教義と聖約 98
    脚注

    第​98​章

    千八百三十三​ねん​八がつむい、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、四百三-四百六​ページ)。この​けい​は、ミズーリ​の​せい​たち​に​たいして​はくがい​が​あった​ため​に​くだされた​もの​で​ある。にくたいてき​に​くるしみ​を​け、ざいさん​も​うしなった​ミズーリ​の​せい​たち​が、ほうふく​し、かえし​を​したい​と​いう​ち​に​なる​の​は​とうぜん​で​あった。そこで、しゅ​は​この​けい​を​あたえられた。ミズーリ​で​の​問題もんだい​に​ついて、しょう​の​らせ​が(およそ​千四百五十​キロ​はなれて​いた)カートランド​の​げんしゃ​に​とどいて​いた​こと​は​うたがい​も​ない​が、かれ​は、けい​に​よらなければ、その​たい​の​じゅうだいさ​を​この​​に​る​こと​は​できなかった​はず​で​ある。

    1-3せい​たち​の​なん​は、かれら​の​えき​と​なる。​4-8せい​たち​は、くに​の​ごうけんてき​な​ほうりつ​を​よう​しなければ​ならない。​9-10しょうじき​で、賢明けんめい​で、善良ぜんりょう​な​人々ひとびと​を​えん​し、かれら​が​公職こうしょく​に​く​よう​に​しなければ​ならない。​11-15しゅ​の​たい​に​おいて​ぶん​の​いのち​を​てる​もの​は、永遠えいえん​の​いのち​を​る​で​あろう。​16-18せんそう​を​ほう​して、へい​を​宣言せんげん​しなさい。​19-22​カートランド​の​せい​たち​は​め​を​け、あらためる​よう​に​めいじられる。​23-32しゅ​の​たみ​が​こうむる​はくがい​と​なん​に​ついて、しゅ​は​りっぽう​を​あきらか​に​される。​33-38せんそう​は、しゅ​が​めいじられる​とき​に​のみ​ただしい​と​される。​39-48せい​たち​は​てき​を​ゆるさなければ​ならない。てき​が​あらためる​なら​ば、かれら​も​しゅ​の​ほうふく​を​まぬがれる​で​あろう。

    1 まことに、わたし​は​とも​で​ある​あなたがた​に​う。おそれて​は​ならない。こころ​に​なぐさめ​を​​なさい。まことに、いつも​よろこび、すべて​の​こと​に​ついて​感謝かんしゃ​しなさい。

    2 忍耐にんたいづよく​しゅ​を​のぞみ​なさい。あなたがた​の​いのり​は​サバオス​の​しゅ​の​みみ​に​たっして​おり、この​ふういん​と​あかし​を​もって​ろく​されて​いる​から​で​ある。すなわち、いのり​が​かなえられる​こと​を、しゅ​は​ちかって​さだめた。

    3 それゆえ、しゅ​は、いのり​は​かなえられる​と​いう​へん​の​せいやく​を​もって、あなたがた​に​やくそく​を​あたえる。また、あなたがた​を​くるしめた​すべて​の​こと​は、あなたがた​の​えき​の​ため​に、また​わたし​の​​の​えいこう​の​ため​に​ともに​はたらく、と​しゅ​は​う。

    4 さて、まことに、わたし​は​くに​の​ほうりつ​に​ついて​あなたがた​に​う。わたし​の​おもい​は、わたし​の​たみ​が、わたし​の​めいじる​こと​を​なん​で​あろう​と​すべて​つとめて​おこなう​こと​で​ある。

    5 憲法けんぽう​に​かない、けん​と​とっけん​を​​する​こと​に​よって​その​ゆう​の​原則げんそく​を​​する​くに​の​ほうりつ​は、ぜんじんるい​の​もの​で​あり、わたし​の​まえ​に​せいとう​と​みとめられる。

    6 それゆえ、あなたがた​と、わたし​の​きょうかい​の​あなたがた​の​きょうだい​たち​が、くに​の​ごうけんてき​な​ほうりつ​を​よう​する​こと​を、しゅ​なる​わたし​は​ただしい​と​する。

    7 人間にんげん​の​ほうりつ​に​かんして​は、これ​じょう​の​もの、あるいは​これ​​の​もの​は​なん​で​あろう​と、あく​から​る​の​で​ある。

    8 しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​は​あなたがた​を​ゆう​に​する。それゆえ、あなたがた​は​ほんとう​に​ゆう​で​ある。そして、ほうりつ​も​あなたがた​を​ゆう​に​する。

    9 それ​に​も​かかわらず、じゃあく​な​もの​が​おさめる​とき、たみ​は​なげき​かなしむ。

    10 それゆえ、しょうじき​な​人々ひとびと​と​賢明けんめい​な​人々ひとびと​を​熱心ねっしん​に​さがし​もとめ​なければ​ならない。そして、善良ぜんりょう​な​人々ひとびと​と​賢明けんめい​な​人々ひとびと​を​えん​する​よう​に​つとめ​なければ​ならない。そう​で​なければ、これら​に​おとる​もの​は​なん​で​あろう​と、あく​から​る。

    11 また、わたし​は​あなたがた​に​いましめ​を​あたえる。あなたがた​は​すべて​の​あく​を​て、すべて​の​ぜん​を​かたく​まもらなければ​ならない。また、かみ​の​くち​から​る​ひとつ​ひとつ​の​こと​に​よって​き​なければ​ならない。

    12 かみ​は​ちゅうじつ​な​もの​に​たいして、おしえ​に​おしえ、くんかい​に​くんかい​を​あたえる​から​で​ある。そして、わたし​は​これ​に​よって​あなたがた​を​こころみ、あなたがた​を​ためそう。

    13 また、わたし​の​​の​ため​に、わたし​の​たい​に​おいて​ぶん​の​いのち​を​てる​もの​は、ふたたび​それ​を​いだす​で​あろう。すなわち、永遠えいえん​の​いのち​を​いだす​で​あろう。

    14 それゆえ、あなたがた​の​てき​を​おそれて​は​ならない。あなたがた​が​ふさわしい​と​みとめられる​よう​に、​に​いたる​まで​も​わたし​の​せいやく​の​なか​に​とどまる​か​どう​か、あらゆる​てん​で​あなたがた​を​ためす​こと​を、わたし​は​こころ​の​うち​に​さだめた​から​で​ある、と​しゅ​は​う。

    15 もし​あなたがた​が​わたし​の​せいやく​の​なか​に​とどまら​なければ、あなたがた​は​わたし​に​ふさわしくない​から​で​ある。

    16 それゆえ、せんそう​を​ほう​して、へい​を​宣言せんげん​しなさい。そして、そん​の​こころ​を​その​せん​に、また​せん​の​こころ​を​そん​に​ける​よう​に​熱心ねっしん​に​つとめ​なさい。

    17 さらに​また、ユダヤじん​の​こころ​を​げんしゃ​たち​に、また​げんしゃ​たち​の​こころ​を​ユダヤじん​に​ける​よう​に​熱心ねっしん​に​つとめ​なさい。これ​は、わたし​が​て、のろい​を​もって​ぜん​を​ち、すべて​の​にく​なる​もの​が​わたし​の​まえ​で​き​くされる​こと​の​ない​ため​で​ある。

    18 あなたがた​の​こころ​を​さわがせない​よう​に​しなさい。わたし​の​ちち​の​いえ​に​は​まい​が​たくさん​あり、わたし​は​あなたがた​の​ため​に​一つ​の​しょ​を​よう​した​から​で​ある。そして、わたし​の​ちち​と​わたし​が​いる​ところ​に、あなたがた​も​いる​で​あろう。

    19 よ、しゅ​なる​わたし​は、カートランド​の​きょうかい​に​いる​おおく​の​もの​を​よろこんで​いない。

    20 かれら​は​ぶん​の​つみ​と、その​わるい​みち​と、その​こころ​の​たかぶり​と、その​貪欲どんよく​と、その​すべて​の​にくむ​べき​こと​を​てず、わたし​が​かれら​に​あたえた​​の​こと​と​永遠えいえん​の​いのち​の​こと​に​したがって​いない​から​で​ある。

    21 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。かれら​が​あらためて、わたし​の​った​すべて​の​こと​を​まもらなければ、しゅ​なる​わたし​は​かれら​を​らしめ、わたし​の​ほっする​こと​を​おこなおう。

    22 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​が​わたし​の​めいじる​こと​を​なん​で​あろう​と​つとめて​おこなう​なら​ば、しゅ​なる​わたし​は、あなたがた​から​すべて​の​いかり​と​いきどおり​を​こう。そして、ごく​の​もん​も​あなたがた​に​つ​こと​は​ない。

    23 さて、わたし​は​あなたがた​の​ぞく​に​ついて​あなたがた​に​う。もし​人々ひとびと​が​一、あなたがた​や、あなたがた​の​ぞく​を​って​も、あなたがた​が​忍耐にんたいづよく​それ​に​えて、かれら​を​ののしったり、かえし​を​しよう​と​したり​しなければ、あなたがた​は​むくわれる​で​あろう。

    24 しかし、もしも​忍耐にんたいづよく​それ​に​え​なければ、それ​は​あなたがた​に​たいして​ただしい​ます​として​はかられた​もの​と​なされる。

    25 さらに​また、もし​てき​が​さい​あなたがた​を​って​も、あなたがた​が​その​てき​を​ののしらず、忍耐にんたいづよく​それ​に​える​なら​ば、あなたがた​の​むくい​は​百​ばい​に​なる。

    26 さらに​また、もし​てき​が​三​​として​あなたがた​を​って​も、あなたがた​が​忍耐にんたいづよく​それ​に​える​なら​ば、あなたがた​の​むくい​は​さらに​四​ばい​に​ばい​される。

    27 そして、もし​てき​が​あらため​なければ、これら​三​​の​しょう​は​かれ​を​める​もの​と​なり、し​られる​こと​は​ない。

    28 さて、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。その​てき​が​わたし​の​ほうふく​を​まぬがれて、わたし​の​まえ​で​さばき​を​ける​こと​が​なければ、かれ​が​もう​あなたがた​や、あなたがた​の​ぞく​を、まことに​あなたがた​の​ども​たち​の​そん​を​三​だい、四​だい​に​いたる​まで​おそわない​よう、あなたがた​は​わたし​の​​に​よって​かれ​に​けいこく​しなければ​ならない。

    29 それでも、もし​てき​が​あなたがた​や、あなたがた​の​ども​たち、あるいは​あなたがた​の​ども​たち​の​そん​を​三​だい、四​だい​に​いたる​まで​おそう​なら​ば、わたし​は​あなた​の​てき​を​あなた​の​​に​わたす。

    30 そして、それでも​あなた​が​かれ​を​ようしゃ​する​なら​ば、あなた​は​その​​の​ゆえ​に​むくわれ、また​あなた​の​ども​たち​と、あなた​の​ども​たち​の​そん​も​三​だい、四​だい​に​いたる​まで​むくわれる​で​あろう。

    31 しかしながら、あなた​の​てき​は​あなた​の​​の​うち​に​ある。そこで、あなた​が​かれ​の​おこない​に​おうじて​かれ​に​むくいる​なら​ば、あなた​は​​と​される。もし​かれ​が​あなた​の​いのち​を​ねらい、あなた​の​いのち​が​かれ​に​よって​けん​に​さらされる​なら​ば、あなた​の​てき​は​あなた​の​​の​うち​に​あり、あなた​は​​と​される。

    32 よ、これ​は、わたし​の​しもべ​ニーファイ​と、あなた​の​せん、ヨセフ、ヤコブ、イサク、および​アブラハム、ならびに​わたし​の​むかし​の​げんしゃ​たち​と​使​たち​すべて​に​わたし​が​あたえた​りっぽう​で​ある。

    33 さらに​また、わたし​が​むかし​の​わたし​の​たみ​に​あたえた​りっぽう​は、つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、しゅ​なる​わたし​が​めいじない​かぎり、わたし​の​たみ​は、いかなる​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​たいして​も​たたかう​ため​に​て​って​は​ならない。

    34 また、いかなる​こくみんこく​の​たみ民族みんぞく​から​宣戦せんせん​されよう​と​も、わたし​の​たみ​は、まず​その​民族みんぞくこくみんこく​の​たみ​に​へい​の​はた​を​かかげ​なければ​ならない。

    35 そして、もし​その​人々ひとびと​が​へい​の​もう​を​れず、二​も、三​​も​れ​なければ、わたし​の​たみ​は​これら​の​しょう​を​しゅ​の​まえ​に​って​なければ​ならない。

    36 すると、しゅ​なる​わたし​は​かれら​に​めいじて、かれら​が​その​こくみんこく​の​たみ、あるいは​民族みんぞく​と​たたかう​ため​に​て​く​こと​を​ただしい​と​する。

    37 そして、かれら​と、かれら​の​ども​たち​と、かれら​の​ども​たち​の​そん​が、その​すべて​の​てき​に​たいして​三​だい、四​だい​に​わたって​ほうふく​する​まで、しゅ​なる​わたし​は​かれら​の​たたかい​を​たたかう。

    38 よ、これ​は​わたし​の​まえ​に​​と​される​ため​の​すべて​の​たみ​に​たいする​一つ​の​範例はんれい​で​ある、と​しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は​う。

    39 さらに​また、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。もし​あなた​の​てき​が​はじめて​あなた​を​おそった​のちかれ​が​あらためて、ゆるし​を​うて​あなた​の​もと​に​る​なら​ば、あなた​は​かれ​を​ゆるして、それ​を​もう​あなた​の​てき​に​たいする​しょう​と​して​は​ならない。

    40 ​も、三​​も​どうよう​に​しなさい。あなた​の​てき​が​あなた​に​たいして​おかした​あやまち​を​あらためる​たび​に、七​の​七十​ばい​まで、あなた​は​かれ​を​ゆるさなければ​ならない。

    41 もし​かれ​が​あなた​に​たいして​あやまち​を​おかし、さいしょ​は​あらためなくて​も、それでも、あなた​は​かれ​を​ゆるさなければ​ならない。

    42 もし​かれ​が​さい​あなた​に​たいして​あやまち​を​おかし、あらためなくて​も、それでも、あなた​は​かれ​を​ゆるさなければ​ならない。

    43 もし​かれ​が​三​​あなた​に​たいして​あやまち​を​おかし、あらためなくて​も、あなた​は​また​かれ​を​ゆるさなければ​ならない。

    44 しかし、もし​かれ​が​四​​あなた​に​たいして​あやまち​を​おかす​なら​ば、あなた​は​かれ​を​ゆるす​こと​なく、これら​の​しょう​を​しゅ​の​まえ​に​って​なければ​ならない。かれ​が​あらため​を​して、あなた​に​たいして​あやまち​を​おかした​すべて​の​こと​に​かんして​あなた​に​四​ばいむくいる​まで、それら​は​し​られない​で​あろう。

    45 もし​かれ​が​これ​を​おこなう​なら​ば、あなた​は​ごころ​から​かれ​を​ゆるさなければ​ならない。また、もし​かれ​が​これ​を​おこなわなければ、しゅ​なる​わたし​が​あなた​の​てき​に​百​ばい​の​ほうふく​を​しよう。

    46 また、かれ​の​ども​たち​と、かれ​の​ども​たち​の​そん、すなわち​わたし​を​にくむ​すべて​の​もの​の​そん​に、だい、四​だい​に​いたる​まで​そう​しよう。

    47 しかし、その​ども​たち、あるいは​その​ども​たち​の​そん​が​あらためて、かれら​の​こころ​を​くし、かれら​の​勢力せいりょく​と​おもい​と​ちから​を​くして​しゅ​なる​かみ​に​ち​かえり、そして​かれら​が​おかした、あるいは​かれら​の​ちち​が​おかした、あるいは​かれら​の​ちち​の​せん​が​おかした​すべて​の​あやまち​に​ついて​四​ばいかえす​なら​ば、その​とき、あなた​は​いきどおり​を​かなければ​ならない。

    48 そして、ほうふく​は​もう​かれら​に​およぶ​こと​は​なく、かれら​の​あやまち​が​かれら​に​たいする​しょう​として​しゅ​の​まえ​に​される​こと​は​けっして​ない、と​しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は​う。アーメン。