アルマ書34
戻る 次へ

第34章

アミュレク,ことはキリストのうちにあってすくいをさせるものであることをあかしする。しょくざいおこなわれないかぎり,ぜんじんるいかならほろびる。モーセのぜんりっぽうかみおんせいしめしている。えいえんあがないのけいかくしんこうあらためにもとづいている。ぶっしつてきしゅくふくのためにも,れいてきしゅくふくのためにもいのること。げんしょうがいひとかみにおいするようをするである。かみまえおそれてぶんすくいをたっせいすること。げんぜんやく七十四ねん

1 さて,アルマはかれらにこれらのことかたえると,こしろした。いでアミュレクがり,かれらをおしはじめた。

2 「わたしの同胞はらからよ,いまわたしたちはキリストがかみおんであるとおしえたが,わたしがおもうに,そのキリストのらいりんについてこれまでべられてきたことを,あなたがたがらないはずはない。あなたがたがわたしたちからそむいてまえに,これらのことがあなたがたにじゅうぶんおしえられていたことを,わたしはっている。

3 あなたがたはなんっているので,どうしたらよいかおしえてほしいとわたしのあいするきょうだいたのみ,わたしのきょうだいはあなたがたにこころそなえをさせるために,しょうのことをべてきた。またかれは,しんこうにんたいをあなたがたにすすめた。

4 まことに,ことこころえるほどのしんこうち,そのことさをためしてみるように,あなたがたにすすめた。

5 そしてわたしたちは,そのことかみおんうちにあるのかどうか,キリストがしょうらいこうりんされるのかどうかというおおきなもんが,あなたがたのこころなかにあることがかった。

6 また,あなたがたもたように,わたしのきょうだいは,そのことがキリストのうちにあってすくいにいたらせるものであることを,おおくのれいきながらあなたがたにりっしょうした。

7 わたしのきょうだいは,あがないがかみおんとおしてあたえられるというゼノスのことと,またゼノクのことさんしょうした。また,モーセもいにして,これらのことがしんじつであることをりっしょうした。

8 さてよ,わたしも,これらのことがしんじつであることをあなたがたにあかししよう。よ,あなたがたにう。しょうらいキリストは,ぶんたみそむきをしんうためにひとらのなかられ,つみあがなわれる。わたしはこのことをっている。しゅなるかみがそうわれたからである。

9 しょくざいおこなわれることはひつようである。というのは,えいえんかみだいけいかくによってしょくざいおこなわれなければならず,そうでなければ,ぜんじんるいほろびるのはけられないからである。まことに,すべてのひとはかたくなになっており,らくし,まよったじょうたいにあるので,しょくざいによらなければかならほろびる。しょくざいかならおこなわれなければならない。

10 おおいなるさいせいひつようである。それは,ひとせいにすることでも,けものちょうるいせいにすることでもない。ひとせいであってはならず,げんにしてえいえんせいでなければならない。

11 さて,ぶんをささげてほかのひとつみあがなうことができるひとなど,だれ一人ひとりいない。さて,あるひとひところしたあいよ,わたしたちのこうせいほうりつは,そのひときょうだいいのちうばおうとするだろうか。そのようなことはないと,わたしはあなたがたにう。

12 そうではなく,ほうりつひところしたとうにんいのちようきゅうする。したがって,げんしょくざいでなくてはつみじゅうぶんあがなうことはできない。

13 それゆえ,おおいなるさいせいひつようである。そのときに,ながすことはわるであろうし,また,やめなければならない。それで,モーセのりっぽうじょうじゅするのである。まことに,モーセのりっぽういってんいっかくいたるまでことごとくじょうじゅし,むなしくなるものはなにひとつない。

14 よ,これがりっぽうもくてきそのものであり,すべてのぶんがこのおおいなるさいせいしめしている。そして,このおおいなるさいせいとなるのがかみおんであるので,まことに,これはげんにしてえいえんせいである。

15 このようにかみおんは,そのしんじるすべてのひとすくをもたらされる。このさいせいもくてきは,あわれみのこころげることであり,このあわれみはせいち,またひとびとあらためをしょうじるしんこうてるようにするそのみちもうけるのである。

16 このように,あわれみせいようきゅうたし,これらのひとびとうでつつんでする。いっぽうあらためをしょうじるしんこうすこしもはたらかせないひとは,せいようきゅうするすべてのりっぽうにこたえなければならない。したがって,だいえいえんあがないのけいかくは,あらためをしょうじるしんこうのあるひとのためにだけそなえられている。

17 それゆえ,かみがわたしの同胞はらからであるあなたがたに,あなたがたがあらためをしょうじるしんこうはたらかせて,かみせいなるはじめ,かみあわれみをられるようにしてくださいますように。

18 まことに,かみあわれみをさけもとめなさい。なぜなら,かみひとすくちからそなえておられるからである。

19 まことに,へりくだって,かみいのつづけなさい。

20 まきにいるときには,まことに,すべてのちくれについてかみさけもとめなさい。

21 いえにいるときには,まことに,あなたがたのいえのすべてのものについて,あさひるばんかみさけもとなさい。

22 まことに,てきちからふせぐことができるように,かみさけもとめなさい。

23 まことに,あらゆるてきであるあくふせぐことができるように,かみさけもとなさい。

24 あなたがたのはたけしゅうかくゆたかであるように,さくもつについてかみさけもとめなさい。

25 あなたがたのまきちくえるように,ちくれについてさけもとめなさい。

26 しかし,これだけではない。あなたがたはぶんでも,ひとれないしょでも,でも,あなたがたのこころそそさなければならない。

27 また,こえしてしゅさけもとめないときでも,あなたがたのさいわいと,あなたがたのまわりのひとびとさいわいをづかちをこころたし,それがえずしゅへのいのりになるようにしなさい。

28 さてよ,わたしのあいする同胞はらからよ,あなたがたにう。これですべてであるとおもってはならない。これらのことをすべておこなっても,もしとぼしいひともののないひとはらったり,びょうひとくるしんでいるひとわなかったり,ぶんにはものがありながら,それをひつようとしているひとびとあたなかったりするならば,あなたがたにうが,もしあなたがたがこれらのことのどれもおこなうことがなければ,よ,あなたがたのいのむなしくなんやくにもたない。あなたがたはしんこうていするぜんしゃおなじである。

29 したがって,もしあいしめすことをおぼえていなければ,あなたがたはせいれんするものたちが(のないものとして)てて,ひとあしみつけるかすのようなものである。

30 さて,わたしの同胞はらからよ,あなたがたはすでにおおくのしょうており,せいぶんがこれらのことをりっしょうしているのもっているので,すすあらためのむすんでもらいたい。

31 まことに,すすて,もはやこころをかたくなにしないでほしい。よ,いまがあなたがたのすくいのときであり,すくいのである。したがって,あなたがたがあらためてこころをかたくなにしなければ,だいあがないのけいかくはすぐにあなたがたにこうおよぼすであろう。

32 よ,げんひとかみにおいするようをするである。まことに,げんしょうがいは,ひとかくつとめをたすである。

33 さて,まえはなしたように,あなたがたにはすでにじょうおおくのしょうがあるので,さいまであらたばすことのないようにせつすすめる。えいえんそなえるためにわたしたちにあたえられているげんしょうがいえると,よ,もしわたしたちがげんにいるあいだかんゆうえきもちいなければ,あとからくらやみよるがやってる。そして,そこではなんはたらきもできない。

34 あなたがたはそのおそろしいおちいるときに,『わたしはあらためてかみかえろう』とうことはできない。あなたがたはこのようにうことはできない。なぜならば,げんるときにあなたがたのにくたいしょゆうしているそのおなれいが,あのえいえんで,あなたがたのにくたいしょゆうするちからつからである。

35 よ,もしぬときまであらためのばしたならば,よ,あなたがたはすでにあくれいはいけるようになっているので,あくはあなたがたにぶんのものであるといういんす。したがって,しゅたまはもはや退しりぞって,あなたがたのうちけっして宿やどることはなく,あくがあなたがたをはいするすべてのちからる。これがあくにんさいじょうたいである。

36 わたしはこのことをっている。しゅきよくないみやまず,じんこころむとわれたからである。しゅはまた,じんしゅおうこくいてとそこをることがなく,じんころもひつじによってしろくされるともわれた。

37 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,わたしはあなたがたがこれらのことをおもすように,またかみおそれてぶんすくいをたっせいするように,さらに,キリストのらいりんていすることのないようにねがっている。

38 また,あなたがたがこれからせいれいさからうことなく,せいれいけ,キリストのけるように,そしてすほどにへりくだり,どこにいてもれいとまことをもってかみれいはいするように,さらに,かみさずけてくださるおおくのあわれみとしゅくふくかんしゃしながらせいかつするように,わたしはねがっている。

39 また,わたしの同胞はらからよ,あくゆうわくまどわされることなく,あくかされることなく,わりのあくしたになることのないように,えずいのりにこころくばことを,あなたがたにすすめる。よ,あくはあなたがたにけっしていものをむくいとしてあたえないからである。

40 わたしのあいする同胞はらからよ,にんたいするように,そしてあらゆるなんえるように,あなたがたにすすめる。また,ひどくびんぼうだからということであなたがたをしたもののようなつみびとにならないために,かれらをののしることのないようにすすめる。

41 むしろあなたがたはにんたいし,いつのかあらゆるなんはなれてやすめるというかっとしたのぞみをもってそれらのなんえるように,あなたがたにすすめる。」