アルマ書 7
    脚注

    アルマ​が​ギデオン​に​む​たみ​に​げた​こと。これ​は​アルマ​しん​の​ろく​に​よる。

    つぎ​の​だい七​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

    第​7​章

    キリスト​は​マリヤ​から​お​まれ​に​なる。キリスト​は​​の​なわ​を​き、ぶん​の​たみ​の​つみ​を​われる。あらためて​バプテスマ​を​け、いましめ​を​まもる​もの​は、永遠えいえん​の​いのち​を​る。けがれた​もの​は​かみ​の​おうこく​を​ぐ​こと​が​できない。謙遜けんそん​と​しんこうぼうあい​が​もとめられる。げんぜんやく​八十三​ねん

    1 よ、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​あなたがた​の​もと​に​る​かい​を​た​ので、わたし​しん​の​こと​で、まことに、わたし​の​くち​から​あなたがた​に​はなしたい​と​おもう。わたし​に​は​あなたがた​の​もと​に​られない​ほど​おおく​の​つとめ​が​あり、​さばきつかさ​の​しょく​に​すっかり​かり​り​に​なって​いた​ので、直接ちょくせつ​あなたがた​に​かたる​の​は​これ​が​はじめて​で​ある。

    2 ​また、もしも​さばきつかさ​の​しょく​を、わたし​に​わって​おさめる​ほか​の​ひと​に​ゆずれなかった​と​したら、わたし​は​このたび​も​られなかった​で​あろう。しかし​しゅ​は、ふかい​あわれみ​を​もって、わたし​が​あなたがた​の​もと​に​られる​よう​に​して​くださった。

    3 ​また​よ、わたし​は​あなたがた​が​かみ​の​まえ​に​へりくだり、かみ​の​めぐみ​を​懇願こんがん​し​つづけて​いる​こと、あなたがた​が​かみ​の​まえ​に​つみ​の​ない​こと、ゼラヘムラ​に​んで​いる​同胞はらから​が​おちいって​いる​ひどい​きょう​に​あなたがた​が​おちいって​いない​こと、これら​の​こと​を​りたい​と​いう​おおきな​たい​と​ふかい​のぞみ​を​いだいて​やって​た。

    4 かみ​の​​を​ほめ​たたえ​まつる。ゼラヘムラ​に​んで​いる​同胞はらから​が​ふたたび​かみ​の​​の​みち​に​かたく​って​いる​こと​を、かみ​は​わたし​に​らせて​くださり、まことに​それ​に​よって、じょう​に​おおきな​よろこび​を​わたし​に​あたえて​くださった​から​で​ある。

    5 ​わたし​は、ぶん​の​うち​に​ある​かみ​の​たま​に​よって、あなたがた​に​ついて​も​よろこべる​で​あろう​と​かくしん​して​いる。しかし​わたし​は、あなたがた​に​ついて​の​よろこび​が、ゼラヘムラ​の​同胞はらから​の​こと​で​かんじた​よう​な、ひどい​くるしみ​と​かなしみ​の​すえ​に​​られる​もの​で​ない​こと​を​ねがって​いる。よ、かれら​に​ついて​の​わたし​の​よろこび​は、ひどい​くるしみ​と​かなしみ​に​え​いた​すえ​に​​られた​もの​だから​で​ある。

    6 ​しかし​よ、わたし​は、あなたがた​が​同胞はらから​の​よう​に​ひどい​しんこう​な​じょうたい​に​ない​こと​を​かくしん​して​いる。わたし​は、あなたがた​が​こうまん​な​こころ​で​たかぶって​いない​こと​を​かくしん​して​いる。まことに、あなたがた​が​とみ​や​ぞく​の​むなしい​もの​に​執着しゅうちゃく​して​いない​こと​を、わたし​は​かくしん​して​いる。まことに、あなたがた​が​ぐうぞう​を​れいはい​して​おらず、まこと​の​ける​かみ​を​れいはい​して​いる​こと、そして、永遠えいえん​の​しんこう​を​もって、将来しょうらいあたえられる​ぶん​の​つみ​の​ゆるし​を​のぞんで​いる​こと​を、わたし​は​かくしん​して​いる。

    7 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。将来しょうらいおおく​の​こと​が​ある。そして​よ、それら​の​どれ​より​も​じゅうよう​な​こと​が​一つ​ある。よ、あがなぬし​が​いのち​を​て、ぶん​の​たみ​の​なか​に​られる​とき​は​とおくない。

    8 よ、あがなぬし​が​ぶん​の​す​べき​まく​に​宿やどって​おられる​とき​に​わたしたち​の​なか​に​られる​と​は、わたし​は​わない。よ、たま​は​その​よう​に​は​わたし​に​われなかった。いま​わたし​は、この​こと​に​ついて​は​らない。しかし​しゅ​なる​かみ​が、ぶん​の​こと​の​とおり​に​すべて​の​こと​を​おこなう​ちから​を​お​ち​で​ある​と​いう​こと、これ​に​ついて​わたし​は​って​いる。

    9 ​しかし​よ、たま​は​わたし​に​これだけ​を​われた。『この​たみ​に​さけんで​い​なさい。「あらためよ。しゅ​の​みち​を​そなえよ。まっすぐ​な​しゅ​の​みち​を​あゆめ。よ、てん​の​おうこく​は​ちかづいて​おり、かみ​の​おん​は​​の​おもて​に​られる​から​で​ある」と。』

    10 ​そして​よ、かみ​の​おん​は、わたしたち​の​せん​の​​で​ある​エルサレム​で、​マリヤ​から​​お​まれ​に​なる。マリヤ​は​聖霊せいれい​の​ちから​に​より​おおわれて​ごもり、おとこ、まことに​かみ​の​おん​を​もうける​​おとめ​で​あって、とうとい、えらばれた​うつわ​で​ある。

    11 ​そして​かみ​の​おん​は、あらゆる​つう​と​なん​と​れん​を​けられる。これ​は、かみ​の​おん​は​ぶん​の​たみ​の​つう​と​やまい​を​​に​けられる​と​いう​こと​が​じょうじゅ​する​ため​で​ある。

    12 ​また​かみ​の​おん​は、ぶん​の​たみ​を​そくばく​して​いる​​の​なわ​を​く​ため​に、しん​に​​を​けられる。また​かみ​の​おん​は、にく​に​おいて​ぶん​の​こころ​が​あわれみ​で​たされる​よう​に、また​ぶん​の​たみ​を​かれら​の​よわさ​に​おうじて​どの​よう​に​すくう​か​を​にく​に​おいて​る​こと​が​できる​よう​に、かれら​の​よわさ​を​ぶん​に​けられる。

    13 ​さて、たま​は​すべて​の​こと​を​ぞんじ​で​ある。に​も​かかわらず、かみ​の​おん​は​ぶん​の​たみ​の​つみ​を​い、ぶん​の​かいほう​の​ちから​に​よって​かれら​の​そむき​を​す​ため​に、にく​に​おいて​くるしみ​を​けられる。さて​よ、これ​が​わたし​の​うち​に​ある​あかし​で​ある。

    14 ​さて、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​あらため、ふたたび​まれ​なければ​ならない。ふたたび​まれ​なければ​てん​の​おうこく​を​ぐ​こと​が​できない、と​たま​が​われる​から​で​ある。したがって、ぶん​の​つみ​から​あらい​きよめられ、かみ​の​ひつじ​を​しんじる​しんこう​を​てる​よう​に、やって​て、あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​け​なさい。かみ​の​ひつじ​は​​の​つみ​を​のぞく​かた​で​あり、人々ひとびと​を​すくい、すべて​の​​から​きよめる​ちから​を​つ​かた​で​ある。

    15 ​まことに、あなたがた​に​う。なさい。おそれて​は​ならない。たやすく​​まとわり​つき、あなたがた​を​そくばく​して​めつぼう​に​いたらせる​すべて​の​つみ​を​て​なさい。まことに、て、つみ​を​すすんで​あらためる​ち​の​ある​こと、また、かみ​の​いましめ​を​まもる​と​いう​かみ​と​の​せいやく​に​すすんで​はいる​こと​を、かみ​に​しめし​なさい。そして、今日き ょ う​バプテスマ​の​みず​に​はいる​こと​に​よって、かみ​に​その​こと​を​しょうめい​しなさい。

    16 ​だれ​で​あって​も​この​よう​に​おこない、そののちかみ​の​いましめ​を​まもる​ひと​は、わたし​が​その​ひと​に​う​こと​を​おぼえて​いる​で​あろう。まことに、わたし​の​うち​で​あかし​する​せい​なる​たま​の​あかし​に​よって、わたし​が​その​ひと​に​永遠えいえん​の​いのち​を​る​で​あろう​と​かたった​こと​を、その​ひと​は​おぼえて​いる​で​あろう。

    17 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​は​これら​の​こと​を​しんじる​か。よ、あなたがた​に​う。まことに、わたし​は、あなたがた​が​これら​の​こと​を​しんじて​いる​の​を​って​いる。あなたがた​が​これら​の​こと​を​しんじて​いる​こと​が​かる​の​は、わたし​の​うち​に​ある​たま​の​しめし​に​よる。そして​それ​に​ついて、すなわち​わたし​が​かたって​きた​ことがら​に​ついて、あなたがた​が​ふかく​しんじて​いる​ので、わたし​は​おおいに​よろこんで​いる。

    18 ​わたし​は​はじめ​に、あなたがた​が​同胞はらから​の​よう​に​きょう​に​おちいって​いない​こと​を​ふかく​のぞんで​いる​と​った​が、わたし​の​のぞみ​が​その​とおり​に​かなえられた​こと​を、わたし​は​った。

    19 ​それ​は、あなたがた​が​​の​みち​に​いる​こと​が​わたし​に​は​かる​から​で​ある。あなたがた​が​かみ​の​おうこく​に​つうじる​みち​に​いる​こと、まことに、かみ​の​みち​を​まっすぐ​に​して​いる​こと​が、わたし​に​は​かる。

    20 かみ​は​がった​みち​を​あゆまれない​と​いう​こと​が、かみ​の​こと​の​あかし​に​よって​あなたがた​に​らされて​きた​こと​を、わたし​は​って​いる。かみ​は​いちわれた​こと​は​へんこう​されない​し、みぎ​から​ひだり​へ、すなわち​ただしい​こと​から​あやまった​こと​へ​てんじる​はい​さえ​も​お​せ​に​ならない。したがって、かみ​の​みち​は​一つ​の​永遠えいえん​の​​で​ある。

    21 ​また、かみ​は​きよくない​みや​に​は​まわれない。それ​ばかり​で​なく、けがれ​や​きよくない​もの​は​かみ​の​おうこく​に​れられない。したがって、わたし​は​あなたがた​に​う。けがれて​いる​もの​が、その​けがれ​の​なか​に​とどまる​とき​が​る。それ​は​わり​の​​で​ある。

    22 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、これら​の​こと​を​あなたがた​に​かたって​きた​の​は、かみ​へ​の​かん​を​あなたがた​に​かく​させ、あなたがた​が​かみ​の​まえ​を​つみ​の​ない​じょうたい​で​あゆめる​よう​に、また​あなたがた​が、かつて​それ​に​よって​れられた​かみ​の​せい​なる​くらい​に​したがって​あゆめる​よう​に​する​ため​で​ある。

    23 ​さて、わたし​は​あなたがた​が​謙遜けんそん​で​あり、従順じゅうじゅん​で​なお​で​あり、よう​に​かんこく​に​したがい、忍耐にんたい​と​寛容かんよう​に​み、すべて​の​こと​に​ついて​せい​し、いつも​熱心ねっしん​に​かみ​の​いましめ​を​まもる​よう​に、また​霊的れいてき​に​も​ぶっしつてき​に​も、ひつよう​と​して​いる​もの​は​なんでも​もとめ、あたえられる​もの​に​ついて​は​なん​で​あろう​と​いつも​かみ​に​感謝かんしゃ​する​よう​に​ねがって​いる。

    24 ​また、あなたがた​は​しんこう​と​ぼうあい​を​かならず​つ​よう​に​して​ほしい。そう​する​とき​に、あなたがた​は​いつも​おおく​の​い​おこない​を​する​で​あろう。

    25 しゅ​が​あなたがた​を​しゅくふく​し、あなたがた​の​ころも​を​み​の​ない​じょうたい​に​たもって​くださって、さい​に​は​アブラハム、イサク、ヤコブ、および​かい​が​はじまって​らい​この​に​んだ​せい​なる​げんしゃ​たち​と​ともに、かれら​の​ころも​が​み​の​ない​じょうたい​で​ある​よう​に​あなたがた​も​み​の​ない​ころも​を​て、もはや​そと​に​される​こと​なく​てん​の​おうこく​で​​に​ける​よう​に。

    26 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、わたし​は​ぶん​の​うち​で​あかし​する​たま​に​よって、これら​の​こと​を​あなたがた​に​かたって​きた。あなたがた​が​じょう​に​熱心ねっしん​に、ちゅうぶかく​わたし​の​こと​を​いて​くれた​ので、こころ​から​うれしく​おもう。

    27 かみ​の​平安へいあん​が、あなたがた​の​しんこう​と​い​おこない​に​おうじて、いま​から​のち​とこしえ​に、あなたがた​と、あなたがた​の​まい、ちく​の​れ、すべて​の​しょゆうぶつ、および​じん​たち​と​ども​たち​の​うえ​に​とどまる​よう​に。」わたし​が​かたった​の​は​じょう​の​とおり​で​ある。アーメン。