アルマ書19
戻る 次へ

第19章

ラモーナイ,えいえんいのちひかりけ,あがなぬしる。おういえものたち,しきうしなってたおれ,おおくのものたちはてん使る。アンモン,せきてきまもられる。アンモン,おおくのひとにバプテスマをほどこし,かれらのなかきょうかいせつりつする。げんぜんやく九十ねん

1 さて,ふつふたばんたってから,かれらはしゃほうむるためにつくっておいたはかおうたいはこんで,まさにほうむろうとしていた。

2 そのとき,おうはアンモンのめいせいいていたので,ひとつかわして,アンモンにぶんのところにてほしいとげた。

3 そこでアンモンは,めいじられたとおりにおうのもとへき,ぶんなにをすることをのぞんでいるのかりたいとった。

4 すると,おうかれった。「おっとしもべたちは,あなたがせいなるかみげんしゃであり,あなたにはかみによっておおくのちからあるわざおこなちからがあると,わたしにおしえてくれました。

5 もしそうであれば,はいってわたしのおっとってほしいのです。おっとふつふたばんあいだとこしたままです。おっとはまだんでいないとものもいれば,もうんでいてあくしゅうはなっているのではかほうむらなければならないとものもいます。しかし,わたしがたところ,においはありません。」

6 さて,これはアンモンがのぞんでいたことであった。アンモンは,ラモーナイおうかみちからもとにあることをっていたからである。アンモンは,おうこころからしんこうというあんこくおおのぞかれつつあること,そしてそのこころらすひかりかみえいこうひかりでありかみいつくしみのおどろくべきひかりであるこのひかりが,まことに,おうしんなかおおきなよろこびをそそんであんこくくもり,えいえんいのちひかりおうしんなかにともされたことをっていた。まことに,アンモンはこれがおうにくたいって,おうかみによってしきうしなっていたことをっていたのである。

7 したがって,おうかれもとめたことは,かれがただ一つねがっていたことであった。そこで,かれおうからもとめられるままに,おううためにはいってった。そして,かれおうると,おうがまだんでいないことがかった。

8 そこでかれおうに,「おうくなっていません。かみによってねむっているので,ふたたがります。ですからおうほうむってはなりません」とった。

9 そしてアンモンはおうに,「このことをおしんじになりますか」とたずねた。すると,おうかれに,「あなたのこととわたしたちのしもべたちのことのほかになんしょうもありませんが,あなたのったとおりになるとしんじます」とこたえた。

10 そこで,アンモンはおうった。「おきさきさましんこうじょうふかいのでさいわいです。おきさきさま,わたしはもうげます。ニーファイじんのすべてのたみなかにさえ,これほどのふかしんこうはありませんでした。」

11 さて,おうはそのときから,おうがるとアンモンがげたよくじつのそのこくまで,おっととこのそばできていた。

12 そしておうは,アンモンのことのとおりにがった。そしておうは,がると,おうかってばしてった。「かみがほめたたえられるように。また,あなたはさいわいである。

13 あなたがきているようにたしかに,よ,わたしはあがなぬした。あがなぬししょうらいおいでになり,一人ひとりおんなからまれになりしんじるすべてのひとあがなわれる。」おうはこれらのことえると,むねがいっぱいになり,よろこびのあまりふたたたおれてしまった。すると,おうたまつよかんじてたおれた。

14 アンモンは,ざいあくつたのためにこれまでニーファイじんなかに,すなわちかみのすべてのたみなかにひどいなげきをもたらしてきた同胞はらからのレーマンじんに,ぶんいのおうじてしゅたまそそがれたのをて,ひざまずいた。そして,そのこころそそしていのり,かみぶん同胞はらからのためにおこなってくださったことについてかみかんしゃした。それから,かれもまたよろこのあまりちからうしなってしまった。このように,かれらは三にんともたおれたのであった。

15 さて,おうしもべたちはかれらがたおれたのをると,しゅへのおそれがしょうじていたので,かれらもまたかみさけもとめた。ぜんおうまえって,アンモンのおおきなちからについておうしょうげんしたのは,このしもべたちであった。

16 そしてかれらは,ちからかぎしゅび,ついに一人ひとりのレーマンじんおんなのぞいて,ぜんいんたおれてしまった。このおんなをエービシといい,ちちおどろくべきげんのために,なんねんまえからすでにしゅしていた。

17 このようにして,エービシはしゅしていたので,ほかのものたちにはそのことをられてはいなかったものの,ラモーナイのしもべたちがみなたおれ,またぶんあるじであるおうおうも,またアンモンまでがたおれてよこたわっているのをると,それがかみちからであることをった。そして,このかいかれらのなかこったことをらせてこのありさませれば,ひとびとかみちからしんじるようになるであろうとおもったので,エービシはいえからいえへとはしまわって,ひとびとにそのことをらせた。

18 そこでひとびとは,おうきゅう殿でんあつまりはじめた。そして,おおぜいひとがそこにやってると,おどろいたことに,おうおうかれらのしもべたちがたおれていた。かれらはみなんだようにそこによこたわっていた。また,ひとびとはアンモンもたが,よ,そのひとはニーファイじんであった。

19 そこでひとびとは,たがいにつぶやきはじめた。そして,あるものたちは,おうがこのニーファイじんにこのことをゆるしたので,かれら,すなわちおうおういえぞくするすべてのものおおきなわざわいがおよんだのだとった。

20 しかし,べつものたちはかれらをたしなめて,「おうセブスのいずみちくれをらされたしもべたちをころしたために,このわざわいをおういえぞくするすべてのものまねいてしまったのだ」とった。

21 しかし,こうったものたちも,セブスのいずみのそばにっていておうちくれをらしたものたちからとがめられた。これらのものたちは,アンモンがセブスのいずみおうちくれをまもったときになかなんにんころしたことで,アンモンにいかりをいだいていたからである。

22 そして,そのなかに,アンモンのつるぎによってきょうだいころされたものがいた。そのおとこはアンモンのことをじょういかっていたので,つるぎくとまえすすて,そのつるぎでアンモンをころそうとした。そして,アンモンをころそうとしてつるぎげたところ,よ,そのおとこたおれてんでしまった。

23 これでわたしたちは,だれもアンモンをころせないことがかる。しゅかれちちモーサヤに,「わたしはかれいのちすくおう。あなたのしんこうおうじてそれはかれこる」とわれ,モーサヤがしゅにアンモンのことをまかせしたからである。

24 さて,おおぜいひとは,アンモンをころそうとしてつるぎげたおとこたおれてんだのをて,みなおそれをいだき,アンモンにも,たおれているほかのものにも,あえてばしてれようとはしなかった。そしてかれらは,このおおきなちからもとなんであろうか,これらのことはみなどのようながあるのか,とおもはじめた。

25 さて,かれらのなかには,アンモンがたいれいであるとものおおかったが,たいれいからつかわされたのだとものもいた。

26 しかし,そのりょうしゃをたしなめて,アンモンはぶんたちをくるしめるためにニーファイじんからつかわされたかいぶつであるとべつものたちもいた。

27 またあるものたちは,アンモンはぶんたちがざいあくおかしたので,ぶんたちをくるしめるためにたいれいからつかわされたものであり,たいれいはいつもニーファイじんについていて,ぶんたちのからかれらをすくしてきたともった。これらのものたちは,ぶんたちの同胞はらからであるレーマンじんおおぜいほろぼしてきたのはこのたいれいであるとった。

28 このようにして,かれらのなかじょうはげしいあらそいがこった。そして,かれらがそのようにあらそっていたときに,そのおおぜいひとあつめたはしためがやってた。そのおんなおおぜいひとあらそっているのをると,ひどくなげいてなみだながした。

29 そしてそのおんなは,おうのそばにくと,おうからがらせようとでもするかのように,そのった。すると,そのおんなおうれたたんおうきてがり,おおごえさけんだ。「おお,おそろしいごくからわたしをすくわれた,しゅくふくちたイエスさま。おお,しゅくふくちたかみさま。このたみあわれみをおかけください。」

30 そして,おうはこのようにうと,よろこびにたされてりょうみ,ひとびとかいできないおおくのことかたった。そして,かたえて,ラモーナイおうると,よ,おうきてがった。

31 そして,おうたみあいだあらそいがあるのをると,すぐにってかれらをたしなめ,アンモンからいたことかれらにおしはじめた。すると,おうこといたひとびとみなしんじて,しゅした。

32 しかし,おうことこうとしないものたちもたくさんいて,かれらはった。

33 そして,アンモンもがると,かれらにおしえをさずけ,ラモーナイのしもべたちもみなおなじようにした。かれらはみなすでにそのこころあらたまっており,もうあくおこないたいとはおもわなかったので,そのことをくちをそろえてひとびとげた。

34 そしてよ,おおくのしもべたちがてん使,またてん使はなしをしたとげた。このように,かれらはかみかみにかかわることをひとびとべたのである。

35 そして,かれらのことしんじたひとびとおおぜいいて,しんじたひとびとみなバプテスマけ,にかなったたみとなり,ぶんたちのなかきょうかいもうけた。

36 このようにして,しゅわざがレーマンじんなかはじまり,しゅかれらにしゅたまそそがれた。このことから,しゅうでが,あらためてしゅしんじるすべてのひとべられることがかるのである。