モーサヤ書 9
脚注

Hide Footnotes

テーマ

ゼニフ​の​ろく--ゼラヘムラ​の​​を​て​から​レーマンじん​の​​より​すくい​される​まで​の​ゼニフ​の​たみ​の​はなし

つぎ​の​だい九-二十二​しょう​が​それに​そうとう​する。

第​9​章

ゼニフ、リーハイ・​ニーファイ​の​​を​しょゆう​する​ため​に​ゼラヘムラ​から​人々ひとびと​を​ひきいて​く。レーマンじん​の​おうかれら​が​その​​を​ぐ​こと​を​みとめる。レーマンじん​と​ゼニフ​の​たみ​の​あいだ​に​せんそう​が​こる。げんぜんやく​二百​ねん​から​百八十七​ねん​に​いたる。

1 ​わたし​ゼニフ​は​ニーファイじん​の​こと​の​すべて​を​おしえられて​おり、また​せん​の​さいしょ​の​ぎ​の​​で​ある​​ニーファイ​の​​の​こと​も​って​いた​ので、密偵みってい​として​レーマンじん​の​なか​に​つかわされた。それ​は、レーマンじん​の​ぐん​を​偵察ていさつ​し、わたしたち​の​ぐん​が​これ​を​おそって​ほろぼす​ため​で​あった。しかし、わたし​は​レーマンじん​の​なか​に​い​もの​が​ある​の​を​て、かれら​が​ほろぼされない​よう​に​ねがった。

2 ​そこで​わたし​は、​で​同胞はらから​と​ろんそう​を​した。わたしたち​の​とうそつしゃ​に​レーマンじん​と​条約じょうやく​を​むすんで​もらいたかった​から​で​ある。ところが、この​とうそつしゃ​は​冷酷れいこく​で、​を​ながす​こと​を​このむ​おとこ​で​あった​から、わたし​を​ころす​よう​に​めいじた。しかし​わたし​は、おおく​の​りゅうけつ​の​すえ​に​すくい​された。父親ちちおやどう​が​たたかい、きょうだいどう​が​たたかって、とうとう​わたしたち​の​ぐん​の​大半たいはん​が​​で​んで​しまった。そこで​わたしたち、すなわち​いのち​の​たすかった​もの​は、ゼラヘムラ​の​​に​かえり、んだ​もの​の​つま​や​ども​たち​に​その​ごと​を​はなした。

3 ​それでも​わたし​は、せん​の​​を​ぎたい​と​いう​のぞみ​が​つよすぎた​ので、って​その​​を​しょゆう​したい​と​おもう​人々ひとびと​を​みなあつめ、その​​へ​て​こう​と​ふたたび​​へ​たびった。しかし​わたしたち​は、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​を​おもこす​の​が​おそかった​ので、きん​や​ひどい​なん​に​なやまされた。

4 ​に​も​かかわらず、わたしたち​は​おおく​の​​を​​で​さまよった​すえまえ​に​同胞はらから​の​ころされた​しょ​に​てんまく​を​った。そこ​は、わたしたち​の​せん​の​​に​ちかい​ところ​で​あった。

5 ​そして​わたし​は、いっこう​の​うち​四​にん​の​おとこ​たち​を​ともなって​ふたたび​まち​へ​き、おう​の​もと​を​おとずれた。それ​は、おう​の​こう​を​り、また​わたし​の​たみ​を​れて​その​​へ​はいり、平穏へいおん​に​その​​を​しょゆう​できる​か​どう​か​を​る​ため​で​あった。

6 おう​の​もと​に​く​と、おう​は​わたし​に​リーハイ・​ニーファイ​の​​と​シャイロム​の​​を​しょゆう​して​も​よい​と​誓約せいやく​して​くれた。

7 おう​は​また、その​​に​んで​いる​たみ​に​退く​よう​に​めいじて​くれた。そこで​わたし​と​わたし​の​たみ​は​この​​に​はいり、ここ​を​しょゆう​する​こと​に​なった。

8 ​そこで、わたしたち​は​数々かずかず​の​建物たてもの​を​建設けんせつ​し、まち​の​じょうへき、すなわち、リーハイ・​ニーファイ​の​まち​と​シャイロム​の​まち​の​じょうへき​の​しゅう​に​ちゃくしゅ​した。

9 ​また、わたしたち​は​​を​たがやし、あらゆる​たね、すなわち、とうもろこし​や​むぎ大麦おおむぎ​の​たね、また​ニアス​や、シウム、それに​すべて​の​しゅるい​の​くだもの​の​たね​を​まき​はじめた。こう​して​わたしたち​は​この​​で​え、さかえ​はじめた。

10 ​レーマン​おう​が​この​​を​ゆずって、わたしたち​が​ここ​を​しょゆう​できる​よう​に​して​くれた​の​は、わたし​の​たみ​を​れい​に​しよう​と​する​かれ​の​わる​と​わるだくみ​に​よる​もの​で​あった。

11 ​さて、わたしたち​が​この​​に​んで​十二​ねん​たつ​と、レーマン​おう​は、わたし​の​たみ​が​なんら​か​の​ほうほう​で​この​​で​つよく​なり、ぶん​たち​が​わたし​の​たみ​を​ち​かして​れい​に​する​こと​が​できなく​なる​の​で​は​ない​か​と、心配しんぱい​に​なって​きた。

12 ​レーマンじん​は​たい​で​ぐうぞう​を​れいはい​する​たみ​で​あった​から、わたしたち​を​れい​に​して、わたしたち​の​​の​ろうどう​に​よって​はら​を​たし、まことに、わたしたち​の​まき​の​ちく​の​れ​を​きる​ほど​べたい​と​おもって​いた。

13 ​そこで​レーマン​おう​が、たみ​を​せんどう​して​わたし​の​たみ​と​たたかわせる​よう​に​した​ので、この​​に​せんそう​と​あらそい​が​こり​はじめた。

14 ​ニーファイ​の​​で​の​わたし​の​せい​の​だい十三​ねん​に、たみ​が​シャイロム​の​​の​はるか​みなみ​で​ちく​の​れ​に​みず​を​ませ、くさ​を​はませ、また​​を​たがやして​いた​とき、レーマンじん​の​大軍たいぐん​が​おそい​かかって​かれら​を​ころし​はじめ、ちく​の​れ​と​はたけ​の​とうもろこし​を​うばい​はじめた。

15 ​そして、レーマンじん​に​いつかれなかった​もの​は​みな、ニーファイ​の​まち​へ​み、わたし​に​​を​もとめて​きた。

16 ​そこで​わたし​は、ゆみ​と​つるぎづきとう、こんぼういしげ、その​ほか​かんがえつく​かぎり​の​あらゆる​​で​かれら​を​そう​させた。そして、わたし​と​たみ​は​レーマンじん​と​たたかう​ため​に​しゅつじん​した。

17 ​まことに​わたしたち​は、しゅ​の​ちから​を​けて、レーマンじん​と​たたかう​ため​に​しゅつじん​した。わたし​と​たみ​は、せん​が​すくわれた​こと​を​おもし、わたしたち​を​てき​の​​から​かいほう​して​くださる​よう​に​しゅ​に​熱烈ねつれつ​に​さけび​もとめた。

18 ​すると​かみ​は、わたしたち​の​嘆願たんがん​を​き、いのり​に​こたえて​くださった。そして、まことに​わたしたち​は​かみ​の​ちから​を​けて​て​き、レーマンじん​と​たたかって​一​ちゅう​に​三千四十三​にん​を​ころした。わたしたち​は​レーマンじん​を​ころして、とうとう​わたしたち​の​​から​かれら​を​はらって​しまった。

19 ​そして​わたし​も、ぶん​の​​で​レーマンじん​の​たい​を​ほうむる​の​を​つだった。しかし​よ、わたしたち​に​とって​じょう​に​かなしく、また​いたましい​こと​で​ある​が、わたしたち​の​同胞はらから​も​二百七十九​にんころされた。