教義と聖約 89
    脚注

    第​89​章

    千八百三十三​ねん​二がつ​二十七​にち、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、三百二十七-三百二十九​ページ)。しょ​の​きょうだい​たち​が​集会しゅうかいちゅう​に​たばこ​を​常用じょうよう​して​いた​こと​から、げんしゃ​は​この​けん​に​ついて​ふかく​かんがえる​よう​に​みちびかれた。その​けっかれ​は​これ​に​ついて​しゅ​に​たずねた。「​の​こと」として​られる​この​けい​は​その​こたえ​で​あった。さいしょ​の​三​せつ​は、霊感れいかん​に​よる​じょろん​および​説明せつめい​として、げんしゃ​が​しょはん​の​なか​に​れた​もの​で​ある。

    1-9​ぶどう​しゅ​や​つよい​もの、たばこ、および​あつい​もの​の​よう​が​きん​される。​10-17くさ​や​じつにく、および​こくもつ​は、人間にんげん​と​動物どうぶつ​が​もちいる​よう​に​さだめられて​いる。​18-21​の​こと」を​ふくめて​ふくいん​の​りっぽう​に​したがう​こと​は、ぶっしつてき​また​霊的れいてき​な​しゅくふく​を​もたらす。

    1 カートランド​に​かいした​だいさい​の​あつまり​と、きょうかいいん​と、シオン​の​せい​たち​の​ため​の「​の​こと」。

    2 あいさつ​として​おくられる​もの。いましめ​や​きょうせい​として​で​は​なく、けい​と​​の​こと​として​の​もの​で、わり​の​とき​に​おける​すべて​の​せい​たち​の​げん​の​すくい​に​かんする​かみ​の​方式ほうしき​と​こころ​を​しめす​もの。

    3 やくそく​を​ともなう​原則げんそく​として​あたえられる​もの​で、現在げんざいせい​で​ある、あるいは​せい​と​ばれ​る​すべて​の​せい​の​なか​の​よわい​もの​および​もっとも​よわい​もの​の​のうりょく​に​てきする​もの。

    4 よ、まことに、しゅ​は​あなたがた​に​この​よう​に​う。わり​の​とき​に​陰謀いんぼう​を​くわだてる​人々ひとびと​の​こころ​の​なか​に​いま​あり、また​将来しょうらい​も​ある​あく​と​もくろみ​の​ゆえ​に、わたし​は​あなたがた​に​けいこく​を​あたえて​おり、また、けい​に​より​この​​の​こと​を​あたえる​こと​に​よって、あなたがた​に​あらかじめ​けいこく​する​もの​で​ある。

    5 すなわち、あなたがた​の​なか​の​だれか​が​ぶどうしゅ​や​つよい​もの​を​む​なら​ば、よ、それ​は​あなたがた​の​ちち​の​​に​い​と​されず、ちち​の​​に​かなわない。これ​を​んで​よい​の​は、あなたがた​が​あつまって、ちち​の​まえ​に​あなたがた​の​聖式せいしき​を​ささげる​とき​だけ​で​ある。

    6 また​よ、これ​は​ぶどう​しゅ、すなわち、ぶどう​で​つくった​せい​の​じゅんすい​な​ぶどう​しゅ​で​なければ​ならない。

    7 さらに​また、つよい​もの​は​はら​の​ため​に​ならず、あなたがた​の​からだ​を​あらう​ため​の​もの​で​ある。

    8 さらに​また、たばこ​は​からだ​の​ため​に​も、はら​の​ため​に​も​ならず、人間にんげん​の​ため​に​くない​が、​と​あらゆる​びょう​の​ちく​に​く​やくそう​で​あり、判断はんだんりょく​と​熟練じゅくれん​を​もって​もちいる​べき​もの​で​ある。

    9 さらに​また、あつい​もの​は​からだ​や​はら​の​ため​に​ならない。

    10 さらに​また、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。かみ​は​健康けんこう​に​い​すべて​の​くさ​を、人間にんげん​の​体質たいしつ体力たいりょくよう​の​ため​に​さだめた。

    11 すなわち、それぞれ​の​せつ​の​あらゆる​くさ​と、それぞれ​の​せつ​の​あらゆる​じつ、これら​は​すべて、りょ分別ふんべつ​と​感謝かんしゃ​を​もって​もちいる​べき​もの​で​ある。

    12 まことに、けもの​の​にく​と​そら​の​とり​の​にく​も​また、しゅ​なる​わたし​は、人間にんげん​が​感謝かんしゃ​を​もって​もちいる​ため​に​さだめた。しかしながら、これら​は​ひかえめ​に​もちい​なければ​ならない。

    13 とう​や​さむい​とき​や​きん​の​とき​の​ほか、これら​を​もちいない​こと​が​わたし​の​こころ​に​かなう。

    14 すべて​の​こくもつ​は​人間にんげん​と​けもの​が​もちいる​よう​に、すなわち、人間にんげん​の​ため​だけ​で​なく、​の​けもの​と、そら​の​とり​と、じょう​を​はしる​あるいは​う​すべて​の​せい​の​動物どうぶつ​の​ため​に​も、いのち​の​かて​と​なる​よう​に​さだめられて​いる。

    15 また、きん​の​とき​と​え​の​はなはだしい​とき​に​のみ​人間にんげん​が​もちいる​よう​に、かみ​は​これら​の​もの​を​つくった。

    16 すべて​の​こくもつ​は​人間にんげん​の​食物しょくもつ​として​い。つる​の​ちゅう​で​あろう​と​じょう​で​あろう​と、​を​むすぶ​もの​の​​も​そう​で​ある。

    17 しかしながら、人間にんげん​に​は​むぎうし​に​は​とうもろこし、うま​に​は​えんばくとり​と​ぶた​と​すべて​の​​の​けもの​に​は​ライむぎ、すべて​の​有益ゆうえき​な​動物どうぶつ​に​は​大麦おおむぎ、また​おん​な​もの​の​ため​に​は​ほか​の​こくもつ​と​どうよう​に​大麦おおむぎ​が​よい。

    18 これら​の​こと​を​まもって​おこなう​こと​を​おぼえ、数々かずかず​の​いましめ​に​従順じゅうじゅん​に​あゆむ​すべて​の​せい​たち​は、その​へそ​に​健康けんこう​を​け、その​ほね​に​ずい​を​ける​で​あろう。

    19 また、​と、しき​の​おおいなる​たから、すなわち​かくされた​たから​さえ​いだす​で​あろう。

    20 また、はしって​も​つかれる​こと​が​なく、あるいて​も​よわる​こと​は​ない。

    21 また、しゅ​なる​わたし​は​かれら​に​一つ​の​やくそく​を​あたえる。すなわち、ほろぼす​てん使​は​イスラエル​の​ら​を​した​よう​に​かれら​を​して、かれら​を​ころす​こと​は​ない。アーメン。