ニーファイ第二書 1
    脚注

    ニーファイだいしょ

    リーハイ​の​。ニーファイ​の​あに​たち、ニーファイ​に​そむく。しゅ、ニーファイ​に​​へ​る​よう​に​けいこく​される。​で​の​たび​など。

    第​1​章

    リーハイ、ゆう​の​​に​ついて​げん​する。リーハイ​の​そん​は、イスラエル​の​せいじゃ​を​こばむ​なら​ば​らされ、たれる。リーハイ、​の​​を​​に​ける​よう​に​むす​たち​に​すすめる。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​が​あに​たち​に​おしえ​えて​から、ちち​の​リーハイ​も​また​おおく​の​こと​を​あに​たち​に​はなし、しゅ​が​かれら​を​エルサレム​の​​から​す​に​たり、どれ​ほど​おおいなる​こと​を​なさった​か​を​かれら​に​かたった。

    2 ちち​は​また、かれら​が​う み​の​うえ​で​そむいた​こと​や、かみ​が​かれら​を​あわれんで、う み​に​のみ​まれない​よう​に​いのち​を​たすけて​くださった​こと​に​ついて、かれら​に​かたった。

    3 ​さらに​ちち​は、かれら​が​た​やくそく​の​​に​ついて​はなし、また、エルサレム​の​​から​のがれる​よう​に​けいこく​して​くださった​しゅ​が​いかに​あわれみ​ぶかい​かた​で​ある​か​を、かれら​に​かたった。

    4 よ、ちち​は​った。「わたし​は​げん​を​け、​エルサレム​が​すでに​ほろびて​しまった​こと​を​って​いる。エルサレム​に​のこって​いたら、わたしたち​も​また​ほろびて​いた​で​あろう。」

    5 ちち​は​った。「しかし、わたしたち​は​いろいろ​な​なん​に​った​に​も​かかわらず、やくそく​の​​を​​に​れた。これ​は​ほか​の​あらゆる​​に​まさった​​えりき​の​​で​あって、しゅ​なる​かみ​が​わたし​の​そん​の​ぎ​の​​として​わたし​に​せいやく​して​くださった​​で​ある。まことに、しゅ​は​この​​を、わたし​や​わたし​の​そん​に​とこしえ​に​くださる​と​せいやく​され、また​しゅ​の​​に​よって​ほか​の​くにぐに​から​みちびかれて​る​すべて​の​ひと​に​も​あたえる​と​せいやく​された。

    6 ​それで​わたし​リーハイ​は、わたし​の​うち​に​ある​たま​の​はたらき​に​よって​げん​する。すなわち、しゅ​の​​に​よって​みちびかれて​る​の​で​なければ、​だれ​も​この​​に​る​こと​は​ない。

    7 ​したがって、この​​は​しゅ​が​れてられる​もの​の​ため​に​聖別せいべつ​されて​いる。もし​この​人々ひとびと​が​しゅ​から​あたえられた​いましめ​に​したがって​しゅ​に​つかえる​なら​ば、ここ​は​かれら​に​とって​ゆう​の​​と​なり、かれら​は​けっして​とらわれ​の​​に​おちいる​こと​が​ない​で​あろう。もし​とらわれ​の​​に​おちいる​なら​ば、それ​は​ざいあく​の​ため​で​ある。ざいあく​が​はびこる​とき、​は​ざいあく​を​おかす​人々ひとびと​の​ため​に​​のろわれる​が、じん​の​ため​に​は​とこしえ​に​しゅくふく​される​から​で​ある。

    8 よ、この​​を​いま​なお​ほか​の​こくみん​に​られない​よう​に​して​おく​の​は、かしこい​こと​で​ある。よ、おおく​の​こくみん​が​むらがって​て、ぎ​の​​が​なくなって​しまう​から​で​ある。

    9 ​それで、わたし​リーハイ​は​やくそく​を​けて​いる。すなわち、しゅ​なる​かみ​に​よって​エルサレム​の​​から​れてられる​人々ひとびと​は、しゅ​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​この​​の​おもて​で​さかえ、また​ほか​の​すべて​の​こくみん​から​も​はなされて、この​​を​ぶん​の​もの​として​しょゆう​する。そして​かれら​は、しゅ​の​命令めいれい​を​まもる​なら​ば​この​​で​しゅくふく​を​け、かれら​を​くるしめる​もの​は​なく、また​その​ぎ​の​​を​げる​もの​も​なく、とこしえ​に​安全あんぜん​に​らせる​の​で​ある。

    10 ​しかし​よ、かれら​が​しゅ​の​​から​じょう​に​おおきな​しゅくふく​を​けた​のち、すなわち、かれら​が​​と​すべて​の​ひと​の​そうぞう​に​ついて​の​しき​を​​の​そうぞうらい​の​しゅ​の​おおいなる​おどろく​べき​わざ​を​り、しんこう​に​よって​すべて​の​こと​を​おこなう​ちから​を​あたえられ、​の​はじめ​から​の​いましめ​を​ことごとく​さずかり、しかも​しゅ​の​かぎりない​いつくしみ​に​よって​この​とうとい​やくそく​の​​へ​れてられた​のち​に、しんこう​に​おちいる​とき​が​る​と、よ、わたし​は​う​が、もし​かれら​が​まこと​の​​メシヤ、かれら​の​あがなぬしかれら​の​かみ​で​ある​イスラエル​の​せいじゃ​を​こばむ​​が​れば、こうせい​な​かみ​の​さばき​が​かれら​に​とどまる​で​あろう。

    11 ​まことに​しゅ​は、かれら​の​もと​に​​ほか​の​こくみん​を​れてて​ちから​を​さずけられる。そして、かれら​は​しょゆう​して​いる​​を​げられ、らされ、たれる。

    12 ​まことに、だい​が​うつる​に​つれて、かれら​の​なか​に​りゅうけつ​が​あり、おおきな​刑罰けいばつ​が​くだる。だから​むす​たち​よ、おぼえて​おいて​ほしい。まことに、わたし​の​こと​に​き​したがって​ほしい。

    13 ​おお、あなたがた​は​​を​まして​いて​もらいたい。ふかい​ねむり​から、すなわち​ごく​の​ねむり​から​めて、あなたがた​を​しばって​いる​おそろしい​くさり​を​り​はらい​なさい。その​くさり​は​ひと​の​ら​を​しばって、こう​と​わざわい​の​永遠えいえん​の​ふち​に​れ​る​くさり​で​ある。

    14 ​を​まし​なさい。そして​​から​がり、おののく​ちち​の​こと​を​き​なさい。あなたがた​は​もなく​ちち​の​からだ​を​つめたい​ごん​の​はか​に​よこたえ​なければ​ならない。そこ​から​は​どんな​旅人たびびと​も​けっして​もどって​る​こと​が​できない。あと​わずか​で、わたし​は​​の​すべて​の​ひと​の​たどる​みち​を​く。

    15 ​しかし​よ、しゅ​は​わたし​を​ごく​から​あがなって​くださった。わたし​は​しゅ​の​えいこう​を​た。そして、しゅ​の​あい​の​うで​に​永遠えいえん​に​かれて​いる。

    16 ​わたし​は、あなたがた​が​しゅ​の​おきて​と​裁決さいけつ​を​わすれず​に​まもる​こと​を​ねがって​いる​が、まさに​これ​は、はじめ​から​わたし​の​心配しんぱい​して​いた​ところ​で​ある。

    17 ​わたし​の​こころ​は​ときどきかなしみ​に​し​つぶされる​よう​で​あった。それ​は、あなたがた​の​こころ​が​かたくな​な​ため​に、しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​が​ちみちる​はげしい​いかり​を​くだされて、あなたがた​が​たれ、とこしえ​に​ほろぼされて​しまう​の​で​は​ない​か​と​おそれて​きた​から​で​ある。

    18 ​あるいは、おおく​の​​に​わたって​のろい​が​あなたがた​に​および、つるぎ​や​きん​に​われ、み​きらわれ、また​あく​の​​に​まどわされ、らえられ​は​しない​か​と​おそれて​きた​から​で​ある。

    19 ​おお、むす​たち​よ、これら​の​こと​が​あなたがた​に​およぶ​こと​なく、あなたがた​が​しゅ​に​えらばれた​あいされる​たみ​と​なる​よう​に​ねがって​いる。しかし​よ、しゅ​の​みち​は​とこしえ​に​​で​ある​から、こころ​が​おこなわれる​よう​に。

    20 しゅ​は『あなたがた​は​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​​に​さかえる。しかし、わたし​の​命令めいれい​を​まもらなければ、わたし​の​まえ​から​たれる』​と​われた。

    21 ​さて、わたし​の​れい​が​あなたがた​に​あって​よろこび​を​て、あなたがた​の​こと​を​よろこび​ながら​この​を​る​こと​が​できる​よう​に、また、わたし​の​こころ​が​うれい​や​かなしみ​を​いだいて​はか​に​はいる​こと​の​ない​よう​に、むす​たち​よ、​から​がって、おとこらしく​あり​なさい。そして​おもい​を​一つ​に​し、こころ​を​一つ​に​して​けつ​を​かため、あらゆる​こと​に​けっそく​しなさい。これ​は​あなたがた​が​とらわれ​の​​に​おちいらない​ため​で​ある。

    22 ​また、ひどい​のろい​を​もって​のろわれない​ため​で​あり、こうせい​な​かみ​の​きょう​を​ぶん​に​まねいて、ほろび​を、まことに​れい​と​からだ​の​両方りょうほう​の​永遠えいえん​の​ほろび​を​ける​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。

    23 ​を​まし​なさい、むす​たち​よ。​の​​を​​に​け​なさい。あなたがた​を​しばって​いる​くさり​を​り​はらい、くらやみ​を​け​て、​から​がり​なさい。

    24 ​これから​は​もう、あなたがた​の​おとうと​に​そむかない​よう​に​しなさい。かれ​の​た​げん​は​荘厳そうごん​な​もの​で​あって、かれ​は​わたしたち​が​エルサレム​を​た​とき​から​かみ​の​命令めいれい​を​まもり、かみ​の​​に​使つかわれる​もの​として​わたしたち​を​やくそく​の​​へ​みちびいて​た。もし​かれ​が​いなかった​なら、わたしたち​は​きっと​​で​に​して​いた​で​あろう。に​も​かかわらず、あなたがた​は​かれ​の​いのち​を​うばおう​と​した。そして、かれ​は​あなたがた​の​ため​に​ひどく​うれい​かなしんだ。

    25 ​わたし​は、この​のち​また​ニーファイ​が​くるしむ​の​で​は​ない​か​と、よ、あなたがた​の​こと​で​じょう​に​おそれ​おののいて​いる。それ​は​あなたがた​が、かれ​が​あなたがた​を​はい​する​けんりょく​と​権能けんのう​を​もとめた​と​って​かれ​を​ひどく​めて​きた​から​で​ある。しかし​ニーファイ​は、あなたがた​を​はい​する​けんりょく​と​権能けんのう​を​もとめた​の​で​は​なく、かみ​の​えいこう​と​あなたがた​しん​の​永遠えいえん​の​さいわい​を​もとめて​きた​の​で​ある。わたし​は​その​こと​を​って​いる。

    26 ​あなたがた​は、かれ​が​はっきり​った​ので​つぶやいた。あなたがた​は、かれ​が​きびしかった、ぶん​たち​に​たいして​いかった​など​と​う。しかし​よ、かれ​の​きびしさ​は、かれ​の​うち​に​ある​かみ​の​こと​の​ちから​の​きびしさ​で​あって、また​あなたがた​の​う​いかり​と​は、かみ​の​うち​に​ある​しん​に​ほかならない。それ​を​ニーファイ​は​みずから​おさえる​こと​が​できなくて、あなたがた​の​ざいあく​に​ついて​大胆だいたん​に​あきらか​に​した​の​で​ある。

    27 かみ​の​ちから​が​かれ​と​ともに​ある​の​は​ひつよう​な​こと​で​あって、かれ​が​めいじた​こと​に​あなたがた​は​したがわなければ​ならない。しかし​よ、かれ​が​くち​を​つぐむ​こと​が​できない​ほど​かれ​の​くち​を​ひらいて​かたらせた​の​は、かれしん​で​は​なく、かれ​の​うち​に​ある​しゅ​の​たま​で​あった。

    28 ​さて、わたし​の​むす​レーマン、それに​レムエル、サム、ならびに​イシマエル​の​むす​で​ある​わたし​の​むす​たち​よ。よ、あなたがた​が​ニーファイ​の​こえ​に​き​したがう​なら​ば、ほろびない​で​あろう。そして​かれ​に​き​したがう​なら​ば、わたし​は​あなたがた​に​しゅくふく​を、それ​も​だい一​の​しゅくふく​を​のこそう。

    29 ​しかし、もし​あなたがた​が​かれ​に​き​したがわない​なら​ば、わたし​は​だい一​の​しゅくふく、まことに​わたし​の​しゅくふく​を​げて、それ​を​ニーファイ​に​さずけよう。

    30 ​さて、ゾーラム​よ、わたし​は​あなた​に​げる。よ、あなた​は​ラバン​の​しもべ​で​あった​が、エルサレム​の​​から​れてられた。わたし​は​あなた​が​むす​ニーファイ​に​とって、とこしえ​に​しん​の​とも​で​ある​こと​を​って​いる。

    31 ​したがって、あなた​が​ちゅうじつ​で​あった​ので、あなた​の​そん​は​ニーファイ​の​そん​と​​ともに​しゅくふく​を​けて、ながく​この​​の​おもて​に​んで​さかえる​で​あろう。そして​あなた​の​そん​の​なか​で​ざいあく​が​おこなわれない​かぎり、この​​の​おもて​で​さかえる​の​を​そこなったり​がい​したり​する​もの​は、とこしえ​に​ない​で​あろう。

    32 ​それで、あなたがた​が​しゅ​の​命令めいれい​に​したがう​なら​ば、しゅ​は​この​​を​聖別せいべつ​し、あなた​の​そん​を​わたし​の​むす​の​そん​と​ともに、安全あんぜん​に​まもって​くださる​で​あろう。」