モーサヤ書12
戻る 次へ

第12章

アビナダイ,たみめつぼうとノアおうげんしてとうごくされる。にせさいたち,せいぶんいんようし,モーセのりっぽうまもっているとしゅちょうする。アビナダイ,かれらにじっかいおしはじめる。げんぜんやく百四十八ねん

1 さて,それから二ねん,アビナダイはひとからないように姿すがたえてやってて,ひとびとなかげんはじめた。「しゅはわたしにつぎのようにめいじられた。『アビナダイよ,ってわたしのこのたみげんしなさい。かれらは,わたしのことたいしてこころをかたくなにしており,まだぶんたちのわるおこないをあらためていない。それゆえ,わたしはいかってかれらをばっする。まことに,かれらのざいあくまわしいおこないにたいして,わたしははげしくいかってかれらをばっしよう。

2 まことに,このだいひとびとわざわいである。』しゅはまたわたしにわれた。『あなたのばし,つぎのようにげんしなさい。しゅはこのようにわれる。このだいものたちはざいあくのためにれいにされ,ほおたれ,ひとびとわれてころされる。また,そらぶはげたかと,いぬと,じゅうがそのにくう。

3 そして,ノアおういのちは,あつなかころもほどのちもなくなる。かれはわたしがしゅであることをるであろう。

4 そして,わたしはこのたみをひどいなんで,またきんえきびょうとう。かれらはしゅうじつきわめくであろう。

5 また,わたしは,かれらがおもわされ,ものえないろばのようにてられるようにしよう。

6 また,わたしは,かれらのなかひょうらせ,かれらをたせよう。かれらはひがしかぜにもなやまされるであろう。また,こんちゅうかれらのおそい,こくもつうであろう。

7 また,かれらはひどいえきびょうなやまされるであろう。わたしは,かれらのざいあくまわしいおこないのゆえに,すべてこのようにおこなおう。

8 そして,かれらがあらためなければ,わたしはかれらをおもてからことごとくほろぼしってしまおう。しかしかれらはろくあとのこすであろう。わたしはそのろくしょうらい,このしょゆうするほかのこくみんのためにのこそう。わたしがこのようにおこなうのは,このたみまわしいおこないをほかのこくみんあきらかにするためである。』」アビナダイはこのほか,このたみわざわいとなるおおくのことがらげんした。

9 そこでひとびとかれのことをいかり,かれらえてしばげ,おうまえれてった。そして,おうった。「らんください。あなたのたみについてわざわいをげんし,かみがこのたみほろぼすとかたったおとこぜんれてまいりました。

10 このおとこはまた,あなたのいのちについてもわざわいをげんし,あなたのいのちえるなかころものようになるとっています。

11 このおとこはまた,あなたがくさくき,それもけものまれてあしみにじられる,れたくきのようになるとっています。

12 このおとこはまた,あなたのことを,まんかいのときにかぜけばめんらされてしまうあざみのはなのようになるとっています。そしてこのおとこは,しゅがそのようにかたったとしゅちょうしています。またこのおとこは,あなたがあらためなければ,このことはすべてあなたにこる,あなたのざいあくのためにこのことがこるとっています。

13 おうさま,あなたがどのようなおおきなあくをなさり,またあなたのたみがどのようなじゅうだいつみおかしたので,わたしたちはかみからつみさだめられ,またこのおとこからさばかれなければならないのでしょうか。

14 おうさまらんください。わたしたちにはつみはありません。おうさま,あなたもこれまでつみおかしてはこられませんでした。ですから,このおとこがあなたについてかたったことはいつわりであり,ありもしないことをげんしたのです。

15 まことに,わたしたちはつよいので,これからさきれいになることも,てきらえられることもありません。そして,あなたはこのさかえてこられましたし,こんさかえられることでありましょう。

16 らんください。ここにいるのがそのおとこです。わたしたちはこのおとこをあなたのにおわたししますので,おきなようになさってください。」

17 そこでノアおうは,アビナダイをろうませた。そして,さいたちにあつまるようにめいじ,アビナダイをどのようにするかについて,かれらときょうするためのかいごうひらいた。

18 そこでさいたちはおうに,「そのおとこをここへれてて,わたしたちがじんもんできるようにしてください」とった。そこでおうめいれいくだして,アビナダイをさいたちのまえれてさせた。

19 そこでさいたちはかれじんもんはじめ,かれじゅんしたことをわせて,かれうったえるこうじつようとした。しかし,アビナダイはだいたんこたえ,まことにさいたちがおどろくほど,かれらのすべてのいをろんした。アビナダイはすべてのいについてかれらをろんし,かれらのすべてのことについてかれらをかした。

20 そこで,さいなか一人ひとりがアビナダイにった。「ろくしるされていて,わたしたちのせんからおそわってきたつぎことはどういうか。

21 『よきおとずれつたえ,へいげてひろめ,ぜんのよきおとずれをつたえ,すくいをげてひろめ,シオンにかって「あなたのかみとうしておられる」とものあしは,やまうえにあってなんうるわしいことであろう。

22 あなたのにんこえげ,こえわせてうたう。しゅがシオンをもともどされるとき,かれらはそれをたりにるからである。

23 エルサレムのれたところよ,よろこびのこえげ,ともにうたえ。しゅぶんたみなぐさめ,エルサレムをあがなわれたからである。

24 しゅはそのせいなるうでを,すべてのこくみんまえあらわされた。てにいたるすべてのひとは,わたしたちのかみすくいをるであろう』とある。」

25 そこでアビナダイはかれらにこたえた。「あなたがたはさいであり,またぶんたちはこのたみおしえており,げんれいつうじているとしゅちょうしていながら,これらのことがなにするかをわたしからいてりたいとうのか。

26 わたしはあなたがたにう。しゅみちげているあなたがたはわざわいである。あなたがたはこれらのことをかいしているかもしれないが,それをたみおしえてこなかったので,しゅみちげてきたことになる。

27 あなたがたはこころそそいでかいしようとしてこなかった。したがって,あなたがたはけんめいではなかった。あなたがたはこのたみなにおしえているのか。」

28 するとかれらは,「われわれはモーセのりっぽうおしえている」とった。

29 そこでアビナダイはまたかれらにった。「もしあなたがたがモーセのりっぽうおしえているのならば,なぜそれをまもらないのか。なぜあなたがたはとみしゅうちゃくするのか。なぜみだらなおこなをし,しょうごしてせいりょくついやすのか。また,なぜこのたみつみおかさせるのか。それゆえしゅはこのたみたいしてげんを,まことにこのたみたいしておおきなわざわいのげんべるために,わたしをつかわされたのである。

30 あなたがたは,わたしがしんじつかたっているのをらないのか。いや,あなたがたは,わたしがしんじつかたっているのをっている。だからあなたがたは,かみまえふるえおののかなければならない。

31 そしてあなたがたはしょうらいぶんざいあくのためにたれるであろう。あなたがたはモーセのりっぽうおしえているとっているからである。モーセのりっぽうについてあなたがたがっているのはなにか。モーセのりっぽうによってすくいがあたえられるのか。あなたがたはなんこたえるか。」

32 するとかれらは,モーセのりっぽうによってすくいがあたえられるとこたえた。

33 そこでアビナダイはかれらにった。「あなたがたがかみいましめをまもればすくわれることを,わたしはっている。まことに,しゅシナイやまでモーセにげられたいましめをまもるならば,あなたがたはすくわれる。そのいましめはつぎのとおりである。

34 わたしはしゅなるあなたのかみであって,あなたをエジプトのれいいえからしたものである。

35 あなたはわたしのほかになにものをもかみとしてはならない。

36 あなたはぶんのために,きざんだぞうつくってはならない。うえてんにあるもの,したにあるものの,どのようなかたちをもつくってはならない。』」

37 そしてアビナダイはかれらにった。「あなたがたはこれをすべてまもってきたか。いや,まもってこなかったとわたしはあなたがたにう。あなたがたはこのたみに,これらのことをすべてまもるようにおしえてきたか。いや,おしえてこなかったと,わたしはあなたがたにう。」