アルマ書 60
    脚注

    第​60​章

    モロナイ、せい​が​ぐんたい​に​こころ​を​くばらない​こと​に​ついて​パホーラン​を​なん​する。しゅ​は​じん​が​ころされる​の​を​その​まま​に​して​おかれる。ニーファイじん​は​てき​を​ふせぐ​ため​に​あらゆる​ちから​と​しゅだん​を​もちい​なければ​ならない。モロナイ、ぶん​の​ぐんたい​に​援助えんじょ​が​あたえられ​なければ​せい​を​てき​として​たたかう​と​おどす。げんぜんやく​六十二​ねん

    1 ​さて、モロナイ​は​くに​の​そうとく​で​ある​パホーラン​に​ふたたび​がみ​を​いた。かれ​が​いた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。「わたし​は​ゼラヘムラ​の​まち​に​いる​だい​さばきつかさ​で​あり​くに​の​そうとく​で​ある​パホーラン​と、また​この​せんそう​の​しょ​を​とうかつ​し​る​ため​に​この​たみ​に​よって​えらばれた​すべて​の​方々かたがた​に​あてて、この​がみ​を​しるし​ます。

    2 ​さて​まことに、これら​の​方々かたがた​に​かたって​なん​したい​こと​が​少々しょうしょう​あり​ます。まことに、あなたがた​しんぞんじ​の​よう​に、あなたがた​は​へい​を​あつめ、かれら​を​つるぎ​と​づきとう​と​あらゆる​​で​そう​させ、また​レーマンじん​が​わたしたち​の​くに​に​はいって​る​ところ​に​けん​して​かれら​と​たたかわせる、その​よう​な​しょく​に​にんめい​されて​います。

    3 ​そこで​まことに、あなたがた​に​もうし​ます​が、わたし​しん​も​わたし​の​へい​も、ヒラマン​も​かれ​の​へい​も、とても​ひどい​なん​を​けて​きました。え​や​かわき、ろう、その​ほか​あらゆる​なん​を​あじわって​きました。

    4 ​しかし​まことに、わたしたち​の​けた​の​が​これだけ​で​あれ​ば、わたしたち​は​つぶやかず、へい​も​わなかった​でしょう。

    5 ​ところが​まことに、わたしたち​の​たみ​の​けた​さつりく​は​ひどく、すでに​すうせんにん​が​つるぎ​に​たおれて​います。もし​わたしたち​の​ぐんたい​に​十分じゅうぶん​な​援兵えんぺい​と​援助えんじょ​を​あたえて​くれて​いたら、この​よう​に​は​ならなかった​かも​しれ​ません。まことに、あなたがた​は​わたしたち​の​こと​を​ないがしろ​に​して​います。

    6 いま​まことに、わたしたち​は、この​よう​に​はなはだしく​ないがしろ​に​された​ゆう​を​りたい​と​おもい​ます。あなたがた​が​頓着とんちゃく​な​じょうたい​に​ある​ゆう​を​りたい​と​おもい​ます。

    7 てき​が​あなたがた​の​しゅう​で​​の​わざ​を​ひろげて​いる​の​に、あなたがた​は​かんがえ​も​なく​ぼんやり​と​した​じょうたい​で​​に​いて​いられる​と​おもう​の​です​か。まことに​その​あいだ​に、かれら​は​あなたがた​の​同胞はらから​を​なんぜんにん​も​ころして​いる​の​です。

    8 ​まことに、あなたがた​の​同胞はらから​は​あなたがた​の​​を​たより​に​し、ぶん​たち​を​すくう​​に​あなたがた​を​にんじ​ました。まことに、ぶん​たち​の​もと​に​ぐんたい​を​けん​して​ぶん​たち​を​きょう​し、すうせん​の​人々ひとびと​が​つるぎ​に​たおされる​の​を​すくえる、その​よう​な​​に​あなたがた​を​にんじた​の​です。

    9 ​しかし​まことに、それ​だけ​で​は​あり​ません。あなたがた​は​かれら​に​食糧しょくりょう​を​おくり​ません​でした。それでも、おおく​の​ひと​は​この​たみ​の​さいわい​を​ふかく​のぞんで​いた​ので、たたかい​に​て​​を​ながし、いのち​を​うしない​ました。かれら​は​に​しそう​に​なり​ながら​も、この​よう​に​した​の​です。あなたがた​が​かれら​を​はなはだ​ひどく​けい​した​から​です。

    10 あいする​きょうだい​たち、あなたがた​は​あいされる​よう​に​す​べき​で​あり、また​この​たみ​の​さいわい​と​ゆう​の​ため​に、もっと​熱心ねっしん​に​つとめる​べき​でした。しかし​まことに、あなたがた​は​かれら​に​こころ​を​くばらなかった​ので、将来しょうらいすうせんにん​の​​が、ほうふく​を​もとめて​あなたがた​の​こうべ​に​りかかる​こと​でしょう。まことに、かれら​の​嘆願たんがん​と​かれら​の​くるしみ​を、すべて​かみ​は​ぞんじ​だから​です。

    11 ​まことに、あなたがた​は、これから​も​ぶん​は​​に​いて​いる​こと​が​でき、かみ​の​ふかい​いつくしみ​の​おかげ​で​なにも​する​こと​なく​かみ​に​よって​すくわれる​と​かんがえる​こと​が​できる​でしょう​か。まことに、その​よう​に​かんがえて​いる​の​で​あれ​ば、それ​は​むなしい​こと​です。

    12 じょう​に​おおく​の​同胞はらから​が​ころされた​の​は​かれら​の​あく​の​ため​で​ある​と、あなたがた​は​おもって​いる​の​です​か。あなたがた​に​もうし​ます。もし​その​よう​に​かんがえて​いる​の​で​あれ​ば、それ​は​むなしい​こと​です。あなたがた​に​もうし​ます​が、つるぎ​で​ころされた​人々ひとびと​は​おおぜい​おり、まことに、あなたがた​は​その​ため​に​つみ​の​せんこく​を​ける​でしょう。

    13 しゅ​は​ぶん​の​ばつ​と​さばき​を​あくにん​に​くだせる​よう​に、じん​が​ころされる​の​を​その​まま​に​して​おかれ​ます。したがって、あなたがた​は、じん​が​ころされて​も​てられた​と​おもう​に​は​および​ません。まことに、かれら​は​しゅ​なる​かみ​の​あんそく​に​はいる​の​です。

    14 ​さて​まことに、ここ​で​あなたがた​に​もうし​ます​が、わたし​は​かみ​の​さばき​が​いち​の​人々ひとびと​の​ひどい​怠慢たいまん​の​ため​に、すなわち、わたしたち​の​せい​の​怠慢たいまん​の​ため​に、また​同胞はらから​で​ある​ころされた​もの​たち​を​かれら​が​はなはだ​ひどく​けい​した​ため​に、この​たみ​に​くだる​の​で​は​ない​か​と​じょう​に​ねん​して​います。

    15 ​わたしたち​の​くに​の​どうしゃ​から​はじまった​あく​が​なければ、わたしたち​は​てき​を​ふせぐ​こと​が​でき、わたしたち​を​はい​する​けんりょく​を​けっして​かれら​に​​させなかった​でしょう。

    16 ​まことに、もし​わたしたち​しん​の​なか​に​きた​内戦ないせん​が​なかった​なら​ば、また​わたしたち​しん​の​なか​に​あれ​ほど​おおく​の​りゅうけつ​を​こした​王政おうせいとう​の​もの​たち​が​い​なければ、また​わたしたち​の​なか​に​あらそい​の​あった​とき​に、これまで​おこなって​きた​よう​に​わたしたち​が​ちから​を​わせて​いた​なら​ば、また​王政おうせいとう​の​もの​たち​が​わたしたち​を​はい​する​けんりょく​と​権能けんのう​を​よう​と​のぞまなかった​なら​ば、また​かれら​が​わたしたち​に​たいして​​を​って、じょう​に​おおく​の​りゅうけつ​を​わたしたち​の​なか​に​こす​こと​なく、ゆう​の​たい​に​誠実せいじつ​で​あり、わたしたち​と​けっそく​し、てき​と​たたかって​いた​なら​ば、そして​わたしたち​が​しゅ​の​ちから​を​もって​てき​と​たたかって​いた​なら​ば、わたしたち​は​てき​を​い​らして​いた​でしょう。しゅ​の​こと​の​とおり​に​それ​は​る​から​です。

    17 ​しかし​まことに、いま​レーマンじん​は​わたしたち​の​​を​占領せんりょう​し、わたしたち​に​め​せて​います。かれら​は​わたしたち​の​たみ​を​つるぎ​で​ころし、まことに​おんな​や​ども​さえ​も​ころし、また​おんな​と​ども​を​らえて​れてき、あらゆる​なん​を​かれら​に​わせて​います。これ​は​けんりょく​と​けん​を​もとめて​いる​もの​たち、すなわち​あの​王政おうせいとう​の​もの​たち​の​ひどい​あく​の​せい​です。

    18 ​しかし​わたし​は、この​こと​を​どうして​くどくど​と​え​ましょう​か。あなたがた​も​けん​を​もとめて​いない​と​は​れない​から​です。あなたがた​も​国賊こくぞく​で​ない​と​は​れ​ません。

    19 ​それとも、あなたがた​が​わたしたち​の​こと​を​こころ​に​かけず、わたしたち​に​食糧しょくりょう​を​おくらせず、また​わたしたち​の​ぐんたい​を​つよめる​へい​も​けん​させない​の​は、あなたがた​が​くに​の​ちゅうおう​に​いて、まわり​が​安全あんぜん​な​ため​な​の​です​か。

    20 ​あなたがた​は、しゅ​なる​かみ​の​いましめ​を​わすれた​の​です​か。まことに、あなたがた​は​せん​が​とらわれ​の​​に​あった​こと​を​わすれた​の​です​か。わたしたち​が​いくたび​も​てき​の​​から​すくわれた​こと​を​わすれた​の​です​か。

    21 ​それとも、わたしたち​が​​に​いて​いる​まま、しゅ​から​あたえられた​しゅだん​を​よう​しないで​いて、しゅ​が​それでも​なお​わたしたち​を​すくって​くださる​と​おもって​いる​の​です​か。

    22 ​まことに、さかい​の​​の​いたる​ところ​で、なんぜん​も​の​人々ひとびと​が​つるぎ​に​たおれて​きずつき、​を​ながして​いる​の​に、あなたがた​は、なにも​せず​に​して​いる​なんぜんなんまん​の​もの​たち​に​かこまれた​まま、ぶん​も​なにも​せず​に​して​いる​つもり​です​か。

    23 ​あなたがた​は​ただ​じっと​して​これら​の​こと​を​て​いて、かみ​が​あなたがた​を​つみ​の​ない​もの​と​なして​くださる​と​で​も​おもって​いる​の​です​か。まことに、わたし​は​あなたがた​に、その​よう​な​こと​は​ない​と​もうし​ます。かみ​が​かつて、『まず​うつわ​の​うちがわ​を​きよめ​なさい。それから​うつわ​の​外側そとがわ​も​きよめ​なさい』​と​われた​こと​を、わすれない​よう​に​して​ほしい​と​おもい​ます。

    24 ​ところで、あなた​が​これまで​おこなって​きた​こと​を​あらため、がって​こうどう​を​こし、わたしたち​と​ヒラマン​に​食糧しょくりょう​と​へい​を​おくり、ヒラマン​が​すでに​かえした​わたしたち​の​くに​の​あの​ほう​を​​できる​よう​に​し、また​わたしたち​に​も​この​ほう​の​りょう​の​のこり​を​かえせる​よう​に​して​くれ​なければ、わたしたち​は​まず​うつわ​の​うちがわ、すなわち​わたしたち​の​せい​の​さいこうせき任​にんしゃ​を​きよめ​える​まで、もはや​レーマンじん​と​たたかわない​の​が​とくさく​でしょう。

    25 ​あなた​が​わたし​の​がみ​に​よる​要請ようせい​を​とどけ、まこと​の​ゆう​の​精神せいしん​を​わたし​に​しめし、わたしたち​の​ぐんたい​を​きょう​し​けん​に​する​りょく​を​はらい、ぐんたい​を​やしなう​ため​の​食糧しょくりょう​を​おくって​くれ​なければ、まことに、わたし​は​ゆうとう​の​もの​たち​の​いち​を​くに​の​この​ほう​を​まもる​ため​に​のこし、また​かみ​の​ちから​と​しゅくふく​を​かれら​に​のこして​ほか​の​いかなる​ちから​も​かれら​に​およばない​よう​に​して​おき​ます。

    26 かれら​の​ふかい​しんこう​と​艱難かんなん​の​なか​で​の​忍耐にんたい​の​ゆえ​に、ほか​の​ちから​は​かれら​に​および​ません。

    27 ​そして、わたし​は​あなたがた​の​もと​へ​き、もし​あなたがた​の​なか​に​ゆう​を​もとめる​もの​が​いれ​ば、まことに、ゆう​の​痕跡こんせき​で​も​のこって​いれ​ば、けんりょく​と​けん​を​うばい​る​こと​を​ねがって​いる​もの​たち​が​える​まで、わたし​は​あなたがた​の​なか​で​ほん​を​せんどう​しましょう。

    28 ​まことに、わたし​は、あなたがた​の​けんりょく​も​あなたがた​の​けん​も​おそれ​ません。わたし​が​おそれる​の​は​わたし​の​かみ​です。わたし​が​くに​の​たい​を​まもる​ため​に​つるぎ​を​る​こと​は、かみ​の​めいじられた​こと​に​かなって​います。わたしたち​が​この​よう​に​だい​の​損害そんがい​を​こうむった​の​は、あなたがた​の​ざいあく​の​ため​です。

    29 ​まことに、もし​あなたがた​が​ぶん​たち​の​くに​と​ども​たち​を​まもる​りょく​を​はらわなければ、ばつ​の​つるぎ​が​あなたがた​の​うえ​に​せまる​とき​が​いまや​ちかづいて​います。やがて​それ​は​あなたがた​の​うえ​に​ち、あなたがた​を​って​ことごとく​ほろぼす​こと​でしょう。

    30 ​まことに、わたし​は​あなたがた​から​の​援助えんじょ​を​って​います。もし​あなたがた​が​わたしたち​の​救援きゅうえん​に​ひつよう​な​もの​を​あたえて​くれ​なければ、わたし​は​あなたがた​の​もと​へ、まことに​ゼラヘムラ​の​​へ​って​つるぎ​で​あなたがた​を​ち​ます。したがって​あなたがた​は、この​たみ​が​ゆう​の​たい​を​ひろめる​の​を​さまたげる​ちから​を​​と​てなく​なる​でしょう。

    31 ​まことに、あなたがた​が​きて​いて​ざいあく​を​つのらせ、しゅ​の​​に​かなった​たみ​を​ほろぼす​こと​を、しゅ​は​ゆるされ​ません。

    32 ​まことに、レーマンじん​の​ぞう​の​もと​に​なった​の​は、かれら​の​せん​の​つたえ​で​あり、それ​は、わたしたち​から​はん​した​もの​たち​に​よって​ばい​され​ました。いっぽう​あなたがた​の​ざいあく​は、あなたがた​が​ほまれ​と​ぞく​の​むなしい​もの​に​愛着あいちゃく​して​しょうじた​もの​です。そう​で​ある​の​に​あなたがた​は、しゅ​が​あなたがた​の​いのち​を​すくい、レーマンじん​に​たいして​は​さばき​を​くだされる​と​かんがえられる​でしょう​か。

    33 ​あなたがた​は、ぶん​たち​が​かみ​の​りっぽう​に​そむいて​いる​こと​を​しょう​して​います。また、かみ​の​りっぽう​を​あし​の​した​に​みつけて​いる​こと​も​しょう​して​います。まことに、しゅ​は​わたし​に、『もし​あなたがた​が​そうとく​に​えらんだ​もの​たち​が、ぶん​の​つみ​と​​を​あらため​なければ、あなたがた​は​のぼって​って​かれら​と​たたかい​なさい』​と​われ​ます。

    34 ​さて​まことに、わたし​モロナイ​は、ぜん​に​ぶん​が​わした​せいやく​に​おうじて、かみ​の​めいじられた​こと​を​たす​よう​に​つよく​うながされて​います。したがって、あなたがた​が​かみ​の​こと​に​したがう​こと、また​あなたがた​の​食糧しょくりょう​と​へい​を​わたし​と​ヒラマン​の​もと​に​すみやか​に​おくる​こと​を​わたし​は​ねがって​います。

    35 ​まことに、もし​あなたがた​が​こう​して​くださら​なければ、わたし​は​すみやか​に​あなたがた​の​もと​へ​き​ます。まことに、わたしたち​が​え​の​ため​に​ほろびる​の​を、かみ​は​ゆるされない​から​です。したがって、たとえ​つるぎ​に​よって​で​あろう​と、かみ​は​わたしたち​に​あなたがた​の​食糧しょくりょう​を​お​あたえ​くださる​でしょう。いま​すぐに​かみ​の​こと​を​じっこう​に​うつす​よう​に​はず​を​ととのえて​ください。

    36 ​まことに、わたし​は​あなたがた​の​れいかん、モロナイ​です。わたし​は​けんりょく​を​もとめず、むしろ​それ​を​き​たおそう​と​して​います。わたし​は​​の​ほまれ​を​もとめず、むしろ​かみ​の​えいこう​と​わたし​の​くに​の​ゆう​と​さいわい​と​を​もとめて​います。これ​で​わたし​の​がみ​を​むすび​ます。」