アルマ書42
次へ

第42章

すべきじょうたいげんは,ひとあらためてかみつかえることをのうにするためしのである。らくぜんじんるいにくたいれいをもたらした。あがないはあらためをつうじてあたえられる。かみしんつみのためにあがないをなさる。あわれみはあらためるひとびとのためにある。あらためないものみなかみせいはいける。あわれみはしょくざいによりあたえられる。こころからあらためるものだけがすくわれる。げんぜんやく七十四ねん

1 「さて,わがよ,いまあなたのこころなやましている,あなたのかいできないことがほかにもしょうあることを,わたしはっている。それはつみびとばっするかみこうせいについてである。あなたはつみびとこうじょうたいかれるのはとうであるとおもっている。

2 さてよ,わがよ,このことをあなたにせつめいしよう。よ,しゅなるかみはわたしたちのエデンそのからしてかれらのにくたいつくられたつちたがやすようにされたのち,まことにしゅなるかみひとされたのち,エデンのそのひがしはしケルビムとあらゆるほうこうまわえるつるぎいて,いのちまもらせられた。

3 わたしたちがっているように,ひとかみのようになり,ぜんあくをわきまえるようになった。そこで,ひとばしていのちからもってべ,とこしえにながらえることのないように,しゅなるかみはケルビムとえるつるぎとをいて,ひとがそのべられないようにされた。

4 このことからかるように,ひとあらためることをゆるされたかんがあった。まことに,それはためしのであり,あらためてかみつかえるである。

5 よ,もしアダムがすぐにばしていのちからってべていたら,かれあらためのかんがまったくないまま,かみことのとおりにとこしえにながらえたであろう。そして,かみことはむなしくなり,だいすくいのけいかくせつしていたことであろう。

6 しかしよ,ひとものとさだめられた。そこでひとは,いのちからたれたときに,おもてからたれることとなった。そしてひとは,とこしえにまよったじょうたいになり,まことに,らくしたものとなったのである。

7 さて,これによってかるように,わたしたちのは,にくたいてきにもれいてきにもしゅまえからたれてしまった。このようにして,わたしたちがっているように,かれらはぶんしたがものとなったのである。

8 さてよ,そのときすぐにひとがこのにくたいからすくわれることは,だいこうふくけいかくそこなうことになるのでてきとうではなかった。

9 そこで,たましいけっしてぬことがありず,またらくぜんじんるいにくたいだけでなくれいももたらしたので,すなわちかれらはしゅまえからたれたので,じんるいはこのれいからすくわれることがのぞまれた。

10 じんるいまれながらほんせいのために,にくよくかんのうにおぼれ,あくしたがものとなったので,このためしのじょうたいかれらがようをするじょうたいとなった。すなわち,じゅんじょうたいとなったのである。

11 さて,わがよ,おぼえておきなさい。もしあがないのけいかくがなければ(それをてるならば),ひとぬとすぐに,そのれいしゅまえからたれるのでこうじょうたいおちいったであろう。

12 さて,ひとびとをこのらくしたじょうたいからすくしゅだんはまったくなかった。このらくしたじょうたいは,ひとぶんじゅうじゅんのためにぶんしんまねいたものである。

13 したがって,せいによれば,あがないのけいかくはこのためしのじょうたい,すなわちこのじゅんじょうたいひとびとあらためるというじょうけんがなければげられない。これらのじょうけんがなければ,せいはたらきをそこなうことなしにあわれみがこうりょくはっすることはのうだからである。せいはたらきがそこなわれることはありない。もしそのようなことがあれば,かみかみでなくなる

14 このようにして,わたしたちがっているように,ぜんじんるいらくしたじょうたいになり,せいはいはいった。まことに,このせいかみせいであり,ぜんじんるいがとこしえにかみまえからたれることになったのである。

15 さて,あわれみのけいかくは,しょくざいおこなわれなければげることができなかった。したがって,かみあわれみけいかくげるため,せいようきゅうたすため,またぶんかんぜんこうせいかみあわれみぶかかみでありつづけるために,ぶんつみあがなをされるのである。

16 さて,ばつがなければ,ひとあらためをすることができなかった。このばつれいいのちおなじようにえいえんのものであり,れいいのちおなじようにえいえんであるこうふくけいかくあいたいしてさだめられたのである。

17 ひとつみおかさなければ,どうしてあらためることができようか。りっぽうがまったくなければ,どのようにしてひとつみおかすことができようか。ばつがなければ,どうしてりっぽうがありようか。

18 ばつさだめられ,こうせいりっぽうあたえられて,それらがひとりょうしんのとがめをしょうじさせた。

19 もしも,ひとごろをしたものななければならないというりっぽうあたえられていなければ,ひとひとごろしをすればぶんぬことになるとおそれるであろうか。

20 また,もしつみきんじるりっぽうがまったくあたえられていなければ,ひとつみおかすことをおそれないであろう。

21 もしりっぽうがまったくあたえられていなければ,たとえひとつみおかしても,せいあわれみになにができるであろうか。せいあわれみもそのひとについてなにようきゅうするけんたないであろう。

22 しかし,げんざいりっぽうあたえられ,ばつさだめられており,あらたゆるされている。そして,あわれみはあらためをようきゅうする。そうでなければ,せいがそのひとについてけんしゅちょうし,りっぽうしっこうし,りっぽうばつわせる。もしそうでなければ,せいはたらきはそこなわれ,かみかみでなくなる。

23 しかし,かみかみでなくなることはなく,あわれみあらためるものについてけんしゅちょうする。あわれみはしょくざいによってあたえられるのである。そして,しょくざいしゃふっかつをもたらし,しゃふっかつひとかみまえもど。このようにして,ひとかみまえもどされ,りっぽうせいにより,ぶんおこないにおうじてさばかれる

24 よ,せいせいのすべてのようきゅうはたらかせ,また,あわれみはあわれみをけるかくのあるすべてのものについてけんしゅちょうする。したがって,こころからあらためるもののほかにはだれもすくわれない。

25 そもそも,あなたはあわれみがせいからうばえるとおもうのか。いや,すこしもうばえない,とわたしはおう。もしうばえるようであれば,かみかみでなくなる。

26 このようにしてかみは,はじめからようされていたぶんだいえいえんもくてきたっせられる。そしてこのようにして,ひとすくいとあがないと,またほろびとこうしょうじるのである。

27 したがって,おお,わがよ,たいとおもものだれでもて,あたいなしにいのちみずむことができる。また,たいとおもわないものはだれもるようにいられない。しかしそのものは,わりのにそのおこなおうじてかいふくける。

28 もしかれあくおこないたいとのぞんで,しょうがいあらためなければ,かみかいふくげんそくによって,よ,かれわざわいがおよぼされる。

29 さて,わがよ,あなたはこれからはもう,これらのことにおもなやまされることなく,ただぶんつみにだけこころなやまし,そのなやみによってあらためにみちびかれるようにしてもらいたい。

30 おお,わがよ,あなたはこれからはもう,かみせいていしないようにしてもらいたい。かみせいていすることによって,どんなささいなことでもつみわけをしようとしてはならない。むしろ,かみせいあわれみとかんようがあなたのこころなかぞんぶんちからるえるようにし,そのためにへりくだってにひれすことができるようにしなさい。

31 さて,おお,わがよ,あなたはこのたみことらせるためにかみからされている。わがよ,あなたのみちき,せいじつにまじめにことらせて,ひとびとあらためにみちびき,だいあわれみのけいかくかれらについてけんしゅちょうできるようにしなさい。かみがまことにわたしのことのとおりにあなたにかなえてくださるように。アーメン。」