サムエル記上四
    脚注

    第四章

    イスラエルびとはてペリシテびととたたかおうとして、エベネゼルのほとりにじんをしき、ペリシテびとはアペクにじんをしいた。

    ペリシテびとはイスラエルびとにむかってじんそなえをしたが、たたかうにおよんで、イスラエルびとはペリシテびとのまえやぶれ、ペリシテびとは戦場せんじょうにおいて、おおよそ四千にんころした。

    たみ陣営じんえい退しりぞいたとき、イスラエルの長老ちょうろうたちはった、「なにゆえ、しゅはきょう、ペリシテびとのまえにわれわれをやぶられたのか。シロへってしゅ契約けいやくはこをここへたずさえてくることにしよう。そしてしゅをわれわれのうちにむかえて、てきからすくっていただこう」。

    そこでたみひとをシロにつかわし、ケルビムのうえしておられる万軍ばんぐんしゅ契約けいやくはこを、そこからたずさえてこさせた。そのときエリのふたりの、ホフニとピネハスはかみ契約けいやくはこともに、そのところにいた。

    しゅ契約けいやくはこ陣営じんえいについたとき、イスラエルびとはみな大声おおごえさけんだので、ひびいた。

    ペリシテびとは、そのさけごえいてった、「ヘブルびとの陣営じんえいの、このおおきなさけごえ何事なにごとか」。そしてしゅはこが、陣営じんえいいたことをったとき

    ペリシテびとはおそれてった、「神々かみがみ陣営じんえいにきたのだ」。かれらはまたった、「ああ、われわれはわざわいである。このようなことはいままでなかった。

    ああ、われわれはわざわいである。だれがわれわれをこれらのつよ神々かみがみからすくすことができようか。これらの神々かみがみは、もろもろのわざわいをもってエジプトびとを荒野あらのったのだ。

    ペリシテびとよ、勇気ゆうきしておとこらしくせよ。ヘブルびとがあなたがたにつかえたように、あなたがたがかれらにつかえることのないために、おとこらしくたたかえ」。

    一〇 こうしてペリシテびとがたたかったので、イスラエルびとはやぶれて、おのおのそのいえげてかえった。戦死者せんししゃはひじょうにおおく、イスラエルの歩兵ほへいたおれたものは三万であった。

    一一 またかみはこうばわれ、エリのふたりの、ホフニとピネハスはころされた。

    一二 そのひとりのベニヤミンびとが、衣服いふくき、あたまつちをかぶって、戦場せんじょうからはしってシロにきた。

    一三 かれいたとき、エリはみちのかたわらにある自分じぶんにすわってちかまえていた。そのこころかみはこことづかっていたからである。そのひとまちにはいって、情報じょうほうをつたえたので、まちはこぞってさけんだ。

    一四 エリはそのさけごえいてった、「このさわこえなにか」。そのひといそいでエリのところへきてエリにげた。

    一五 そのときエリは九十八さいで、そのかたまってることができなかった。

    一六 そのひとはエリにった、「わたしは戦場せんじょうからきたものです。きょう戦場せんじょうからのがれたのです」。エリはった、「わがよ、様子ようすはどうであったか」。

    一七 しらせをもたらしたそのひとこたえてった、「イスラエルびとは、ペリシテびとのまえからげ、たみのうちにはまたおおくの戦死者せんししゃがあり、あなたのふたりの、ホフニとピネハスもに、かみはこうばわれました」。

    一八 かれかみはこのことをったとき、エリはそのから、あおむけにもんのかたわらにち、くびってんだ。いておもかったからである。かれのイスラエルをさばいたのは四十ねんであった。

    一九 かれよめ、ピネハスのつまはみごもって出産しゅっさんときちかづいていたが、かみはこうばわれたこと、しゅうととおっとんだというしらせをいたとき、陣痛じんつうおこをかがめてんだ。

    二〇 彼女かのじょにかかっているとき世話せわをしていたおんな彼女かのじょった、「おそれることはありません。おとこうまれました」。しかし彼女かのじょこたえもせず、またかえりみもしなかった。

    二一 ただ彼女かのじょは「栄光えいこうはイスラエルをった」とって、そのをイカボデとづけた。これはかみはこうばわれたこと、また彼女かのじょのしゅうととおっとのことによるのである。

    二二 彼女かのじょはまた、「栄光えいこうはイスラエルをった。かみはこうばわれたからです」とった。