アルマ書 36
    脚注

    アルマ​が​むす​の​ヒラマン​に​あたえた​いましめ。

    つぎ​の​だい​三十六-三十七​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

    第​36​章

    アルマ、ぶん​が​てん使​に​よって​改心かいしん​に​みちびかれた​こと​を​ヒラマン​に​あかし​する。アルマ​が​ばつ​の​さだめ​を​けた​もの​の​つう​を​経験けいけん​し、イエス​の​​を​び、かみ​から​まれた​こと。こころよい​よろこび​に​たされた​こと。かみ​を​ほめ​たたえる​てん使​の​れ​を​た​こと。おおく​の​改宗かいしゅうしゃ​も、アルマ​と​おなじ​よう​に​あじわい、おなじ​よう​な​こうけい​を​た。げんぜんやく​七十四​ねん

    1 ​わが​​よ、わたし​の​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。わたし​は​あなた​に​ちかう。あなた​は​かみ​の​いましめ​を​まもる​かぎり​​に​さかえる​で​あろう。

    2 ​あなた​は​わたし​と​おなじ​よう​に、わたしたち​の​せん​が​とらわれ​の​​に​あった​こと​を​おもこして​もらいたい。わたしたち​の​せん​は​れい​の​じょうたい​に​あり、​アブラハム​の​かみ、イサク​の​かみ、ヤコブ​の​かみ​の​ほか​に​は​だれ​も​かれら​を​すくい​せなかった。そして​かみ​は、たしか​に​なん​の​なか​に​いる​かれら​を​すくい​された。

    3 ​おお、わが​​ヒラマン​よ、よ、あなた​は​わかい。だから、わたし​の​こと​を​いて、わたし​に​まなぶ​よう​に​すすめる。かみ​に​たよる​もの​は​だれ​で​あろう​と、れん​や​災難さいなん​や​なん​の​なか​に​あって​ささえられ、また​わり​の​​に​たかく​げられる​と​いう​こと​を​わたし​は​って​いる​から​で​ある。

    4 ​しかし、わたし​が​それ​を​ぶんひとり​で​った​と​おもって​もらいたくない。ぶっしつてき​な​もの​から​で​は​なく、霊的れいてき​な​もの​から​った​の​で​あり、にく​の​おもい​から​で​は​なく、かみ​から​らされた​の​で​ある。

    5 よ、わたし​は​あなた​に​う。わたし​は​かみ​から​まれて​いなかった​なら​ば、これら​の​こと​を​る​こと​は​なかった​で​あろう。しかし、かみ​は​せい​なる​てん使​の​くち​を​とおして、これら​の​こと​を​わたし​に​らせて​くださった。わたし​しん​は​まったく​​ふさわしくなかった​に​も​かかわらず、そう​して​くださった。

    6 ​わたし​は​かつて​モーサヤ​の​むす​たち​と​いっしょ​に​あるき​まわって、かみ​の​きょうかい​を​ほろぼそう​と​して​いた。ところが​よ、かみ​は、せい​なる​てん使​を​つかわして、みち​の​ちゅう​で​わたしたち​を​められた。

    7 よ、その​てん使​は​わたしたち​に​かたり​かけた​が、それ​は​まるで​かみなり​の​おと​の​よう​で​あった。そして、だい全体ぜんたい​が​わたしたち​の​あしもと​で​れ​うごき、わたしたち​は​みな​に​した。しゅ​へ​の​おそれ​を​おぼえた​から​で​ある。

    8 ​ところが​よ、その​こえ​が​わたし​に、『き​なさい』​と​った。そこで​わたし​は​がって​ち、その​てん使​を​た。

    9 ​すると、てん使​は​わたし​に、『たとえ​あなた​しん​が​ほろぼされよう​と​も、これ​じょうかみ​の​きょうかい​を​ほろぼそう​と​して​は​ならない』​と​った。

    10 ​そして、わたし​は​​に​たおれた。そして​みっばんくち​を​く​こと​が​できず、あし​を​うごかす​こと​も​できなかった。

    11 てん使​は​わたし​に​もっと​おおく​の​こと​を​かたり、なか​は​それ​を​いた​が、わたし​に​は​こえなかった。わたし​は、『たとえ​あなた​しん​が​ほろぼされよう​と​も、これ​じょうかみ​の​きょうかい​を​ほろぼそう​と​して​は​ならない』​と​いう​こと​を​いた​とき​に、ぶん​は​ほろぼされる​の​で​は​ない​か​と​いう​ひどい​おそれ​と​おどろき​に​たれて​​に​たおれ、それ​じょう​は​なにも​こえなかった​から​で​ある。

    12 ​しかし​わたし​は、永遠えいえん​の​つう​に​めさいなまれた。わたし​は​きわめて​ひどい​くるしみ​を​け、ぶん​の​すべて​の​つみ​に​めさいなまれた。

    13 ​まことに、わたし​は​ぶん​の​あらゆる​つみ​と​​を​おもし、その​ため​に​ごく​の​くるしみ​を​あじわった。わたし​は​ぶん​が​かみ​に​さからって​きた​こと​と、かみ​の​せい​なる​いましめ​を​まもって​いなかった​こと​を​った​の​で​ある。

    14 ​また、わたし​は​かみ​の​ども​たち​を​おおぜいころした。いや、かれら​を​まどわして​ほろび​に​いたらせた。ようするに、わたし​の​ざいあく​が​じょう​に​おおきかった​ので、かみ​の​まえ​に​く​こと​を​かんがえる​だけ​で、わたし​は​いよう​の​ない​きょう​に​めさいなまれた。

    15 ​おお、その​とき​に​わたし​が​おもった​の​は、ぶん​が​追放ついほう​されて​れい​と​にくたい​が​ともに​​なくなって​しまえ​ば、かみ​の​まえ​に​たされて​ぶん​の​おこない​を​さばかれる​こと​は​ない​だろう​と​いう​こと​で​あった。

    16 ​さて、みっばん、わたし​は​まさに​ばつ​の​さだめ​を​けた​もの​の​つう​に​めさいなまれた。

    17 ​そして​つう​に​めさいなまれて​いた​とき​に、わたし​は​ぶん​の​おおく​の​つみ​を​おもして​ひどく​くるしみ​ながら、よ、かつて​ちち​が​イエス・​キリスト​と​いう​かた​の​らいりん​に​ついて​たみ​に​げん​する​の​を​いた​こと​を​おもした。イエス・​キリスト​は​かみ​の​おん​で​あり、​の​つみ​を​あがなう​ため​に​られる​と​いう​の​で​ある。

    18 こころ​に​この​おもい​が​はっきり​と​かんで​きた​とき、わたし​は​こころ​の​なか​で、『おお、かみ​の​おん​イエス​よ、じゅう​の​なか​に​おり、永遠えいえん​の​​の​くさり​に​しばられて​いる​わたし​を​あわれんで​ください』​と​さけんだ。

    19 ​さて​よ、この​こと​を​おもった​とき、わたし​は​もはや​つう​を​わすれる​こと​が​できた。まことに、わたし​は​​と​つみ​を​おもして​くるしむ​こと​が​なくなった。

    20 ​おお、なん​と​いう​よろこび​で​あった​こと​か。なん​と​いう​おどろく​べき​ひかり​を​わたし​は​た​こと​か。まことに、わたし​は​まえ​に​かんじた​つう​に​まさる​ほど​の​よろこび​に​たされた​の​で​ある。

    21 ​わが​​よ、まことに、あなた​に​う​が、わたし​は​ほか​に​ありない​ほど​はげしく、また​つらい​つう​を​あじわった。また​むす​よ、わたし​は​う。それ​と​は​反対はんたい​に、わたし​は​ほか​に​ありない​ほど​うるわしく、また​こころよい​よろこび​を​あじわった。

    22 おもう​に、ちょうど​わたしたち​の​せん​リーハイ​が​た​よう​に、わたし​も​かみ​が​​に​き、かみ​を​さん​し​ほめ​たたえる​よう​で​れ​あつまる​すう​の​てん使​たち​に​かこまれて​おられる​の​を​た​おもい​が​した。そして、わたし​は​そこ​に​きたい​と​せつに​のぞんだ。

    23 ​すると​よ、わたし​の​あし​は​ふたたび​ちから​を​もどした。そこで​わたし​は​がり、ぶん​が​かみ​から​まれた​こと​を​たみ​に​言明げんめい​した。

    24 ​また、その​とき​から​まさに​現在げんざい​まで、わたし​は​えず​はたらき​つづけ、人々ひとびと​を​あらため​に​みちびき、わたし​が​あじわった​じょう​な​よろこび​を​あじわわせ、かれら​も​かみ​から​まれ、聖霊せいれい​に​たされる​よう​に​して​きた。

    25 ​そして、よ、おお、わが​​よ、いましゅ​は​わたし​の​ろう​の​むすぶ​​に​よって​じょう​に​おおきな​よろこび​を​わたし​に​あたえて​くださって​いる。

    26 しゅ​が​わたし​に​げて​くださった​こと​の​ため​に、よ、おおく​の​ひと​が​かみ​から​まれ、わたし​の​あじわった​よう​に​あじわい、わたし​が​た​よう​に​たり​に​た。その​ため​に​かれら​は、わたし​が​べて​きた​これら​の​こと​を、わたし​が​いまって​いる​よう​に​って​いる。わたし​が​いまって​いる​こと​は、かみ​から​た​もの​で​ある。

    27 ​そして​わたし​は、あらゆる​れん​と​災難さいなん​の​もと​で、また​あらゆる​なん​の​なか​で​ささえられて​きた。まことに、かみ​は​ろう​から、また​そくばく​から、​から​わたし​を​すくい​して​くださった。わたし​は​かみ​を​しんらい​して​いる。かみ​は​これから​も​わたし​を​すくい​して​くださる​で​あろう。

    28 ​わたし​は、かみ​が​わり​の​​に​わたし​を​​よみがえらせ、えいこう​の​うち​に​しん​と​ともに​める​よう​に​して​くださる​こと​を​って​いる。わたし​は​かみ​を​とこしえ​に​ほめ​たたえよう。かみ​は​わたしたち​の​せん​を​エジプト​から​みちびき​して​くださった​から​で​ある。かみ​は​​エジプトじん​を​こうかい​の​なか​に​のみ​ませ、ぶん​の​ちから​に​よって、わたしたち​の​せん​を​やくそく​の​​に​みちびかれた。また​かみ​は、なん​も​れい​と​そくばく​の​じょうたい​から​せん​を​すくい​して​くださった。

    29 かみ​は​また、エルサレム​の​​から​わたしたち​の​せん​を​して​くださった。また、永遠えいえん​の​ちから​に​よって、今日こんにち​に​いたる​まで​なん​も​れい​と​そくばく​の​じょうたい​から​せん​を​すくい​して​くださった。わたし​は​せん​が​とらわれ​の​​に​あった​こと​を​いつも​おもこす​よう​に​して​きた。あなた​も​わたし​と​おなじ​よう​に、せん​が​とらわれ​の​​に​あった​こと​を​おもこす​よう​に​しなければ​ならない。

    30 ​しかし​よ、わが​​よ、それ​だけ​で​は​ない。かみ​の​いましめ​を​まもる​かぎり​​に​さかえる​こと​を、わたし​が​って​いる​よう​に、あなた​も​らなければ​ならない。また、かみ​の​いましめ​を​まもらなければ​かみ​の​まえ​から​たれる​と​いう​こと​も、あなた​は​らなければ​ならない。これ​は​かみ​の​こと​に​よる。」