教義と聖約 82
    脚注
    Theme

    第​82​章

    千八百三十二​ねん​四がつ​二十六​にち、ミズーリ​しゅう​ジャクソン​ぐん​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百六十七-二百六十九​ページ)。この​けい​が​あたえられた​の​は、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​が​だいしんけん​の​だいかんちょう​として​​された​きょうかい​の​そうかい​の​とき​で​ある。かれ​は、千八百三十二​ねん​一がつ​二十五​にち、オハイオ​しゅう​アマースト​で​だいさい​と​長老ちょうろう​と​会員かいいん​の​大会たいかい​に​おいて​すでに​この​しょく​に​聖任せいにん​されて​いた(だい​七十五​しょう​の​まえ​を​参照さんしょう)。ぜん​は​この​けい​の​しゅっぱん​に​さいして、まえ​を​げられた​ひと​が​だれ​で​ある​か​を​かくす​ため​に、変名へんめい​が​使つかわれて​いた(だい​七十八​しょう​の​まえ​を​参照さんしょう)。

    1-4おおく​あたえられれば、おおく​もとめられる。​5-7くらやみ​が​​を​はい​して​いる。​8-13​わたしたち​が​しゅ​の​われる​こと​を​おこなう​とき、しゅ​は​それ​に​たいして​​を​われる。​14-18​シオン​は​うつくしさ​と​きよさ​を​さなければ​ならない。​19-24​すべて​の​もの​は​ぶん​の​隣人りんじん​の​えき​を​はかる​よう​に​つとめ​なければ​ならない。

    1 まことに、まことに、わたし​は​あなたがた、すなわち​わたし​の​しもべ​たち​に​う。あなたがた​が​たがいに​あやまち​を​ゆるし​った​ので、しゅ​なる​わたし​は​おなじ​よう​に​あなたがた​を​ゆるす。

    2 それでも、あなたがた​の​なか​に​は​ひどく​つみ​を​おかした​もの​が​いる。まことに、あなたがた​の​すべて​が​つみ​を​おかした。しかし、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。ひどい​さばき​が​あなたがた​の​こうべ​に​くだらない​よう​に、いま​から​のち​を​つけて、つみ​から​とおざかり​なさい。

    3 おおく​あたえられる​もの​から​は​おおく​もとめられ、いっそう​おおいなる​ひかり​に​たいして​つみ​を​おかす​もの​は、いっそう​おおきな​つみ​の​せんこく​を​ける​から​で​ある。

    4 あなたがた​が​けい​を​もとめて​わたし​の​​を​ぶ​と、わたし​は​それら​を​あなたがた​に​あたえる。そして、わたし​が​あなたがた​に​あたえる​わたし​の​こと​を​あなたがた​が​まもらなければ、あなたがた​は​いましめ​に​そむく​もの​と​なる。せい​と​さばき​は、わたし​の​りっぽう​に​ずい​する​ばつ​で​ある。

    5 それゆえ、わたし​は​ひと​に​う​こと​を​すべて​の​もの​に​う。すなわち、敵対てきたい​する​もの​が​その​領域りょういき​を​ひろげ、くらやみ​が​はい​して​いる​ので、​を​まして​いなさい。

    6 かみ​の​いかり​は​​に​む​もの​に​かって​えて​いる。そして、だれ​ひとぜん​を​おこなう​もの​は​いない。すべて​の​もの​が​みち​を​はずれて​いる​から​で​ある。

    7 さて、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​なる​わたし​は、どの​よう​な​つみ​も​あなたがた​に​わせない。あなたがた​の​みち​を​き、これから​は​もう​つみ​を​おかさない​よう​に​しなさい。つみ​を​おかす​もの​に​は​ぜん​の​つみ​が​もどる​で​あろう、と​しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は​う。

    8 さらに​また、あなたがた​に​う。わたし​は​あなたがた​に​あたらしい​いましめ​を​あたえて、あなたがた​が​わたし​の​おもい​を​かい​できる​よう​に​する。

    9 い​えれば、あなたがた​の​すくい​の​ため​と​なる​よう​に、あなたがた​が​わたし​の​まえ​で​どの​よう​に​こうどう​すれ​ば​よい​か、あなたがた​に​​を​あたえる。

    10 あなたがた​が​わたし​の​う​こと​を​おこなう​とき、しゅ​なる​わたし​は​それ​に​たいして​​を​う。しかし、あなたがた​が​わたし​の​う​こと​を​おこなわない​とき、あなたがた​は​なんの​やくそく​も​けない。

    11 それゆえ、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​しもべ​たち、エドワード・​パートリッジ​と​ニューエル・​K・​ホイットニー、A・​シドニー・​ギルバート​と​シドニー・​リグドン、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス、ジョン・​ホイットマー​と​オリバー・​カウドリ、および​W・​W・​フェルプス​と​マーティン・​ハリス​は、そむき​に​よって​さばき​が​ただちに​ともなう​こと​なし​に​は​やぶる​こと​の​できない​盟約めいやく​と​せいやく​に​よって、あなたがた​の​様々さまざま​な​かんにん​の​しょく​に​おいて​ともにむすばれる​こと​が​ひつよう​で​ある。

    12 まずしい​もの​の​しょ​と、シオン​の​​と​カートランド​の​​の​両方りょうほう​に​おける​ビショップ​の​つとめ​に​かんする​すべて​の​こと​を​しょ​する​ため​で​ある。

    13 わたし​は、いと​たかき​かた​の​せい​たち​の​えき​の​ため​に、また​シオン​の​ため​の​ステーク​として、わたし​が​ふさわしい​と​おもう​とき​に​カートランド​の​​を​聖別せいべつ​した。

    14 シオン​は​うつくしさ​と​きよさ​を​し、その​さかい​は​ひろげられ、その​ステーク​は​つよく​され​なければ​ならない。まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。シオン​は​がり、その​うつくしい​ころも​を​​なければ​ならない。

    15 それゆえ、わたし​は​あなたがた​に​つぎ​の​いましめ​を​あたえる。すなわち、あなたがた​は​この​せいやく​に​よって​けっそく​しなさい。それ​は​しゅ​の​りっぽう​に​したがって​おこなわなければ​ならない。

    16 よ、これ​は​あなたがた​の​えき​の​ため​に、わたし​の​​に​かなって​いる。

    17 あなたがた​は​びょうどう​で​なければ​ならない。い​えれば、あなたがた​は​ぶん​の​かんにん​の​しょく​に​かんする​しょ​を​しょ​する​ため​に、その​よう​が​せいとう​で​あれ​ば、それぞれ​ぶん​の​よう​と​ひつよう​に​おうじて​ざいさん​を​ようきゅう​する​びょうどう​な​けん​が​ある。

    18 これ​は​すべて、ける​かみ​の​きょうかい​の​えき​の​ため、また​すべて​の​もの​が​ぶん​の​タラント​を​さらに​す​ため、また​すべて​の​もの​が​ほか​の​タラント​を​まことに​百​ばい​も​て、ぜんきょうかい​の​きょうゆうざいさん​と​なる​よう​に​しゅ​の​くら​に​おさめる​ため​で​ある。

    19 すべて​の​もの​は​その​隣人りんじん​の​えき​を​はかる​よう​に​つとめ、また​かみ​の​えいこう​に​ひたすら​​を​けて​すべて​の​こと​を​なす​よう​に​しなければ​ならない。

    20 あなたがた​が​つみ​を​おかさなければ、わたし​は​この​せい​を、あなたがた​の​ため​に、また​あなたがた​の​継承けいしょうしゃ​の​ため​に​永遠えいえん​の​せい​と​なる​よう​に​さだめた。

    21 この​せいやく​に​たいして​つみ​を​おかし、それ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​する​もの​は、わたし​の​きょうかい​の​りっぽう​に​したがって​あつかい、あがない​の​​まで​サタン​に​わたして​たれる​に​まかせ​なければ​ならない。

    22 さて、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。そして、これ​は​賢明けんめい​な​こと​で​ある。すなわち、あなたがた​しん​の​ため​に、​の​とみ​を​つ​もの​と​とも​に​なり​なさい。そう​すれ​ば、かれら​は​あなたがた​を​ほろぼさない​で​あろう。

    23 さばき​は​わたし​ひと​に​まかせ​なさい。それ​は​わたし​の​する​こと​で​あり、わたし​が​ほうふく​する​から​で​ある。平安へいあん​が​あなたがた​に​ある​よう​に。わたし​の​しゅくふく​が​あなたがた​に​つづく​よう​に。

    24 あなた​が​かっ​と​した​じょうたい​から​らく​しなければ、おうこく​は​なお​も​あなたがた​の​もの​で​あり、いつまで​も​そう​で​ある。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。