アルマ書6
戻る 次へ

第6章

ゼラヘムラのきょうかいきよめられ,ととのえられる。アルマ,おしえをくためにギデオンへく。げんぜんやく八十三ねん

1 さて,アルマはゼラヘムラのまちもうけられたきょうかいひとびとかたえると,かみくらいしたがって,あんしゅにより,きょうかいかんまもさいたちとちょうろうたちをせいにんした。

2 そして,きょうかいぞくしていないものたちのなかで,つみあらためたものは,あらためのためのバプテスマけ,きょうかいれられた。

3 そして,きょうかいぞくしていながらぶんあくあらためずかみまえにへりくだらないもの,すなわちこうまんこころたかぶるものはだれであろうと,こばまれて,そのされかれらのじんなかかぞえられなかった。

4 このようにしてさいたちとちょうろうたちは,ゼラヘムラのまちきょうかいちつじょかくりつするようになった。

5 さて,あなたがたはかみことがすべてのひとゆうあたえられたこと,かみことくために集会しゅうかいをするとっけんが,だれからもうばわれなかったことをかいしてほしい。

6 それでもかみたちは,しばしばあつまって,かみらないものたちのさいわいのためにともにだんじきし,ねつれついのるようにめいじられた。

7 さて,アルマはこのようにととのえると,かれらのもとを,まことに,ゼラヘムラのまちにあるきょうかいり,シドンがわひがしわたってギデオンのたにった。ニーホルのによってつるぎころされた,ギデオンのにちなんでけられたこのたにには,ギデオンのまちという一つのまちがあった。

8 そして,アルマはそこへき,かれせんかたったことしんじつであることをげるけいしたがって,またかれうちにあるげんれいしたがって,さらに,ぶんたみつみからあがなうためにられるかみおんイエス・キリストのあかしと,かれされたせいなるくらいによって,ギデオンのたにもうけられているきょうかいかみことせんげんした。しるされているのはじょうのとおりである。アーメン。