アルマ書36
戻る 次へ

アルマがむすのヒラマンにあたえたいましめ。

つぎだい三十六-三十七しょうがそれにそうとうする。

第36章

アルマ,ぶんてん使によってかいしんみちびかれたことをヒラマンにあかしする。アルマがばつさだめをけたものつうけいけんし,イエスのび,かみからまれたこと。こころよよろこびにたされたこと。かみをほめたたえるてん使れをたこと。おおくのかいしゅうしゃも,アルマとおなじようにあじわい,おなじようなこうけいた。げんぜんやく七十四ねん

1 わがよ,わたしのことみみかたむけなさい。わたしはあなたにちかう。あなたはかみいましめをまもるかぎりさかえるであろう。

2 あなたはわたしとおなじように,わたしたちのせんとらわれのにあったことをおもこしてもらいたい。わたしたちのせんれいじょうたいにあり,アブラハムかみ,イサクのかみ,ヤコブのかみのほかにはだれもかれらをすくせなかった。そしてかみは,たしかになんなかにいるかれらをすくされた。

3 おお,わがヒラマンよ,よ,あなたはわかい。だから,わたしのこといて,わたしにまなぶようにすすめる。かみたよものはだれであろうと,れんさいなんなんなかにあってささえられ,またわりのたかげられるということをわたしはっているからである。

4 しかし,わたしがそれをぶんひとりでったおもってもらいたくない。ぶっしつてきなものからではなく,れいてきなものからったのであり,にくおもいからではなく,かみかららされたのである。

5 よ,わたしはあなたにう。わたしはかみからまれていなかったならば,これらのことをることはなかったであろう。しかし,かみせいなるてん使くちとおして,これらのことをわたしにらせてくださった。わたししんはまったくふさわしくなかったにもかかわらず,そうしてくださった。

6 わたしはかつてモーサヤのむすたちといっしょあるまわって,かみきょうかいほろぼそうとしていた。ところがよ,かみは,せいなるてん使つかわして,みちちゅうでわたしたちをめられた。

7 よ,そのてん使はわたしたちにかたりかけたが,それはまるでかみなりおとのようであった。そして,だいぜんたいがわたしたちのあしもとでうご,わたしたちはみなした。しゅへのおそおぼえたからである。

8 ところがよ,そのこえがわたしに,『きなさい』とった。そこでわたしはがってち,そのてん使た。

9 すると,てん使はわたしに,『たとえあなたしんほろぼされようとも,これじょうかみきょうかいほろぼそうとしてはならない』とった。

10 そして,わたしはたおれた。そしてみっばんくちくことができず,あしうごかすこともできなかった。

11 てん使はわたしにもっとおおくのことをかたり,なかはそれをいたが,わたしにはこえなかった。わたしは,『たとえあなたしんほろぼされようとも,これじょうかみきょうかいほろぼそうとしてはならない』ということいたときに,ぶんほろぼされるのではないかというひどいおそれとおどろきにたれてたおれ,それじょうなにこえなかったからである。

12 しかしわたしは,えいえんつうめさいなまれた。わたしはきわめてひどいくるしみをけ,ぶんのすべてのつみめさいなまれた。

13 まことに,わたしはぶんのあらゆるつみおもし,そのためにごくくるしみをあじわった。わたしはぶんかみさからってきたことと,かみせいなるいましめをまもっていなかったことをったのである。

14 また,わたしはかみどもたちをおおぜいころした。いや,かれらをまどわしてほろびにいたらせた。ようするに,わたしのざいあくじょうおおきかったので,かみまえくことをかんがえるだけで,わたしはいようのないきょうめさいなまれた。

15 おお,そのときにわたしがおもったのは,ぶんついほうされてれいにくたいがともになくなってしまえば,かみまえたされてぶんおこなさばかれることはないだろうということであった。

16 さて,みっばん,わたしはまさにばつさだけたものつうめさいなまれた。

17 そしてつうめさいなまれていたときに,わたしはぶんおおくのつみおもしてひどくくるしみながら,よ,かつてちちがイエス・キリストというかたらいりんについてたみげんするのをいたことをおもした。イエス・キリストはかみおんであり,つみあがなうためにられるというのである。

18 こころにこのおもいがはっきりとかんできたとき,わたしはこころなかで,『おお,かみおんイエスよ,じゅうなかにおり,えいえんくさりしばられているわたしをあわれんでください』とさけんだ。

19 さてよ,このことをおもったとき,わたしはもはやつうわすれることができた。まことに,わたしはつみおもしてくるしむことがなくなった。

20 おお,なんというよろこであったことか。なんというおどろくべきひかりをわたしはたことか。まことに,わたしはまえかんじたつうおなじほどのおおきなよろこびにたされたのである。

21 わがよ,まことに,あなたにうが,わたしはほかにありないほどはげしく,またつらいつうあじわった。またむすよ,わたしはう。それとははんたいに,わたしはほかにありないほどうるわしく,またこころよよろこびをあじわった。

22 おもうに,ちょうどわたしたちのせんリーハイたように,わたしもかみき,かみさんしほめたたえるようあつまるすうてん使たちにかこまれておられるのをおもいがした。そして,わたしはそこにきたいとせつのぞんだ。

23 するとよ,わたしのあしふたたちからもどした。そこでわたしはがり,ぶんかみからまれたことをたみ言明げんめいした。

24 また,そのときからまさにげんざいまで,わたしはえずはたらつづけ,ひとびとあらためにみちびき,わたしがあじわったじょうよろこびをあじわわせかれらもかみからまれ,せいれいたされるようにしてきた。

25 そして,よ,おお,わがよ,いましゅはわたしのろうむすによってじょうおおきなよろこびをわたしにあたえてくださっている。

26 しゅがわたしにげてくださったことのために,よ,おおくのひとかみからまれ,わたしのあじわったようにあじわい,わたしがたようにたりにた。そのためにかれらは,わたしがべてきたこれらのことを,わたしがいまっているようにっている。わたしがいまっていることは,かみからたものである。

27 そしてわたしは,あらゆるれんさいなんもとで,またあらゆるなんなかささえられてきた。まことに,かみろうから,またそくばくから,からわたしをすくしてくださった。わたしはかみしんらいしている。かみはこれからもわたしをすくしてくださるであろう。

28 わたしは,かみわりのにわたしをよみがえらせえいこうのうちにしんとともにめるようにしてくださることをっている。わたしはかみをとこしえにほめたたえよう。かみはわたしたちのせんをエジプトからみちびしてくださったからである。かみエジプトじんこうかいなかにのみませ,ぶんちからによって,わたしたちのせんやくそくみちびかれた。またかみは,なんれいそくばくじょうたいからせんすくしてくださった。

29 かみはまた,エルサレムのからわたしたちのせんしてくださった。また,えいえんちからによって,こんにちいたるまでなんれいそくばくじょうたいからせんすくしてくださった。わたしはせんとらわれのにあったことをいつもおもこすようにしてきた。あなたもわたしとおなじように,せんとらわれのにあったことをおもこすようにしなければならない。

30 しかしよ,わがよ,それだけではない。かみいましめをまもるかぎりさかえることを,わたしがっているように,あなたもらなければならない。また,かみいましめをまもらなければかみまえからたれるということも,あなたはらなければならない。これはかみことによる。」