつ​は​いまや​すでに​ちかい​から​で​ある。

    17 また​わたし​は、わたし​の​しもべジョセフ​の​​に​よって、わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​おくした。また、わたし​は​かれ​を​よわい​じょうたい​に​あって​しゅくふく​した。

    18 また​わたし​は、かれ​が​わたし​に​つながって​いる​こと​を​じょうけん​に、ふうじられて​きた​それら​の​こと、すなわち​​の​はじめ​から​あった​こと​と、また​この​てん​から​わたし​の​らいりん​まで​に​ある​こと​の​おく​の​かぎ​を​かれ​に​あたえた。もし​かれ​が​わたし​に​つながって​いない​なら​ば、わたし​は​かれ​の​わり​に​ほか​の​もの​を​てよう。

    19 それゆえ、かれ​の​しんこう​が​なくならない​よう​に、かれ​を​まもり​なさい。そう​すれ​ば、それ​は​なぐさぬし、すなわち​すべて​の​こと​を​って​いる​聖霊せいれい​に​よって​あたえられる​で​あろう。

    20 また、わたし​は​一つ​の​いましめ​を​あなた​に​あたえる。あなた​は​かれ​の​ため​に​き​しるさなければ​ならない。そう​すれ​ば、わたし​の​むね​の​うち​に​ある​まま​に​聖文せいぶん​が​さずけられ、わたし​の​選民せんみん​は​すくわれる​で​あろう。

    21 かれら​は​わたし​の​こえ​を​き、わたし​を​、また​ねむる​こと​なく、わたし​が​る​​に​える​で​あろう。わたし​が​きよい​よう​に、かれら​は​きよめられる​から​で​ある。

    22 さて、わたし​は​あなた​に​う。かれ​と​ともに​とどまり​なさい。そう​すれ​ば、かれ​は​あなた​と​ともに​たび​を​する​で​あろう。かれ​を​てて​は​ならない。て​なければ、これら​の​こと​は​かならず​じょうじゅ​する​で​あろう。

    23 また、あなたがた​が​しるさない​とき​は、よ、かれ​は​げん​する​こと​を​ゆるされる。あなた​は​わたし​の​ふくいん​を​べ​つたえ、また​かれ​に​こと​が​あたえられる​まま​に、せい​なる​げんしゃ​たち​を​んで​かれ​の​こと​を​しょうめい​しなければ​ならない。

    24 あなたがた​が​まもる​​の​ある​すべて​の​いましめ​と​せいやく​を​まもり​なさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなたがた​の​ため​に​てん​を​ふるわせよう。そして​サタン​は​おののき、シオン​は​もろもろ​の​おか​の​うえ​で​よろこび、さかえる​で​あろう。

    25 イスラエル​は、わたし​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に​すくわれる​で​あろう。わたし​が​あたえた​かぎ​に​よって​かれら​は​みちびかれ、もはや​けっして​みだされる​こと​は​ない。

    26 こころ​を​たかめて​よろこび​なさい。あなたがた​の​あがない​は​ちかづいて​いる。

    27 ちいさい​れ​よ、おそれて​は​ならない。わたし​が​る​まで、おうこく​は​あなたがた​の​もの​で​ある。よ、わたし​は​すぐに​る。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。