教義と聖約 38
    脚注

    第​38​章

    千八百三十一​ねん​一がつふつ、ニューヨーク​しゅう​フェイエット​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百四十-百四十三​ページ)。この​とき​は、きょうかい​の​大会たいかい​で​あった。

    1-6​キリスト​が​万物ばんぶつ​を​そうぞう​された。​7-8​キリスト​は​せい​たち​の​なか​に​おられる。せい​たち​は​もなく​キリスト​に​まみえる。​9-12​すべて​の​にく​なる​もの​は​キリスト​の​まえ​に​らく​して​いる。​13-22​キリスト​は、この​に​おいて​も​永遠えいえん​に​わたって​も、ぶん​の​せい​たち​の​ため​に​やくそく​の​​を​そなえて​おられる。​23-27せい​たち​は​一つ​と​なる​よう​に、また​きょうだい​として​たがいに​とうとび​う​よう​に​めいじられる。​28-29せんそう​が​こく​される。​30-33せい​たち​は​たかい​ところ​から​ちから​を​さずけられ、すべて​の​こくみん​の​なか​に​て​かなければ​ならない。​34-42きょうかい​は​まずしい​ひと​と​とぼしい​ひと​の​​を​する​よう​に、また​永遠えいえん​の​とみ​を​もとめる​よう​に​めいじられる。

    1 しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は、この​よう​に​う。すなわち、イエス・​キリスト、わたし​は​る​と​いう​おおいなる​もの、アルパ​で​あり​オメガ​で​あり、はじめ​で​あり​わり​で​あり、かい​が​つくられる​まえ​に​永遠えいえん​の​おおいなる​ひろがり​と​てん​の​すべて​の​こうごうしい​衆群しゅうぐん​を​た​もの

    2 すべて​の​こと​が​​の​まえ​に​ある​ので​すべて​の​こと​を​って​いる​もの​は、この​よう​に​う。

    3 わたし​は、こと​を​はっして、それで​かい​が​つくられ、万物ばんぶつ​が​わたし​に​よって​そんざい​する​よう​に​なった​その​もの​で​ある。

    4 わたし​は​ぶん​の​ふところ​に​エノク​の​シオン​を​れた​もの​で​ある。また、まことに​わたし​は​う​が、わたし​の​​を​しんじた​すべて​の​もの​を​れた​もの​で​ある。わたし​は​キリスト​で​あり、わたし​しん​の​​に​よって、また​わたし​が​ながした​​に​よって、ちち​の​まえ​で​かれら​の​ため​に​べん​を​して​きた。

    5 しかし​よ、​の​わり​に​おとずれる​おおいなる​​の​さばき​まで、わたし​は​あくにん​の​のこり​を​くらやみ​の​くさり​に​とどめて​きた。

    6 また、わたし​の​こえ​を​こう​と​せず​に、こころ​を​かたくな​に​する​あくにん​を、おなじ​よう​に​とどめて​おこう。かれら​の​こう​な​すえ​は、わざわい​で​ある、わざわい​で​ある、わざわい​で​ある。

    7 しかし​よ、まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​​は​あなたがた​の​うえ​に​ある。わたし​は​あなたがた​の​なか​に​いる​が、あなたがた​は​わたし​を​る​こと​が​できない。

    8 しかし、あなたがた​が​わたし​を​て、わたし​の​いる​こと​を​る​​が​すぐに​る。あんこく​の​まく​が​もなく​かれる​から​で​ある。きよめられて​いない​もの​は、その​​に​えられない​で​あろう。

    9 それゆえ、こし​に​おび​を​めて、そなえ​なさい。よ、おうこく​は​あなたがた​の​もの​で​あり、そして​てき​は​しょう​を​ない​で​あろう。

    10 まことに、あなたがた​に​う。あなたがた​は​きよい​が、すべて​の​もの​が​きよい​わけ​で​は​ない。また、わたし​が​こころ​から​よろこんで​いる​もの​は、ほか​に​だれ​も​いない。

    11 すべて​の​にく​なる​もの​は​わたし​の​まえ​に​らく​して​いる。そして​やみ​の​ちから​は、てん​の​すべて​の​衆群しゅうぐん​の​まえ​に​おいて、ひと​の​ら​の​なか​で​じょう​に​ひろく​およんで​いる。

    12 その​ため​に、沈黙ちんもく​が​はい​し、すべて​永遠えいえん​なる​もの​は​かなしんで​いる。また​てん使​たち​は、どくむぎ​を​あつめて​それ​を​く​ため​に、​を​れる​よう​に​と​の​おおいなる​命令めいれい​を​って​いる。また​よ、てき​は​連合れんごう​して​いる。

    13 さて、わたし​は​一つ​の​みつ、すなわち、とき​が​たって​まことに​あなたがた​を​ほろぼす​ため​に​密室みっしつ​で​おこなわれて​いる​一つ​の​ことがら​を​あなたがた​に​しめそう。あなたがた​は​それ​を​らなかった。

    14 しかし​いま、わたし​は​あなたがた​に​それ​を​げる。あなたがた​は​しゅくふく​されて​いる​が、それ​は​あなたがた​の​ざいあく​の​ゆえ​で​も、また​しんこう​の​こころ​の​ゆえ​で​も​ない。まことに​あなたがた​の​ある​もの​は​わたし​の​まえ​に​ざいあく​が​ある​が、それでも​わたし​は、あなたがた​の​よわさ​を​あわれもう。

    15 それゆえ、あなたがた​は​いま​から​のちつよく​あり​なさい。おそれて​は​ならない。おうこく​は​あなたがた​の​もの​だから​で​ある。

    16 また、あなたがた​の​すくい​の​ため​に、わたし​は​あなたがた​に​いましめ​を​あたえる。わたし​は​あなたがた​の​いのり​を​き、まずしい​もの​が​わたし​の​まえ​に​うったえた​から​で​ある。わたし​は​んで​いる​もの​を​つくった。すべて​の​にく​なる​もの​は​わたし​の​もの​で​あり、わたし​は​ひと​を​かたより​ない​もの​で​ある。

    17 わたし​は​​を​ゆたか​に​つくった。よ、それ​は​わたし​の​あしだい​で​ある。それゆえ、わたし​は​ふたたび​その​うえ​に​とう。

    18 わたし​は​さらに​おおいなる​とみ、すなわち、しゅ​が​る​とき​に​まったく​のろい​の​ない​一つ​の​やくそく​の​ちち​と​みつ​の​ながれる​一つ​の​​を​あなたがた​に​して​さずけよう。

    19 あなたがた​が​一心いっしん​に​もとめる​なら​ば、わたし​は​あなたがた​の​ぎ​の​​として​それ​を​あたえよう。

    20 これ​が​あなたがた​と​わす​わたし​の​せいやく​で​ある。すなわち、だい​の​ある​かぎり、あなたがた​は​その​​を​あなたがた​の​ぎ​の​​として、また​あなたがた​の​そん​の​ぎ​として​いつまで​も​しょゆう​する​で​あろう。また、あなたがた​は​ふたたび​永遠えいえん​に​それ​を​しょゆう​し、それ​は​もう​る​こと​は​ない​で​あろう。

    21 しかし、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。やがて​あなたがた​は​おう​も​はいしゃ​も​たなくなる。わたし​が​あなたがた​の​おう​と​なり、あなたがた​を​まもる​から​で​ある。

    22 それゆえ、わたし​の​こえ​を​いて、わたし​に​したがい​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​ゆう​な​たみ​と​なり、わたし​が​る​とき​に​わたし​の​りっぽう​の​ほか​に​どんな​ほう​も​たない​で​あろう。わたし​が​あなたがた​の​りっぽうしゃ​だから​で​ある。なに​が​わたし​の​​を​とどめる​こと​が​できる​で​あろう​か。

    23 しかし、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​が​あなたがた​を​にんめい​した​その​しょく​に​おうじて、たがいに​おしえ​い​なさい。

    24 かくじん​が​それぞれ​ぶん​の​きょうだい​を​ぶんしん​の​よう​に​とうとび、わたし​の​まえ​で​とくたかく​きよく​ある​よう​に​しなさい。

    25 また​かさねて、あなたがた​に​う。かくじん​が​それぞれ​ぶん​の​きょうだい​を​ぶんしん​の​よう​に​とうとび​なさい。

    26 あなたがた​の​なか​に、十二​にん​の​むす​を​って​いて、かれら​を​けっして​かたより​る​こと​なく、かれら​から​従順じゅうじゅん​に​つかえられて​いる​の​に、むす​の​ひと​に「あなた​は​礼服れいふく​を​て​ここ​に​すわり​なさい」と​い、また​ほか​の​むす​に「あなた​は​ぼろ​を​て​そこ​に​すわり​なさい」と​い、むす​たち​を​て、「わたし​は​こうへい​だ」と​う​もの​が​いる​で​あろう​か。

    27 よ、わたし​は​あなたがた​に、これ​を​一つ​の​たとえ​として​げた。これ​は​まさに​わたし​の​よう​で​ある。わたし​は​あなたがた​に​う。一つ​と​なり​なさい。もしも​あなたがた​が​一つ​で​なければ、あなたがた​は​わたし​の​もの​で​は​ない。

    28 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。密室みっしつ​の​てき​は​あなたがた​の​いのち​を​ねらって​いる。

    29 あなたがた​は​とおく​の​くにぐに​に​おける​せんそう​に​ついて​く​と、とおく​の​くにぐに​で​もなく​おおきな​せんそう​が​ある​と​う。しかし、あなたがた​は​あなたがた​しん​の​​に​おける​人々ひとびと​の​こころ​を​らない。

    30 わたし​は​あなたがた​の​いのり​に​こたえて、これら​の​こと​を​あなたがた​に​げる。それゆえ、あなたがた​の​むね​に​​を​たくわえ​なさい。人々ひとびと​の​あく​が、その​あく​に​よって、​を​ふるわす​こえ​より​も​おおきな​こえ​で​あなたがた​の​みみもと​に​かたる​ほうほう​で、あなたがた​に​これら​の​こと​を​あきらか​に​する​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。しかし、そなえて​いれ​ば​おそれる​こと​は​ない。

    31 あなたがた​が​てき​の​ちから​から​のがれ、み​が​なく、つみ​も​ない、​に​かなった​たみ​として​わたし​の​もと​に​あつめられる​ため​に、

    32 この​ため​に、わたし​は、オハイオ​へ​く​よう​に​と​いう​いましめ​を​あなたがた​に​あたえた​の​で​ある。わたし​は​そこ​で​あなたがた​に​わたし​の​りっぽう​を​あたえよう。あなたがた​は​そこ​で、たかい​ところ​から​ちから​を​さずけられる​で​あろう。

    33 そして​そこ​から、わたし​の​のぞむ​もの​が​すべて​の​こくみん​の​なか​に​て​く​で​あろう。また、かれら​の​なす​べき​こと​が、かれら​に​げられる​で​あろう。わたし​に​は​そなえて​ある​一つ​の​おおいなる​わざ​が​ある。イスラエル​は​すくわれ、わたし​は​ぶん​の​のぞむ​ところ​に​かれら​を​みちびく。そして、どの​よう​な​ちから​も​わたし​の​​を​とどめない​で​あろう。

    34 さて、わたし​は​この​ほう​の​きょうかい​に​いましめ​を​あたえる。かれら​の​なか​の​ある​人々ひとびと​を​にんめい​しなければ​ならない。きょうかいいん​の​こえ​に​よって​にんめい​しなければ​ならない。

    35 これら​の​ひと​は​まずしい​もの​と​とぼしい​もの​の​​を​し、かれら​が​くるしみ​を​ける​こと​の​ない​よう​に​ひつよう​な​もの​を​あたえ、わたし​が​めいじた​しょ​に​かれら​を​おくす​よう​に​しなければ​ならない。

    36 この​きょうかい​の​ざいさん​に​かんする​しょ​を​つかさどる​こと​が、かれら​の​ごと​と​なる。

    37 また、る​こと​の​できない​のうじょう​を​って​いる​もの​たち​は、それ​を​その​まま​に​して​おく​か、賃貸ちんたい​する​か、かれら​が​よい​と​おもう​まま​に​しなさい。

    38 ​を​つけて、すべて​の​もの​が​たもたれる​よう​に​しなさい。人々ひとびと​が​たかい​ところ​から​ちから​を​さずけられて​おくされる​とき​に、これら​すべて​の​もの​は​きょうかい​の​ふところ​に​あつめられる​で​あろう。

    39 また、ちち​が​あなたがた​に​あたえたい​と​のぞんで​おられる​とみ​を、あなたがた​が​もとめる​なら​ば、あなたがた​は​すべて​の​たみ​の​なか​で​もっとも​んだ​もの​に​なる​で​あろう。あなたがた​は​永遠えいえん​の​とみ​を​つ​から​で​ある。​の​とみ​は​わたし​の​もの​で​あり、わたし​が​それ​を​あたえる​の​で​ある。しかし、あなたがた​は​むかし​の​ニーファイじん​の​よう​に​ならない​よう、こうまん​に​​を​つけ​なさい。

    40 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​は​あなたがた​に​いましめ​を​あたえる。長老ちょうろう​も、さい​も、きょう​も、また​会員かいいん​も、すべて​の​ひと​が​わたし​の​めいじた​こと​を​じゅん​して​げる​ため​に、勢力せいりょく​を​くし、その​​の​ろう​を​くし​なさい。

    41 また、あなたがた​の​おしえ​を​く​こと​が​けいこく​の​こえ​と​なる​よう​に、かくじん​が​それぞれ​隣人りんじん​に、おだやか​に、かつ​にゅう​に​けいこく​する​よう​に​しなさい。

    42 あなたがた​は​あくにん​の​なか​から​​なさい。あなたがた​しん​を​すくい​なさい。しゅ​の​うつわ​を​になう​もの​たち​よ、きよく​あり​なさい。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。