ニーファイ第二書 4
    脚注

    第​4​章

    リーハイ、そん​に​かんこく​と​しゅくふく​を​のこす。そののちんで​ほうむられる。ニーファイ、かみ​の​いつくしみ​を​よろこび、とこしえ​に​しゅ​に​しんらい​を​せる。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​は、エジプト​に​れてかれた​​ヨセフ​に​かんし、ちち​が​かたった​げん​に​ついて​べる。

    2 よ、ヨセフ​は​ぶん​の​すべて​の​そん​に​ついて​げん​した。そして、かれ​の​しるした​げん​に​まさる​もの​は​すくない。かれ​は​わたしたち​と、わたしたち​の​将来しょうらい​の​そん​に​ついて​げん​した。その​げん​は​真鍮しんちゅう​の​はん​に​しるされて​いる。

    3 ​それで​ちち​は、ヨセフ​の​げん​に​ついて​かたり​える​と、レーマン​の​ども、すなわち​レーマン​の​むすむすめ​たち​を​せて​った。「よ、わたし​の​ちょうなん​の​むす​や​むすめ​で​ある​わたし​の​まご​たち​よ、わたし​の​こと​に​みみ​を​かたむけて​ほしい。

    4 ​それ​は​しゅ​なる​かみ​が、『あなたがた​は、わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり​​に​さかえる。しかし、わたし​の​命令めいれい​を​まもらなければ、わたし​の​まえ​から​たれる』​と​われた​から​で​ある。

    5 ​しかし​よ、わたし​の​まご​たち​よ、わたし​は​あなたがた​に​しゅくふく​を​のこさなければ、はか​に​はいる​こと​が​できない。よ、わたし​は、あなたがた​が​く​べき​みち​に​したがって​そだてられる​なら​ば、その​みち​から​はなれない​こと​を​って​いる​から​で​ある。

    6 ​したがって、もし​あなたがた​が​のろわれる​なら​ば、よ、その​のろい​が​あなたがた​から​られて、その​責任せきにん​が​両親りょうしん​の​こうべ​に​する​よう​に、わたし​は​あなたがた​に​しゅくふく​を​のこす。

    7 ​したがって、わたし​の​しゅくふく​の​ゆえ​に、しゅ​なる​かみ​は​あなたがた​が​ほろびる​の​を​ゆるさず、あなたがた​と​そん​を、とこしえ​に​あわれんで​くださる​で​あろう。」

    8 ​さて、ちち​は​レーマン​の​むすむすめ​たち​に​かたり​える​と、つぎ​に​レムエル​の​むすむすめ​たち​を​ぶん​の​まえ​に​れてさせた。

    9 ​そして、ちち​は​かれら​に​った。「よ、わたし​の​なん​の​むす​や​むすめ​で​ある​まご​たち​よ、よ、わたし​は​レーマン​の​むすむすめ​たち​に​のこした​しゅくふく​と​おなじ​しゅくふく​を​あなたがた​に​のこす。したがって、あなたがた​は​ことごとく​ほろぼされて​しまう​こと​は​なく、あなたがた​の​そん​は、さい​に​は​しゅくふく​される​で​あろう。」

    10 ​そして​ちち​は、かれら​に​かたり​える​と、よ、​イシマエル​の​むす​たち​と、また​イシマエル​の​いえ​の​すべて​の​もの​に​かたった。

    11 ​そして、かれら​に​かたり​える​と、ちち​は​サム​に​った。「あなた​と​あなた​の​そん​は​さいわい​で​ある。あなた​は​おとうと​の​ニーファイ​と​どうよう​に、​を​ぐ​から​で​ある。あなた​の​そん​は、ニーファイ​の​そん​と​ともに​かぞえられる。そして、あなた​は​おとうと​と​おなじ​よう​に​なり、あなた​の​そん​は​おとうと​の​そん​と​おなじ​よう​に​なる。そして​あなた​は​生涯しょうがいしゅくふく​を​ける​で​あろう。」

    12 ​そして​ちち​リーハイ​は、ぶん​の​こころ​に​かんじる​まま​に、また​ぶん​の​うち​に​ある​しゅ​の​たま​に​したがって、ぶん​の​いえ​の​すべて​の​もの​に​かたった​のちとしいて、んで​ほうむられた。

    13 ​さて、ちち​の​いくにち​も​たたない​うち​に、レーマン​と​レムエル、それに​イシマエル​の​むす​たち​は、しゅ​の​かんこく​の​こと​で​わたし​に​はら​を​てた。

    14 ​それ​は、わたし​ニーファイ​が​しゅ​の​こと​に​うながされて、やむをず​かれら​に​かたった​から​で​ある。わたし​は​それ​まで​に​おおく​の​こと​を​かれら​に​かたり、ちち​も​生前せいぜん​に​おおく​の​こと​を​かれら​に​かたって​きた。そして、かたった​こと​の​おおく​は、わたし​の​つくった​​ほか​の​はん​に​しるして​ある。わたし​の​つくった​ほか​の​はん​に​は、れき​に​かんする​ぶん​が​おおく​しるして​ある​から​で​ある。

    15 ​そして​​この​はん​に​は、わたし​しん​の​こと​と、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれて​いる​聖文せいぶん​の​おおく​を​しるす。わたし​は​聖文せいぶん​に​よろこび​を​かんじる​から​で​ある。わたし​は​聖文せいぶん​に​ついて​こころ​に​ふかく​かんがえ、わたし​の​そん​の​しき​と​なり​えき​と​なる​よう​に​これ​を​しるす。

    16 よ、わたし​は​しゅ​に​かんする​こと​に​よろこび​を​かんじる。わたし​の​こころ​は、これまで​に​き​した​こと​を​えず​ふかく​かんがえて​いる。

    17 ​それでも、しゅ​が​ふかい​いつくしみ​を、おおいなる​おどろく​べき​わざ​の​なか​で​わたし​に​しめして​くださって​いる​に​も​かかわらず、わたし​の​こころ​は、「おお、わたし​は​なんと​みじめ​な​人間にんげん​な​の​だろう」と​さけぶ。まことに、わたし​の​こころ​は​わたし​の​にく​の​ため​に​のう​し、わたし​の​れい​は​わたし​の​ざいあく​の​ため​に​なげく。

    18 ​わたし​は、じょう​に​たやすく​​まとわり​つく​ゆうわく​と​つみ​に​かこまれて​いる。

    19 ​そして​わたし​が​よろこぼう​と​する​と、こころ​は​つみ​の​ため​に​うめき​くるしむ。それでも​わたし​は、これまで​に​ぶん​が​だれ​に​たよって​きた​か​を​って​いる。

    20 ​わたし​を​ささえて​こられた​の​は​かみ​で​ある。かみ​は​わたし​が​​で​なん​に​って​いた​とき​に、いつも​わたし​を​みちびき、また​そこれない​ふかみ​の​う み​の​うえ​で​も、わたし​を​まもられた。

    21 かみ​は、わたし​の​にくたい​が​え​きる​ほど​に、わたし​を​あい​で​たされた。

    22 ​また、わたし​の​てき​を​はずかしめ、わたし​の​まえ​で​かれら​の​​を​ふるえ​させられた。

    23 よ、かみ​は、日中にっちゅう​は​わたし​の​嘆願たんがん​を​き、よる​は​げん​に​よって​わたし​に​しき​を​さずけられた。

    24 ​また​日中にっちゅう、わたし​は​かみ​の​まえ​に​熱烈ねつれつ​な​いのり​を​ちからづよく​ささげ、まことに​わたし​の​こえ​を​てん​に​かって​げた。すると​てん使​たち​が​くだって​て、わたし​を​おしえ​みちびいた。

    25 ​わたし​の​からだ​は​かみ​の​たま​の​つばさ​に​せられて、じょう​に​たかい​やま​の​うえ​に​はこばれて​った。そして​わたし​の​​は​数々かずかず​の​だい​な​こと​を、まことに​ひと​に​とって​あまり​に​も​だい​すぎる​こと​を​た。その​ため​に​わたし​は、それら​の​こと​を​しるして​は​ならない​と​げられた。

    26 ​おお、わたし​が​それほど​だい​な​こと​を​た​の​で​あれ​ば、そして​しゅ​が、ひと​の​ら​に​たいして​しん​を​ひくく​して、それほど​ふかい​あわれみ​を​もって​人々ひとびと​を​おとずれて​こられた​と​する​なら​ば、たとえ​わたし​が​なん​に​った​から​と​って、​どうして​わたし​の​こころ​が​なみだし、わたし​の​れい​が​かなしみ​の​たに​に​とどまり、わたし​の​にくたい​が​やせ​おとろえ、わたし​の​ちから​が​よわく​なって​よい​だろう​か。

    27 ​また​わたし​の​にく​の​こと​で、どうして​つみ​に​けて​よい​だろう​か。まことに、どうして​ゆうわく​に​けて、しき​もの​が​わたし​の​こころ​に​はいって、わたし​の​平安へいあん​を​やぶり、わたし​の​れい​を​くるしめる​の​を​ゆるして​よい​だろう​か。わたし​が​てき​の​こと​で​いかり​を​いだく​の​は​なぜ​な​の​か。

    28 めよ、わたし​の​れい​よ。もはや​つみ​の​なか​で​しおれる​な。よろこべ、おお、わたし​の​こころ​よ。もう​わたし​の​てき​に​しょ​を​あたえて​は​ならない。

    29 ​わたし​の​てき​の​こと​で​​と​いかって​は​ならない。なん​の​ため​に​ちから​を​よわく​して​は​ならない。

    30 よろこべ、おお、わたし​の​こころ​よ。しゅ​に​さけび​もとめて​え。「おお、しゅ​よ、わたし​は​とこしえ​に​あなた​を​ほめ​たたえ​ます。まことに、わたし​の​かみ​で​あり、わたし​の​すくい​の​いわ​で​ある​あなた​を​よろこび​ます。

    31 ​おお、しゅ​よ、わたし​を​あがなって​ください。わたし​を​てき​の​​から​お​すくい​ください。わたし​が​つみ​の​きざし​に​ふるえ​おののく​よう​に​して​ください。

    32 ​わたし​の​こころ​は​くだかれて​おり、わたし​の​れい​は​いて​います​ので、ごく​の​もん​が​いつも​わたし​の​まえ​に​じて​います​よう​に。おお、しゅ​よ、わたし​が​ひくい​たに​の​みち​を​あゆみ、しっかり​と​平坦へいたん​な​みち​を​すすむ​こと​が​できる​よう​に、わたし​の​まえ​で​​の​もん​を​ざさないで​ください。

    33 ​おお、しゅ​よ、あなた​の​​の​ころも​で​わたし​を​つつみ​んで​ください。おお、しゅ​よ、わたし​が​てき​の​まえ​から​のがれられる​よう​に​みち​を​そなえて​ください。わたし​の​まえ​に​みち​を​まっすぐ​に​して​ください。つまずかせる​もの​を​わたし​の​みち​に​かず、わたし​の​まえ​に​みち​を​ひらいて​ください。わたし​の​みち​を​さえぎらず、てき​の​みち​を​ふさいで​ください。

    34 ​おお、しゅ​よ、わたし​は​あなた​を​たよって​まいり​ました。これから​も​とこしえ​に、あなた​を​たよって​まいり​ます。わたし​は​にく​の​うで​に​たよる​もの​は​のろわれる​こと​を​って​いる​ので、にく​の​うで​に​は​たより​ません。まことに、ひと​に​たよる​もの、すなわち​にく​を​ぶん​の​うで​と​する​もの​は​のろわれ​ます。

    35 ​まことに、わたし​は、かみ​は​もとめる​もの​に​は​しみ​なく​あたえられる​こと​を​って​います。わたし​が​どう​に​はずれた​もとかた​を​しなければ、わたし​の​かみ​は​わたし​に​あたえて​ください​ます。それで​わたし​は​あなた​に​こえ​を​げ、まことに、わたし​の​かみ、わたし​の​​の​いわ​で​ある​あなた​に​さけび​もとめ​ます。まことに、わたし​の​こえ​は​わたし​の​いわ​で​あり、永遠えいえん​の​かみ​で​ある​あなた​の​みもと​に、とこしえ​に​のぼる​こと​でしょう。アーメン。」