モーサヤ書18
戻る 次へ

第18章

アルマ,ひそかにおしえをく。バプテスマのせいやくせんげんし,モルモンのいずみでバプテスマをほどこす。キリストのきょうかいせつりつし,さいたちをせいにんする。さいたち,かつし,たみおしえる。アルマとかれたみ,ノアおうからのがれ,たびつ。げんぜんやく百四十七ねんから百四十五ねんいたる。

1 さて,ノアおう使つかいたちからのがれたアルマは,ぶんつみあらたひとびとなかをひそかにめぐって,アビナダイのことおしはじめた。

2 まことに,しょうらいこることがらについて,またしゃふっかつについて,そしてキリストのちからじゅなんふっかつしょうてんによってもたらされるひとびとあがなについて,おしはじめた。

3 そしてアルマは,ぶんことこうとするひとびとすべてにおしえた。かれおうられることのないように,ひそかにおしえた。そして,おおくのひとがアルマのことしんじた。

4 そして,アルマのかたったことをしんじたひとびとみな,モルモンとばれたった。そこはおうがそのけたところで,さかいにあり,せつによってはじゅうれをしていたところである。

5 さて,モルモンにはみずきよらかないずみがあり,アルマはそこへった。そこには,いずみちかくにちいさなしげみがあり,かれにっちゅうそこにかくしておうそうさくからのがれた。

6 そして,アルマのかたったことをしんじたひとびとみなかれことくためにそこへった。

7 さて,おおくののち,アルマのことくためにモルモンのあつまったひとびとは,そうとうかずのぼった。まことに,かれことしんじたひとびとみなかれかたることをくためにあつまった。そこでかれは,これらのひとびとおしあらためとあがないとしゅしんじるしんこうとをいた。

8 そして,アルマはった。「よ,ここにモルモンのいずみがある。(このいずみはこのようにばれていた。)あなたがたはかみひつじはいって,かみたみばれたいとねがっており,おもかるくなるように,たがいにおもうことをのぞ

9 また,かなしむものとともにかなしみ,なぐさめのものなぐさめることをのぞみ,またかみあがなわれ,だい一のふっかつにあずかるひとびととともにかぞえられてえいえんいのちられるように,いつでも,どのようなことについても,どのようなところにいても,いたるまでもかみしょうにんになることをのぞんでいる。

10 まことに,わたしはあなたがたにう。あなたがたがこころからこれをのぞんでいるのであれば,しゅからますますゆたかにたまそそいでいただけるように,しゅつかえてしゅいましめをまもるというせいやくしゅわしたしょうとして,しゅによってバプテスマけるのになんつかえがあろうか。」

11 ひとびとはこのことくとをたたいてよろこび,「それこそわたしたちがこころからのぞんでいることです」とさけんだ。

12 さて,アルマは,さいしょこのにやってひとびと一人ひとりであるヘラムをれてみずなかち,いのねがってった。「おお,しゅよ,あなたのしもべきよこころでこのつとめをたせるように,しもべにあなたのたまそそいでください。」

13 そしてかれがこのことかたったとき,しゅたまかれのうえにあった。そこでかれった。「ヘラム,わたしはぜんのうかみからけんのうさずかっているので,あなたのにくたいぬまでぜんのうかみつかえるというせいやくわしたしょうとして,あなたにバプテスマほどこす。しゅたまがあなたにそそがれるように。またぜんのうかみが,はじからそなえてくださっているキリストのあがなによって,あなたにえいえんいのちさずけられるように。」

14 アルマがこれらのことかたえると,アルマとヘラムはともにみずなかしずんだ。それから二人ふたりがると,たまたされて,よろこびながらみずからた。

15 さらに,アルマはまたべつ一人ひとりれて,もういちみずなかはいってくと,さいしょのときとおなじようにバプテスマをほどこしたが,こんぶんしんみずなかしずまなかった。

16 このようにして,かれはモルモンのにやってたすべてのひとにバプテスマをほどこした。そのかずは二百四にんほどであった。そして,これらのひとびとはモルモンのいずみバプテスマけると,かみめぐたされた。

17 そしてそれかれらはかみきょうかい,すなわちキリストのきょうかいばれた。また,かみちからけんのうによってバプテスマをけたひとびとはだれでも,かみきょうかいくわえられた。

18 そしてアルマは,かみからけんのうさずかっていたので,さいたちをせいにんした。すなわち,かれは五十にんごとに一人ひとりさいせいにんして,かれらにおしえをき,またかみおうこくにかかわることがらについておしえられるようにした。

19 またアルマはさいたちに,ぶんおしえたことと,せいなるげんしゃたちのくちとおしてべられたことのほかは,なにおしえないようにした。

20 まことに,かれさいたちに,あらためと,ぶんたみあがなわれたしゅしんじるしんこうのほかは,なにかないようにしたのである。

21 またかれさいたちに,けっしてたがいにあらそことなく,たがいにごうし,あいってむすばれたこころち,一つのしんこうと一つのバプテスマをもって,一つしょうらいめるようにとした。

22 かれはこのようにさいたちに,おしえをくようにした。このようにして,ひとびとかみとなった。

23 また,アルマはかれらに,あんそくにちまもってせいなるとしてたもつこと,またまいにちしゅなるぶんたちのかみかんしゃすることをした。

24 また,せいにんけたさいたちはぶんしん使つかってせいかつかてるようにすべきであると,アルマはした。

25 さらに,かれらがひとびとおしえ,またしゅなるぶんたちのかみれいはいするためにあつまるしゅうに一にちさだめること,またほかにもできるかぎりしばしばあつまることとした。

26 そして,さいたちはせいかつかてひとびとたよるべきでなく,ぶんろうどうたいしてかみめぐけるべきであるとされた。それは,かれらがたまけてつよくなり,かみしきられるようにするため,またかみからのちからけんのうをもっておしえることができるようにするためである。

27 アルマはまた,きょうかいひとびとおのおのぶんっているぶんおうじてものあたえるように,つまり,ほかのひとよりもゆたかにっていれば,ほかのひとよりもおおあたえるべきであり,すこししかっていないひとにはすこししかもとめず,っていないひとにはあたえるべきであるとした。

28 このように,ひとびとぶんゆうかみにかかわるのぞみから,ぶんものを,それをひつようとしているさいたちと,とぼしくてもののないすべてのひとあたえなければならなかった。

29 アルマはかみからめいじられたので,このようにかれらにげた。そしてかれらは,おのおのひつようようおうじてぶっしつてきにもれいてきにもたがいにたすかみまえをまっすぐにあゆんだ

30 さて,これはすべてモルモンにおいて,まことにモルモンのいずみのそば,つまりモルモンのいずみちかもりなかおこなわれたことである。モルモンのも,モルモンのいずみも,モルモンのもりも,ぶんたちのあがなぬしるようになったひとびとにはなんうるわしいことか。また,これらのひとびとなんしゅくふくされていることか。だから,かれらはとこしえにあがなぬしさんしてうたうであろう。

31 これらのことは,ノアおうられることのないように,くにさかいおこなわれた。

32 しかしよ,おうたみなかうごきがあるのをり,使つかいたちをつかわしてたみらせた。そのため,ひとびとかみことこうとしてあつまったに,かれらのことがおうられてしまった。

33 そこでおうは,アルマがたみせんどうしてぶんたいするほんこしているとって,アルマとかれしたがひとびとほろぼすために,ぐんたいけんした。

34 そこでアルマとしゅたみは,おうぐんたいるというらせけたので,てんまくち,ぞくれてたびった。

35 そのかずはおよそ四百五十にんであった。