アルマ書 1
    脚注

    アルマ​しょ
    ​アルマ​の​むす​アルマ​の​しょ

    アルマ​の​むす​で​あり、ニーファイ​の​たみ​を​おさめる​さいしょ​の​さばきつかさ​で​あり、だい​さばきつかさ​で​も​あり、きょうかい​の​だいさい​で​も​あった​アルマ​に​ついて​の​はなし。さばきつかさ​の​とう​と、たみ​の​なか​の​せんそう​と​あらそい​に​ついて​の​はなし。ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​の​せんそう​に​ついて​の​はなし。これ​は、さいしょ​の​さばきつかさ​で​あり、だい​さばきつかさ​で​あった​アルマ​の​ろく​に​よる。

    第​1​章

    ニーホル、いつわり​の​きょう​を​おしえ、きょうかい​を​せつりつ​し、ぜんばいきょう​を​はじめ、ギデオン​を​ころす。ニーホル、ざい​に​おうじて​けい​に​される。ぜんばいきょう​と​はくがい​が​たみ​の​なか​に​ひろまる。さい​たち​は​かつ​し、たみ​は​まずしい​人々ひとびと​を​たすけ、きょうかい​は​さかえる。げんぜんやく​九十一​ねん​から​八十八​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、モーサヤ​おう​は​ぜん​の​たたかい​に​じゅう​し、かみ​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆみ、ぶん​に​わって​とう​する​もの​を​だれ​も​のこす​こと​なく、​の​すべて​の​ひと​の​く​みち​を​った​が、​を​る​まえ​に​ほうりつ​を​制定せいてい​し、たみ​が​それ​を​しょうにん​した。したがって、ニーファイ​の​たみ​を​おさめる​さばきつかさ​の​とう​の​だい一​ねんこうたみ​は​モーサヤ​おう​の​さだめた​ほうりつ​に​したがわなければ​ならなかった。

    2 ​さて、アルマ​が​さばきつかさ​の​しょく​に​いて​おさめた​さいしょ​の​とし​に、裁判さいばん​を​ける​ため​に、かれ​の​まえ​に​された​ひと​の​おとこ​が​いた。その​おとこ​は​からだ​が​おおきく、ちから​が​つよい​こと​で​だかかった。

    3 かれ​は​人々ひとびと​の​なか​を​めぐり​あるいて、ぶん​で​かみ​の​こと​と​しょうした​こと​を​かれら​に​べ​つたえ、きょうかい​に​圧迫あっぱく​を​くわえ、また、さい​と​きょう​は​みな人望じんぼう​を​る​はず​で​あって、ぶん​の​​で​はたらく​ひつよう​は​なく、人々ひとびと​に​よって​生活せいかつ​を​ささえられて​とうぜん​で​ある​と​宣言せんげん​した。

    4 かれ​は​また、ぜんじんるい​は​わり​の​​に​すくわれる​ので、ひと​は​おそれる​ひつよう​も​おののく​ひつよう​も​ない、むしろ​あたま​を​げて​よろこぶ​が​よい、しゅ​が​すべて​の​ひと​を​つくられ、すでに​すべて​の​ひと​を​あがなって​おられ、けっきょく​すべて​の​ひと​が​永遠えいえん​の​いのち​を​る​から​で​ある​と、人々ひとびと​に​こうげん​した。

    5 ​さて、かれ​は​これら​の​こと​を​おおく​おしえた​ので、おおく​の​もの​が​かれ​の​こと​を​しんじ、かれ​の​生活せいかつ​を​ささえ、金銭きんせん​を​かれ​に​おくる​よう​に​なった。

    6 ​そこで​かれ​は、こうまん​な​こころ​で​たかぶり​はじめ、じょう​に​こう​な​ふく​を​​に​ける​よう​に​なり、ぶん​の​き​おしえる​こと​に​かなう​きょうかい​を​せつりつ​する​よう​に​さえ​なった。

    7 ​そして​かれ​は、ぶん​の​こと​を​しんじる​もの​たち​に​せっきょう​する​ため​に​かけて​く​ちゅう​で、かみ​の​きょうかい​に​ぞくする​もの、すなわち​きょうかい​の​きょう​の​ひと​に​った。そこで​かれ​は​その​ひと​と​はげしく​ろんそう​し、きょうかい​の​人々ひとびと​を​まどわそう​と​した。しかし、その​ひと​は​かれ​に​反論はんろん​し、かみ​の​こと​を​もって​かれ​を​さとした。

    8 ​さて、その​ひと​の​​は​​ギデオン​と​いう。かつて、かみ​の​​に​使つかわれる​もの​と​なって、リムハイ​の​たみ​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​した​ひと​で​ある。

    9 ​さて、ギデオン​が​かみ​の​こと​を​もって​かれ​に​反論はんろん​した​ので、かれ​は​ギデオン​に​たいして​はら​を​て、つるぎ​を​いて​ギデオン​に​ち​かかった。ところが、ギデオン​は​とし​を​って​いた​ので、その​おとこ​が​りかかって​くる​の​に​こうする​こと​が​できず、つるぎ​に​よって​ころされて​しまった。

    10 ​それで、ギデオン​を​ころした​その​おとこ​は​きょうかい​の​人々ひとびと​に​らえられて、アルマ​の​まえ​に​れてかれ、かれ​の​おかした​ざい​に​したがって​裁判さいばん​される​こと​に​なった。

    11 ​そこで​かれ​は、アルマ​の​まえ​に​つ​と​じょう​に​大胆だいたん​に​べん​を​した。

    12 ​しかし、アルマ​は​かれ​に​った。「よ、この​たみ​の​なか​で​ぜんばいきょう​が​こった​の​は、これ​が​はじめて​で​ある。よ、あなた​は​ぜんばいきょう​の​つみ​を​おかした​だけ​で​なく、つるぎ​に​よって​それ​を​きょうよう​しよう​と​した。この​たみ​の​なか​で​ぜんばいきょう​が​おこなわれれば、たみ​は​完全かんぜん​に​ほろびて​しまう​で​あろう。

    13 ​また、あなた​は​じん、まことに、この​たみ​の​なか​で​おおく​の​ぜん​を​おこなって​きた​ひと​の​​を​ながした​ので、もし​わたしたち​が​あなた​を​ゆるした​なら​ば、かれ​の​​が​ほうふく​を​もとめて​わたしたち​に​りかかる​で​あろう。

    14 ​したがって、わたしたち​の​さい​の​おう​モーサヤ​から​あたえられた​ほうりつ​に​より、あなた​に​けい​を​せんこく​する。この​ほうりつ​は​この​たみ​に​よって​しょうにん​された​もの​で​ある​から、この​たみ​は​この​ほうりつ​に​したがわなければ​ならない。」

    15 ​そして、人々ひとびと​は​かれ​を​らえた。かれ​の​​は​​ニーホル​と​いった。そして​人々ひとびと​は、かれ​を​マンタイ​の​おか​の​頂上ちょうじょう​に​はこんで​った。そこ​に​おいて​かれ​は、ぶん​が​たみ​に​おしえて​きた​こと​が​かみ​の​こと​に​はんする​もの​で​あった​こと​を、てん​の​あいだ​で​白状はくじょう​させられた、いや、ぶん​から​みとめた。そして、かれ​は​めい​な​さい​を​げた。

    16 ​に​も​かかわらず、ぜんばいきょう​が​くにじゅう​に​ひろまる​の​は​やまなかった。ぞく​の​むなしい​もの​を​じょう​に​このむ​もの​が​おおぜい​いた​から​で​ある。かれら​は​て​って​いつわり​の​きょう​を​べ​つたえた。とみ​と​ほまれ​を​よう​と​して、この​よう​に​おこなった​の​で​あった。

    17 ​それでも、いつわり​を​う​もの​は​ばっせられる​ので、かれら​は​ほうりつ​を​おそれて、あえて​こうぜん​と​は​いつわり​を​わなかった。それで、ぶん​の​信条しんじょう​に​したがって​おしえ​を​いて​いる​ふり​を​した。ほうりつ​は、ひと​の​信条しんじょう​に​ついて​は、だれ​を​も​ばっする​ちから​を​たなかった​から​で​ある。

    18 ​また、ぬすみ​を​はたらく​もの​は​ばっせられる​ので、かれら​は​ほうりつ​を​おそれて、あえて​ぬすみ​を​しなかった。かれら​は​うばい​る​こと​も​しなかった​し、ひと​も​ころさなかった。ひと​を​ころす​もの​は​けい​に​しょせられた​から​で​ある。

    19 ​しかし、かみ​の​きょうかい​に​くわわって​いない​もの​たち​は、かみ​の​きょうかい​に​ぞくして​キリスト​の​​を​けた​人々ひとびと​を​はくがい​し​はじめた。

    20 ​まことに​かれら​は、かみ​の​きょうかい​に​ぞくする​人々ひとびと​を​はくがい​し、あらゆる​こと​で​くるしめ​なやました。これ​は、きょうかい​の​人々ひとびと​が​謙遜けんそん​で​あり、かれら​の​​に​たかぶり​が​なく、また​かね​を​さず、だい​を​はらわないで、たがいに​かみ​の​こと​を​おしえ​って​いた​から​で​ある。

    21 ​さて、きょうかい​の​人々ひとびと​の​なか​に​は​きびしい​りっぽう​が​あり、きょうかい​に​ぞくして​いる​ひと​は、きょうかい​に​ぞくして​いない​ひと​を​くるしめて​は​ならない、また​たがいに​くるしめ​って​は​ならない​と​されて​いた。

    22 ​に​も​かかわらず、かれら​の​なか​に​は​たかぶり、あい​と​はげしく​ろんそう​して​なぐり​い​さえ​する​よう​に​なった​もの​が​おおぜい​いた。まことに、かれら​は​たがいに​こぶし​で​なぐり​った。

    23 ​さて、これ​は​アルマ​の​とうだい二​ねん​に​あった​こと​で、きょうかい​が​ひどい​くるしみ​に​う​原因げんいん​と​なり、まことに、ひどい​れん​を​ける​原因げんいん​と​なった。

    24 ​それ​は、おおく​の​もの​の​こころ​が​かたくな​で​あった​から​で​ある。そして、これら​の​もの​の​​が​された​ため、かれら​は​もはや​かみ​の​たみ​の​なか​で​おもされる​こと​は​なかった。また、おおく​の​もの​が​みずから​かみ​の​たみ​の​もと​を​った。

    25 ​さて、これ​は​しんこう​に​しっかり​と​って​いる​人々ひとびと​に​とって​おおきな​れん​で​あった。に​も​かかわらず、かれら​は​かっ​と​して​うごかず​に​かみ​の​いましめ​を​まもり、また​ぶん​たち​に​くわえられる​はくがい​に​辛抱強しんぼうづよく​えた。

    26 ​そして​さい​たち​が、かみ​の​こと​を​たみ​に​げる​ため​に​ごと​を​やすめ​ば、たみ​も​また​かみ​の​こと​を​く​ため​に​ごと​を​やすんだ。そして、さい​たち​が​かれら​に​かみ​の​こと​を​げ​える​と、かれら​は​みなふたたび​ぶん​たち​の​ごと​に​もどり、熱心ねっしん​に​はたらいた。おしえ​を​く​もの​は​く​もの​より​も​えらい​わけ​で​は​なく、おしえる​もの​は​まなぶ​もの​より​も​えらい​わけ​で​は​ない​ので、さい​は​ぶんしん​を​ぶん​の​はなし​を​く​もの​より​も​すぐれて​いる​と​は​おもわなかった。この​よう​に、かれら​は​みなびょうどう​で​あった。そして、かれら​は​みな各々おのおのぶん​の​ちから​に​おうじて​はたらいた。

    27 ​また​かれら​は、各々おのおのぶん​の​って​いる​ぶん​に​おうじて、まずしい​もの​や​とぼしい​ものびょう​の​ものくるしんで​いる​もの​に​ぶん​の​もの​を​け​あたえた。かれら​は​こう​な​ふく​を​​に​けて​は​いなかった​が、その​よそおい​は​こざっぱり​して​うるわしかった。

    28 ​この​よう​に、かれら​は​きょうかい​の​しょ​を​ととのえた。また、あらゆる​はくがい​に​も​かかわらず、かれら​は​また​つづき​へい​を​たもつ​よう​に​なった。

    29 ​さて、きょうかいいん​は​堅実けんじつ​で​あった​ので、じょう​に​ものち​に​なり、ぶん​たち​が​ひつよう​と​した​すべて​の​もの​を​ゆたか​に​つ​よう​に​なった。すなわち、大小だいしょう​の​ちく​の​れ​や、あらゆる​わかい​えた​ちく、それに​こくもつ​や​きん​や​ぎん​や​ちょう​な​品々しなじな、また​きぬ​や、よりいと​で​った​ぬの、あらゆる​じょう​で​ぼく​な​織物おりもの、これら​の​もの​を​ゆたか​に​つ​よう​に​なった。

    30 ​この​よう​に​して、かれら​は​裕福ゆうふく​な​らし​の​なか​で、る​もの​の​ない​もの​や​えて​いる​ものかわいて​いる​ものびょう​の​もの栄養えいよう​の​りない​もの​を​はらう​こと​が​なかった。また、かれら​は​とみ​に​執着しゅうちゃく​する​こと​も​なかった。その​ため、いた​もの​に​も​わかい​もの​に​も、そくばく​された​もの​に​も​ゆう​な​もの​に​も、おとこ​に​も​おんな​に​も、また​きょうかいいん​で​ある​なし​の​べつ​なく、たすけ​の​ひつよう​な​人々ひとびと​に​ついて​は​ひと​を​かたより​る​こと​なく、すべて​の​ひと​に​もの​を​しまなかった。

    31 ​この​よう​に​かれら​は​さかえ、きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​たち​より​も​はるか​に​裕福ゆうふく​に​なった。

    32 ​それ​は、きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​が​じゅつ​や​ぐうぞうれいはい​に​ふけり、あるいは​たい​に​ひたり、また​ばなし​や​​ねたみ​や​あらそい​に​ふけり、こう​な​ふく​を​​に​け、こうまん​な​​で​たかぶり、はくがい​し、さらに​は​いつわり​を​い、ぬすみ、ごうとう​を​し、みだら​な​おこない​を​し、ひと​を​ころし、その​ほか​あらゆる​あく​を​おこなった​から​で​ある。しかし、ほうりつ​に​そむいた​もの​に​は​すべて、できる​かぎり​その​ほうりつ​が​適用てきよう​された。

    33 ​そして、ほうりつ​に​そむいた​もの​に​は、その​ほうりつ​が​適用てきよう​され、すべて​の​もの​が​ぶん​の​おこなった​こと​に​おうじて​処罰しょばつ​された​ので、かれら​は​まえ​より​も​おだやか​に​なり、あえて​こうぜん​と​この​よう​な​あく​を​おこなおう​と​しなかった。その​ため、さばきつかさ​の​とうだい五​ねん​まで、ニーファイ​の​たみ​の​なか​は​十分じゅうぶん​に​へい​が​たもたれて​いた。