ニーファイ第一書 16
    脚注

    第​16​章

    あくにん​は​しん​を​きびしい​もの​と​かんがえる。リーハイ​の​むす​たち、イシマエル​の​むすめ​たち​と​けっこん​する。リアホナ、​で​の​いっこう​の​しん​を​しめす。しゅ​の​げ​が​ときどき​リアホナ​に​しるされる。イシマエル、ぬ。イシマエル​の​ども​たち、なん​の​ため​に​つぶやく。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​が​あに​たち​に​かたり​える​と、よ、あに​たち​は、「おまえ​は​我々われわれ​が​く​に​えない​ほど​きびしい​こと​を​った」と​わたし​に​った。

    2 ​そこで​わたし​は​あに​たち​に、しん​に​したがい、あくにん​に​とって​きびしい​こと​を​った​の​は​よく​しょう​して​いる​と​はなした。わたし​は​じん​を​​と​し、かれら​が​わり​の​​に​たかく​げられる​こと​を​あかし​した。その​ため​に、つみ​の​ある​もの​は​しん​が​むね​の​そこ​まで​し​つらぬく​ので、しん​を​きびしい​もの​と​おもう​の​で​ある。

    3 にいさん​たち、もし​にいさん​たち​が​​に​かなって​いて、かみ​の​まえ​を​​まっすぐ​に​あゆめる​よう​に、すすんで​しん​に​き​したがい、それ​を​こころ​に​める​なら​ば、その​しん​の​ため​に​つぶやいて、『おまえ​は​我々われわれ​に​きびしい​こと​を​った』​など​と​は​わない​でしょう。」

    4 ​そして、わたし​ニーファイ​は​あに​たち​に、しゅ​の​いましめ​を​まもる​よう​に​ちから​の​かぎり​すすめた。

    5 ​そこで、あに​たち​が​しゅ​の​まえ​に​​へりくだった​ので、わたし​は​あに​たち​が​​の​みち​を​あゆむ​よう​に​なる​こと​を​よろこび、また​その​こと​に​おおきな​ぼう​を​いだいた。

    6 ​さて、じょう​の​こと​は​すべて、ちち​が​レムエル​と​けた​たに​で​てんまく​に​んで​いた​とき​に​かたられ、また​おこなわれた​こと​で​ある。

    7 ​さて、わたし​ニーファイ​は、イシマエル​の​むすめ​の​ひと​を​つま​に​めとり、あに​たち​も​また、イシマエル​の​むすめ​たち​を​つま​に​めとった。そして​​ゾーラム​も、イシマエル​の​長女ちょうじょ​を​つま​に​めとった。

    8 ​この​よう​に​して、ちち​は​しゅ​から​けた​いましめ​を​ことごとく​たし、また​わたし​ニーファイ​も、しゅ​から​じょう​に​ゆたか​な​しゅくふく​を​けた。

    9 ​さて、よる​に、しゅ​の​こえ​が​ちち​に​かたり​かけ、よくじつ​に​​へ​たびつ​よう​に​めいじられた。

    10 ​そこで、ちち​が​あさきて​てんまく​の​ぐち​へ​て​った​ところ、じょう​に​おどろいた​こと​に、​の​うえ​に​にゅうねん​な​つくり​の​まるい​たま​が​一つ​あった。それ​は​純良じゅんりょう​な​真鍮しんちゅう​で​できて​いて、その​たま​の​ない​に​は​二​ほん​の​しん​が​あり、その​一ぽん​は、わたしたち​が​​で​すすむ​べき​ほうこう​を​して​いた。

    11 ​そこで​わたしたち​は、​へ​ってく​べき​いっさい​の​もの​と、しゅ​が​あたえて​くださった​食糧しょくりょう​の​のこり​を​ことごとく​あつめた。また、​へ​ってく​ため​あらゆる​たね​を​たずさえた。

    12 ​そして​わたしたち​は​てんまく​を​ち、レーマン​がわ​を​わたって​​へ​しゅっぱつ​した。

    13 ​そして、わたしたち​は​よっかん、ほぼ​南南東なんなんとう​の​方角ほうがく​へ​たび​を​すすみ、ふたたび​てんまく​を​って​その​​を​シェザー​と​けた。

    14 ​そこで​わたしたち​は、ゆみ​を​たずさえ、ぞく​の​食糧しょくりょう​に​する​もの​を​とり​に​​へ​かけて​った。そして​もの​を​とる​と、​の​ぞく​の​もと​に、すなわち​シェザー​に​かえって​た。そして、また​まえ​と​おなじ​方角ほうがく​に、こうかい​に​ちかい​さかい​の​​の​​の​なか​で、もっとも​よく​な​ところ​を​たどり​ながら​すすんで​った。

    15 ​そして​わたしたち​は、道々みちみちゆみ​や​いしいしげ​で​食糧しょくりょう​に​する​もの​を​とり​ながら​いくにち​も​の​あいだたび​を​した。

    16 ​そして、その​たま​の​す​ほうこう​へ​すすんで​った​が、それ​は​わたしたち​を​​の​なか​で、より​よく​な​しょ​へ​みちびいて​った。

    17 ​わたしたち​は、いくにち​も​の​あいだたび​を​して​から​しばらく​てんまく​を​り、からだ​を​やすめて、ぞく​の​食糧しょくりょう​に​する​もの​を​とる​こと​に​した。

    18 ​そして、わたし​ニーファイ​は​食糧しょくりょう​に​する​もの​を​とる​ため​に​て​った​が、よ、純良じゅんりょう​な​はがね​で​できて​いる​わたし​の​ゆみ​を​って​しまった。それで、ゆみ​を​って​から​は、食糧しょくりょう​を​る​こと​が​できなかった​ので、よ、あに​たち​は​ゆみ​を​使つかえなく​した​こと​で​わたし​に​おおいに​はら​を​てた。

    19 ​そこで​わたしたち​は、食糧しょくりょう​が​ない​まま​に​ぞく​の​もと​に​かえった​が、ぞく​の​もの​は​たび​の​ため​に​ひどく​つかれて​いた​ので、食糧しょくりょう​が​ない​こと​で​じょう​に​くるしんだ。

    20 ​そして、レーマン​と​レムエル​と​イシマエル​の​むす​たち​は、​で​の​くるしみ​と​なん​の​ため​に​ひどく​つぶやき​はじめ、また​ちち​も​しゅ​なる​かみ​に​たいして​つぶやき​はじめた。かれら​は​みなじょう​に​なげき​かなしみ、しゅ​に​たいして​つぶやいた​の​で​あった。

    21 ​さて、わたし​ニーファイ​は、ぶん​の​ゆみ​を​使つかえなく​した​ため​に​あに​たち​から​くるしめられた​が、あに​たち​の​ゆみ​も​弾力だんりょく​が​なくなった​ので​たい​は​さらに​しんこく​に​なり、まことに​わたしたち​は、食糧しょくりょう​を​まったく​る​こと​が​できなかった。

    22 ​そして​あに​たち​が、しゅ​なる​かみ​に​たいして​へい​を​う​ほど​また​こころ​を​かたくな​に​した​ので、わたし​ニーファイ​は​あに​たち​に​たくさん​の​こと​を​かたった。

    23 ​さて、わたし​ニーファイ​は​​で​一つ​の​ゆみ​を​つくり、まっすぐ​な​えだ​で​一ぽん​の​​を​つくった。それで​わたし​は、ゆみ​と​いしげ​と​いし​で​​を​かため、「食糧しょくりょう​を​る​の​に​どこ​へ​ったら​よい​です​か」と​ちち​に​たずねた。

    24 ​そこで​ちち​は​しゅ​に​たずねた。わたし​が​精力せいりょく​を​めて、かれら​に​たくさん​の​こと​を​かたった​ので、わたし​が​かたった​こと​で​ちち​も​ぞく​も​すでに​へりくだって​いた​から​で​ある。

    25 ​さて、しゅ​の​こえ​が​ちち​に​こえて、しゅ​に​たいして​つぶやいた​こと​で​ひどく​らしめられた​ので、ちち​は​ふかい​かなしみ​に​しずんだ。

    26 ​そこで、しゅ​の​こえ​が​ちち​に、「たま​を​て、しるして​ある​こと​を​よく​こころ​に​め​なさい」と​われた。

    27 ​そこで​ちち​は、たま​の​うえ​に​しるして​ある​こと​を​て​じょう​に​おそれ​おののき、また​あに​たち​も​イシマエル​の​むす​たち​も、わたしたち​の​つま​も​どうよう​に​おそれ​おののいた。

    28 ​そこで、わたし​ニーファイ​が​たま​の​なか​に​ある​しん​を​る​と、それら​は、わたしたち​が​それ​に​せる​しんこう​と​ねつ​と​ちゅうりょく​に​おうじて​はたらいた。

    29 ​また、それら​の​しん​の​うえ​に​は​あたらしい​こと​が​しるされて​いて、それ​は​み​やすく、しゅ​の​みち​に​ついて​わたしたち​に​かい​を​あたえて​くれる​もの​で​あった。そして​その​こと​は、わたしたち​が​せる​しんこう​と​ねつ​に​おうじて、ときどきき​えられた。この​よう​に​して、しゅ​は​ちいさな​しゅだん​に​よって​おおいなる​こと​を​げられる​こと​が​かる​の​で​ある。

    30 ​さて、わたし​ニーファイ​は​たま​の​うえ​に​あらわれた​​に​したがって、やま​の​いただき​まで​のぼって​った。

    31 ​そして、​の​けもの​を​何頭なんとう​も​とった​ので、ぞく​の​ため​の​食糧しょくりょう​が​​に​はいった。

    32 ​そこで​わたし​は、とった​けもの​を​はこんで​てんまく​に​かえった。すると、わたし​が​食糧しょくりょう​を​​に​れた​の​を​た​とき​の​ぞく​の​よろこびよう​は、大変たいへん​な​もの​で​あった。それ​で​かれら​は、しゅ​の​まえ​に​へりくだり、しゅ​に​感謝かんしゃ​した。

    33 ​さて、わたしたち​は​ふたたび​たび​に​き、はじめ​と​ほぼ​おなじ​道筋みちすじ​を​すすんで​った。そして、いくにち​も​の​あいだたび​を​した​のち、しばらく​とどまる​ため​に​また​てんまく​を​った。

    34 ​そして、​イシマエル​が​んで、ネホム​と​いう​ところ​に​ほうむられた。

    35 ​さて、イシマエル​の​むすめ​たち​は、ちち​を​くした​ため、また​​の​なか​の​なん​の​ため​に​じょう​に​なげき​かなしんだ。そして​彼女かのじょ​たち​は、ぶん​たち​を​エルサレム​の​​から​した​の​は​わたし​の​ちち​で​あった​こと​から、ちち​に​かって​こう​つぶやいた。「ちち​は​んで​しまい​ました。わたしたち​は​ながい​あいだ​を​さまよい、おおく​の​なん​に​い、え​と​かわき​と​ろう​に​くるしんで​きました。この​よう​な​くるしみ​に​った​すえ​に、けっきょく​の​なか​で​えて​ほろびて​しまう​に​ちがいない​の​です。」

    36 ​イシマエル​の​むすめ​たち​は​この​よう​に、ちち​と​わたし​に​たいして​つぶやき、エルサレム​に​かえる​こと​を​のぞんだ。

    37 ​レーマン​は、レムエル​と​イシマエル​の​むす​たち​に​った。「ちち​と​おとうと​ニーファイ​を​ころして​しまおう​で​は​ない​か。ニーファイ​は​あに​で​ある​我々われわれ​の​はいしゃ​と​なり、我々われわれ​を​おしえる​もの​に​なって​いる。

    38 かれ​は​しゅ​が​ぶん​に​かたられた​と​い、また​てん使​が​おしえ​みちびいた​と​も​って​いる。しかし​よ、我々われわれ​に​は、かれ​が​いつわり​を​って​いる​こと​が​かって​いる。かれ​は​その​よう​な​こと​を​い​ながら、さくりゃく​を​もって​おおく​の​こと​を​なし、我々われわれ​の​​を​くらまして、おそらく​どこか​らぬ​​に​我々われわれ​を​さそい​める​と​おもって​いる​の​だろう。そして​我々われわれ​を​さそい​んで​しまったら、かれ​は​我々われわれ​の​おう​と​なり、はいしゃ​と​なって、​の​まま、おもい​の​まま​に​おう​と​おもって​いる​の​だ。」あに​の​レーマン​は、この​よう​に​して​かれら​の​こころ​を​あおり​てて​いからせた。

    39 ​さて、しゅ​は​わたしたち​と​ともに​おられ、まことに​しゅ​の​こえ​が​こえて​かれら​に​おおく​の​こと​を​かたり、かれら​を​ひどく​らしめられた。かれら​は​しゅ​の​こえ​に​よって​らしめ​を​ける​と、いかり​を​しずめ、つみ​を​あらためた。そして、しゅ​が​ふたたび​食糧しょくりょう​を​あたえて​しゅくふく​された​ので、わたしたち​は​ほろびず​に​んだ。