アルマ書 63
    脚注

    第​63​章

    シブロン​が​せいなる​ろく​を​しょゆう​し、のち​に​ヒラマン​が​しょゆう​する。おおく​の​ニーファイじん​が​北方ほっぽう​の​​へ​く。ハゴス、なんせき​も​の​ふね​を​つくり、それら​の​ふね​は​西にし​の​う み​に​る。モロナイハ、たたかい​で​レーマンじん​を​やぶる。げんぜんやく​五十六​ねん​から​五十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​三十六​ねん​の​はじめ​に、​シブロン​は、アルマ​が​ヒラマン​に​わたした​神聖しんせい​な​品々しなじな​を​しょゆう​する​こと​に​なった。

    2 ​シブロン​は​ただしい​ひと​で​あって、かみ​の​まえ​を​まっすぐ​に​あゆんで​いた。そして、えず​ぜん​を​おこない、しゅ​なる​かみ​の​いましめ​を​まもる​よう​に​つとめた。かれ​の​きょうだい​も​また​どうよう​で​あった。

    3 ​さて、モロナイ​も​また​んだ。この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい​三十六​ねん​が​わった。

    4 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​三十七​ねん​に​は、ゼラヘムラ​の​​から​北方ほっぽう​の​​へ​たびった​おおきな​一団いちだん​が​あった。その​一団いちだん​は​五千四百​にん​の​おとこ​たち​と、かれら​の​さい​から​って​いた。

    5 ​さて、ハゴス​と​いう​ひと​が​おり、かれ​は​じょう​に​りょう​の​すぐれた​ひと​で​あった​ので、かけて​って、デソレション​の​​に​ちかい​バウンティフル​の​​の​さかい​で​一せき​の​じょう​に​おおきな​ふね​を​建造けんぞう​し、それ​を​西にし​の​う み​に​進水しんすい​させた。そこ​は​北方ほっぽう​の​​へ​つうじて​いる​きょう​の​ちかく​で​あった。

    6 ​そして​よ、おおく​の​ニーファイじん​が​それ​に​み、たくさん​の​食糧しょくりょう​を​って​ふな​した。おおく​の​おんな​と​ども​も​いっしょ​で​あった。そして、かれら​は​北方ほっぽう​へ​しん​を​った。この​よう​に​して、だい​三十七​ねん​が​わった。

    7 だい​三十八​ねん​に、この​ひと​は​ほか​に​も​なんせき​か​ふね​を​建造けんぞう​した。さいしょ​の​ふね​が​もどって​る​と、また​おおく​の​ひと​が​それ​に​み、かれら​も​たくさん​の​食糧しょくりょう​を​って​ふたたび​北方ほっぽう​の​​へ​しゅっぱつ​した。

    8 ​そして、かれら​の​しょうそく​は​えて​しまった。おもう​に、かれら​は​う み​の​ふかみ​に​しずんで​おぼれて​しまった​の​で​あろう。また、ほか​に​も​一せき​が​ふな​した​が、それ​も​どこ​へ​った​か​わたしたち​に​は​からない。

    9 ​そして、この​とし​に​おおく​の​ひと​が​北方ほっぽう​の​​へ​った。そして、だい​三十八​ねん​が​わった。

    10 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​三十九​ねん​に、シブロン​も​んだ。コリアントン​は、北方ほっぽう​の​​へ​った​人々ひとびと​に​食糧しょくりょう​を​とどける​ため​に​ふね​で​その​​へ​かけて​った。

    11 ​そこで​シブロン​は​ぬ​まえ​に、​ヒラマン​の​むす​に​神聖しんせい​な​品々しなじな​を​たくさなければ​ならなかった。ヒラマン​の​この​むす​は、ちち​の​​に​ちなんで​けられ、ヒラマン​と​ばれて​いた。

    12 ​さて​よ、ヒラマン​が​しょゆう​した​はん​に​きざまれた​ろく​は、おおやけ​に​して​は​ならない​と​アルマ​が​めいじた​ぶん​を​のぞいて、すべて​き​うつされて​ぜん​の​いたる​ところ​の​ひと​の​ら​に​おくられた。

    13 ​それでも、これら​の​品々しなじな​は​神聖しんせい​に​たもち、つたえ​なければ​ならない​ので、この​とし​に、シブロン​が​ぬ​まえ​に​ヒラマン​に​たくされた​の​で​ある。

    14 ​さて、この​とし​に​レーマンじん​の​もと​へ​って​った​何人なんにん​か​の​はんしゃ​が​おり、レーマンじん​は​また​そそのかされて​ニーファイじん​に​たいして​いかった。

    15 ​そして​この​おなじ​とし​に、かれら​は​​モロナイハ​の​たみ、いや、モロナイハ​の​ぐんたい​と​たたかう​ため​に​大軍たいぐん​で​くだって​た。しかし、かれら​は​ち​かされ、おおきな​損害そんがい​を​けて​ぶん​たち​の​くに​へ​かえされた。

    16 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​三十九​ねん​が​わった。

    17 ​これ​で、アルマ​と、むす​ヒラマン​と、アルマ​の​むす​シブロン​に​ついて​の​はなし​は​わった。