アルマ書 28
    脚注

    第​28​章

    レーマンじん​は​はげしい​戦闘せんとう​で​やぶれる。その​戦闘せんとう​で、すうまん​の​人々ひとびと​が​ぬ。あくにん​は​きゅう​の​こう​な​じょうたい​に​かれ、じん​は​けっして​わり​の​ない​こうふく​を​る。げんぜんやく​七十七​ねん​から​七十六​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、アンモン​の​たみ​が​​ジェルション​の​​に​定住ていじゅう​し、きょうかい​も​ジェルション​の​​に​もうけられ、ニーファイじん​の​ぐんたい​が​ジェルション​の​​の​しゅう​に、まことに、ゼラヘムラ​の​​の​しゅう​の​さかい​の​全域ぜんいき​に​はい​された​のちよ、レーマンじん​の​ぐんたい​が​かれら​の​同胞はらから​を​って​​に​すすんで​た。

    2 ​この​よう​に​して、すさまじい​戦闘せんとう​が​はじまった。まことに、リーハイ​が​エルサレム​を​って​らい、この​​で​人々ひとびと​が​いち​も​経験けいけん​した​こと​の​ない​​の​戦闘せんとう​で​あった。そして、ころされ、ほうぼう​に​い​らされた​レーマンじん​は​すうまんにん​に​も​およんだ。

    3 ​また、ニーファイ​の​たみ​に​も​すさまじい​さつりく​が​およんだ​が、それでも​レーマンじん​は​はらわれ、らされた。そして​ニーファイ​の​たみ​は、ふたたび​ぶん​たち​の​​に​かえった。

    4 ​これ​に​よって​くにじゅういたる​ところ​に、すなわち​ニーファイ​の​すべて​の​たみ​の​なか​に​おおきな​なげき​と​かなしみ​の​こえ​が​こった。

    5 ​まことに、やもめ​は​おっと​の​こと​を​なげき、ちち​は​むす​の​こと​を、むすめ​は​きょうだい​の​こと​を、まことに、きょうだい​は​ちち​の​こと​を​それぞれ​なげいて​き​さけんだ。この​よう​に​すべて​の​ひと​の​なか​で、ころされた​親族しんぞく​の​こと​を​なげく​さけび​ごえ​が​かれた。

    6 ​さて、これ​は​まことに​なげき​に​ちた​​で​あり、まことに、厳粛げんしゅく​な​とき断食だんじき​と​いのり​を​かさねた​とき​で​あった。

    7 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい十五​ねん​が​わる。

    8 ​アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​が​ニーファイ​の​​を​たび​した​こと​と、その​​で​けた​くるしみ、たんなんはかれない​よろこび、同胞はらから​が​ジェルション​の​​に​むかえられて​安全あんぜん​に​らした​こと​に​ついて​の​はなし​は、じょう​の​とおり​で​ある。万人ばんにん​の​あがなぬし​で​ある​しゅ​が、とこしえ​に​かれら​を​しゅくふく​して​くださる​よう​に。

    9 ​ニーファイじん​の​なか​の​せんそう​と​あらそい、および​ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​の​せんそう​に​ついて​の​はなし​は​じょう​の​とおり​で​ある。これ​で、さばきつかさ​の​とうだい十五​ねん​が​わる。

    10 ​さばきつかさ​の​とう​の​だい一​ねん​から​だい十五​ねん​まで​の​あいだ​に、なんぜん​も​の​人々ひとびと​が​ころされた。まことに、その​あいだ​に​りゅうけつ​の​さん​も​あった。

    11 ​そして、なんぜん​も​の​たい​が​ちゅう​に​ほうむられた​が、​の​おもて​に​げられた​まま​ちて​いる​たい​も​なんぜん​と​ある。また、うち​を​うしなった​こと​で​なげいて​いる​人々ひとびと​も​なんぜんにん​と​いる。かれら​が​なげく​の​は、しゅ​の​やくそく​に​よって​その​親族しんぞく​が​きゅう​の​こう​な​じょうたい​に​かれる​こと​を​おそれる​ゆう​が​ある​から​で​ある。

    12 ​また​いっぽう​で​は、親族しんぞく​を​うしなった​こと​を​まことに​かなしみ​ながら​も、かれら​が​よみがえって、けっして​わる​こと​の​ない​こうふく​な​じょうたい​で​かみ​の​みぎ​に​む​で​あろう​と​いう​のぞみ​に​よろこび​を​かんじ、また​しゅ​の​やくそく​に​よって​それ​を​って​さえ​いる​人々ひとびと​が​なんぜんにん​も​いる。

    13 じょう​の​こと​から、あく​が​ひと​の​こころ​を​らえよう​と​して​くわだてた​こうかつ​な​さくぼう​に​よって​しょうじる、つみ​と​そむき​と​あく​の​ちから​と​の​ため​に、人々ひとびと​の​​が​どれ​ほど​おおきく​なる​もの​で​ある​か​が、わたしたち​に​かる​の​で​ある。

    14 ​また​じょう​の​こと​から、しゅ​の​​ぶどう​えん​で​はたらく​人々ひとびと​が​勤勉きんべん​で​ある​よう​に​おおいに​もとめられて​いる​こと​も​かる。さらに、かなしみ​の​おおきな​原因げんいん​と​よろこび​の​おおきな​原因げんいん​に​ついて​も​かる。かなしみ​は​人々ひとびと​の​なか​の​​と​めつぼう​の​ため​に​しょうじ、よろこび​は​いのち​に​いたる​​キリスト​の​ひかり​の​ため​に​しょうじる​の​で​ある。