モーサヤ書23
戻る 次へ

ノアおうたみによりわれたアルマとしゅたみはなし

つぎだい二十三-二十四しょうがそれにそうとうする。

第23章

アルマ,おうになることをことわる。アルマ,だいさいとしてつとめる。しゅぶんたみらしめられる。レーマンじん,ヘラムのせいふくする。ノアおうじゃあくさいたちのとうそつしゃであるアミュロン,レーマンじんおうしんみんおさめる。げんぜんやく百四十五ねんから百二十一ねんいたる。

1 さて,アルマは,ノアおうぐんたいがやってるとしゅからけいこくけ,それをたみらせたので,たみちくれをあつめ,こくもつち,ノアおうぐんたいけてった。

2 しゅかれらをつよくし,ノアおうたみいつかれてほろぼされることのないようにされた。

3 それでかれらは,んで,ようかんたびをした。

4 かれらはじょううつくしく,ここよいきよらかなみずのあるいた。

5 そこでかれらはてんまくり,たがやし,たてものはじめた。まことに,かれらはきんべんであり,じょうによくはたらいた。

6 またたみは,アルマをあいしていたので,かれおうになることをねがった。

7 しかし,かれたみった。「まことに,わたしたちにおうがいるのはけっしてのぞましいことではない。しゅは,『あなたがたは,あるひとをほかのひとよりもすぐれているとおもってはならない。すなわち,ひとぶんしんをほかのひとよりもすぐれているとかんがえてはならない』とわれた。したがって,あなたがたにおうがいるのはのぞましいことではないと,わたしはあなたがたにう。

8 しかしながら,あなたがたがただしいひとをいつもおういただくことがのうであれば,おうがいるのもよいであろう。

9 しかし,ノアおうかれさいたちのざいあくおもしてほしい。わたししんわなにかかり,しゅからまわしいことをたくさんおこない,つらいあらためをした。

10 にもかかわらず,わたしがおおくのかんなんあじわったのちしゅはわたしのたんがんいて,わたしのいのりにこたえ,わたしをしゅ使つかわれるものにしてくださり,このように,あなたがたのおおしゅしんらせることができるようにしてくださった。

11 それでも,わたしはこのことをほこらない。わたしはぶんしんについてほこるにふさわしくないからである。

12 いま,わたしはあなたがたにう。あなたがたはかつてノアおうしいたげられ,かれかれさいたちにたいしてれいじょうたいにあり,かれらによってざいあくまれたため,ざいあくなわをかけられてしまった。

13 ところがあなたがたは,かみちからによってこれらのかせから,すなわちノアおうかれたみから,またざいあくのかせからすくされているので,わたしはあなたがたがかいほうされたこのゆうしっかりとように,まただれもあなたがたをおさめるおうとしないようにのぞんでいる。

14 また,かみみちあゆみ,かみいましめをまもっているかみひとでなければ,だれも,あなたがたのきょうおしみちびものとしてはならない。」

15 このようにアルマは,ひとみなぶんしんのようにりんじんあいたみなかけっしてあらそがないようにしなければならないことを,かれたみおしえた。

16 さて,アルマはかれらのきょうかいそうせつしゃであったので,かれらのだいさいであった。

17 そして,アルマをつうじてかみからあたえられなければ,だれもせっきょうをするけんのうおしえるけんのうけられなかった。したがってアルマは,たみのすべてのさいとすべてのきょうにんめいした。また,ただしいひとでなければだれもにんめいされなかった。

18 そして,かれらはたみまもり,にかかわることをもってかれらをやしなった

19 さて,かれらはそのじょうさかえ,そのをヘラムとけた。

20 そして,かれらはヘラムのえ,じょうさかえた。そして,一つのまちきずいてヘラムのまちけた。

21 にもかかわらず,しゅぶんたみらしめるのを,こころにかなうこととておられる。まことに,しゅたみにんたいしんこうためされる。

22 しかしながら,しゅたよものはだれであろうと,わりのたかげられる。そして,このたみはそのようにためされたのであった。

23 よ,わたしは,これからあなたがたに,かれらがれいじょうたいとされたことと,しゅなるかれらのかみ,すなわちアブラハムとイサクとヤコブのかみのほかに,だれもかれらをすくせなかったことをしめそう。

24 さて,しゅかれらをすくし,かれらにぶんだいちからしめされたので,かれらのよろこびはおおきかった。

25 さてよ,かれらがヘラムの,まことに,ヘラムのまちにいてしゅうへんたがやしていたところ,よ,レーマンじんぐんたいがそのさかいあらわれた。

26 そこでアルマの同胞はらからは,はたけからげてヘラムのまちあつまった。レーマンじんあらわれたことで,かれらはひどくおびえていた。

27 しかし,アルマはってたみなかち,こわがらないように,またしゅなるぶんたちのかみおぼえていればしゅたすけてくださるとかれらにいた。

28 そこでかれらはおそれをしずめ,レーマンじんぶんたちとさいたすけてくれるように,かれらのこころやわらげてくださることをしゅさけもとめた。

29 そこでしゅは,レーマンじんこころやわらげてくださった。そこで,アルマとかれ同胞はらからって,ぶんたちのかれらにゆだねた。そしてレーマンじんは,ヘラムのせんりょうした。

30 ところで,リムハイおうたみっていたレーマンじんぐんたいは,いくにちものあいだをさまよっていた。

31 そしてよ,かれらは,ノアおうさいたちがアミュロンとけたで,そのさいたちをつけた。さいたちはアミュロンのしょゆうし,たがやはじめていた。

32 そして,さいたちのとうそつしゃはアミュロンといった。

33 さて,アミュロンはレーマンじんこんがんし,さらにレーマンじんむすめであるつまたちをつかわして,おっところすことのないように同胞はらからこんがんさせた。

34 そこでレーマンじんは,アミュロンとかれなかあわれみ,そのつまたちにめんじてかれらをころさなかった。

35 このようにして,アミュロンとかれなかはレーマンじんくわわった。そしてかれらは,ニーファイのさがしてなかたびしていたときに,アルマとかれ同胞はらからしょゆうしていたヘラムのはっけんしたのである。

36 さて,レーマンじんはアルマとかれ同胞はらからに,ニーファイのつうじているみちおしえるならばいのちたすけて,ゆうみとめるとやくそくした。

37 ところが,アルマがニーファイのつうじるみちおしえたところ,レーマンじんはそのやくそくまもろうとせず,かれらはアルマとかれ同胞はらからへいをヘラムのしゅうへんいた。

38 そして,のこりのものたちはニーファイのかった。それからいちものは,ヘラムののこされたりのへいさいれて,またこのもどってた。

39 レーマンじんおうはアミュロンに,ヘラムのにいるぶんたみおうとなりとうしゃとなることをゆるしていた。しかし,それでもかれは,レーマンじんおうはんしてことおこなちからっていなかった。