アルマ書7
戻る 次へ

アルマがギデオンにたみげたこと。これはアルマしんろくによる。

つぎだいしょうがそれにそうとうする。

第7章

キリストはマリヤからおまれになる。キリストはなわき,ぶんたみつみわれる。あらためてバプテスマをけ,いましめをまもものは,えいえんいのちる。けがれたものかみおうこくぐことができない。けんそんしんこうぼうあいもとめられる。げんぜんやく八十三ねん

1 よ,わたしのあいする同胞はらからよ,わたしはあなたがたのもとにかいたので,わたししんことで,まことに,わたしのくちからあなたがたにはなしたいおもう。わたしにはあなたがたのもとにられないほどおおくのつとめがあり,さばきつかさのしょくにすっかりかりりになっていたので,ちょくせつあなたがたにかたるのはこれがはじめてである。

2 また,もしもさばきつかさのしょくを,わたしにわっておさめるほかのひとゆずれなかったとしたら,わたしはこのたびられなかったであろう。しかししゅは,ふかあわれみをもって,わたしがあなたがたのもとにられるようにしてくださった。

3 またよ,わたしはあなたがたがかみまえにへりくだり,かみめぐみをこんがんつづけていること,あなたがたがかみまえつみのないこと,ゼラヘムラにんでいる同胞はらからおちいっているひどいきょうにあなたがたがおちいっていないこと,これらのことをりたいというおおきなたいふかのぞみをいだいてやってた。

4 かみをほめたたえまつる。ゼラヘムラにんでいる同胞はらからふたたかみみちかたっていることを,かみはわたしにらせてくださり,まことにそれによって,じょうおおきなよろこびをわたしにあたえてくださったからである。

5 わたしは,ぶんうちにあるかみたまによって,あなたがたについてもよろこべるであろうとかくしんしている。しかしわたしは,あなたがたについてのよろこびが,ゼラヘムラの同胞はらからのことでかんじたような,ひどいくるしみとかなしみのすえられるものでないことをねがっている。よ,かれらについてのわたしのよろこびは,ひどいくるしみとかなしみにいたすえられたものだからである。

6 しかしよ,わたしは,あなたがたが同胞はらからのようにひどいしんこうじょうたいにないことをかくしんしている。わたしは,あなたがたがこうまんこころたかぶっていないことをかくしんしている。まことに,あなたがたがとみぞくのむなしいものにしゅうちゃくしていないことを,わたしはかくしんしている。まことに,あなたがたがぐうぞうれいはいしておらず,まことのけるかみれいはいしていること,そして,えいえんしんこうをもって,しょうらいあたえられるぶんつみゆるしをのぞんでいることを,わたしはかくしんしている。

7 よ,わたしはあなたがたにう。しょうらいおおくのことがある。そしてよ,それらのどれよりもじゅうようなことが一つある。よ,あがなぬしいのちて,ぶんたみなかられるときとおくない。

8 よ,あがなぬしぶんすべきまく宿やどっておられるときにわたしたちのなかられるとは,わたしはわない。よ,たまはそのようにはわたしにわれなかった。いまわたしは,このことについてはらない。しかししゅなるかみが,ぶんことのとおりにすべてのことをおこなちからをおちであるということ,これについてわたしはっている。

9 しかしよ,たまはわたしにこれだけをわれた。『このたみさけんでいなさい。「あらためよしゅみちそなえよ。まっすぐなしゅみちあゆめ。よ,てんおうこくちかづいており,かみおんおもてられるからである」と。』

10 そしてよ,かみおんは,わたしたちのせんであるエルサレムで,マリヤからまれになる。マリヤはせいれいちからによりおおわれてごもりおとこ,まことにかみおんをもうけるおとめであって,とうとい,えらばれたうつわである。

11 そしてかみおんは,あらゆるつうなんれんけられる。これは,かみおんぶんたみつうやまいけられるということじょうじゅするためである。

12 またかみおんは,ぶんたみそくばくしているなわくために,しんけられる。またかみおんは,にくにおいてぶんこころあわれみでたされるように,またぶんたみかれらのよわさにおうじてどのようにすくかをにくにおいてることができるように,かれらのよわさをぶんけられる。

13 さて,たまはすべてのことをぞんである。にもかかわらず,かみおんぶんたみつみぶんかいほうちからによってかれらのそむきをすために,にくにおいてくるしみをけられる。さてよ,これがわたしのうちにあるあかしである。

14 さて,わたしはあなたがたにう。あなたがたはあらため,ふたたまれなければならない。ふたたまれなければてんおうこくぐことができない,とたまわれるからである。したがって,ぶんつみからあらきよめられ,かみひつじしんじるしんこうてるように,やってて,あらためのためのバプテスマをけなさい。かみひつじつみのぞかたであり,ひとびとすくい,すべてのからきよめるちからかたである。

15 まことに,あなたがたにう。なさい。おそれてはならない。たやすくまとわりつき,あなたがたをそくばくしてめつぼういたらせるすべてのつみてなさい。まことに,て,つみすすんであらためるちのあること,また,かみいましめをまもるというかみとのせいやくすすんではいることを,かみしめしなさい。そして,今日きょうバプテスマのみずはいることによって,かみにそのことをしょうめいしなさい。

16 だれであってもこのようにおこない,そののちかみいましめをまもひとは,わたしがそのひとうことをおぼえているであろう。まことに,わたしのうちあかしするせいなるたまあかしによって,わたしがそのひとえいえんいのちるであろうとかたったことを,そのひとおぼえているであろう。

17 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,あなたがたはこれらのことをしんじるか。よ,あなたがたにう。まことに,わたしは,あなたがたがこれらのことをしんじているのをっている。あなたがたがこれらのことをしんじていることがかるのは,わたしのうちにあるたましめしによる。そしてそれについて,すなわちわたしがかたってきたことがらについて,あなたがたがふかしんじているので,わたしはおおいによろこんでいる。

18 わたしははじめに,あなたがたが同胞はらからのようにきょうおちいっていないことをふかのぞんでいるとったが,わたしののぞみがそのとおりにかなえられたことを,わたしはった。

19 それは,あなたがたがみちにいることがわたしにはかるからである。あなたがたがかみおうこくつうじるみちにいること,まことに,かみみちをまっすぐにしていることが,わたしにはかる。

20 かみがったみちあゆまれないということが,かみことあかしによってあなたがたにらされてきたことを,わたしはっている。かみいちわれたことはへんこうされないし,みぎからひだりへ,すなわちただしいことからあやまったことへてんじるはいさえもおせにならない。したがって,かみみちは一つのえいえんである。

21 また,かみきよくないみやにはまわれない。そればかりでなく,けがれやきよくないものはかみおうこくれられない。したがって,わたしはあなたがたにう。けがれているものが,そのけがれのなかにとどまるときる。それはわりのである。

22 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,これらのことをあなたがたにかたってきたのは,かみへのかんをあなたがたにかくさせ,あなたがたがかみまえつみのないじょうたいあゆめるように,またあなたがたが,かつてそれによってれられたかみせいなるくらいしたがってあゆめるようにするためである。

23 さて,わたしはあなたがたがけんそんであり,じゅうじゅんなおであり,ようかんこくしたがい,にんたいかんようみ,すべてのことについてせいし,いつもねっしんかみいましめをまもるように,またれいてきにもぶっしつてきにも,ひつようとしているものはなんでももとめ,あたえられるものについてはなんであろうといつもかみかんしゃするようにねがっている。

24 また,あなたがたはしんこうぼうあいかならつようにしてほしい。そうするときに,あなたがたはいつもおおくのおこないをするであろう。

25 しゅがあなたがたをしゅくふくし,あなたがたのころもみのないじょうたいたもってくださって,さいにはアブラハム,イサク,ヤコブ,およびかいはじまってらいこのんだせいなるげんしゃたちとともに,かれらのころもみのないじょうたいであるようにあなたがたもみのないころもて,もはやそとされることなくてんおうこくけるように。

26 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,わたしはぶんうちあかしするたまによって,これらのことをあなたがたにかたってきた。あなたがたがじょうねっしんに,ちゅうぶかくわたしのこといてくれたので,こころからうれしくおもう。

27 かみへいあんが,あなたがたのしんこうおこないにおうじて,いまからのちとこしえに,あなたがたと,あなたがたのまい,ちくれ,すべてのしょゆうぶつ,およびじんたちとどもたちのうえにとどまるように。」わたしがかたったのはじょうのとおりである。アーメン。