モーサヤ書 12
    脚注

    第​12​章

    アビナダイ、たみ​の​めつぼう​と​ノア​おう​の​​を​げん​して​とうごく​される。にせさい​たち、聖文せいぶん​を​引用いんよう​し、モーセ​の​りっぽう​を​まもって​いる​と​しゅちょう​する。アビナダイ、かれら​に​十戒じっかい​を​おしはじめる。げんぜんやく​百四十八​ねん

    1 ​さて、それから​二​ねん、アビナダイ​は​ひと​に​からない​よう​に​姿すがた​を​えて​やって​て、人々ひとびと​の​なか​で​げん​し​はじめた。「しゅ​は​わたし​に​つぎ​の​よう​に​めいじられた。『アビナダイ​よ、って​わたし​の​この​たみ​に​げん​しなさい。かれら​は、わたし​の​こと​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​して​おり、まだ​ぶん​たち​の​わるい​おこない​を​あらためて​いない。それゆえ、わたし​は​いかって​かれら​を​ばっする。まことに、かれら​の​ざいあく​と​まわしい​おこない​に​たいして、わたし​は​はげしく​いかって​かれら​を​ばっしよう。

    2 ​まことに、この​だい​の​人々ひとびと​は​わざわい​で​ある。』​しゅ​は​また​わたし​に​われた。『あなた​の​​を​ばし、つぎ​の​よう​に​げん​しなさい。しゅ​は​この​よう​に​われる。この​だい​の​もの​たち​は​ざいあく​の​ため​に​れい​に​され、ほお​を​たれ、人々ひとびと​に​われて​ころされる。また、そら​を​ぶ​はげたか​と、いぬ​と、じゅう​が​その​にく​を​う。

    3 ​そして、ノア​おう​の​いのち​は、あつい​​の​なか​の​ころも​ほど​の​ち​も​なく​なる。かれ​は​わたし​が​しゅ​で​ある​こと​を​る​で​あろう。

    4 ​そして、わたし​は​この​たみ​を​ひどい​なん​で、また​きん​と​えきびょう​で​とう。かれら​は​しゅうじつき​わめく​で​あろう。

    5 ​また、わたし​は、かれら​が​おも​を​​に​わされ、もの​を​えない​ろば​の​よう​に​てられる​よう​に​しよう。

    6 ​また、わたし​は、かれら​の​なか​に​ひょう​を​らせ、かれら​を​たせよう。かれら​は​ひがしかぜ​に​も​なやまされる​で​あろう。また、昆虫こんちゅう​が​かれら​の​​を​おそい、こくもつ​を​う​で​あろう。

    7 ​また、かれら​は​ひどい​えきびょう​に​なやまされる​で​あろう。わたし​は、かれら​の​ざいあく​と​まわしい​おこない​の​ゆえ​に、すべて​この​よう​に​おこなおう。

    8 ​そして、かれら​が​あらため​なければ、わたし​は​かれら​を​​の​おもて​から​ことごとく​ほろぼし​って​しまおう。しかし​かれら​は​ろく​を​あと​に​のこす​で​あろう。わたし​は​その​ろく​を​将来しょうらい、この​​を​しょゆう​する​ほか​の​こくみん​の​ため​に​のこそう。わたし​が​この​よう​に​おこなう​の​は、この​たみ​の​まわしい​おこない​を​ほか​の​こくみん​に​あきらか​に​する​ため​で​ある。』」アビナダイ​は​この​ほか、この​たみ​に​わざわい​と​なる​おおく​の​ことがら​を​げん​した。

    9 ​そこで​人々ひとびと​は​かれ​の​こと​を​いかり、かれ​を​らえて​しばり​げ、おう​の​まえ​に​れてった。そして、おう​に​った。「らん​ください。あなた​の​たみ​に​ついて​わざわい​を​げん​し、かみ​が​この​たみ​を​ほろぼす​と​かたった​おとこ​を​ぜん​に​れて​まいり​ました。

    10 ​この​おとこ​は​また、あなた​の​いのち​に​ついて​も​わざわい​を​げん​し、あなた​の​いのち​は​​の​える​​の​なか​の​ころも​の​よう​に​なる​と​って​います。

    11 ​この​おとこ​は​また、あなた​が​くさ​の​くき、それ​も​けもの​に​まれて​あし​で​みにじられる、​の​れた​くき​の​よう​に​なる​と​って​います。

    12 ​この​おとこ​は​また、あなた​の​こと​を、満開まんかい​の​とき​に​かぜ​が​け​ば​めん​に​き​らされて​しまう​あざみ​の​はな​の​よう​に​なる​と​って​います。そして​この​おとこ​は、しゅ​が​その​よう​に​かたった​と​しゅちょう​して​います。また​この​おとこ​は、あなた​が​あらため​なければ、この​こと​は​すべて​あなた​に​こる、あなた​の​ざいあく​の​ため​に​この​こと​が​こる​と​って​います。

    13 おうさま、あなた​が​どの​よう​な​おおきな​あく​を​なさり、また​あなた​の​たみ​が​どの​よう​な​じゅうだい​な​つみ​を​おかした​ので、わたしたち​は​かみ​から​つみ​に​さだめられ、また​この​おとこ​から​さばかれ​なければ​ならない​の​でしょう​か。

    14 おうさま、わたしたち​に​は​つみ​は​あり​ません。おうさま、あなた​も​これまで​つみ​を​おかして​は​こられ​ません​でした。ですから、この​おとこ​が​あなた​に​ついて​かたった​こと​は​いつわり​で​あり、あり​も​しない​こと​を​げん​した​の​です。

    15 ​まことに、わたしたち​は​つよい​ので、これから​さきれい​に​なる​こと​も、てき​に​らえられる​こと​も​あり​ません。そして、あなた​は​この​​で​さかえて​こられ​ました​し、こん​も​さかえられる​こと​で​あり​ましょう。

    16 らん​ください。ここ​に​いる​の​が​その​おとこ​です。わたしたち​は​この​おとこ​を​あなた​の​​に​お​わたし​します​ので、お​き​な​よう​に​なさって​ください。」

    17 ​そこで​ノア​おう​は、アビナダイ​を​ろう​に​ませた。そして、さい​たち​に​あつまる​よう​に​めいじ、アビナダイ​を​どの​よう​に​する​か​に​ついて、かれら​と​きょう​する​ため​の​会合かいごう​を​ひらいた。

    18 ​そこで​さい​たち​は​おう​に、「その​おとこ​を​ここ​へ​れてて、わたしたち​が​尋問じんもん​できる​よう​に​して​ください」と​った。そこで​おう​は​命令めいれい​を​くだして、アビナダイ​を​さい​たち​の​まえ​に​れてさせた。

    19 ​そこで​さい​たち​は​かれ​に​尋問じんもん​し​はじめ、かれ​に​じゅん​した​こと​を​わせて、かれ​を​うったえる​口実こうじつ​を​よう​と​した。しかし、アビナダイ​は​大胆だいたん​に​こたえ、まことに​さい​たち​が​おどろく​ほど、かれら​の​すべて​の​い​を​ろん​した。アビナダイ​は​すべて​の​い​に​ついて​かれら​を​ろん​し、かれら​の​すべて​の​こと​に​ついて​かれら​を​い​かした。

    20 ​そこで、さい​の​なか​の​ひと​が​アビナダイ​に​った。「ろく​に​しるされて​いて、わたしたち​の​せん​から​おそわって​きた​つぎ​の​こと​は​どう​いう​​か。

    21 『よき​おとずれ​を​つたえ、へい​を​げて​ひろめ、ぜん​の​よき​おとずれ​を​つたえ、すくい​を​げて​ひろめ、シオン​に​かって「あなた​の​かみ​が​とう​して​おられる」と​う​もの​の​あし​は、やま​の​うえ​に​あって​なんと​うるわしい​こと​で​あろう。

    22 ​あなた​の​り​にん​は​こえ​を​げ、こえ​を​わせて​うたう。しゅ​が​シオン​を​もと​に​もどされる​とき、かれら​は​それ​を​たり​に​る​から​で​ある。

    23 ​エルサレム​の​れた​ところ​よ、よろこび​の​こえ​を​げ、ともに​うたえ。しゅ​が​ぶん​の​たみ​を​なぐさめ、エルサレム​を​あがなわれた​から​で​ある。

    24 しゅ​は​その​せい​なる​うで​を、すべて​の​こくみん​の​​の​まえ​に​あらわされた。​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​は、わたしたち​の​かみ​の​すくい​を​る​で​あろう』​と​ある。」

    25 ​そこで​アビナダイ​は​かれら​に​こたえた。「あなたがた​は​さい​で​あり、また​ぶん​たち​は​この​たみ​を​おしえて​おり、げん​の​れい​に​つうじて​いる​と​しゅちょう​して​いながら、これら​の​こと​が​なに​を​​する​か​を​わたし​から​いて​りたい​と​う​の​か。

    26 ​わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​の​みち​を​げて​いる​あなたがた​は​わざわい​で​ある。あなたがた​は​これら​の​こと​を​かい​して​いる​かも​しれない​が、それ​を​たみ​に​おしえて​こなかった​ので、しゅ​の​みち​を​げて​きた​こと​に​なる。

    27 ​あなたがた​は​こころ​を​そそいで​かい​しよう​と​して​こなかった。したがって、あなたがた​は​賢明けんめい​で​は​なかった。あなたがた​は​この​たみ​に​なに​を​おしえて​いる​の​か。」

    28 ​すると​かれら​は、「我々われわれ​は​モーセ​の​りっぽう​を​おしえて​いる」と​った。

    29 ​そこで​アビナダイ​は​また​かれら​に​った。「もし​あなたがた​が​​モーセ​の​りっぽう​を​おしえて​いる​の​なら​ば、なぜ​それ​を​まもらない​の​か。なぜ​あなたがた​は​とみ​に​執着しゅうちゃく​する​の​か。なぜ​​みだら​な​おこない​を​し、しょう​と​ごして​精力せいりょく​を​ついやす​の​か。また、なぜ​この​たみ​に​つみ​を​おか​させる​の​か。それゆえ​しゅ​は​この​たみ​に​たいして​げん​を、まことに​この​たみ​に​たいして​おおきな​わざわい​の​げん​を​べる​ため​に、わたし​を​つかわされた​の​で​ある。

    30 ​あなたがた​は、わたし​が​真実しんじつ​を​かたって​いる​の​を​らない​の​か。いや、あなたがた​は、わたし​が​真実しんじつ​を​かたって​いる​の​を​って​いる。だから​あなたがた​は、かみ​の​まえ​で​ふるえ​おののかなければ​ならない。

    31 ​そして​あなたがた​は​将来しょうらいぶん​の​ざいあく​の​ため​に​たれる​で​あろう。あなたがた​は​モーセ​の​りっぽう​を​おしえて​いる​と​って​いる​から​で​ある。モーセ​の​りっぽう​に​ついて​あなたがた​が​って​いる​の​は​なに​か。​モーセ​の​りっぽう​に​よって​すくい​が​あたえられる​の​か。あなたがた​は​なん​と​こたえる​か。」

    32 ​すると​かれら​は、モーセ​の​りっぽう​に​よって​すくい​が​あたえられる​と​こたえた。

    33 ​そこで​アビナダイ​は​かれら​に​った。「あなたがた​が​かみ​の​いましめ​を​まもれ​ば​すくわれる​こと​を、わたし​は​って​いる。まことに、しゅ​が​​シナイ​の​やま​で​モーセ​に​げられた​いましめ​を​まもる​なら​ば、あなたがた​は​すくわれる。その​いましめ​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

    34 『わたし​は​しゅ​なる​あなた​の​かみ​で​あって、あなた​を​エジプト​の​れい​の​いえ​から​した​もの​で​ある。

    35 ​あなた​は​​わたし​の​ほか​に、なにもの​を​も​かみ​と​して​は​ならない。

    36 ​あなた​は​ぶん​の​ため​に、きざんだ​ぞう​を​つくって​は​ならない。うえ​は​てん​に​ある​もの、した​は​​に​ある​もの​の、どの​よう​な​かたち​を​も​つくって​は​ならない。』」

    37 ​そして​アビナダイ​は​かれら​に​った。「あなたがた​は​これ​を​すべて​まもって​きた​か。いや、まもって​こなかった​と​わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​この​たみ​に、これら​の​こと​を​すべて​まもる​よう​に​おしえて​きた​か。いや、おしえて​こなかった​と、わたし​は​あなたがた​に​う。」