教義と聖約 39
    脚注

    第​39​章

    千八百三十一​ねん​一がついつ、ニューヨーク​しゅう​フェイエット​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​ジェームズ・​コービル​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百四十三-百四十五​ページ)。ジェームズ・​コービル​は、およそ​四十​年間ねんかん​バプテスト​​の​ぼく​を​つとめた​ひと​で​ある​が、かれ​は​しゅ​が​げんしゃ​ジョセフ​を​とおして​あたえて​くださる​いましめ​に​は​なんでも​したがう​と、しゅ​に​せいやく​した。

    1-4せい​たち​は​かみ​の​​と​なる​ちから​を​って​いる。​5-6ふくいん​を​れる​こと​は、キリスト​を​れる​こと​で​ある。​7-14​ジェームズ・​コービル​は、バプテスマ​を​けて、しゅ​の​ぶどう​えん​で​はたらく​よう​に​めいじられる。​15-21しゅ​の​しもべ​たち​は、再臨さいりん​の​まえ​に​ふくいん​を​べ​つたえ​なければ​ならない。​22-24ふくいん​を​れる​もの​は、この​に​おいて​も​永遠えいえん​に​わたって​も​あつめられる。

    1 永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって​そんざい​する​ものわたし​は​る​と​いう​おおいなる​もの、すなわち​イエス・​キリスト​の​こえ​に​みみ​を​かたむけ、き​なさい。

    2 わたし​は​​の​ひかり​で​あり​いのち​で​ある。くらやみ​の​なか​に​かがやいて​いる​ひかり​で​ある。そして、くらやみ​は​それ​を​かい​しない。

    3 わたし​は​とき​の​ちゅうかん​に​わたし​の​たみ​の​ところ​に​た​もの​で​ある。そして、たみ​は​わたし​を​れなかった。

    4 しかし、わたし​は、わたし​を​れた​すべて​の​もの​に、わたし​の​​と​なる​ちから​を​あたえた。また​その​よう​に、わたし​を​れる​すべて​の​もの​に、わたし​の​​と​なる​ちから​を​あたえよう。

    5 まことに、まことに、わたし​は​あなた​に​う。わたし​の​ふくいん​を​れる​もの​は​わたし​を​れ、また、わたし​の​ふくいん​を​れない​もの​は​わたし​を​れない​の​で​ある。

    6 そして、これ​こそ​わたし​の​ふくいん​で​ある。すなわち、あらため​と、みず​に​よる​バプテスマ、そののち​と​聖霊せいれい​に​よる​バプテスマ​が​ある。聖霊せいれい​すなわち​なぐさぬし​は、すべて​の​こと​を​しめし、おうこく​に​かかわる​へい​を​もたらす​ことがら​を​おしえる。

    7 さて​よ、わたし​は​あなた、すなわち​わたし​の​しもべジェームズ​に​う。わたし​は​あなた​の​おこない​を​て​きて、あなた​を​って​いる。

    8 まことに、わたし​は​あなた​に​う。あなた​の​こころ​は​現在げんざい、わたし​の​まえ​に​ただしい。また​よ、わたし​は​あなた​の​こうべ​に​数々かずかず​の​おおいなる​しゅくふく​を​さずけて​きた。

    9 それ​に​も​かかわらず、あなた​は​ひどい​かなしみ​に​って​きた。それ​は、あなた​が​こうまん​と​​の​おもわずらい​の​ため​に、なん​も​わたし​を​こばんだ​から​で​ある。

    10 しかし​よ、あなた​が​わたし​の​こえ​を​く​なら​ば、あなた​の​すくい​の​​は​て​いる。わたし​の​こえ​は​あなた​に​う。「わたし​の​​を​び、って​バプテスマ​を​け、あなた​の​つみ​を​あらい​きよめ​なさい。そう​すれ​ば、あなた​は​わたし​の​たま​と、かつて​らなかった​ほど​の​おおいなる​しゅくふく​を​ける​で​あろう。」

    11 あなた​が​これ​を​おこなう​なら​ば、わたし​は​一つ​の​さらに​おおいなる​わざ​の​ため​に​あなた​を​そなえて​いる。あなた​は、わたし​が​この​わり​の​とき​に​おくした​わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん、すなわち、わたし​が​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​を​ふたたび​もと​に​もどす​ため​に​おくした​せいやく​を​べ​つたえる​で​あろう。

    12 そして、ちから​が​あなた​に​宿やどる​で​あろう。あなた​は​おおいなる​しんこう​を​ち、わたし​は​あなた​と​ともに​いて、あなた​に​さきって​く​で​あろう。

    13 あなた​は、わたし​の​ぶどう​えん​で​はたらき、わたし​の​きょうかい​を​きずき​げ、シオン​を​もたらして、シオン​が​もろもろ​の​おか​の​うえ​で​よろこび、さかえる​よう​に​する​ため​に​されて​いる。

    14 よ、まことに、まことに、わたし​は​あなた​に​う。あなた​は​ひがし​の​ほう​へ​く​よう​に​は​されて​おらず、オハイオ​へ​く​よう​に​されて​いる。

    15 わたし​の​たみ​が​オハイオ​に​あつまる​なら​ば、わたし​は​ひと​の​ら​の​あいだ​に​られて​いない​ほど​の​しゅくふく​を​そなえて​おり、それ​は​かれら​の​こうべ​に​そそがれる​で​あろう。そして、そこ​から​人々ひとびと​は​すべて​の​こくみん​の​なか​に​て​く​で​あろう。

    16 よ、まことに、まことに、あなた​に​う。オハイオ​の​人々ひとびと​は、わたし​が​もろもろ​の​こくみん​に​たいする​わたし​の​さばき​の​​を​とどめる​と​おもい、ふかい​しんこう​を​もって​わたし​に​び​もとめて​いる。しかし、わたし​は​ぶん​の​こと​を​てい​し​ない。

    17 それゆえ、勢力せいりょく​を​くして​りかかり、わたし​の​ぶどう​えん​に​ちゅうじつ​な​はたらき​びと​を​び​れて、さい​の​み​が​おこなわれる​よう​に​しなさい。

    18 人々ひとびと​が​あらためて、わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​れ、きよく​なる​なら​ば、わたし​は​さばき​の​​を​とどめよう。

    19 それゆえ、て​き、大声おおごえ​で​さけんで、「てん​の​おうこく​は​ちかづいて​いる」と​い、また、「ホサナ。いと​たかき​かみ​の​​が​ほめ​たたえられ​ます​よう​に」と​さけび​なさい。

    20 て​って​みず​で​バプテスマ​を​ほどこし、わたし​の​らいりん​の​とき​の​ため​に​わたし​の​まえ​に​みち​を​そなえ​なさい。

    21 とき​が​ちかづいて​いる​から​で​ある。その、その​かん​は、だれ​も​らない。しかし、それ​は​たしか​に​る。

    22 これら​の​こと​を​れる​もの​は、わたし​を​れる​の​で​ある。かれら​は、この​に​おいて​も​永遠えいえん​に​わたって​も、わたし​の​もと​に​あつめられる​で​あろう。

    23 さらに​また、あなた​が​みず​で​バプテスマ​を​ほどこす​すべて​の​もの​に、あなた​は​​を​かなければ​ならない。そう​すれ​ば、かれら​は​聖霊せいれい​の​賜物たまもの​を​け、わたし​の​らいりん​の​しるし​を​のぞむ​よう​に​なり、わたし​を​る​で​あろう。

    24 よ、わたし​は​すぐに​る。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。