アルマ書33
戻る 次へ

第33章

ゼノス,ひとはどんなしょでもいのり,れいはいすべきであることと,おんのゆえにさばきがとおざけられることをおしえる。ゼノク,おんのゆえにあわれみがかけられることをおしえる。モーセがかみおんけいかかげたこと。げんぜんやく七十四ねん

1 アルマがこれらのことかたえると,かれらはアルマのもとにひとをやって,かれべたそのるためには,ゆいいつかみしんじなければならないのかどうか,そのたね,すなわちこころなかえなければならないとアルマがべたそのことをどのようにしてえればよいのか,すなわち,どのようなほうほうしんこうはたらかせはじめればよいのかをりたいとつたえさせた。

2 そこで,アルマはかれらにった。「よ,あなたがたは,ぶんたちのかいどうからされているので,かみれいはいできないっている。しかしよ,わたしはあなたがたにう。もしかみれいはいできないとおもっているのであれば,あなたがたはひどくかいしている。せいぶん調しらべてみるべきであろう。もしあなたがたがせいぶんからそのことをおそわったとおもっているのであれば,あなたがたはせいぶんかいしていない。

3 あなたがたは,むかしげんしゃゼノスいのりについて,すなわちれいはいについてべたものをぜんんだのをおぼえているだろうか。

4 ゼノスはこうべている。『おお,かみよ,あなたはあわれみぶかかたです。わたしがにいたときでさえ,わたしのいのりをとどけてくださいました。またわたしがてきについていのったときも,あわれみぶかくあって,かれらがわたしにこころけるようにしてくださいました。

5 まことに,おお,かみよ,わたしがはたけさけもとめたとき,わたしをあわれんでくださいました。あなたにさけもとめたとき,わたしのいのりをとどけてくださいました。

6 さらにまた,おお,かみよ,わたしがいえかったときも,わたしのいのりをとどけてくださいました。

7 また,おお,しゅよ,わたしがぶんもどってあなたにいのったとき,わたしのいのりをとどけてくださいました。

8 まことに,あなたのどもたちがひとびとにではなくあなたにいていただくためにさけもとめるとき,あなたはかれらをあわれんで,かれらのいのりをとどけてくださいます。

9 まことに,おお,かみよ,あなたはわたしをあわれんで,かいしゅうなかでわたしのたんがんをおきくださいました。

10 また,あなたはわたしがてきからされ,さげすまれたときにも,わたしのいのりをおきくださいました。まことに,わたしのたんがんとどけ,わたしのてきいかりをしめされました。そして,いかってかれらをすみやかにほろぼされました。

11 わたしがなんいながらもせいじつであったので,あなたはわたしのいのりをおきくださいました。あなたがこのようにわたしをあわれんでくださったのは,おんのおかげです。ですからわたしは,これからもあらゆるなんのさなかで,あなたにさけもとめます。あなたのうちにわたしのよろこびがあるからです。あなたはおんのゆえに,わたしからあなたのさばきをとおざけてくださったからです。』」

12 また,アルマはかれらにった。「あなたがたはむかしひとびといたせいぶんしんじているか。

13 よ,もししんじているならば,ゼノスべたこともしんじているにちがいない。よ,ゼノスは,『あなたはおんのゆえに,あなたのさばきをとおざけてくださいました』とべた。

14 さてよ,わたしの同胞はらからよ,あなたがたはせいぶんんだことがあるかどうか,わたしはたずねたい。もしんだことがあるならば,どうしてかみおんしんじないでいられようか。

15 ゼノスだけがこれらのことをべたとはしるされていない。ゼノクもこれらのことについてべた。

16 よ,ゼノクはこうべている。『おお,しゅよ,あなたがおんのゆえにこのたみにかけてこられたあわれみを,このたみかいしようとしないので,あなたはこのたみのことをいかっておられます。』

17 さて,わたしの同胞はらからよ,このことからかるように,むかしげんしゃがもう一人ひとりかみおんについてあかしべている。ところがたみは,このげんしゃことかいしようとしないで,かれいしころしてしまった。

18 しかしよ,これだけではない。かみおんについてべたのは,これらのひとびとだけではない。

19 よ,モーセかみおんについてべた。で一つのけいかかげられ,それをあおようとしたものはだれでも,びられるようにされた。そして,おおくのひとがそれをびた。

20 しかし,そのことのかいしたひとはわずかであった。かれらのこころがかたくなであったからである。そして,けいようともしないほどかたくななひとおおぜいおり,かれらはんでしまった。かれらがようとしなかったのは,それでぶんいやされるとはしんじなかったからである。

21 おお,わたしの同胞はらからよ,もしあなたがたがいやしをるために,けるだけでよいとしたら,あなたがたはすぐにもようとしないだろうか。それとも,しんこうのままでこころをかたくなにし,なまけてけようとしないでぬことをのぞむだろうか。

22 もしそうであれば,わざわいがあなたがたにりかかるであろう。しかし,それをのぞまなければ,あなたがたのけて,かみおんしんじるようにしなさい。かみおんしょうらいぶんたみあがなうためにこうりんされること,おんがそのたみつみあがなためにくるしみをけ,なれること,おんしゃなかからよみがえりふっかつをもたらされること,わりのさばきのに,すべてのひとおのおのおこなおうじてさばきをけるためにかみおんまえつこと,これらのことをしんじてほしい。

23 さて,わたしの同胞はらからよ,あなたがたがこのことこころなかえて,それがふくらみはじめたら,あなたがたのしんこうによってそれをやしなそだててほしい。そうすればよ,それはあなたがたのこころなかせいちょうして,えいえんいのちをもたらすになるであろう。そのときに,かみがあなたがたのために,かみおんよろこびによっておもかるくしてくださるように。これまでべてきたことは,もしあなたがたにこれをおこなさえあれば,すべておこなえることである。アーメン。」