アルマ書 34
    脚注

    第​34​章

    アミュレク、こと​は​キリスト​の​うち​に​あって​すくい​を​​させる​もの​で​ある​こと​を​あかし​する。贖罪しょくざい​が​おこなわれない​かぎり、ぜんじんるい​は​かならず​ほろびる。モーセ​の​ぜんりっぽう​が​かみ​の​おん​の​せい​を​しめして​いる。永遠えいえん​の​あがない​の​けいかく​は​しんこう​と​あらため​に​もとづいて​いる。ぶっしつてき​な​しゅくふく​の​ため​に​も、霊的れいてき​な​しゅくふく​の​ため​に​も​いのる​こと。げん​の​生涯しょうがい​は​ひと​が​かみ​に​お​い​する​よう​を​する​​で​ある。かみ​の​まえ​に​おそれて​ぶん​の​すくい​を​達成たっせい​する​こと。げんぜんやく​七十四​ねん

    1 ​さて、アルマ​は​かれら​に​これら​の​こと​を​かたり​える​と、​に​こし​を​ろした。いで​​アミュレク​が​がり、かれら​を​おしえ​はじめた。

    2 「わたし​の​同胞はらから​よ、いま​わたしたち​は​キリスト​が​かみ​の​おん​で​ある​と​おしえた​が、わたし​が​おもう​に、その​キリスト​の​らいりん​に​ついて​これまで​べられて​きた​こと​を、あなたがた​が​らない​はず​は​ない。あなたがた​が​わたしたち​から​そむいて​る​まえ​に、​これら​の​こと​が​あなたがた​に​十分じゅうぶんおしえられて​いた​こと​を、わたし​は​って​いる。

    3 ​あなたがた​は​なん​に​って​いる​ので、どう​したら​よい​か​おしえて​ほしい​と​わたし​の​あいする​きょうだい​に​たのみ、わたし​の​きょうだい​は​あなたがた​に​こころ​の​そなえ​を​させる​ため​に、しょう​の​こと​を​べて​きた。また​かれ​は、しんこう​と​忍耐にんたい​を​あなたがた​に​すすめた。

    4 ​まことに、こと​を​こころ​に​える​ほど​の​しんこう​を​ち、その​こと​の​さ​を​ためして​みる​よう​に、あなたがた​に​すすめた。

    5 ​そして​わたしたち​は、その​こと​が​かみ​の​おん​の​うち​に​ある​の​か​どう​か、キリスト​が​将来しょうらいこうりん​される​の​か​どう​か​と​いう​おおきな​もん​が、あなたがた​の​こころ​の​なか​に​ある​こと​が​かった。

    6 ​また、あなたがた​も​た​よう​に、わたし​の​きょうだい​は、その​こと​が​キリスト​の​うち​に​あって​すくい​に​いたらせる​もの​で​ある​こと​を、おおく​の​れい​を​き​ながら​あなたがた​に​りっしょう​した。

    7 ​わたし​の​きょうだい​は、あがない​が​かみ​の​おん​を​とおして​あたえられる​と​いう​ゼノス​の​こと​と、また​ゼノク​の​こと​を​参照さんしょう​した。また、モーセ​も​い​に​して、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​りっしょう​した。

    8 ​さて​よ、わたし​も、これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​あなたがた​に​あかし​しよう。よ、あなたがた​に​う。将来しょうらい​キリスト​は、ぶん​の​たみ​の​そむき​を​しん​に​う​ため​に​ひと​の​ら​の​なか​に​られ、​の​つみ​を​あがなわれる。わたし​は​この​こと​を​って​いる。しゅ​なる​かみ​が​そう​われた​から​で​ある。

    9 贖罪しょくざい​が​おこなわれる​こと​は​ひつよう​で​ある。と​いう​の​は、永遠えいえん​の​かみ​の​だい​な​けいかく​に​よって​贖罪しょくざい​が​おこなわれ​なければ​ならず、そう​で​なければ、ぜんじんるい​が​ほろびる​の​は​けられない​から​で​ある。まことに、すべて​の​ひと​は​かたくな​に​なって​おり、らく​し、まよった​じょうたい​に​ある​ので、贖罪しょくざい​に​よらなければ​かならず​ほろびる。贖罪しょくざい​は​かならず​おこなわれ​なければ​ならない。

    10 おおいなる​さい​の​せい​が​ひつよう​で​ある。それ​は、ひと​を​せい​に​する​こと​で​も、けもの​や​鳥類ちょうるい​を​せい​に​する​こと​で​も​ない。ひと​の​せい​で​あって​は​ならず、げん​に​して​永遠えいえん​の​せい​で​なければ​ならない。

    11 ​さて、ぶん​の​​を​ささげて​ほか​の​ひと​の​つみ​を​あがなう​こと​が​できる​ひと​など、だれ​ひと​いない。さて、ある​ひと​が​ひと​を​ころした​あいよ、わたしたち​の​こうせい​な​ほうりつ​は、その​ひと​の​きょうだい​の​いのち​を​うばおう​と​する​だろう​か。その​よう​な​こと​は​ない​と、わたし​は​あなたがた​に​う。

    12 ​そう​で​は​なく、ほうりつ​は​ひと​を​ころした​当人とうにん​の​いのち​を​ようきゅう​する。したがって、げん​の​贖罪しょくざい​で​なくて​は​​の​つみ​を​十分じゅうぶん​に​あがなう​こと​は​できない。

    13 ​それゆえ、おおいなる​さい​の​せい​が​ひつよう​で​ある。その​とき​に、​を​ながす​こと​は​わる​で​あろう​し、また、​やめ​なければ​ならない。それで、​モーセ​の​りっぽう​が​じょうじゅ​する​の​で​ある。まことに、モーセ​の​りっぽう​は​一点いってん一画いっかく​に​いたる​まで​ことごとく​じょうじゅ​し、むなしく​なる​もの​は​なにひとつ​ない。

    14 よ、これ​が​りっぽう​の​もくてき​そのもの​で​あり、すべて​の​ぶん​が​この​おおいなる​さい​の​せい​を​しめして​いる。そして、この​おおいなる​さい​の​せい​と​なる​の​が​かみ​の​おん​で​ある​ので、まことに、これ​は​げん​に​して​永遠えいえん​の​せい​で​ある。

    15 ​この​よう​に​かみ​の​おん​は、その​​を​しんじる​すべて​の​ひと​に​すくい​を​もたらされる。この​さい​の​せい​の​もくてき​は、あわれみ​の​こころ​を​げる​こと​で​あり、この​あわれみ​は​せい​に​ち、また​人々ひとびと​が​あらため​を​しょうじる​しんこう​を​てる​よう​に​する​その​みち​を​もうける​の​で​ある。

    16 ​この​よう​に、あわれみ​は​せい​の​ようきゅう​を​たし、これら​の​人々ひとびと​を​うで​に​つつみ​んで​​する。いっぽうあらため​を​しょうじる​しんこう​を​すこしも​はたらかせない​ひと​は、せい​を​ようきゅう​する​すべて​の​りっぽう​に​こたえ​なければ​ならない。したがって、だい​な​永遠えいえん​の​あがない​の​けいかく​は、あらため​を​しょうじる​しんこう​の​ある​ひと​の​ため​に​だけ​そなえられて​いる。

    17 ​それゆえ、かみ​が​わたし​の​同胞はらから​で​ある​あなたがた​に、あなたがた​が​あらため​を​しょうじる​しんこう​を​はたらかせて、かみ​の​せい​なる​​を​び​はじめ、かみ​の​あわれみ​を​られる​よう​に​して​ください​ます​よう​に。

    18 ​まことに、かみ​に​あわれみ​を​さけび​もとめ​なさい。なぜなら、かみ​は​ひと​を​すくう​ちから​を​そなえて​おられる​から​で​ある。

    19 ​まことに、へりくだって、かみ​に​いのり​つづけ​なさい。

    20 まき​に​いる​とき​に​は、まことに、すべて​の​ちく​の​れ​に​ついて​かみ​に​さけび​もとめ​なさい。

    21 いえ​に​いる​とき​に​は、まことに、あなたがた​の​いえ​の​すべて​の​もの​に​ついて、あさ​も​ひる​も​ばん​も​かみ​に​さけび​もとめ​なさい。

    22 ​まことに、てき​の​ちから​を​ふせぐ​こと​が​できる​よう​に、かみ​に​さけび​もとめ​なさい。

    23 ​まことに、あらゆる​​の​てき​で​ある​あく​を​ふせぐ​こと​が​できる​よう​に、かみ​に​さけび​もとめ​なさい。

    24 ​あなたがた​の​はたけ​の​しゅうかく​が​ゆたか​で​ある​よう​に、さくもつ​に​ついて​かみ​に​さけび​もとめ​なさい。

    25 ​あなたがた​の​まき​の​ちく​が​える​よう​に、ちく​の​れ​に​ついて​さけび​もとめ​なさい。

    26 ​しかし、これだけ​で​は​ない。あなたがた​は​ぶん​の​​で​も、ひと​に​れない​しょ​で​も、​で​も、あなたがた​の​こころ​を​そそぎ​さなければ​ならない。

    27 ​また、こえ​に​して​しゅ​に​さけび​もとめない​とき​で​も、あなたがた​の​さいわい​と、あなたがた​の​まわり​の​人々ひとびと​の​さいわい​を​づかう​ち​を​こころ​に​たし、それ​が​えず​しゅ​へ​の​いのり​に​なる​よう​に​しなさい。

    28 ​さて​よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​に​う。これ​で​すべて​で​ある​と​おもって​は​ならない。これら​の​こと​を​すべて​おこなって​も、もし​とぼしい​ひと​や​る​もの​の​ない​ひと​を​はらったり、びょう​の​ひと​や​くるしんで​いる​ひと​を​わなかったり、ぶん​に​は​もの​が​あり​ながら、それ​を​ひつよう​と​して​いる​人々ひとびと​に​け​あたえなかったり​する​なら​ば、あなたがた​に​う​が、もし​あなたがた​が​これら​の​こと​の​どれ​も​おこなう​こと​が​なければ、よ、あなたがた​の​いのり​は​​むなしく、なんの​やく​に​も​たない。あなたがた​は​しんこう​を​てい​する​ぜんしゃ​と​おなじ​で​ある。

    29 ​したがって、もし​あい​を​しめす​こと​を​おぼえて​い​なければ、あなたがた​は​精錬せいれん​する​もの​たち​が(​の​ない​もの​として)てて、ひと​が​あし​で​みつける​かす​の​よう​な​もの​で​ある。

    30 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、あなたがた​は​すでに​おおく​の​しょう​を​て​おり、聖文せいぶん​が​これら​の​こと​を​りっしょう​して​いる​の​も​って​いる​ので、すすみ​て​あらため​の​​を​むすんで​もらいたい。

    31 ​まことに、すすみ​て、もはや​こころ​を​かたくな​に​しないで​ほしい。よ、いま​が​あなたがた​の​すくい​の​とき​で​あり、すくい​の​​で​ある。したがって、あなたがた​が​あらためて​こころ​を​かたくな​に​しなければ、だい​な​あがない​の​けいかく​は​すぐに​あなたがた​に​こう​を​およぼす​で​あろう。

    32 よ、げん​は​ひと​が​かみ​に​お​い​する​よう​を​する​​で​ある。まことに、げん​の​生涯しょうがい​は、ひと​が​かく​の​つとめ​を​たす​​で​ある。

    33 ​さて、まえ​に​はなした​よう​に、あなたがた​に​は​すでに​じょう​に​おおく​の​しょう​が​ある​ので、さい​まで​あらため​の​​を​き​ばす​こと​の​ない​よう​に​せつに​すすめる。永遠えいえん​に​そなえる​ため​に​わたしたち​に​あたえられて​いる​げん​の​生涯しょうがい​を​える​と、よ、もし​わたしたち​が​げん​に​いる​あいだ​に​かん​を​有益ゆうえき​に​もちい​なければ、あと​から​くらやみ​の​よる​が​やって​る。そして、そこ​で​は​なんの​はたらき​も​できない。

    34 ​あなたがた​は​その​おそろしい​​に​おちいる​とき​に、『わたし​は​あらためて​かみ​に​ち​かえろう』​と​う​こと​は​できない。あなたがた​は​この​よう​に​う​こと​は​できない。なぜなら​ば、げん​を​る​とき​に​あなたがた​の​にくたい​を​しょゆう​して​いる​その​おなじ​れい​が、あの​永遠えいえん​の​​で、あなたがた​の​にくたい​を​しょゆう​する​ちから​を​つ​から​で​ある。

    35 よ、もし​ぬ​とき​まで​あらため​の​​を​き​ばした​なら​ば、よ、あなたがた​は​すでに​あく​の​れい​の​はい​を​ける​よう​に​なって​いる​ので、あく​は​あなたがた​に​ぶん​の​もの​で​ある​と​いう​いん​を​す。したがって、しゅ​の​たま​は​もはや​退しりぞき​って、あなたがた​の​うち​に​けっして​宿やどる​こと​は​なく、あく​が​あなたがた​を​はい​する​すべて​の​ちから​を​る。これ​が​あくにん​の​さい​の​じょうたい​で​ある。

    36 ​わたし​は​この​こと​を​って​いる。しゅ​は​きよくない​みや​に​まず、じん​の​こころ​に​む​と​われた​から​で​ある。しゅ​は​また、じん​は​しゅ​の​おうこく​で​​に​いて​​と​そこ​を​る​こと​が​なく、じん​の​ころも​は​ひつじ​の​​に​よって​しろく​される​と​も​われた。

    37 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​が​これら​の​こと​を​おもす​よう​に、また​かみ​を​おそれて​ぶん​の​すくい​を​達成たっせい​する​よう​に、さらに、キリスト​の​らいりん​を​​と​てい​する​こと​の​ない​よう​に​ねがって​いる。

    38 ​また、あなたがた​が​これから​​と​聖霊せいれい​に​さからう​こと​なく、聖霊せいれい​を​け、​キリスト​の​​を​ける​よう​に、そして​​に​す​ほど​に​へりくだり、どこ​に​いて​も​れい​と​まこと​を​もって​かみ​を​れいはい​する​よう​に、さらに、かみ​が​さずけて​くださる​おおく​の​あわれみ​と​しゅくふく​を​感謝かんしゃ​しながら​生活せいかつ​する​よう​に、わたし​は​ねがって​いる。

    39 ​また、わたし​の​同胞はらから​よ、あく​の​ゆうわく​に​まどわされる​こと​なく、あく​に​ち​かされる​こと​なく、わり​の​​に​あく​の​した​に​なる​こと​の​ない​よう​に、えず​いのり​に​こころ​を​くばる​こと​を、あなたがた​に​すすめる。よ、あく​は​あなたがた​に​けっして​い​もの​を​むくい​として​あたえない​から​で​ある。

    40 ​わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、忍耐にんたい​する​よう​に、そして​あらゆる​なん​に​える​よう​に、あなたがた​に​すすめる。また、ひどく​貧乏びんぼう​だから​と​いう​こと​で​あなたがた​を​した​もの​の​よう​な​罪人つみびと​に​ならない​ため​に、かれら​を​​ののしる​こと​の​ない​よう​に​すすめる。

    41 ​むしろ​あなたがた​は​忍耐にんたい​し、いつ​の​​か​あらゆる​なん​を​はなれて​やすめる​と​いう​かっ​と​した​のぞみ​を​もって​それら​の​なん​に​える​よう​に、あなたがた​に​すすめる。」