アルマ書 9
    脚注

    アモナイハ​の​​に​いる​たみ​に​げ​らされた​アルマ​の​こと​と​アミュレク​の​こと。アルマ​と​アミュレク​は​ろう​に​まれた​が、かれら​の​うち​に​ある​せき​を​こす​かみ​の​ちから​に​よって​すくわれる。これ​は​アルマ​の​ろく​に​よる。

    つぎ​の​だい九-十四​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

    第​9​章

    アルマ、アモナイハ​の​たみ​に​あらためる​よう​に​めいじる。しゅ​は​わり​の​とき​に​レーマンじん​に​あわれみ​を​しめされる。ニーファイじん​は、ひかり​を​てれば​レーマンじん​に​よって​ほろぼされる。かみ​の​おん​が​もなく​られる。かみ​の​おん​は、あらためて​バプテスマ​を​け、おん​の​​を​しんじる​人々ひとびと​を​あがなわれる。げんぜんやく​八十二​ねん

    1 ​さらに、わたし​アルマ​は、アミュレク​を​れて​て​って、もう​いち​この​たみ​に、すなわち​アモナイハ​の​まち​に​いる​人々ひとびと​に​おしえ​を​く​よう​に​かみ​から​めいじられた​ので、かれら​に​おしえ​を​き​はじめた​ところ、かれら​は​わたし​と​ろんそう​を​はじめて​った。

    2 「おまえ​は​何者なにもの​だ。ひとひと​が​だい​は​る​と​我々われわれ​に​いて、我々われわれ​が​その​ひと​の​あかし​を​しんじる​と​で​も​おもう​の​か。」

    3 かれら​は、ぶん​たち​の​かたった​こと​を​かい​して​いなかった。だい​が​る​こと​を、かれら​は​らなかった​から​で​ある。

    4 かれら​は​また、「たとえ​おまえ​が、この​おおきな​まち​が​​一にち​で​ほろびて​しまう​と​げん​して​も、我々われわれ​は​おまえ​の​こと​を​しんじない」と​った。

    5 かれら​は、こころ​が​かたくな​で​ごうじょう​な​たみ​で​あった​ので、かみ​に​その​よう​な​おどろく​べき​わざ​が​お​でき​に​なる​こと​が​からなかった。

    6 ​また​かれら​は​った。「かみ​は​何者なにもの​な​の​で、その​よう​に​おおいなる​おどろく​べき​わざ​が​現実げんじつ​に​こる​こと​を​この​たみ​に​げ​らせる​の​に、権能けんのう​を​つ​もの​を​​たった​ひと​しか​おくらない​の​か。」

    7 ​そして、かれら​は​わたし​を​らえよう​と​して​すすんで​た​が、しかし​よ、らえなかった。そこで、わたし​は​かれら​に​げ​らせる​ため​に​ゆう​を​ふるって​ち、まことに、かれら​に​大胆だいたん​に​あかし​して​った。

    8 よ、おお、じゃあく​で​よこしま​な​だい​の​人々ひとびと​よ、どうして​あなたがた​は​せん​の​つたえ​を​わすれて​しまった​の​か。まことに、なんと​はやく​かみ​の​いましめ​を​わすれて​しまった​こと​か。

    9 ​あなたがた​は、わたしたち​の​せん​リーハイ​が​かみ​の​​に​よって​エルサレム​から​みちびき​された​こと​を​おぼえて​いない​の​か。あなたがた​は、かれら​が​みなかみ​に​みちびかれて​​を​とおり​けた​こと​を​おぼえて​いない​の​か。

    10 ​また​あなたがた​は、かみ​が​なん​も​わたしたち​の​せん​を​てき​の​​から​すくい​し、また、かれら​しん​の​同胞はらから​の​​に​かかって​ほろびる​こと​の​ない​よう​に​かれら​を​まもって​くださった​こと​を、こんな​に​はやく​わすれて​しまった​の​か。

    11 ​まことに、もしも​かみ​の​たぐい​ない​ちから​と、かみ​の​あわれみ​と、わたしたち​に​たいする​かみ​の​寛容かんよう​が​なかった​なら​ば、わたしたち​は​ちがい​なく、はるか​ぜん​に​​の​おもて​から​たれて​いた​で​あろう​し、また​おそらく​きゅう​の​みじめ​で​こう​な​じょうたい​に​かれて​いた​こと​で​あろう。

    12 よ、あなたがた​に​う。かみ​は​あなたがた​に、あらためる​よう​に​めいじて​おられる。あらため​なければ、あなたがた​は​けっして​かみ​の​おうこく​を​ぐ​こと​は​できない。しかし​よ、それ​ばかり​で​は​ない。かみ​は​あなたがた​に​あらためる​よう​に​めいじて​こられた​ので、あらため​なければ、かみ​は​あなたがた​を​​の​おもて​から​ことごとく​ほろぼされる​で​あろう。まことに、かみ​は​いかって​あなたがた​を​ばっし、その​はげしい​いかり​を​かれる​こと​は​ない​で​あろう。

    13 よ、あなたがた​は、かみ​が​リーハイ​に、『あなたがた​は​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​​に​さかえる』​と​われた​こと​を​おぼえて​いない​の​か。また​かみ​は、『わたし​の​命令めいれい​を​まもらなければ、わたし​の​まえ​から​たれる』​と​も​って​おられる。

    14 ​レーマンじん​は​かみ​の​いましめ​を​まもらなかった​ので、しゅ​の​まえ​から​たれた。あなたがた​は​この​こと​を​おぼえて​おいて​ほしい。わたしたち​は、この​こと​に​おいて​しゅ​の​こと​が​すでに​実証じっしょう​されて​いる​こと​を​って​いる。レーマンじん​は​この​​で​いましめ​に​そむき、しゅ​の​まえ​から​たれた。

    15 ​に​も​かかわらず、わたし​は​あなたがた​に​う。もし​あなたがた​が​ぶん​の​つみ​の​なか​に​とどまる​なら​ば、さばき​の​​に​は、かれら​の​ほう​が​あなたがた​より​も​え​やすい​で​あろう。また、あなたがた​が​あらため​なければ、まことに、この​で​も​かれら​の​ほう​が​あなたがた​より​も​え​やすい​で​あろう。

    16 ​それ​は、レーマンじん​に​あたえられて​いる​やくそく​が​おおく​ある​から​で​ある。かれら​を​​の​じょうたい​に​とどめた​の​は、かれら​の​せん​の​つたえ​で​ある。したがって、しゅ​は​かれら​を​あわれみ、かれら​が​この​​に​ながく​める​よう​に​される​で​あろう。

    17 ​そして、かれら​は​ある​​に、みちびかれて​しゅ​の​こと​を​しんじ、ぶん​たち​の​せん​の​つたえ​が​ただしくない​こと​を​る​よう​に​なる​で​あろう。そして、かれら​の​おおく​が​すくわれる​で​あろう。しゅ​は​​を​ぶ​すべて​の​ひと​に​あわれみ​を​しめされる​から​で​ある。

    18 ​しかし​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。もし​あなたがた​が​あく​を​つづける​なら​ば、この​​で​の​あなたがた​の​生涯しょうがい​は​ばされない。​レーマンじん​が​あなたがた​の​もと​に​おくられる​から​で​ある。もし​あなたがた​が​あらため​なければ、かれら​が​づかない​うち​に​やって​て、あなたがた​は​完全かんぜん​な​めつぼう​に​われる​で​あろう。これ​は​しゅ​の​はげしい​いかり​に​よる​の​で​ある。

    19 ​あなたがた​が​ざいあく​の​ある​まま​き​つづけて​しゅ​の​たみ​を​ほろぼす​こと​を、しゅ​は​ゆるされない​から​で​ある。わたし​は​あなたがた​に、その​とおり​で​ある​と​う。もし​ニーファイ​の​たみ​と​ばれる​しゅ​の​たみ​が、しゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​から​さずけられた​じょう​に​おおく​の​ひかり​と​じょう​に​おおく​の​しき​を​けた​のちつみ​と​そむき​に​おちいる​よう​な​こと​が​ある​と​すれ​ば、しゅ​は​むしろ​レーマンじん​が​ニーファイ​の​たみ​を​ことごとく​ほろぼす​の​を​ゆるされる​で​あろう。

    20 ​まことに、ニーファイ​の​たみ​は、その​よう​に​しゅ​から​あつい​めぐみ​を​けた​たみ​で​あり、まことに、ほか​の​あらゆる​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​まさる​めぐみ​を​け、かれら​の​のぞみ​と​しんこう​と​いのり​に​おうじて、現在げんざいらい​の​こと​を​すべて​しめされ、

    21 ​また、かみ​の​たま​の​おとずれ​を​け、てん使​と​かたり、しゅ​の​こえ​に​よる​げ​を​け、げん​の​れい​と​けい​の​れい​と、その​ほか​げん​で​かたる​賜物たまものせっきょう​の​賜物たまもの聖霊せいれい​の​賜物たまものほんやく​の​賜物たまもの​など、おおく​の​賜物たまもの​を​けて​きた。

    22 ​また、かみ​に​より​エルサレム​の​​から​しゅ​の​​に​よって​すくい​され、きん​や​びょう、あらゆる​わずらい​から​すくわれ、戦闘せんとう​の​さい​に​は​ほろぼされない​よう​に​つよく​され、いくたび​も​れい​の​じょうたい​から​みちびき​されて​現在げんざい​に​いたる​まで​まもられ、​され、そして​この​よう​に​さかえて​あらゆる​もの​に​む​よう​に​なった。

    23 ​さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。この​よう​に​おおく​の​しゅくふく​を​しゅ​の​​から​けて​きた​この​たみ​が、もし​現在げんざいけて​いる​ひかり​と​しき​に​そむく​と​すれ​ば、わたし​は​あなたがた​に​う​が、もし​かれら​が​いましめ​に​そむく​なら​ば、レーマンじん​の​ほう​が​この​たみ​より​も​はるか​に​え​やすい​で​あろう。

    24 よ、しゅ​の​やくそく​が​レーマンじん​に​あたえられて​いる​から​で​ある。しかし、あなたがた​が​いましめ​に​そむく​なら​ば、しゅ​の​やくそく​は​あなたがた​に​は​およばない。もし​しゅ​に​そむく​なら​ば、あなたがた​は​​の​おもて​から​ことごとく​ほろぼされて​しまう​と、しゅ​が​はっきり​やくそく​し、そう​明確めいかく​に​さだめて​おられない​で​あろう​か。

    25 ​この​ため​に、すなわち​あなたがた​が​ほろぼされる​こと​の​ない​ため​に、しゅ​は​てん使​を​つかわして​ぶん​の​たみ​の​おおく​の​もの​を​おとずれ​させられた。そして、てん使​は​これら​の​もの​に、て​って、この​たみ​に​つぎ​の​よう​に​ちからづよく​さけぶ​よう​に​げた。『あらためよ。てん​の​おうこく​は​ちかづいて​いる。

    26 いま​から​おおく​の​​が​ぎない​うち​に、かみ​の​おん​が​えいこう​の​うち​に​られる。かみ​の​おん​の​えいこう​は​御父おんちち​の​ひと​の​えいこう​で​あり、その​ひと​は​めぐみ​と​こうへい​と​しん​に​ち、忍耐にんたい​と​あわれみ​と​寛容かんよう​に​み、ぶん​の​たみ​の​嘆願たんがん​を​く​の​も、また​かれら​の​いのり​に​こたえる​の​も​はやい​かた​で​ある。

    27 ​そして​よ、かみ​の​おん​は、おん​の​​を​しんじて​あらため​の​ため​の​​バプテスマ​を​ける​人々ひとびと​を​あがなう​ため​に​られる。

    28 ​だから、しゅ​の​みち​を​そなえ​なさい。すべて​の​ひと​が​ぶん​の​おこない​に​おうじて、その​おこない​の​むくい​を​る​とき​が​ちかづいて​いる​から​で​ある。すなわち、ひと​は​その​おこない​が​​に​かなって​いれ​ば、イエス・​キリスト​の​ちから​と​かいほう​に​よって​ぶんしん​の​すくい​を​り、その​おこない​が​わるければ、あく​の​ちから​と​そくばく​に​よって​ぶんしん​の​ばつ​の​さだめ​を​る​こと​に​なる。』

    29 ​さて​よ、これ​が​たみ​に​かって​さけぶ​てん使​の​こえ​で​ある。

    30 ​そこで、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​は​わたし​の​同胞はらから​で​ある​から、あいされて​とうぜん​で​ある。しかし、あなたがた​の​こころ​は​かみ​の​こと​に​たいして​じょう​に​かたくな​に​なって​おり、あなたがた​は、まよい​らく​した​たみ​と​なって​いる​ので、あらため​に​みちびく​おこない​を​しなくて​は​ならない。」

    31 ​さて、わたし​アルマ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、よ、人々ひとびと​は​わたし​に​はら​を​てた。わたし​が​かれら​の​こと​を、こころ​の​かたくな​な、ごうじょう​な​たみ​で​ある​と​った​から​で​ある。

    32 ​また、わたし​が​かれら​の​こと​を​まよい​らく​した​たみ​で​ある​と​も​った​ので、かれら​は​はら​を​て、わたし​を​らえて​ろう​に​もう​と​した。

    33 ​しかし​その​とき、しゅ​は​かれら​が​わたし​を​らえて​ろう​に​む​の​を​ゆるされなかった。

    34 ​そこで、アミュレク​も​すすみ​て、かれら​に​おしえ​を​き​はじめた。この​しょ​に​は​​アミュレク​の​こと​を​すべて​は​しるさず、その​こと​の​いち​だけ​を​しるす​こと​に​する。