モーサヤ書24
戻る 次へ

第24章

アミュロン,アルマとかれたみしいたげる。いのものころされることになる。しゅかれらのおもかるくされる。しゅかれらをれいじょうたいからすくされ,かれらはゼラヘムラのかえる。げんぜんやく百四十五ねんから百二十ねんいたる。

1 さて,アミュロンはレーマンじんおうかんしんった。そこで,レーマンじんおうはアミュロンとかれなかを,ぶんたみ,すなわちシェムロンのとシャイロムのとアミュロンのんでいるたみおしえるものとしてにんめいさせた。

2 レーマンじんは,すでにこれらのをすべてせんりょうしていたからである。またそのためにレーマンじんおうは,これらすべてのおさめるおうたちをにんめいしていた。

3 ところでレーマンじんおうは,そのちちってけられ,レーマンといった。そのため,かれはレーマンおうばれた。かれおおぜいたみおさめるおうであった。

4 かれぶんたみしょゆうするあらゆるで,アミュロンのなかなかからおしえるものにんめいした。このようにして,レーマンじんのすべてのたみなかで,ニーファイのげんおしえられるようになった。

5 レーマンじんたがいにしたしみたみであった。しかし,かみらなかった。アミュロンのなかかれらに,しゅなるぶんたちのかみについてはどのようなこともおしえず,モーセのりっぽうについてもおしえなかった。また,アビナダイのことおしえなかった。

6 しかしかれらは,ろくしるすようにレーマンじんおしえ,またかれらがたがいにぶんしょでやりりができるようにおしえた。

7 このようにしてレーマンじんとみやしはじめ,たがいにしょうばいをしてむようになった。またかれらは,ぞくということではずるがしこのないたみ,まことに,じょうわるにたけたたみになり,ぶんなかがいたいして,あらゆるあくりゃくだつはたらくのをよろこびとした。

8 さて,アミュロンはアルマとかれ同胞はらからたいしてけんりょくるうようになり,アルマをはくがいし,またぶんどもたちにアルマとその同胞はらからどもたちをいじめさせるようになった。

9 アミュロンはアルマをっており,アルマがかつてノアおうさい一人ひとりであり,アビナダイのことしんじておうまえからされたものであることをっていたからである。そのために,アミュロンはアルマにいきどおりをかんじていた。かれはレーマンおうはいけていたにもかかわらず,アルマとかれ同胞はらからたいしてけんりょくるい,かれらにえきし,かれらをかんとくいた。

10 さて,かれらのなんじょうおおきかったので,かれらはねつれつかみさけもとめるようになった。

11 ところが,アミュロンはさけもとめることをやめるようにかれらにめいじた。そして,かれらをものいてかれらをらせた。かみさけもとめているところをつかったものはだれであろうと,ころすことにした。

12 そこでアルマとかれたみは,しゅなるぶんたちのかみこえげることなく,ぶんたちのこころしゅそそした。そしてしゅは,かれらのこころおもいをぞんじであった。

13 そして,なんなかにいるかれらにしゅこえこえて,われた。「あなたがたのあたまげてよろこびなさい。わたしは,あなたがたがわたしとわしたせいやくっている。わたしはぶんたみせいやくわし,そのたみれいじょうたいからすくす。

14 またわたしは,あなたがたのかたわされるかるくし,あなたがたがれいじょうたいにあるあいだ,あなたがたのにそのかんじられないほどにしよう。わたしがこのようにするのは,あなたがたがこののち,わたしのためにしょうにんになれるようにするため,またしゅなるかみであるわたしが,なんなかにいるぶんたみおとずれるということを,あなたがたがたしかにることができるようにするためである。」

15 そこで,アルマとかれ同胞はらからわされたおもかるくなった。まことに,しゅは,かれらがようおもえられるようにかれらをつよされた。そこでかれらはこころたのしくにんたいして,しゅこころにすべてしたがった。

16 さて,かれらはしんこうあつく,にんたいづよかったので,しゅこえふたたこえて,われた。「よろこびなさい。,わたしはあなたがたをれいじょうたいからすくす。」

17 そして,しゅはアルマにわれた。「あなたはこのたみせんとうたなければならない。わたしはあなたとともにき,このたみれいじょうたいからすくそう。」

18 そこでアルマとかれたみは,かんぶんたちのちくれをあつめ,またこくもついくぶんかをあつめた。まことに,かれらはひとばんじゅうちくれをあつつづけた。

19 そしてあさしゅはレーマンじんふかようにされたので,かれらのかんとくたちはみなふかねむりにちていた。

20 そこで,アルマとかれたみった。そしてかれらはいちにちじゅうたびをして,あるたにてんまくった。かれらは,アルマがなかかれらをみちびいたので,そのたにをアルマのたにけた。

21 そして,かみぶんたちにあわれみをかけ,おもかるくし,ぶんたちをれいじょうたいからすくしてくださったので,かれらはアルマのたにかみかんしゃちをそそした。かれらはれいじょうたいにあって,しゅなるかれらのかみのほかに,だれもかれらをすくすことができなかったからである。

22 そして,かれらはかみかんしゃをささげた。まことに,おとこおんなどもも,かたることのできるものみなこえげてかみさんした。

23 すると,しゅがアルマにわれた。「あなたとこのたみいそいでこのりなさい。レーマンじんまして,あなたをっているので,このりなさい。レーマンじんがこれじょうこのたみわないように,わたしはかれらをこのたにでとどめよう。」

24 そして,かれらはそのたにて,たびった。

25 そしてかれらは,十二日かんたびしたのち,ゼラヘムラのいた。モーサヤおうよろこんでかれらをむかれた。