教義と聖約 85
    脚注

    第​85​章

    千八百三十二​ねん​十一がつ​二十七​にち、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百九十八-二百九十九​ページ)。この​しょう​は、ミズーリ​しゅう​インディペンデンス​に​んで​いた​W・​W・​フェルプス​に​あてた​げんしゃ​の​がみ​から​の​抜粋ばっすい​で​ある。これ​は、シオン​に​うつり​んだ​が、きょうかい​に​おける​さだめられた​じゅん​に​したがって​ぎ​を​て​いない​せい​たち​に​ついて​の​い​に​こたえて​あたえられた​もの​で​ある。

    1-5​シオン​で​の​ぎ​は、ほうけん​に​よって​​なければ​ならない。​6-12ひと​の​ちから​ある​つよい​もの​が、せい​たち​に​シオン​で​の​ぎ​を​あたえる。

    1 しゅ​が​にんめい​された​しゅ​の​しょ​の​​は、れき​を​ろく​し、シオン​で​こる​すべて​の​こと​に​ついて、また​ざいさん​を​ほうけん​して​ビショップ​から​りっぽう​に​かなって​ぎ​を​る​すべて​の​ひと​に​ついて、一般いっぱんきょうかいろく​を​のこす​こと​で​ある。

    2 また、かれら​の​生活せいかつ​の​よう​や、かれら​の​しんこう​や、おこない​に​ついて​も、また​ぎ​を​た​のち​に​背教はいきょう​する​背教はいきょうしゃ​に​ついて​も、ろく​を​のこす​こと​で​ある。

    3 かみ​より​あたえられた​かみ​の​りっぽう​に​かなった​ほうけん​に​よって​ぶん​の​ぎ​を​ない​もの​が、かみ​の​たみ​と​ともに​その​​を​とうろく​される​こと​は、かみ​の​こころ​と​いましめ​に​はんする。かみ​は​ほうふく​と​はらい​の​​に​たいして​その​たみ​を​そなえる​ため​に、かれら​に​じゅうぶん​の​いち​を​おさめ​させよう​と、その​りっぽう​を​あたえられた​の​で​ある。

    4 また、かれら​の​けい​を​のこして​は​ならず、きょうかい​の​いかなる​ろく​や​れき​の​なか​に​も​それ​が​いだされる​こと​が​あって​は​ならない。

    5 かみ​の​りっぽう​の​しょ​に​かれら​の​まえ​も、ちち​の​まえ​も、そん​の​まえ​も​いだされる​こと​が​あって​は​ならない、と​万軍ばんぐん​の​しゅ​は​われる。

    6 まことに、万物ばんぶつ​を​つらぬき​とおして​ささやき、それ​が​あらわれる​とき​に​わたし​の​ほね​を​しばしば​ふるわせる​しずか​な​ほそい​こえ​は、つぎ​の​よう​に​げられる。

    7 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は、ひと​の​ちから​ある​つよい​もの​を​つかわす。その​もの​は​その​​に​ちから​の​しゃく​を​ち、ひかり​を​ころも​として​まとい、その​くち​は​こと、すなわち​永遠えいえん​の​こと​を​かたる。また、その​はら​は​しん​の​いずみ​で​ある。わたし​が​かれ​を​つかわす​の​は、かみ​の​いえ​を​ととのえる​ため​で​あり、また​かみ​の​りっぽう​の​しょ​に​まえ​が​いだされ、その​ちち​と​その​そん​の​まえ​が​とうろく​される​せい​たち​の​ぎ​を​くじ​に​よって​はい​する​ため​で​ある。

    8 しかし、かみ​から​されて​にんめい​された​その​ひと​は、かみ​の​はこ​を​ささえる​ため​に​​を​べる​と、まぶしい​稲妻いなずま​に​たれる​​の​よう​に、​の​​に​よって​たおれる​で​あろう。

    9 また、おぼえ​の​しょ​に​しるされて​いない​もの​は​みな、その​​に​なんの​ぎ​も​いださず、かれて、その​ぶん​は​しんこう​な​もの​たち​の​なか​に​さだめられ、そこ​で​き​わめき、ぎしり​を​する​で​あろう。」

    10 これら​の​こと​を、わたし​は​ぶん​から​って​いる​の​で​は​ない。それゆえ​しゅ​は、かたられる​とおり​に​たされる。

    11 だいしんけん​を​つ​もの​で、また​しょうしんけん​を​つ​もの​や​会員かいいん​で、その​まえ​が​りっぽう​の​しょ​に​しるされて​いない​もの、あるいは​背教はいきょう​した​もの、または​きょうかい​から​たれた​もの​は、その​​に、いと​たかき​かた​の​せい​たち​の​なか​に​ぎ​を​いださない​で​あろう。

    12 それゆえ、エズラだい二​しょう​六十一、六十二​せつ​に​しるされて​いる​さい​の​そん​に​おこなわれた​よう​に、かれら​に​おこなわれ​なければ​ならない。

    True