モーサヤ書 22
戻る 次へ

第​22​章

たみ​が​レーマンじん​の​もと​で​の​れい​の​じょうたい​から​のがれる​ため​の​けいかく​が​てられる。レーマンじんさけ​に​う。たみ​は​のがれ、ゼラヘムラ​に​かえり、モーサヤ​おう​の​臣民しんみん​と​なる。げんぜんやく​百二十一​ねん​から​百二十​ねん​に​いたる。

1 ​さて、アンモン​と​リムハイ​おう​は、れい​の​じょうたい​から​け​す​ほうほう​に​ついて​たみ​と​そうだん​を​はじめた。かれら​は​すべて​の​たみ​を​って​あつまらせた。かれら​は​この​けん​に​ついて​たみ​の​こえ​を​く​こと​が​できる​よう​に、こう​した​の​で​ある。

2 ​さて、かれら​が​れい​の​じょうたい​から​け​す​に​は、おんなども​を​ともない、大小だいしょう​の​ちく​の​れ​を​れ、てんまく​を​たずさえて​​へ​て​く​がい​に​なんの​ほうほう​も​いだせなかった。レーマンじん​が​じょう​に​おおぜい​で​あった​ため、リムハイ​の​たみ​は​つるぎ​に​よって​れい​の​じょうたい​から​け​そう​と​かんがえて​も、かれら​と​たたかう​こと​は​のう​だった​から​で​ある。

3 ​さて​この​とき、ギデオン​が​すすみ​て​おう​の​まえ​に​ち、そして​った。「おうさま、わたしたち​が​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​と​たたかった​とき​に、あなた​は​これまで​に​なん​も、わたし​の​こと​を​れて​ください​ました。

4 ​そして​おうさま、もし​わたし​を​ふつつか​な​しもべ​で​あった​と​おもわれ​なければ、すなわち、これまで​しょう​なり​と​も​わたし​の​こと​を​お​き​に​なって、それ​が​あなた​の​お​やく​に​って​いました​なら​ば、このたび​も​わたし​の​こと​を​お​き​くださる​よう​に​お​ねがい​いたし​ます。わたし​は​これから​も​あなた​の​しもべ​と​なり、この​たみ​を​れい​の​じょうたい​から​すくい​し​ましょう。」

5 ​そこで、おう​は​かれ​に​かたる​こと​を​ゆるした。すると、ギデオン​は​おう​に​った。

6 まち​の​うら​の​じょうへき​を​とおって​く​裏道うらみち​に​注目ちゅうもく​ください。そこ​に​いる​レーマンじん、すなわち​レーマンじん​の​り​の​へい​は、よる​は​さけ​に​って​います。ですから、たみ​の​全体ぜんたい​に​こく​を​して​大小だいしょう​の​ちく​の​れ​を​あつめ​させ、よる​の​あいだ​に​​に​れ​を​って​ける​よう​に​しましょう。

7 ​そして、わたし​は​あなた​の​命令めいれい​に​したがい、さい​の​みつもの​で​ある​ぶどう​しゅ​を​レーマンじん​に​おさめ​ます。すると​かれら​は、んで​う​でしょう。かれら​が​って​ねむって​いる​あいだ​に、わたしたち​は​かれら​の​宿しゅくえい​の​ひだり​に​ある​間道かんどう​を​とおって​き​ましょう。

8 ​こう​して​わたしたち​は、おんなども​を​ともない、大小だいしょう​の​ちく​の​れ​を​れて​​に​て​き、シャイロム​の​​を​まわって​すすみ​ましょう。」

9 ​そこで​おう​は、ギデオン​の​こと​を​れる​こと​に​した。

10 ​そこで​リムハイ​おう​は、たみ​に​かれら​の​ちく​の​れ​を​あつめ​させた。また​おう​は、みつもの​の​ぶどう​しゅ​を​レーマンじん​に、おくもの​として​いつも​より​たくさん​とどけた。すると​かれら​は、リムハイ​おう​が​とどけた​ぶどう​しゅ​を​ふんだんに​んだ。

11 ​さて、リムハイ​おう​の​たみ​は、よる​の​あいだ​に​大小だいしょう​の​ちく​の​れ​を​れて​​へ​て​った。かれら​は​​の​なか​を​シャイロム​の​​を​まわって​き、アンモン​と​その​どうりょう​たち​に​みちびかれて、ゼラヘムラ​の​​へ​かって​みち​を​すすんだ。

12 かれら​は、ぶん​たち​の​きん​や​ぎんちょう​な​品々しなじな、それに​食糧しょくりょう​を​はこべる​かぎり​って​​に​て、たび​を​つづけた。

13 ​この​よう​に​して、かれら​は​​の​なか​で​いくにち​も​ごした​のち、ゼラヘムラ​の​​に​とうちゃく​して​モーサヤ​の​たみ​に​くわわり、かれ​の​臣民しんみん​と​なった。

14 ​そして、モーサヤ​おう​は​よろこんで​かれら​を​むかえ​れ、かれら​の​ろく​と、ぜん​に​リムハイ​の​たみ​が​つけた​ろく​を​った。

15 ​さて、レーマンじん​は、リムハイ​の​たみ​が​よる​の​あいだ​に​その​​を​て​った​こと​を​る​と、かれら​を​追跡ついせき​する​ため​に​​に​ぐんたい​を​おくした。

16 ぐんたい​は​ふつかんかれら​を​追跡ついせき​した​のち、もはや​その​あと​を​つける​こと​が​できず、​の​なか​で​まよって​しまった。