モーサヤ書 17
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​17​章

アルマ、アビナダイ​の​こと​を​しんじて​める。アビナダイ、​で​かれて​ぬ。アビナダイ、ぶん​を​ころす​もの​たち​が​びょう​に​なり、また​​で​かれて​ぬ​こと​を​げん​する。げんぜんやく​百四十八​ねん

1 ​さて、アビナダイ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、おう​は​さい​たち​に、かれ​を​らえて​ころ​させる​よう​に​めいじた。

2 ​ところが、さい​たち​の​なか​に​​アルマ​と​いう​​の​もの​が​いて、かれ​も​また​ニーファイ​の​そん​で​あった。かれ​は​とし​の​わかい​おとこ​で、アビナダイ​が​かたった​こと​を​しんじた。アビナダイ​が​かれら​に​かって​証言しょうげん​した​ざいあく​の​こと​を、かれ​は​って​いた​から​で​ある。そこで、かれ​は​おう​に、アビナダイ​を​いからず​に、かれ​が​やすらか​に​る​の​を​ゆるす​よう​に​懇願こんがん​し​はじめた。

3 ​しかし、おう​は​ますます​はら​を​てて、かれら​の​なか​から​アルマ​を​い​させ、そのうえ、使つかい​たち​に​かれ​の​あと​を​わせて​ころ​させよう​と​した。

4 ​しかし、アルマ​は​かれら​の​まえ​から​し、かれら​に​つからない​よう​に​​を​かくした。かれ​は​いくにち​も​かくれた​まま​で、その​あいだ​に​アビナダイ​が​かたった​こと​を​すべて​しるした。

5 ​さて、おう​は​衛兵えいへい​に​アビナダイ​を​かこんで​らえ​させた。そこで​衛兵えいへい​は​かれ​を​しばり、ろう​に​んだ。

6 ​それから​みっおう​は​さい​たち​と​そうだん​した​すえ、アビナダイ​を​もう​いちぶん​の​まえ​に​れてさせた。

7 ​そして​おう​は​かれ​に​った。「アビナダイ​よ、おまえ​の​罪状ざいじょう​は​かくてい​して​いる。おまえ​は​​に​あたいする。

8 かみみずから​が​ひと​の​ら​の​なか​に​くだって​る​と​った​から​だ。だから、わたし​と​わたし​の​たみ​に​ついて​わざわい​を​べた​こと​を​すべて​さない​かぎり、おまえ​は​この​ゆう​で​ころされる​こと​に​なる。」

9 ​すると、アビナダイ​は​おう​に​った。「わたし​は​おう​に​もうげ​ます。わたし​が​この​たみ​に​ついて​あなた​に​もうげた​こと​は​真実しんじつ​です​から、わたし​は​し​ません。わたし​は​その​こと​が​たしか​で​ある​こと​を​あなた​に​って​いただく​ため​に、みずから​あなた​の​​に​ちる​こと​に​した​の​です。

10 ​そして、わたし​は​​に​いたる​まで​も​くるしみ​に​え、ぶん​の​こと​を​す​こと​は​せず、その​こと​は​あなた​を​める​あかし​と​なる​でしょう。わたし​を​ころす​なら​ば、あなた​は​つみ​の​ない​もの​の​​を​ながす​こと​に​なり、これ​も​また、わり​の​​に​あなた​を​める​あかし​と​なる​でしょう。」

11 ​そこで​ノア​おう​は、かれ​の​こと​を​おそれ、かれ​を​釈放しゃくほう​しよう​と​した。かみ​の​さばき​が​ぶん​に​くだる​こと​を​おそれた​から​で​ある。

12 ​ところが​さい​たち​は、かれ​に​たいして​こえ​を​げ、かれ​の​こと​を​うったえて、「この​おとこ​は​おう​を​ののしった」と​った。その​ため​おう​は、かれ​に​たいする​いかり​を​かきてられ、かれ​を​ころす​ため​に​わたした。

13 ​そこで​さい​たち​は​アビナダイ​を​らえて​しばり​げ、たきぎ​を​やして​その​はだ​を​き​くるしめ、あぶり​に​して​ころした。

14 ​さて、ほのお​が​からだ​を​き​はじめる​と、かれ​は​さい​たち​に​さけんで​った。

15 よ、まことに​あなたがた​が​わたし​に​おこなった​よう​に、あなたがた​の​そん​も​おおく​の​ひと​に、わたし​が​いまけて​いる​くるしみ、あぶり​の​​の​くるしみ​を​あたえる​で​あろう。その​人々ひとびと​が、しゅ​なる​かれら​の​かみ​の​すくい​を​しんじて​いる​と​いう​ゆう​で​そう​する​の​で​ある。

16 ​そして​あなたがた​は、ぶん​の​ざいあく​の​ため​に、あらゆる​びょう​で​くるしむ​で​あろう。

17 ​また​あなたがた​は、いたる​ところ​で​たれ、せい​の​ひつじ​の​れ​が​もうじゅう​に​われる​よう​に、われて​あちら​こちら​に​らされる​で​あろう。

18 ​その​​に​あなたがた​は​され、てき​の​​に​らえられ、そののち、わたし​が​いまけて​いる​よう​に、あぶり​の​​の​くるしみ​を​ける​で​あろう。

19 ​この​よう​に​して、かみ​は​ぶん​の​たみ​を​ほろぼす​もの​に​ほうふく​を​される。おお、かみ​よ、わたし​の​れい​を​お​け​ください。」

20 ​アビナダイ​は​これら​の​こと​を​べ​える​と、たおれて​け​んだ。まことに、かれ​は​かみ​の​命令めいれい​を​こばもう​と​しなかった​ため​に​ころされ、ぶん​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​​に​よって​たしか​な​もの​と​した​の​で​ある。