モーサヤ書 24
    脚注

    第​24​章

    アミュロン、アルマ​と​かれ​の​たみ​を​しいたげる。いのる​もの​は​ころされる​こと​に​なる。しゅ​は​かれら​の​おも​を​かるく​される。しゅ​は​かれら​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​され、かれら​は​ゼラヘムラ​の​​に​かえる。げんぜんやく​百四十五​ねん​から​百二十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、アミュロン​は​レーマンじん​の​おう​の​歓心かんしん​を​った。そこで、レーマンじん​の​おう​は​アミュロン​と​かれ​の​なか​を、ぶん​の​たみ、すなわち​シェムロン​の​​と​シャイロム​の​​と​アミュロン​の​​に​んで​いる​たみ​を​おしえる​もの​として​にんめい​させた。

    2 ​レーマンじん​は、すでに​これら​の​​を​すべて​占領せんりょう​して​いた​から​で​ある。また​その​ため​に​レーマンじん​の​おう​は、これら​すべて​の​​を​おさめる​おう​たち​を​にんめい​して​いた。

    3 ​ところで​レーマンじん​の​おう​の​​は、その​ちち​の​​を​って​けられ、レーマン​と​いった。その​ため、かれ​は​レーマン​おう​と​ばれた。かれ​は​おおぜい​の​たみ​を​おさめる​おう​で​あった。

    4 かれ​は​ぶん​の​たみ​が​しょゆう​する​あらゆる​​で、アミュロン​の​なか​の​なか​から​おしえる​もの​を​にんめい​した。この​よう​に​して、レーマンじん​の​すべて​の​たみ​の​なか​で、ニーファイ​の​げん​が​おしえられる​よう​に​なった。

    5 ​レーマンじん​は​たがいに​したしみ​う​たみ​で​あった。しかし、かみ​を​らなかった。アミュロン​の​なか​は​かれら​に、しゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​に​ついて​は​どの​よう​な​こと​も​おしえず、モーセ​の​りっぽう​に​ついて​も​おしえなかった。また、アビナダイ​の​こと​も​おしえなかった。

    6 ​しかし​かれら​は、ろく​を​しるす​よう​に​レーマンじん​に​おしえ、また​かれら​が​たがいに​文書ぶんしょ​で​やりり​が​できる​よう​に​おしえた。

    7 ​この​よう​に​して​レーマンじん​は​とみ​を​やし​はじめ、たがいに​しょうばい​を​して​む​よう​に​なった。また​かれら​は、ぞく​の​​と​いう​こと​で​は​ずる​がしこく​​の​ない​たみ、まことに、じょう​に​わる​に​たけた​たみ​に​なり、ぶん​の​なかがい​に​たいして、あらゆる​あく​と​略奪りゃくだつ​を​はたらく​の​を​よろこび​と​した。

    8 ​さて、アミュロン​は​アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​に​たいして​けんりょく​を​るう​よう​に​なり、アルマ​を​はくがい​し、また​ぶん​の​ども​たち​に​アルマ​と​その​同胞はらから​の​ども​たち​を​いじめ​させる​よう​に​なった。

    9 ​アミュロン​は​アルマ​を​って​おり、アルマ​が​かつて​ノア​おう​の​さい​の​ひと​で​あり、アビナダイ​の​こと​を​しんじて​おう​の​まえ​から​された​もの​で​ある​こと​を​って​いた​から​で​ある。その​ため​に、アミュロン​は​アルマ​に​いきどおり​を​かんじて​いた。かれ​は​レーマン​おう​の​はい​を​けて​いた​に​も​かかわらず、アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​に​たいして​けんりょく​を​るい、かれら​に​えき​を​し、かれら​を​る​かんとく​を​いた。

    10 ​さて、かれら​の​なん​は​じょう​に​おおきかった​ので、かれら​は​熱烈ねつれつ​に​かみ​に​さけび​もとめる​よう​に​なった。

    11 ​ところが、アミュロン​は​さけび​もとめる​こと​を​やめる​よう​に​かれら​に​めいじた。そして、かれら​を​る​もの​を​いて​かれら​を​らせた。かみ​に​さけび​もとめて​いる​ところ​を​つかった​もの​は​だれ​で​あろう​と、ころす​こと​に​した。

    12 ​そこで​アルマ​と​かれ​の​たみ​は、しゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​に​こえ​を​げる​こと​なく、ぶん​たち​の​こころ​を​しゅ​に​そそぎ​した。そして​しゅ​は、かれら​の​こころ​の​おもい​を​ぞんじ​で​あった。

    13 ​そして、なん​の​なか​に​いる​かれら​に​しゅ​の​こえ​が​こえて、われた。「あなたがた​の​あたま​を​げて​よろこび​なさい。わたし​は、あなたがた​が​わたし​と​わした​せいやく​を​って​いる。わたし​は​ぶん​の​たみ​と​せいやく​を​わし、その​たみ​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​す。

    14 ​また​わたし​は、あなたがた​の​かた​に​わされる​​を​かるく​し、あなたがた​が​れい​の​じょうたい​に​ある​あいだ、あなたがた​の​​に​その​​が​かんじられない​ほど​に​しよう。わたし​が​この​よう​に​する​の​は、あなたがた​が​この​のち、わたし​の​ため​に​しょうにん​に​なれる​よう​に​する​ため、また​しゅ​なる​かみ​で​ある​わたし​が、なん​の​なか​に​いる​ぶん​の​たみ​を​おとずれる​と​いう​こと​を、あなたがた​が​たしか​に​る​こと​が​できる​よう​に​する​ため​で​ある。」

    15 ​そこで、アルマ​と​かれ​の​同胞はらから​に​わされた​おも​は​かるく​なった。まことに、しゅ​は、かれら​が​よう​に​おも​に​えられる​よう​に​かれら​を​つよく​された。そこで​かれら​は​こころたのしく​忍耐にんたい​して、しゅ​の​こころ​に​すべて​したがった。

    16 ​さて、かれら​は​しんこう​が​あつく、にんたいづよかった​ので、しゅ​の​こえ​が​ふたたび​こえて、われた。「よろこび​なさい。、わたし​は​あなたがた​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​す。」

    17 ​そして、しゅ​は​アルマ​に​われた。「あなた​は​この​たみ​の​先頭せんとう​に​たなければ​ならない。わたし​は​あなた​と​ともに​き、この​たみ​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​そう。」

    18 ​そこで​アルマ​と​かれ​の​たみ​は、かんぶん​たち​の​ちく​の​れ​を​あつめ、また​こくもつ​の​いくぶん​か​を​あつめた。まことに、かれら​は​一晩ひとばんじゅうちく​の​れ​を​あつめ​つづけた。

    19 ​そして​あさしゅ​は​レーマンじん​を​ふかく​る​よう​に​された​ので、かれら​の​かんとく​たち​は​みなふかい​ねむり​に​ちて​いた。

    20 ​そこで、アルマ​と​かれ​の​たみ​は​​に​て​った。そして​かれら​は​一日いちにちじゅうたび​を​して、ある​たに​に​てんまく​を​った。かれら​は、アルマ​が​​の​なか​で​かれら​を​みちびいた​ので、その​たに​を​アルマ​の​たに​と​けた。

    21 ​そして、かみ​が​ぶん​たち​に​あわれみ​を​かけ、おも​を​かるく​し、ぶん​たち​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​して​くださった​ので、かれら​は​アルマ​の​たに​で​かみ​に​感謝かんしゃ​の​ち​を​そそぎ​した。かれら​は​れい​の​じょうたい​に​あって、しゅ​なる​かれら​の​かみ​の​ほか​に、だれ​も​かれら​を​すくい​す​こと​が​できなかった​から​で​ある。

    22 ​そして、かれら​は​かみ​に​感謝かんしゃ​を​ささげた。まことに、おとこ​も​おんな​も​ども​も、かたる​こと​の​できる​もの​は​みなこえ​を​げて​かみ​を​さん​した。

    23 ​すると、しゅ​が​アルマ​に​われた。「あなた​と​この​たみ​は​いそいで​この​​を​り​なさい。レーマンじん​が​​を​まして、あなた​を​って​いる​ので、この​​を​り​なさい。レーマンじん​が​これ​じょう​この​たみ​を​わない​よう​に、わたし​は​かれら​を​この​たに​で​とどめよう。」

    24 ​そして、かれら​は​その​たに​を​て、​に​たびった。

    25 ​そして​かれら​は、十二​日間にちかん​を​たび​した​のち、ゼラヘムラ​の​​に​いた。モーサヤ​おう​は​よろこんで​かれら​を​むかえ​れた。