教義と聖約 25
    脚注

    第​25​章

    千八百三十​ねん​七がつ、ペンシルベニア​しゅう​ハーモニー​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百三-百四​ページ)(だい​二十四​しょう​の​まえ​を​参照さんしょう)。この​けい​は、げんしゃ​の​つま​エマ・​スミス​へ​の​しゅ​の​こころ​を​しめして​いる。

    1-6えらばれた​じん​エマ・​スミス​は、おっと​を​たすけ、なぐさめる​ため​に​される。​7-11​エマ​は、ろく​し、聖文せいぶん​を​かし、さん​を​えらぶ​ため​に​も​される。​12-14じん​の​うた​は​しゅ​へ​の​いのり​で​ある。​15-16​この​けい​に​ある​従順じゅうじゅん​の​原則げんそく​は、すべて​の​ひと​に​てはまる。

    1 わたし​が​あなた、すなわち​わたし​の​むすめ​エマ・​スミス​に​かたる​あいだしゅ​なる​あなた​の​かみ​の​こえ​を​き​なさい。まことに、わたし​は​あなた​に​う。わたし​の​ふくいん​を​れる​もの​は​みな、わたし​の​おうこく​に​おいて​むす​で​あり、むすめ​だから​で​ある。

    2 わたし​は​あなた​に、わたし​の​おもい​に​ついて​けい​を​あたえる。あなた​が​ちゅうじつ​で​あって、わたし​の​まえ​に​とく​の​みち​を​あゆむ​なら​ば、わたし​は​あなた​の​いのち​を​まもろう。そして、あなた​は​シオン​で​ぎ​を​る​で​あろう。

    3 よ、あなた​の​つみ​は​ゆるされて​いる。あなた​は、わたし​が​した、えらばれた​じん​で​ある。

    4 あなた​は​て​いない​もの​の​こと​で​つぶやいて​は​ならない。それら​の​もの​は、あなた​に​も​​の​人々ひとびと​に​も​せられない​から​で​ある。こう​する​こと​は、将来しょうらい​の​ため​に​わたし​の​​に​かなう​こと​で​ある。

    5 また、あなた​が​された​つとめ​は、わたし​の​しもべ、すなわち​あなた​の​おっと​で​ある​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​を、かれ​が​なん​に​う​とき​に、なぐさめ​の​こと​を​もって​にゅう​な​こころ​で​なぐさめる​こと​で​ある。

    6 また、あなた​は​かれ​が​て​く​とき​に​かれ​と​ともに​き、また​かれ​の​ため​に​ひっしゃ​が​だれ​も​いない​とき​は、ひっしゃ​と​なら​なければ​ならない。わたし​が、どこ​で​も​ぶん​の​のぞむ​ところ​に​わたし​の​しもべ​オリバー・​カウドリ​を​つかわす​こと​が​できる​よう​に​する​ため​で​ある。

    7 また、あなた​は​わたし​の​たま​に​より​らされる​まま​に、聖文せいぶん​を​かし、きょうかいいん​に​き​すすめる​ため​に、かれ​の​​の​もと​で​聖任せいにん​を​け​なければ​ならない。

    8 かれ​が​あなた​に​​を​く​と、あなた​は​聖霊せいれい​を​ける​で​あろう。また、あなた​の​かん​は、ろく​する​こと​と、おおく​まなぶ​こと​に​ついやさなければ​ならない。

    9 また、あなた​の​おっと​が​きょうかい​の​なか​に​あって​あなた​を​ささえる​ので、あなた​は​おそれる​ひつよう​が​ない。かれ​の​し​は​かれら​に​たいする​もの​で​あって、わたし​が​のぞむ​こと​は​何事なにごと​で​あろう​と​すべて、かれら​の​しんこう​に​おうじて​かれら​に​あきらか​に​される​の​で​ある。

    10 まことに、わたし​は​あなた​に​う。あなた​は​この​の​もの​を​てて、この​に​まさる​​の​もの​を​もとめ​なければ​ならない。

    11 また、きょうかい​で​よう​できる​よう​に、あなた​に​しめされる​まま​に、わたし​に​とって​よろこび​で​ある​神聖しんせい​な​さん​の​選定せんてい​を​する​つとめ​が​あなた​に​あたえられる。

    12 わたし​は​こころ​の​うた​を​よろこぶ​から​で​ある。まことに、じん​の​うた​は​わたし​へ​の​いのり​で​ある。それ​に​たいする​こたえ​として、かれら​の​こうべ​に​しゅくふく​が​そそがれる​で​あろう。

    13 また、こころ​を​たかめて​よろこび、あなた​が​わした​せいやく​を​かたく​まもり​なさい。

    14 にゅう​な​こころ​を​ち​つづけ、また​こうまん​に​​を​つけ​なさい。あなた​は、あなた​の​おっと​と、かれ​に​る​えいこう​と​を​よろこび​なさい。

    15 えず​わたし​の​いましめ​を​まもり​なさい。そう​すれ​ば、あなた​は​​の​かんむり​を​ける​で​あろう。あなた​は​この​こと​を​おこなわなければ、わたし​の​いる​ところ​に​る​こと​は​できない。

    16 まことに、まことに、わたし​は​あなた​に​う。これ​は​すべて​の​もの​へ​の​わたし​の​こえ​で​ある。アーメン。