アルマ書 3
    脚注

    第​3​章

    アムリサイ​じんげん​された​こと​の​とおり​に​ぶん​の​​に​しるし​を​ける。レーマンじん​は​そむいた​ため​の​のろい​を​すでに​けて​いた。ひと​は​ぶん​の​まねいた​のろい​を​ぶんしん​に​ける。ニーファイじん、レーマンじん​の​ほか​の​ぐんたい​を​やぶる。げんぜんやく​八十七​ねん​から​八十六​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、​に​よって​ころされなかった​ニーファイじん​は、ころされた​もの​たち​を​ほうむった​のち、すなわち、ころされた​もの​は​おびただしい​かず​に​およんだ​ので、それ​を​かぞえる​こと​も​なく​たい​を​ほうむり​えた​のちかれら​は​みなぶん​たち​の​ぶん​たち​の​いえぶん​たち​の​さい​の​もと​に​かえった。

    2 ​ところが、おおく​の​おんな​と​ども​たち​が​つるぎ​で​ころされて​おり、ちく​の​れ​も​おおく​ころされ、また​こくもつばたけ​の​おおく​も​ぐんたい​に​み​らされて​いた。

    3 ​さて、シドン​がわ​の​きし​で​ころされた​レーマンじん​と​アムリサイ​じん​の​おおく​は、​シドン​の​みず​に​まれた​ので、よ、かれら​の​ほね​は​いまう み​の​ふかみ​に​あり、その​かず​は​おおい。

    4 ​アムリサイ​じん​は​レーマンじん​に​ならって、ひたい​に​あかい​​しるし​を​けて​いた​ので、ニーファイじん​と​ける​こと​が​できた。しかし​かれら​は、レーマンじん​の​よう​に​その​頭髪とうはつ​を​そって​は​いなかった。

    5 いっぽう、レーマンじん​は​頭髪とうはつ​を​そって​おり、こし​に​かわ​を​まとい、よろい​を​け、ゆみ​と​いし​と​いしげ​など​を​って​いる​ほか​は​はだか​で​あった。

    6 ​また​レーマンじん​の​はだ​は、かれら​の​せん​に​けられた​しるし​の​とおり​に​くろずんで​いた。その​しるし​は、せん​が​いましめ​に​そむき、きょうだい​たち​に​そむいた​ため​に​けた​​のろい​で​あった。また、その​きょうだい​たち​と​は、ただしい​せい​なる​人々ひとびと​で​あった​ニーファイ​と​ヤコブ、ヨセフ、サム​で​ある。

    7 ​これら​の​人々ひとびと​の​あに​たち​は、これら​の​人々ひとびと​を​ほろぼそう​と​した​ため​に、のろわれた​の​で​あった。しゅ​なる​かみ​が​かれら、まことに​レーマン​と​レムエル、および​イシマエル​の​むす​たち​と​イシマエルじん​の​おんな​たち​に​​しるし​を​けられた​の​で​ある。

    8 ​そして、この​こと​が​おこなわれた​の​は、かれら​の​そん​を​その​きょうだい​たち​の​そん​と​けられる​よう​に​する​ため​で​あった。それ​に​よって​しゅ​なる​かみ​は、ぶん​の​たみ​が​のろい​を​けた​たみ​と​えん​を​むすんで​ちがった​つたえ​を​しんじ、ほろびる​こと​が​ない​よう​に、かれら​を​まもろう​と​された​の​で​ある。

    9 ​さて、ぶん​の​そん​を​レーマンじん​の​そん​と​けっこん​させた​もの​は​だれ​で​あろう​と、その​そん​に​おなじ​のろい​を​まねいた。

    10 ​したがって、レーマンじん​に​まどわされた​もの​は​だれ​で​あろう​と、その​​で​ばれ、しるし​を​けられた。

    11 ​そして、レーマンじん​の​つたえ​を​しんじよう​と​せず​に、エルサレム​の​​から​ってた​あの​ろく​と​せん​の​ただしい​つたえ​を​しんじた​ものかみ​の​いましめ​を​しんじて​まもった​もの​は​だれ​で​あろう​と、その​とき​こう、ニーファイじん、すなわち​ニーファイ​の​たみ​と​ばれた。

    12 ​そして​この​たみ​は、ぶん​の​たみ​と​レーマンじん​の​たみ​に​ついて​の​ろく​を​き​いで​おり、その​ろく​は​真実しんじつ​で​ある。

    13 ​さて、ふたたび​アムリサイ​じん​の​こと​に​はなし​を​もどす​と、かれら​も​また​​しるし​を​けた。まことに、かれら​は​ぶん​の​​に​しるし​を、すなわち​ぶん​の​ひたい​に​あかい​しるし​を​けた。

    14 ​この​よう​に​して、かみ​の​こと​は​じょうじゅ​した。かみ​が​かつて​ニーファイ​に​われた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。「よ、わたし​は​レーマンじん​を​のろった。わたし​は​かれら​に​しるし​を​けて、いま​より​のち​とこしえ​に、かれら​と​かれら​の​そん​が​あく​を​あらためて​わたし​に​ち​かえらない​かぎり、あなた​と​あなた​の​そん​から​べつ​される​よう​に​する。

    15 ​そして​また、わたし​は​あなた​の​きょうだい​たち​と​たね​を​まじえる​もの​に​も​しるし​を​け、かれら​も​のろおう。

    16 ​そして​また、わたし​は​あなた​や​あなた​の​そん​と​たたかう​もの​に​も​しるし​を​けよう。

    17 ​そして​また、あなた​の​もと​を​る​もの​は、もはや​あなた​の​そん​と​んで​は​ならない。わたし​は​あなた​と、また​あなた​の​そん​と​ばれる​もの​たち​を、これから​さき​とこしえ​に​しゅくふく​しよう。」これ​は、ニーファイ​と​かれ​の​そん​に​あてた​しゅ​の​やくそく​で​ある。

    18 ​ところで、アムリサイ​じん​は​その​ひたい​に​ぶん​で​しるし​を​け​はじめた​とき、ぶん​たち​が​かみ​の​こと​を​じょうじゅ​して​いる​の​を​らなかった。しかし、かれら​は​こうぜん​と​かみ​に​そむいた。したがって、のろい​が​かれら​に​くだって​とうぜん​で​あった。

    19 ​さて、あなたがた​は、かれら​が​ぶんしん​に​​のろい​を​まねいた​と​いう​こと​を​って​ほしい。また、のろい​を​ける​もの​は​みな、その​よう​に​ぶんしん​に​ぶん​の​つみ​の​せんこく​を​まねく​の​で​ある。

    20 ​さて、レーマンじん​と​アムリサイ​じん​に​よる​ゼラヘムラ​の​​で​の​戦闘せんとう​の​のち、あまり​​の​たたない​うち​に、レーマンじん​の​べつ​の​ぐんたい​が​ニーファイじん​の​たみ​を​しゅうげき​した。そこ​は、かつて​レーマンじん​の​さいしょ​の​ぐんたい​が​アムリサイ​じん​と​ごうりゅう​した​ところ​で​ある。

    21 ​そこで、かれら​を​その​​から​はらう​ため​に​ぐんたい​が​けん​された。

    22 ​さて、アルマ​しん​は​しょう​して​いた​ので、て​って​レーマンじん​と​たたかう​こと​は​しなかった。

    23 ​しかし、かれ​は​だい​な​ぐんたい​を​けん​した。そして、ぐんたい​は​て​って​おおく​の​レーマンじん​を​ころし、のこり​の​もの​たち​を​さかい​の​​から​そと​へ​はらった。

    24 ​そして、かれら​は​また​かえって​て、そののち​しばらく​てき​に​なやまされなかった​ので、こくない​に​へい​を​かくりつ​した。

    25 ​さて、これら​の​こと​は​すべて、さばきつかさ​の​とうだい五​ねん​に​こった。まことに、これら​の​せんそう​と​あらそい​は​すべて、その​とし​に​はじまって​おなじ​とし​に​わった。

    26 ​そして​その​一​年間ねんかん​に、なんぜんなんまん​と​いう​人々ひとびと​が​永遠えいえん​の​​に​おくられた。かれら​は​そこ​で、ぶん​の​おこない​が​い​か、それとも​わるい​か、その​おこない​に​おうじて​むくい​を​り、ぶん​が​したがおう​と​した​れい​が​い​れい​で​あった​か​わるい​れい​で​あった​か、その​れい​に​おうじて​永遠えいえん​の​こうふく​あるいは​永遠えいえん​の​こう​を​る​の​で​ある。

    27 ひと​は​みなぶん​が​したがおう​と​した​もの​から​むくい​を​ける​もの​で​ある。これ​は​げん​の​れい​の​こと​に​よる​もの​で​ある​から、しん​に​かなって​その​よう​に​なる​で​あろう。この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい五​ねん​が​わった。