アルマ書 12
    脚注

    第​12​章

    アルマ、ゼーズロム​と​ろんじ​う。かみ​の​おく​は​ちゅうじつ​な​人々ひとびと​に​だけ​しめされる。ひと​は​ぶん​の​おもい、しんじて​いる​こと、ことおこない​に​よって​さばかれる。あくにん​は​れい​の​​を​ける。この​す​べき​生涯しょうがい​は​ためし​の​じょうたい​で​ある。あがない​の​けいかく​は​ふっかつ​を​もたらし、また​しんこう​に​よって​つみ​の​ゆるし​も​もたらす。あらためた​もの​は、かみ​の​ひと​を​つうじて​あわれみ​を​ける​けん​を​つ。げんぜんやく​八十二​ねん

    1 ​さて、ゼーズロム​は、アミュレク​を​ほろぼす​ため​の​いつわり​と​あざむき​を​アミュレク​に​やぶられ、かれ​の​こと​に​沈黙ちんもく​して​しまう​と​ともに、ぶん​の​つみ​を​かく​して​ふるえ​おののき​はじめた。アルマ​は​その​よう​を​る​と、くち​を​ひらいて​ゼーズロム​に​かたり、アミュレク​の​こと​を​かくにん​し、さらに​おおく​の​こと​を​き​はじめた。すなわち、アミュレク​より​も​さらに​くわしく​聖文せいぶん​を​かし​はじめた。

    2 ​さて、アルマ​が​ゼーズロム​に​かたった​こと​は、いて​いた​人々ひとびと​に​も​こえた。群衆ぐんしゅう​は​おおぜい​で​あった。アルマ​は​つぎ​の​よう​に​かたった。

    3 「ゼーズロム​よ、あなた​の​いつわり​と​わるだくみ​は​やぶられて​いる。あなた​は​ひと​に​いつわり​を​った​だけ​で​なく、かみ​に​も​いつわり​を​った​の​だ。よ、かみ​は​あなた​の​おもい​を​すべて​ぞんじ​で​ある。そして、あなた​も​かって​いる​よう​に、あなた​の​おもい​は​かみ​の​たま​に​よって​わたしたち​に​らされて​いる。

    4 ​あなた​も​かって​いる​よう​に、わたしたち​は、あなた​の​はかりごと​が​あく​の​こうかつさ​に​よって​じょう​に​こうかつ​で​あって、この​たみ​を​いつわり​あざむいて​かれら​に​わたしたち​に​たいする​反感はんかん​を​いだかせ、わたしたち​を​ののしり、い​させる​の​に​有効ゆうこう​で​ある​こと​を​って​いる。

    5 ​これ​は​あなた​の​てき​の​はかりごと​で​あって、かれ​は​あなた​の​なか​で​ちから​を​こう使​して​きた​の​で​ある。さて、わたし​が​あなた​に​げる​こと​は、すべて​の​ひと​に​げる​こと​で​も​ある。あなたがた​は​その​こと​を​おぼえて​おいて​ほしい。

    6 よ、わたし​は​あなたがた​ぜんいん​に​う。これ​は​この​たみ​を​らえる​ため​に​敵対てきたい​する​もの​の​けた​わな​で​あり、これ​に​よって​かれ​は、あなたがた​を​ぶん​に​服従ふくじゅう​させ、くさり​で​あなたがた​を​しばり、そくばく​の​ちから​に​よって​あなたがた​に​くさり​を​かけた​まま、永遠えいえん​の​ほろび​に​おとしいれよう​と​した​の​で​ある。」

    7 ​さて、アルマ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ゼーズロム​は​さらに​ひどく​おののき​はじめた。かれ​は​ますます​かみ​の​ちから​を​かんじ、また​アルマ​と​アミュレク​が​ぶん​の​こと​を​って​いる​と​かった​から​で​ある。かれ​は、ふた​が​ぶん​の​こころ​の​おもい​と​意図いと​を​って​いる​こと​に​づいた。かれら​ふた​は、げん​の​れい​に​よって​これら​の​こと​が​かる​よう​に、ちから​を​あたえられた​の​で​ある。

    8 ​そこで​ゼーズロム​は、かみ​の​おうこく​に​ついて​もっと​おおく​ろう​と​して、熱心ねっしん​に​かれら​に​たずね、アルマ​に​こう​った。「アミュレク​が​しゃ​の​ふっかつ​に​ついて​かたり、すべて​の​ひと​は​ただしい​もの​も​ただしくない​もの​も​しゃ​の​なか​から​よみがえり、ともに​おこない​に​おうじて​さばかれる​ため​に​かみ​の​まえ​に​されて​つ​と​った​の​は、どう​いう​​です​か。」

    9 ​そこで​アルマ​は、この​こと​を​つぎ​の​よう​に​くわしく​べて​かれ​に​った。「かみ​の​おく​を​る​こと​は​おおく​の​ひと​に​ゆるされて​いる。しかし​これら​の​人々ひとびと​は、かみ​が​ひと​の​ら​に​さずけて​おられる​だけ​の​こと​しか​つたえて​は​ならない​と​いう、きびしい​命令めいれい​を​けて​いる。かみ​の​こと​は、ひと​の​ら​が​かみ​に​せる​ちゅうりょく​と​ねつ​の​い​に​おうじて​あたえられる。

    10 ​したがって、こころ​を​​かたくな​に​する​もの​は​​わずか​な​こと​しか​けない​が、こころ​を​かたくな​に​​しない​もの​は、さらに​おおく​の​こと​を​あたえられて、ついに​かみ​の​おく​が​十分じゅうぶん​に​かる​よう​に​なる​まで、おく​を​る​こと​が​ゆるされる。

    11 ​また、こころ​を​かたくな​に​する​もの​は​​わずか​な​こと​しか​あたえられず、ついに​かみ​の​おく​を​まったく​らない​ありさま​と​なる。そののち、これら​の​もの​は​あく​に​らえられて、あく​の​​の​まま​に​ほろび​に​まれる。ごく​の​くさり​と​は​この​こと​を​​する。

    12 ​そして​アミュレク​は、​と、この​す​べき​じょうたい​から​めつ​の​じょうたい​に​よみがえる​こと​と、おこない​に​おうじて​さばかれる​ため​に​かみ​の​法廷ほうてい​に​される​こと​に​ついて​かり​やすく​はなした。

    13 ​したがって、もし​わたしたち​の​こころ​が​かたくな​で​あり、まことに、わたしたち​が​こと​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​して、こと​が​わたしたち​の​なか​に​いだされない​よう​に​なれ​ば、その​とき、わたしたち​の​じょうたい​は​おそろしい​もの​に​なる​で​あろう。その​とき、わたしたち​は​つみ​に​さだめられる​から​で​ある。

    14 ​わたしたち​の​こと​が​わたしたち​を​つみ​に​さだめ、まことに、おこない​も​すべて​わたしたち​を​つみ​に​さだめる​ので、わたしたち​は​み​の​ない​もの​と​は​みとめられない。また、わたしたち​の​おもい​も​わたしたち​を​つみ​に​さだめる。そして、この​よう​な​おそろしい​じょうたい​の​なか​で、わたしたち​は​あえて​かみ​を​あおぎ​よう​と​は​しない​で​あろう。そして、かみ​の​まえ​から​かくれる​ため​に、いわ​や​やま​に​ぶん​の​うえ​に​ちて​くる​よう​に​めいじる​こと​が​できれ​ば、よろこんで​そう​する​で​あろう。

    15 ​しかし、それ​は​できない。わたしたち​は​て​て、えいこう​と​ちからせい尊厳そんげんしゅけん​を​びて​おられる​かみ​の​まえ​に​ち、永遠えいえん​の​じょく​を​かんじ​ながら、かみ​の​さばき​が​すべて​こうせい​で​ある​こと、かみ​が​すべて​の​わざ​を​こうせい​に​すすめて​おられる​こと、かみ​が​ひと​の​ら​に​たいして​あわれみ​に​んで​おられる​こと、かみ​が​​を​しんじて​あらため​に​ふさわしい​​を​むすぶ​あらゆる​ひと​を​すくう​いっさい​の​けん​を​って​おられる​こと​を、みとめ​なければ​ならない。

    16 ​さて​よ、わたし​は​あなた​に​う。その​とき​に​​が​やって​る。だい​の​、すなわち​れい​の​​が​やって​る。それ​は、にくたい​の​​に​かんして​つみ​の​ある​まま​ぬ​もの​が​れい​の​​を​も​ける​とき​で​ある。まことに​その​ひと​は、​に​かかわる​こと​に​ついて​ぬ​の​で​ある。

    17 ​それ​は、かれら​の​ける​つう​が、ほのお​が​とこしえ​に​のぼって​える​こと​の​ない、​と​おう​の​いけ​の​よう​に​なる​とき​で​ある。また​それ​は、かれら​が​サタン​の​ちから​と​そくばく​に​よって​くさり​を​かけられて、永遠えいえん​の​ほろび​に​いたる​とき​で​ある。それ​は、サタン​が​​の​まま​に​かれら​を​したがわせて​しまった​から​で​ある。

    18 ​また​あなた​に​う。その​とき、かれら​は​あたかも​あがない​が​なかった​か​の​よう​に​なる​で​あろう。かれら​は​かみ​の​せい​に​よれ​ば、あがない​を​ける​こと​が​できない​から​で​ある。また​かれら​は、もはや​ちる​こと​が​ない​ので、ぬ​こと​も​できない。」

    19 ​さて、アルマ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、人々ひとびと​は​ことのほか​おどろいた。

    20 ​ところが、人々ひとびと​の​なか​に​こうかん​の​ひと​で​アンテオナ​と​いう​ひと​が​いた。かれ​は​すすみ​る​と、アルマ​に​った。「ひと​は​しゃ​の​なか​から​よみがえって、この​す​べき​じょうたい​から、けっして​ぬ​こと​の​できない​めつ​の​じょうたい​に​えられる​と​あなた​は​った​が、それ​は​どう​いう​こと​か。

    21 聖文せいぶん​に​は、かみ​が​​エデン​の​その​の​ひがし​に​​ケルビム​と​える​つるぎ​を​いて、わたしたち​の​​が​その​に​はいって​いのち​の​​の​​を​べ、とこしえ​に​きる​こと​の​ない​よう​に​された​と​ある​が、それ​は​どう​いう​​か。そう​で​ある​と​すれ​ば、わたしたち​の​​が​とこしえ​に​きる​と​いう​能​のうせい​が​まったく​ない​こと​に​なる。」

    22 ​そこで、アルマ​は​かれ​に​った。「わたし​は、それ​を​説明せつめい​しよう​と​おもって​いた。わたしたち​の​って​いる​よう​に、アダム​は​禁断きんだん​の​​を​べた​こと​に​よって​かみ​の​こと​の​とおり​に​らく​した。また、わたしたち​の​って​いる​よう​に、アダム​が​らく​した​こと​に​より、ぜんじんるい​は​まよい​らく​した​たみ​と​なった。

    23 ​さて​よ、わたし​は​あなた​に​う。もし​その​とき​に​アダム​が​いのち​の​​の​​を​べる​こと​が​できた​と​すれ​ば、ぬ​こと​は​なく、こと​は​むなしく​なって、かみ​は​いつわり​もの​と​されて​いた​こと​で​あろう。なぜなら​かみ​は、『もしべれば​あなた​は​かならず​ぬ​で​あろう』​と​われた​から​で​ある。

    24 ​そして、わたしたち​の​って​いる​よう​に、現在げんざい​が​じんるい​に​およんで​いる。まことに、アミュレク​が​かたった​、つまり​にくたい​の​​が​およんで​いる。に​も​かかわらず、ひと​が​あらためる​こと​が​できる​よう​に、ゆうかん​が​あたえられた。したがって、この​の​生涯しょうがい​は​ためし​の​じょうたい、すなわち​かみ​に​お​い​する​よう​を​する​、わたしたち​が​まえ​に​かたった​しゃ​の​ふっかつ​に​おとずれる​あの​きゅう​の​じょうたい​に​たいして​よう​を​する​​と​なった。

    25 ​さて、もし​​の​はじめ​から​そなえられて​いた​あがない​の​けいかく​が​なかった​なら​ば、しゃ​の​ふっかつ​は​ありなかった​で​あろう。しかし、まえ​に​かたった​しゃ​の​ふっかつ​を​もたらす​あがない​の​けいかく​は​すでに​そなえられて​いた。

    26 ​さて​よ、もしも​わたしたち​の​​が​って​いのち​の​​から​べる​こと​が​できた​と​すれ​ば、じゅん​の​じょうたい​が​まったく​ない​ので、​は​とこしえ​に​こう​な​じょうたい​で​いた​こと​で​あろう。したがって、あがない​の​けいかく​は​せつ​し、かみ​の​こと​は​むなしく​なって、なにも​じょうじゅ​しなかった​で​あろう。

    27 ​しかし​よ、じっさい​は​その​よう​に​は​ならず、人々ひとびと​は​ななければ​ならない​こと、そして​​に​さばき​を​け​なければ​ならない​こと​が​さだめられた。その​さばき​と​は、わたしたち​が​まえ​に​かたった​あの​さばき​で​あり、すなわち​わり​で​ある。

    28 ​また、かみ​は​これら​の​こと​が​ひと​に​こる​よう​に​さだめられた​のちよ、ぶん​が​ひと​の​ため​に​さだめられた​こと​に​ついて、ひと​が​って​おく​の​が​のぞましい​と​みとめられた。

    29 ​そこで​かみ​は​てん使​たち​を​つかわして​人々ひとびと​と​かたらせ、てん使​たち​は​人々ひとびと​に​かみ​の​えいこう​を​しめした。

    30 ​すると​人々ひとびと​は、その​とき​から​かみ​の​​を​ぶ​よう​に​なった。そこで​かみ​は​人々ひとびと​と​かたり、​の​はじめ​から​そなえられて​いた​あがない​の​けいかく​を​人々ひとびと​に​しめされた。これ​を​かみ​は、かれら​の​しんこう​と​あらため、かれら​の​せい​なる​おこない​に​おうじて​しめされた。

    31 ​そして、かみ​は​人々ひとびと​に​数々かずかず​の​いましめ​を​あたえられた。人々ひとびと​が​すでに​げん​に​かかわる​こと​に​ついて​の​さいしょ​の​いましめ​に​そむき、神々かみがみ​の​よう​に​善悪ぜんあく​を​わきまえて​こうどう​する​じょうたい​に​ぶんしん​を​いた​ため、すなわち、ぶん​の​​の​まま、おもい​の​まま​に、あく​で​も​ぜん​で​も​おこなえる​じょうたい​に​かれた​ため​で​ある。

    32 ​そこで​かみ​は、あがない​の​けいかく​を​人々ひとびと​に​しめされた​のちあく​を​おこなって​は​ならない​と​いう​いましめ​を​かれら​に​あたえられた。あく​を​おこなう​こと​に​たいする​ばつ​は​だい二​の​、すなわち​​に​かかわる​こと​に​ついて​の​永遠えいえん​の​​で​あった。この​よう​な​もの​に​は、あがない​の​けいかく​は​なんの​ちから​も​およぼさない。かみ​の​ぜん​に​よれ​ば、せい​の​はたらき​が​そこなわれて​は​ならない​から​で​ある。

    33 ​しかし​かみ​は、ぶん​の​おん​の​​に​よって​人々ひとびと​に​すすめて​われた。(これ​が​よう​された​あがない​の​けいかく​で​ある。)『もし​あなたがた​が​あらためて、こころ​を​かたくな​に​しなければ、その​とき、わたし​は​ひと​を​つうじて​あなたがた​に​あわれみ​を​しめそう。

    34 ​それゆえ、あらためて、こころ​を​かたくな​に​しない​もの​は​だれ​で​あろう​と、わたし​の​ひと​を​つうじて​あわれみ​を​け、つみ​の​ゆるし​を​る​けん​を​つ。これら​の​もの​は​わたし​の​あんそく​に​はいる​で​あろう。

    35 ​しかし、こころ​を​かたくな​に​して、ざいあく​を​おこなおう​と​する​もの​は​だれ​で​あろう​と、よ、わたし​は​いかって、その​もの​を​わたし​の​あんそく​に​れない​と​ちかう。』

    36 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、よ、わたし​は​あなたがた​に​う。もし​あなたがた​が​こころ​を​かたくな​に​する​なら​ば、あなたがた​は​しゅ​の​あんそく​に​はいれない​で​あろう。そこで、あなたがた​の​ざいあく​は​かみ​を​いからせ、ちょうど​人々ひとびと​が​さいしょかみ​の​いかり​を​こした​とき​の​よう​に、かみ​は​あなたがた​に​いかり​を​くだされる。まことに、さいしょ​の​とき​と​おなじ​よう​に、さい​の​とき​に​も​かみ​の​こと​の​とおり​に​いかり​が​くだされ、あなたがた​は​永遠えいえん​の​ほろび​に​いたる​の​で​ある。したがって、あなたがた​は​かみ​の​こと​の​とおり​に、さいしょ​の​​と​おなじ​よう​に​さい​の​​も​ける。

    37 ​さて、わたし​の​同胞はらから​よ、わたしたち​は​これら​の​こと​を​って​おり、これ​は​ほんとう​の​こと​で​ある​ので、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​が​わたしたち​に​あたえて​くださった​これら​の​だい二​の​いましめ​に​ついて​かみ​を​いからせ、かみ​の​はげしい​いかり​を​まねく​こと​の​ない​よう​に、あらためて、こころ​を​かたくな​に​しない​よう​に​しよう​で​は​ない​か。そして、かみ​の​こと​の​とおり​に​そなえられて​いる​かみ​の​あんそく​に​はいろう​で​は​ない​か。」