教義と聖約 125
    脚注

    第​125​章

    千八百四十一​ねん​三がつ、イリノイ​しゅう​ノーブー​に​おいて、アイオワ​じゅんしゅう​に​いる​せい​たち​に​かんして​げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい四​かん、三百十一-三百十二​ページ)。

    1-4せい​たち​は​数々かずかず​の​まち​を​きずき、シオン​の​ステーク​に​しゅうごう​しなければ​ならない。

    1 アイオワ​じゅんしゅう​に​いる​せい​たち​に​かんする​しゅ​の​こころ​は​なん​で​あろう​か。

    2 まことに、しゅ​は​この​よう​に​われる。「わたし​は​あなたがた​に​う。もし​わたし​の​​に​よって​ぶんしん​を​んで、わたし​の​せい​で​あろう​と​つとめて​いる​もの​たち​が、わたし​の​おもう​ところ​を​おこない、かれら​に​かんする​わたし​の​いましめ​を​まもろう​と​する​なら​ば、かれら​を、わたし​が​わたし​の​しもべ​ジョセフ​に​よって​かれら​に​てい​した​しょ​に​あつめ、わたし​の​​の​ため​に​数々かずかず​の​まち​を​きずかせて、将来しょうらいこる​こと​に​そなえ​させる​よう​に​しなさい。

    3 かれら​に、ノーブー​​の​対岸たいがん​に​わたし​の​​の​ため​に​一つ​の​まち​を​きずかせ​なさい。そして、ゼラヘムラ​と​け​なさい。

    4 そして、ひがし​から、西にし​から、きた​から、みなみ​から​て、そこ​に​みたい​と​のぞむ​すべて​の​もの​に、そこ​で、また​ナッシュビル​で、あるいは​ノーブー​​で、また​わたし​が​てい​した​すべて​の​ステーク​で​かれら​の​ぎ​を​​させ​なさい」と​しゅ​は​われる。