アルマ書 26
    脚注

    第​26​章

    アンモン、しゅ​を​ほこって​よろこぶ。ちゅうじつ​な​もの​は​しゅ​に​よって​つよめられ、しき​を​あたえられる。ひと​は​しんこう​に​よって​なんぜん​も​の​人々ひとびと​を​あらため​させる​こと​が​できる。かみ​は​いっさい​の​けん​を​ち、すべて​の​こと​を​さとって​おられる。げんぜんやく​九十​ねん​から​七十七​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、アンモン​が​どうりょう​たち​に​かたった​こと​は、つぎ​の​とおり​で​ある。「わたし​の​きょうだい​たち​と​どうりょう​たち​よ、わたし​は​あなたがた​に​いたい。わたしたち​は​おおいに​よろこんで​よい。わたしたち​は、ゼラヘムラ​の​​を​た​とき​に、かみ​が​これほど​まで​に​おおきな​しゅくふく​を​あたえて​くださる​と​そうぞう​できた​だろう​か。

    2 ​さて、わたし​は​たずねる​が、かみ​は​わたしたち​に​どんな​おおきな​しゅくふく​を​あたえて​くださった​だろう​か。あなたがた​は​それ​を​げる​こと​が​できる​だろう​か。

    3 よ、あなたがた​に​わって​わたし​が​こたえよう。わたしたち​の​同胞はらから​の​レーマンじん​は、かつて​くらやみ​の​なか​に、まことに​もっとも​くらい、ふかい​ふち​の​なか​に​いた。しかし​いま​は​なんと​おおく​の​レーマンじん​が​かみ​の​おどろく​べき​ひかり​を​る​よう​に​なった​こと​か。わたしたち​が​この​おおいなる​わざ​を​げる​ため​に、かみ​の​​に​使つかわれる​もの​と​された​こと​は、わたしたち​に​あたえられた​しゅくふく​で​ある。

    4 よ、なんぜんにん​も​の​レーマンじん​が​いまよろこび​を​て​おり、かみ​の​ひつじ​の​れ​に​はいって​いる。

    5 よ、はたけ​は​じゅくして​いた。そして、あなたがた​は​かま​を​れ、ちから​を​くして​れ、まことに​一日いちにちじゅうはたらいた​ので、あなたがた​は​さいわい​で​ある。よ、あなたがた​の​た​たば​は​なんと​おおい​こと​か。それら​の​たば​は、​に​ならない​よう​に​くら​に​おさめられる​で​あろう。

    6 ​まことに、それら​の​たば​は​わり​の​​に​あらし​に​たれる​こと​なく、旋風せんぷう​に​げられる​こと​も​ない。あらし​が​る​とき​に、それら​の​たば​は​その​ある​べき​しょ​に​あつめられる​ので、あらし​が​その​たば​に​きつける​こと​は​ない。まことに、てき​が​いやろう​と​おもう​ところ​に​暴風ぼうふう​で​しやられる​こと​も​ない​で​あろう。

    7 ​しかし​よ、それら​の​たば​は​しゅうかく​を​つかさどる​しゅ​の​​の​なか​に​あり、それら​は​しゅ​の​もの​で​ある。しゅ​は​わり​の​​に​それら​の​もの​を​​よみがえらせて​くださる。

    8 かみ​の​​が​ほめ​たたえられる​よう​に。わたしたち​の​かみ​を​さん​して​うたおう。かみ​の​せい​なる​​に​感謝かんしゃ​を​ささげよう。かみ​は​とこしえ​に​​を​おこなわれる​から​で​ある。

    9 ​もし​わたしたち​が​ゼラヘムラ​の​​から​なかった​なら​ば、わたしたち​を​いまこころ​から​あいして​くれて​いる、また​わたしたち​が​ふかく​あいする​この​同胞はらから​は、いま​も​なお​わたしたち​に​たいする​にくしみ​で​くるしみ、また​かみ​を​らなかった​で​あろう。」

    10 ​そして、アンモン​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、きょうだい​の​アロン​が​かれ​を​たしなめて​った。「アンモン、あなた​は​よろこび​の​あまり、われ​を​わすれて​ほこる​よう​に​なって​しまった​の​で​は​ない​か。」

    11 ​そこで、アンモン​は​アロン​に​った。「わたし​は​ぶん​の​ちから​も​​も​ほこって​は​いない。しかし​よ、わたし​の​よろこび​は​ちて​おり、むね​は​よろこび​で​いっぱい​で​ある。だから、わたし​は​しゅ​に​あって​よろこぼう。

    12 ​まことに、わたし​は​ぶん​が​なんの​​も​ない​もの​で​ある​こと​を​って​いる。わたし​は​ちから​の​よわい​もの​で​ある。だから、わたし​は​ぶん​の​こと​を​ほこる​つもり​は​ない。しかし、わたし​は​かみ​の​こと​を​ほころう。わたし​は​かみ​の​ちから​に​よって​何事なにごと​で​も​する​こと​が​できる​から​で​ある。まことに​よ、わたしたち​は​この​​で​おおく​の​だい​な​せき​を​おこなって​きた。だから、とこしえ​に​かみ​の​​を​ほめ​たたえよう。

    13 よ、かみ​が​ごく​の​つう​から​はなして​くださった​同胞はらから​の​かず​は、なんぜんにん​に​も​のぼる​で​は​ない​か。かれら​は​いまあがない​を​もたらした​あい​に​ついて​うたう​よう​に​なって​いる。これ​は​わたしたち​の​うち​に​ある​かみ​の​こと​の​ちから​の​おかげ​で​ある。だから、おおいに​よろこんで​よい​の​で​は​ない​だろう​か。

    14 ​まことに​わたしたち​は、とこしえ​に​かみ​を​ほめ​たたえて​とうぜん​で​ある。わたしたち​の​かみ​は​いと​たかき​かみ​で​あり、わたしたち​の​同胞はらから​を​ごく​の​くさり​から​はなして​くださった。

    15 ​まことに、わたしたち​の​同胞はらから​は​かつて​永遠えいえん​の​くらやみ​と​ほろび​に​かれて​いた​が、しかし​よ、かみ​は​かれら​を​ぶん​の​永遠えいえん​の​ひかり​の​なか​に、まことに​永遠えいえん​の​すくい​の​なか​に​みちびいて​くださった。そして​いまかれら​は​たぐい​ない​ゆたか​な​かみ​の​あい​に​かれて​いる。そして、わたしたち​は​かみ​の​​に​使つかわれる​もの​と​なって、この​おおいなる​おどろく​べき​わざ​を​おこなって​きた。

    16 ​だから、わたしたち​は​ほこって​よろこぼう。まことに、しゅ​を​ほこって​よろこぼう。まことに、わたしたち​の​よろこび​は​ちて​いる​ので、よろこび​を​あじわおう。まことに、とこしえ​に​かみ​を​ほめ​たたえよう。よ、しゅ​を​ほこって​よろこび​すぎる​と​いう​こと​が​ありよう​か。まことに、しゅ​の​おおいなる​ちから​と、しゅ​の​あわれみ​と、ひと​の​ら​に​たいする​しゅ​の​寛容かんよう​に​ついて​かたり​すぎる​と​いう​こと​が​ありよう​か。よ、わたし​は​あなたがた​に​う​が、わたし​は​かんじて​いる​こと​の​まんぶん​の​一​も​あらわせない。

    17 かみ​は​わたしたち​を​おそろしい、つみぶかい、けがれた​じょうたい​から​すくい​して​くださった​が、かみ​が​その​よう​に​あわれみ​ぶかい​かた​で​あられる​こと​を、だれ​が​そうぞう​できた​だろう​か。

    18 よ、かつて​わたしたち​は​いかって​て​き、ひどい​きょうはく​に​よって​かみ​の​きょうかい​を​ほろぼそう​と​した。

    19 ​おお、その​とき​に​かみ​は、なぜ​わたしたち​を​おそろしい​ほろび​に​わたされなかった​の​だろう​か。まことに、なぜ​わたしたち​に​ばつ​の​つるぎ​を​くだし、わたしたち​を​永遠えいえん​の​絶望ぜつぼう​の​ふち​に​とされなかった​の​だろう​か。

    20 ​おお、その​こと​を​かんがえる​と、わたし​は​って​しまいそう​で​ある。よ、かみ​は​わたしたち​に​ぶん​の​せい​を​こう使​される​こと​なく、ふかい​あわれみ​に​よって、​と​こう​の​あの​永遠えいえん​の​ふち​から​わたしたち​を​すくい​に​みちびいて​くださった。

    21 ​さて​よ、きょうだい​たち​よ、まれながら​の​ひと​で​これら​の​こと​を​って​いる​ひと​が​いる​だろう​か。わたし​は​あなたがた​に​う。あらためた​ひとがい、これら​の​こと​を​って​いる​ひと​は​だれ​も​いない。

    22 ​まことに、あらためて​しんこう​を​はたらかせ、い​おこない​を​し、えず​いのり​つづける​ひと​に​は、かみ​の​おく​を​る​こと​が​ゆるされ、まことに、まだ​あきらか​に​されて​いない​こと​を​あきらか​に​する​こと​が​ゆるされる。また、この​同胞はらから​を​あらため​に​みちびく​つとめ​が​わたしたち​に​あたえられた​よう​に、なんぜん​も​の​人々ひとびと​を​あらため​に​みちびく​つとめ​が​その​ひと​に​あたえられる。

    23 ​さて、きょうだい​たち​よ、わたしたち​が​ゼラヘムラ​の​​に​む​同胞はらから​に、わたしたち​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​に​おしえ​を​く​ため​に​ニーファイ​の​​へ​く​と​った​とき、かれら​が​わたしたち​を​あざけり​わらった​の​を​おぼえて​いる​だろう​か。

    24 かれら​は​わたしたち​に​った。『あなたがた​は​レーマンじん​に​しん​を​らせる​こと​が​できる​と​おもって​いる​の​か。いまる​とおり​の​ごうじょう​な​たみ​で​ある​レーマンじん​に、かれら​の​せん​の​つたえ​が​ただしくない​こと​を​なっとく​させる​こと​が​できる​と​おもって​いる​の​か。かれら​は​いま​で​も​​を​ながす​こと​を​よろこび​と​して​おり、​ひどい​ざいあく​に​れ、かれら​の​生活せいかつ​は​はじめ​から​そむく​もの​の​生活せいかつ​だ。』​きょうだい​たち、あなたがた​は​かれら​が​こう​った​の​を​おぼえて​いる​はず​で​ある。

    25 ​また​かれら​は、『レーマンじん​に​ち​かされて​ほろびる​こと​の​ない​よう​に、我々われわれ​は​​を​って、かれら​と​かれら​の​ざいあく​を​​から​いっそう​しよう』​と​も​った。

    26 ​しかし​よ、あいする​きょうだい​たち​よ、わたしたち​は​同胞はらから​を​ほろぼす​ため​で​は​なく、わずか​な​ひと​で​も​すくえる​の​で​は​ない​か​と​いう​こと​で​​に​やって​た。

    27 ​そして、わたしたち​が​消沈しょうちん​して、まさに​かえそう​と​した​とき​に、よ、しゅ​は​わたしたち​を​なぐさめ、『あなたがた​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​の​なか​に​き、忍耐にんたい​して​なん​に​え​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​に​せいこう​を​​させよう』​と​われた。

    28 ​さて​よ、わたしたち​は​レーマンじん​の​なか​に​て​ほうぼう​を​めぐり、様々さまざま​な​なん​に​え、あらゆる​窮乏きゅうぼう​を​しのいで​きた。まことに、​の​人々ひとびと​の​あわれみ​に​たより​ながら、家々いえいえ​を​おとずれた。​の​人々ひとびと​の​あわれみ​ばかり​で​なく、かみ​の​あわれみ​に​も​たよって​きた。

    29 ​そして、わたしたち​は​かれら​の​いえ​に​はいって、かれら​を​おしえ、また​とおり​で​も、おか​の​うえ​で​も​おしえた。かれら​の​神殿しんでん​や​会堂かいどう​に​も​はいって​おしえた。そして、わたしたち​は​され、あざけられ、つばき​を​き​かけられ、ほお​を​たれた。また、いし​を​げつけられ、らえられて​じょう​な​なわ​で​しばられ、ろう​に​れられた。そののち、わたしたち​は​かみ​の​ちから​と​​に​よって、ふたたび​すくい​された。

    30 ​また、わたしたち​は​あらゆる​なん​に​えて​きた。これ​は​すべて、だれか​ひと​で​も​すくう​なかち​に​なれる​よう​に​と​おこなって​きた​こと​で​あった。わたしたち​は、だれか​を​すくう​なかち​に​なれたら​よろこび​に​たされる​だろう​と​おもった。

    31 ​さて​よ、わたしたち​は、ぶん​たち​の​ろう​の​せい​を​て、それ​を​​に​する​こと​が​できる。その​せい​は​わずか​だろう​か。あなたがた​に​う。いや、その​せい​は​おおい、と。また、かれら​が​同胞はらから​と​わたしたち​に​しめして​きた​あい​から、かれら​の​誠実せいじつさ​を​る​こと​が​できる。

    32 よ、かれら​は、てき​の​いのち​で​あって​も、その​いのち​を​うばう​より​は​むしろ​ぶん​の​いのち​を​せい​に​する​ほう​を​えらんだ。そして​かれら​は、同胞はらから​を​あいして​いた​ので、ぶん​たち​の​​を​ちゅうふかく​めて​しまった。

    33 ​さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。これまで​ぜん​で​これほど​の​ふかい​あい​が​あった​だろう​か。よ、あなたがた​に​う。いや、ニーファイじん​の​なか​に​さえ​なかった、と。

    34 よ、ニーファイじん​なら​ば、同胞はらから​に​たいして​​を​る​で​あろう。ころされる​に​まかせる​こと​は​ない​で​あろう。しかし​よ、これら​の​レーマンじん​の​なんと​おおく​が​いのち​を​てた​こと​か。これら​の​人々ひとびと​は​あい​が​あり、つみ​を​にくんで​いた​ので、ぶん​たち​の​かみ​の​みもと​に​った​こと​を​わたしたち​は​って​いる。

    35 ​それでも、よろこんで​よい​ゆう​は​ない​の​だろう​か。ある​と、あなたがた​に​おう。かい​が​はじまって​らい、わたしたち​ほど​よろこんで​よい、りっ​な​ゆう​を​って​いる​もの​は​いない。わたし​は​かみ​に​あって​ぶん​の​よろこび​を​ほこる​ほど​まで​に、いまよろこび​に​ひたり​って​いる。かみ​は、いっさい​の​けん​と​あらゆる​、あらゆる​かい​を​そなえて​おられる。かみ​は​すべて​の​こと​を​さとって​おられる。かみ​は​あわれみ​ぶかい​かた​で​あり、あらためて​かみ​の​​を​しんじる​人々ひとびと​に​すくい​を​あたえて​くださる。

    36 ​さて、もし​これ​が​ほこって​いる​こと​に​なる​と​う​の​で​あれ​ば、わたし​は​これから​も​この​よう​に​ほころう。この​かた​は​わたし​の​いのち、わたし​の​ひかり、わたし​の​よろこび、わたし​の​すくい​で​あり、また​わたし​を​永遠えいえん​の​のう​から​あがなって​くださる​かた​で​ある。まことに、イスラエル​の​​の​ひとえだ​で​あって、おや​から​けられて​きょう​で​さまよって​いる​この​たみ​を​こころ​に​かけて​くださった​かみ​の​​が​ほめ​たたえられる​よう​に。まことに、きょう​で​ろう​の​たみ​と​なって​いる​わたしたち​を​こころ​に​かけて​くださった​わたし​の​かみ​の​​が​ほめ​たたえられる​よう​に。

    37 ​さて、きょうだい​たち、かみ​は​たみ​が​どの​​に​んで​いよう​と​も、すべて​の​たみ​を​こころ​に​かけられる​こと​が​かる。まことに、かみ​は​ぶん​の​たみ​を​かぞえて​おられ、かみ​の​あわれみ​の​こころ​は​ぜん​の​うえ​に​およんで​いる。これ​が​わたし​の​よろこび​で​あり、わたし​の​ふかく​感謝かんしゃ​して​いる​ところ​で​ある。わたし​は​とこしえ​に​かみ​に​感謝かんしゃ​を​ささげよう。アーメン。」