モーサヤ書 23
    脚注

    ノア​おう​の​たみ​に​より​​に​われた​アルマ​と​しゅ​の​たみ​の​はなし

    つぎ​の​だい​二十三-二十四​しょう​が​それに​そうとう​する。

    第​23​章

    アルマ、おう​に​なる​こと​を​ことわる。アルマ、だいさい​として​つとめる。しゅ、アルマ​の​たみ​を​らしめられる。レーマンじん、ヘラム​の​​を​征服せいふく​する。ノア​おう​の​じゃあく​な​さい​たち​の​とうそつしゃ​で​ある​アミュロン、レーマンじん​の​おう​の​臣民しんみん​を​おさめる。げんぜんやく​百四十五​ねん​から​百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、アルマ​は、ノア​おう​の​ぐんたい​が​やって​る​と​しゅ​から​けいこく​を​け、それ​を​たみ​に​らせた​ので、たみ​は​ちく​の​れ​を​あつめ、こくもつ​を​ち、ノア​おう​の​ぐんたい​を​けて​​に​て​った。

    2 しゅ​は​かれら​を​つよく​し、ノア​おう​の​たみ​に​いつかれて​ほろぼされる​こと​の​ない​よう​に​された。

    3 ​それで​かれら​は、​に​んで、ようかんたび​を​した。

    4 かれら​は​じょう​に​うつくしく、ここよい​きよらか​な​みず​の​ある​​に​いた。

    5 ​そこで​かれら​は​てんまく​を​り、​を​たがやし、建物たてもの​を​て​はじめた。まことに、かれら​は​勤勉きんべん​で​あり、じょう​に​よく​はたらいた。

    6 ​また​たみ​は、アルマ​を​あいして​いた​ので、かれ​が​おう​に​なる​こと​を​ねがった。

    7 ​しかし、かれ​は​たみ​に​った。「わたしたち​に​おう​が​いる​の​は​けっして​のぞましい​こと​で​は​ない。しゅ​は、『あなたがた​は、​ある​ひと​を​ほか​の​ひと​より​も​すぐれて​いる​と​おもって​は​ならない。すなわち、ひと​は​ぶんしん​を​ほか​の​ひと​より​も​すぐれて​いる​と​かんがえて​は​ならない』​と​われた。したがって、あなたがた​に​おう​が​いる​の​は​のぞましい​こと​で​は​ない​と、わたし​は​あなたがた​に​う。

    8 ​しかしながら、あなたがた​が​ただしい​ひと​を​いつも​おう​に​いただく​こと​が​のう​で​あれ​ば、おう​が​いる​の​も​よい​で​あろう。

    9 ​しかし、ノア​おう​と​かれ​の​さい​たち​の​ざいあく​を​おもして​ほしい。わたし​しん​も​​わな​に​かかり、しゅ​の​​から​て​まわしい​こと​を​たくさん​おこない、つらい​あらため​を​した。

    10 ​に​も​かかわらず、わたし​が​おおく​の​艱難かんなん​を​あじわった​のちしゅ​は​わたし​の​嘆願たんがん​を​いて、わたし​の​いのり​に​こたえ、わたし​を​しゅ​の​​に​使つかわれる​もの​に​して​くださり、この​よう​に、あなたがた​の​おおく​に​しゅ​の​しん​を​らせる​こと​が​できる​よう​に​して​くださった。

    11 ​それでも、わたし​は​この​こと​を​ほこらない。わたし​は​ぶんしん​に​ついて​ほこる​に​ふさわしくない​から​で​ある。

    12 いま、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​かつて​ノア​おう​に​しいたげられ、かれ​と​かれ​の​さい​たち​に​たいして​れい​の​じょうたい​に​あり、かれら​に​よって​ざいあく​に​まれた​ため、ざいあく​の​なわ​を​かけられて​しまった。

    13 ​ところが​あなたがた​は、かみ​の​ちから​に​よって​これら​の​かせ​から、すなわち​ノア​おう​と​かれ​の​たみ​の​​から、また​ざいあく​の​かせ​から​すくい​されて​いる​ので、わたし​は​あなたがた​が​かいほう​された​この​ゆう​に​しっかり​と​つ​よう​に、また​だれ​も​あなたがた​を​おさめる​おう​と​しない​よう​に​のぞんで​いる。

    14 ​また、かみ​の​みち​を​あゆみ、かみ​の​いましめ​を​まもって​いる​かみ​の​ひと​で​なければ、だれ​も、あなたがた​の​きょう​や​おしえ​みちびく​もの​と​して​は​ならない。」

    15 ​この​よう​に​アルマ​は、ひと​は​みなぶんしん​の​よう​に​隣人りんじん​を​あいし、たみ​の​なか​に​けっして​あらそい​が​ない​よう​に​しなければ​ならない​こと​を、かれ​の​たみ​に​おしえた。

    16 ​さて、アルマ​は​かれら​の​きょうかい​の​そうせつしゃ​で​あった​ので、かれら​の​だいさい​で​あった。

    17 ​そして、アルマ​を​つうじて​かみ​から​あたえられ​なければ、だれ​も​せっきょう​を​する​権能けんのう​や​おしえる​権能けんのう​を​けられなかった。したがって​アルマ​は、たみ​の​すべて​の​さい​と​すべて​の​きょう​を​にんめい​した。また、ただしい​ひと​で​なければ​だれ​も​にんめい​されなかった。

    18 ​そして、かれら​は​たみ​を​まもり、​に​かかわる​こと​を​もって​かれら​を​やしなった。

    19 ​さて、かれら​は​その​​で​じょう​に​さかえ、その​​を​ヘラム​と​けた。

    20 ​そして、かれら​は​ヘラム​の​​で​え、じょう​に​さかえた。そして、一つ​の​まち​を​きずいて​ヘラム​の​まち​と​けた。

    21 ​に​も​かかわらず、しゅ​は​ぶん​の​たみ​を​らしめる​の​を、こころ​に​かなう​こと​と​て​おられる。まことに、しゅ​は​たみ​の​忍耐にんたい​と​しんこう​を​ためされる。

    22 ​しかしながら、しゅ​に​たよる​もの​は​だれ​で​あろう​と、わり​の​​に​たかく​げられる。そして、この​たみ​は​その​よう​に​ためされた​の​で​あった。

    23 よ、わたし​は、これから​あなたがた​に、かれら​が​れい​の​じょうたい​に​とされた​こと​と、しゅ​なる​かれら​の​かみ、すなわち​アブラハム​と​イサク​と​ヤコブ​の​かみ​の​ほか​に、だれ​も​かれら​を​すくい​せなかった​こと​を​しめそう。

    24 ​さて、しゅ​が​かれら​を​すくい​し、かれら​に​ぶん​の​だい​な​ちから​を​しめされた​ので、かれら​の​よろこび​は​おおきかった。

    25 ​さて​よ、かれら​が​ヘラム​の​、まことに、ヘラム​の​まち​に​いて​周辺しゅうへん​の​​を​たがやして​いた​ところ、レーマンじん​の​ぐんたい​が​その​​の​さかい​に​あらわれた。

    26 ​そこで​アルマ​の​同胞はらから​は、はたけ​から​げて​ヘラム​の​まち​に​あつまった。レーマンじん​が​あらわれた​こと​で、かれら​は​ひどく​おびえて​いた。

    27 ​しかし、アルマ​は​て​って​たみ​の​なか​に​ち、こわがらない​よう​に、また​しゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​を​おぼえて​いれ​ば​しゅ​は​たすけて​くださる​と​かれら​に​いた。

    28 ​そこで​かれら​は​おそれ​を​しずめ、レーマンじん​が​ぶん​たち​と​さい​を​たすけて​くれる​よう​に、かれら​の​こころ​を​やわらげて​くださる​こと​を​しゅ​に​さけび​もとめた。

    29 ​そこで​しゅ​は、レーマンじん​の​こころ​を​やわらげて​くださった。そこで、アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​は​て​って、ぶん​たち​の​​を​かれら​に​ゆだねた。そして​レーマンじん​は、ヘラム​の​​を​占領せんりょう​した。

    30 ​ところで、リムハイ​おう​の​たみ​を​って​いた​レーマンじん​の​ぐんたい​は、いくにち​も​の​あいだ​を​さまよって​いた。

    31 ​そして​よ、かれら​は、ノア​おう​の​さい​たち​が​アミュロン​と​けた​​で、その​さい​たち​を​つけた。さい​たち​は​アミュロン​の​​を​しょゆう​し、​を​たがやし​はじめて​いた。

    32 ​そして、さい​たち​の​とうそつしゃ​の​​は​アミュロン​と​いった。

    33 ​さて、アミュロン​は​レーマンじん​に​懇願こんがん​し、さらに​レーマンじん​の​むすめ​で​ある​つま​たち​を​つかわして、おっと​を​ころす​こと​の​ない​よう​に​同胞はらから​に​懇願こんがん​させた。

    34 ​そこで​レーマンじん​は、アミュロン​と​かれ​の​なか​を​あわれみ、その​つま​たち​に​めんじて​かれら​を​ころさなかった。

    35 ​この​よう​に​して、アミュロン​と​かれ​の​なか​は​レーマンじん​に​くわわった。そして​かれら​は、ニーファイ​の​​を​さがして​​の​なか​を​たび​して​いた​とき​に、アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​が​しょゆう​して​いた​ヘラム​の​​を​はっけん​した​の​で​ある。

    36 ​さて、レーマンじん​は​アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​に、ニーファイ​の​​へ​つうじて​いる​みち​を​おしえる​なら​ば​いのち​を​たすけて、ゆう​を​みとめる​と​やくそく​した。

    37 ​ところが、アルマ​が​ニーファイ​の​​へ​つうじる​みち​を​おしえた​ところ、レーマンじん​は​その​やくそく​を​まもろう​と​せず、かれら​は​アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​を​る​へい​を​ヘラム​の​​の​周辺しゅうへん​に​いた。

    38 ​そして、のこり​の​もの​たち​は​ニーファイ​の​​へ​かった。それから​いち​の​もの​は、ヘラム​の​​に​のこされた​り​の​へい​の​さい​を​れて、また​この​​に​もどって​た。

    39 ​レーマンじん​の​おう​は​アミュロン​に、ヘラム​の​​に​いる​ぶん​の​たみ​の​おう​と​なり​とうしゃ​と​なる​こと​を​ゆるして​いた。しかし、それでも​かれ​は、レーマンじん​の​おう​の​​に​はんして​こと​を​おこなう​ちから​は​って​いなかった。